Leonardo da Vinci

テーマ:Stairway To Stardom
2005年12月09日(金)

humanbody


先刻、友人のページにコメントしたのに触発されて、

こちらにも記事を書いておこうと思って。


もう終わってしまったけれど、

先日六本木ヒルズでやっていたレオナルド・ダ・ヴィンチの

レスター手稿」展に行ってきました。


高校・浪人生の時に、世界史倫理の授業でレオナルドのことを知ってから、

詳しく知らないにも関わらず、

誰よりも尊敬する人はレオナルド・ダ・ヴィンチでした。
歴史上の人物はごまんといるのに、

なぜか彼の存在を知った時にハッとなったのです。


それ以来、万能人として、科学者として、芸術家として、

彼のことを知り、感じる度に僕の内にある音叉が共鳴します。

DNAに直接訴えかけるかのように響くのです。

僕がこうありたいと望む人間像を、彼は500年前に体現しているかのようです。


展示で彼の直筆を目の前にして、その思索の広さ深さに圧倒される思いでした。

きっと誰にも理解されることはなかっただろうし、

天才故の孤独を味わったことでしょう。

何かに憑かれたように膨大な知識と考察を書き記した彼のことを思うと、

胸が熱くなります。 彼がいなければ、科学の発達は遅々としており、

今とは全然違う世界になっていたのではないかと思います。


僕は買わなかったのですが、

展示のパンフレットに書いてあった彼の言葉が素晴らしかったので、

Taejun さんのブログから引用させていただきます。


レオナルドが 「絵画論」 において、画家の心得について書いたくだりです。

僕も普段から思っていることですが、(実践はなかなか難しいんだけれども)

どんな分野においても人が一流になるためには、

やはりこうでなければならないということです。

人類史に残る天才が遺した言葉を、この機会に深く胸に刻みたいと思います。

-----------------------------------------------------------------

1)勤勉であること。
  己を鞭打ち日夜苦闘しない限り、

  後世にのこる作品を制作することは出来ない。


2)孤独に耐えること。
  孤独に耐えて精進しなければならない。

  談笑しながら製作が進むはずは無く、夜中の孤独な空間の中で、

  試行錯誤を繰り返しながら苦闘を続けなければならない。

3)清貧に甘んずること。
  芸術製作に携わるものは、すべからく清貧に甘んじなければならない。

  金銭を目当てに描く作品が人を感動させるはずは無く、

  芸術製作とは元々金銭とは無縁の行為、

  純粋に創造的な活動で無ければならない。
-----------------------------------------------------------------

世の中に、超一流と呼ばれる人は少ない。
きっと彼らにしか分からない努力苦労があるはず。

その域に達することが自明の目標である僕は、

当然にそれだけのことをしなければならないし、

きっと理解もされにくいだろう。


実は、昨日事務所がらみのメンツで稽古の後に飲みに行きました。

目的は、親交を深めるのは勿論だけれど、

彼らの目標とするところは何か、それに向けて一体どんな努力をしているのか

聞いてみたかったのです。


が。


彼らの目標は明確ではなく、問うても耳を傾けるべき言葉は聞かれず、

当然努力も伺えず、感情的な批判とバカ話に終始し、

得たものは皆無と言って良かった。

いや、残念ながら、今のところ同門の同期生には

見るべき人材がいないと分かったことが収穫だったか。


折角、同じ方向を向いて切磋琢磨せんとする面子が集まって、

意見交換ができる貴重な時間だったというのに。

こんなことなら、自分としては英単語の1つ、

スクワットの1回でもした方がプラスだったろうに思う。


まぁ、仕方のないことだ。そういうものだ。

世の中で何かをやりたいと思っている人の大半は、

漠然と、無駄に時間とお金を費やして、やっているつもりになって、

何とかなる気でいるんだろう。


違うだろう

自分でなんとかしていくんだろう?

自分の思い描く高みに、自分で昇っていくのだろう?


