テーマ:

8月8日(火)、公益社団法人厚木青年会議所 8月例会「明日使える広報活動」を開催しました。

 

 

広報というのは、非常に地味な作業で、しかもやったからといってすぐに結果がでるものではありません。

当会議所もそうですが、広報は皆様も悩まれているところだと思います。そこで、明日から使える広報をテーマに、広報というものを学ぶ例会を開催しました。

 

 

第一部では、ジャイロ総合コンサルティング株式会社の渋谷雄大様をお招きし、SNSを利用した広報の事例をご紹介いただきました。

 

 

講演の中では、SNSによる短期的なゲリラ戦略と王道による長期戦略の2つが必要であること、デジタルとアナログの両方での広報が必要であること、広報のターゲットのしぼり方などをお話しいただき、非常に勉強になりました。

特に、これからのまちづくりにも関わってくる、ターゲットの絞り方は、どのような業種の人でも応用のきく話でした。

 

 

「愛犬家住宅はあるのに、愛猫家住宅はないのはなぜか?」

こういったことにもしっかりとした理由があり、その理由の調査も地道な勉強等から得られるものだと思います。

 

 

第二部では、厚木・愛川・清川の特徴を踏まえ、講師の渋谷様から「外国人に向けた広報」というテーマで、グループに分かれ、外国人の方に向けた取り組みができないかを考えました。

厚木・愛川・清川は、外国人の居住率が、人口比率と比較しても県内でもトップクラスであり、このような特徴から、テーマに選ばれました。

 

 

そのなかで、「外国人の方が出入りしやすいような店にするためにSNSで外国人の方と楽しく写っている写真を上げる」や「外国人の方向けの料理教室をやる」などの様々な意見がでました。

少々、広報とはずれましたが、外国人の方を雇用する場合の文化・宗教の違いによる問題意識なども話し合いの場にでて、まちづくりをする団体としては、こういったことも共有できたのは非常に有意義であったと感じています。

 

 

今回、「外国人の方に向けた広報」での話し合いでしたが、厚木・愛川・清川に外国人が多いのであれば、外国人の方をメンバーに入れる努力をする必要性などを渋谷様にご指摘いただき、改めて考える場面でした。

 

 

今回、この例会を通して、広報を考えることは、その街を、または自分の会社を考えることだと改めて考えさせられました。

これからも、厚木青年会議所は、厚木・愛川・清川のそれぞれの特徴を考え、それを生かしていきたいと強く思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

公益社団法人 厚木青年会議所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。