そんな折、このレオナルドの言葉に触れることができて良かったです。

シェアしてくれた Taejunさんに感謝します。

そして、レスター手稿を日本で公開してくれたビル・ゲイツ氏にも感謝します。


今のところ、レオナルド・ダ・ヴィンチは相変わらず、僕が最も尊敬する人物です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

そして当日

テーマ:Stairway To Stardom
2005年11月08日(火)

コメレスを書いていたら思いがけずいい言葉が出てきたので、

ここにも書いておこうと思う。

りゆりゆさん、さんきゅ☆


素晴らしいアーティストが苦労の末メンバーを募り、

11月1日にようやく自主制作盤をリリース。とても嬉しい出来事だった。


に向かって頑張ってるみんなと、胸を張って同じ方向を向いて歩いていきたい。
結果を出していきたい。


今日はプロテスト当日。

2分半2Rの短い時間にこれまでの成果を凝縮させて、

十分にプロでも試合をやれますよと、自分をアピールしなければなりません。

一種のオーディション
実力の足りない部分は、”デキそうオーラ”でカバー! 役者魂の見せ所です!!


来年の新人王や、将来のチャンピオンに当たりませんように・・・


結果は明日。

は投げられた。





サジではないぞ。  

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

いよいよ

テーマ:Stairway To Stardom
2005年11月03日(木)

プロテスト目前。直前。


同時に、事務所の映画撮影で人数が必要なこともあり、

殺陣のシーンに勉強しながら参加しています。


1人 対 100人 の、6~7分にも及ぶ1カットの殺陣。

実際には、本番に100人は集まらないだろうけれど、

それでも常にカメラの周りを40人近くが行き交う。


の中で足場は悪く、やるほうもやられるほうも、

とても技術体力が必要なのだととても勉強になっている。

人に怪我をさせることなく、本当に当てている、

また当てられているような迫力を出すには技術が必要だし、

そのために要求される動きの礎となる基礎体力が如何に大切か、

身をもって思い知らされる。


リハーサルも、朝6時半に集合、ロケ地まで山登りをしてから

17時半に日が暮れるまで、昼食の時間を除いて10時間、延々殺陣の確認。

良いシーンを作り上げることは、一朝一夕には成し得ないのだ。


一つの目標に絞れないもどかしさはかなりのストレスだけれども、

どれもいい経験をしようとしている。


プロテストに必要なトレーニングに専念したいのだけれど、

殺陣で違う筋肉が疲労して、いろいろと影響が出てしまう。

疲れて動けない、仕事中・後に眠くなる、

そのまま無理に練習すると怪我をしかねない・・・などなど


いやもう、本当に辛くて苦しいけれど、

どうにか頑張って、結果を出したい。ライセンスが欲しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テスト

テーマ:Stairway To Stardom
2005年10月14日(金)

しばらく放置していました、ここ。

頑張ってます、ちょっとずつ。

会社もうまくいってます。

今夜ようやくHPのリニューアルが出来て公開の予定。


ボクシングのプロテスト、11/8 で決定しました。


この先2,3年のうちに、いくつもハードルがあると思うけれど、

その一つがいよいよ目前。

減量しつつスタミナをつけるって、大変ですな。

太りやすいしー 痩せにくいしー 代謝はかなりいいのにな。

短期間でギュギュッとは絞れるけれど、

疲れを溜めちゃって休んでる間に、

しっかりグリコーゲンローディングで元に戻ってしまう。


何せ、いい結果が出せるように頑張ります。

自分の商品価値を高めるために、箔をつけなくちゃね~

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

プロテスト申込み

テーマ:Stairway To Stardom
2005年09月05日(月)

グラブ シューズ



表題の通り。

先月のことになるけれど、8月5日付でボクシングのプロテストに申請しました。


見よう見まねで実力のない、張りぼてアクション俳優にはなりたくないので、

自分なりの成果を求めてのこと。

これまで何でもこなせた反面、器用貧乏過ぎたので、

今後は何に関しても結果を出すことを自分に課していく。


以前にCTスキャンはしてあるので、健康診断をして、テストは12月を予定。

肋骨の痛みもほぼなくなり、完治を待って、今月下旬からスパーリングを再開。

技術的には大して問題がないので、(器用だからね、そういうとこ)

課題は作りとスタミナをつけること。

仕事と稽古との鼎立は大変だけれど、あと3ヶ月、目一杯頑張るぞ。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

ココア君

テーマ:Stairway To Stardom
2005年08月19日(金)

先日プラグインで設定した彼、ココア君

まぬけで愛嬌があって、なんか癒されます。

メロパーは個人的にとっつきにくかったので、

カワイイやつが登場してくれて嬉しいのでした

なかなか更新できないブログでも、覗くのが楽しい♪

アカン、ほんまツボやわぁ…かわいい…(笑)

映画記事もネタはたくさんあるのに、

書きだすとかなり時間かかっちゃうから、書ききれないのよねぇ…

今日ぐらいからようやくジム復活です。

骨折から1ヶ月強、まだ肋骨ちょっと痛みますが…

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

いそがしいそがし

テーマ:Stairway To Stardom
2005年08月18日(木)

会社のHPのリニューアルを、一人でディレクティングしております。

年配の人のセンスには任せられない。

デザイン・レイアウトも画像も言葉の使い方も。

自分のセンスを駆使して、一流上場企業に負けないものを作ってみせますとも。

上場も視野に入れている会社だしね。

先日トップページのラフ案が上がってきて、

イメージ通りの素晴らしい出来でしたわ。

出来上がりが楽しみ


すごい作業量で毎日いっぱいいっぱいです。

脳みそバーン Σ(゚Д゚ υ)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

英語の勉強

テーマ:Stairway To Stardom
2005年05月31日(火)

newspaper


先日記事 に書いた、Language Exchange Partner 募集のサイトから、

メールが来続けちゃっておりますのです。


すごーい、うれしー

のだけれど、書き言葉だけではなかなか英語の上達の実感が沸かない。

本当は、実際に会って英語と日本語を教え合いたいのだけれど、

残念ながらそういう人には会えないまま。


きっと、日本にいるそういう外国人って、

お金をもらって英語を教えているし、簡単に日本語を学べる環境にあるから、

そういったパートナーを求めていないんじゃないんだろうか。


Nova にも少し通ったけれど、どうにもオーストラリア人が多いんですわ。

発音が明らかに違っちゃう。

やっぱり行きたい国である American English を学びたいし、

発音やイディオム、メジャーなスラングなんかも知りたい。学びたい。


一応そういう知り合いを作るために、動いてみてはいるんだけれどな。


今は、ドイツで英語を教えている人や、カナダやアメリカの人にメールを送って、

少しずつ教わっているような感じ。

言いたいことを英語で伝えようとする努力というか、

必要に迫られて調べ物をしたりとか、そういうのがいい刺激になってるっぽいし、

相手が使っている文章を、生きた教材としてそのまま覚えたり、

メモを残したりして勉強しています。


でも、リスニングより、ライティングより、スピーキングを強化することが課題なので、

やっぱりリアルで会えるお友達が欲しいのでした。


今日も今日とて、新たなメールに返信をするのです…

しかし英語で文章書くのって、時間かかるわぁ… (^◇^;)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

毎日

テーマ:Stairway To Stardom
2005年05月22日(日)

Tera

頑張ってる。

仕事して、すぐにジムに行って、疲れてくれたびれ果てて、

帰宅するのは毎日0時近く。


いろいろと嬉しいコメントもいただいているけれど、

なかなかレスもつけられなくてごめんなさい。

きっとお返ししますので~☆


アクション俳優を真剣にやるのなら、

キャリアの上でプロボクサーのライセンスはどうしても欲しいところ。

ただ真似事がうまいだけの俳優と、

なにかしら結果を出してきた俳優とでは、

やはり捉えられ方も違うだろうし、

僕自身そういう人には一目置いてしまう。

本人の自信も、オーラ(雰囲気)も違ってくる。


まだまだ本格的に取り組んでからは日が浅いので、

根本的な体作りの段階ではあります。

三十路カウントダウンの今、10代の子とは疲れ方も回復力も違うので、

間違いなく大変です。

今は普通に仕事もしていますから。9時ー18時は拘束されるし、疲れます。

気も遣うし、頭も使うし、たいして休憩もできないし。

プラスアルファでジムに行き、しこたま動き、殴り殴られるのです。

疲れなくちゃ体力つかないし、意味がないから。

そのうえ映画も観なくちゃ、英語もやらなくちゃと、

普通に会社員をやってる人よりも3倍くらい濃い人生を歩んでいると思います。

なんかね、あれこれやってて、時間もお金もないしね。

合コンとかデートとか、いいなー、そういうのしてみたいなーと思いながら、

ストイックに毎日を過ごしております。

ほんとね、生半可じゃありませんわ。


すべては、明日にでも来るかもしれないチャンスのため。栄光の日々のため。

エゴなのかもしれないけれど、

本当に地球をいい星にしたい。素敵な惑星にしたい。

平和と、友愛と、ドキワクと、スリルと、美と、と、技術と芸術で溢れるところにしたい。

そういうことに関わりたい。メッセージを広めたい。


戦争は嫌だ。キライ

争いは、やりたい奴ら同士が、他人に迷惑のかからないところでやればいい。

それなら全然オッケー♪ 干渉しないし。

死にたい人、傷つきたい人はどうぞご自由に

自殺も止めない。生命が無条件に尊いとは思わない。

死にたい人には死ぬ自由があるし、人生を苦しみのうちに全うする義務もない。

寿命が延びれば延びるほど、時間が苦痛に感じられるだろうから。

痛みや苦しみこそが、一番忌むべきことだと思う。


すべては、幸せに生きたい人がそれを追求でき、

自分の望むような自己実現のチャンスが保障され、

便利で楽しみに満ちた世界のために。

喜びと笑いに満ちた、そんな日々のために。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

素質

テーマ:Stairway To Stardom
2005年04月21日(木)

world1

 

 

先日から病床に臥せっていた時、孤独な時間が多く、

躍起になって友達を増やそうとあちこちに打診していた。

ブログもその一環だし、

その他ソウルメイトが欲しい、ということを幾つかの掲示板等に書いたり、

公開プロフィールを作成したりした。

 

さて、その際に、

自分の語学力を向上させるために、

例えば僕が日本語を、相手が英語を互いに教えあうといった

Language Exchange Partner というものがあるのを知った。

 

登録して1週間ほどの間に、僕の複数の写真をコメントを目にして、

世界中の男女から反響があった。

 

アメリカ

イギリス

ドイツ

フランス

カナダ

スウェーデン

ルーマニア

日本

中国(意外)

ウガンダ(おぉ)

・・・

・・・

 

必ずしも言語の交換をしたいという申し出ばかりではなく、

友達になりたい、日本の文化が好きだ、音楽が好きだ、といったもの、

(特にビジュアル系が多いのには驚いた。

 彼らは個性的で、ワールドワイドなのだ!)

今度日本に行くのでお話したい、

こんなに決意をハッキリと持っている人は初めて見る、

ジェット・リーが好きなのだが、彼のようなアクションスターになって欲しい、

君ならきっとなれるだろう

といった応援などだった。

 

なんと。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ・・・

メジャーになる前から、世界中にファンができた、

ようなものだ。

 

なんとなく、漠然と、

スターになる前からスターの意識を持って生きる

ということはしていたのだが、

それが俄然、現実味を帯びてきた。

少なからず意識の変革も起ころうというものだ。

 

アメブロでも応援してくれているみんながいるけれど、

更に世界中に散らばる彼らの存在をも意識することで、

内面から出る輝きが違ってくる。

 

芸能人は売れると変わる、魅力が増すというが、

様々なことを自覚するようになるからだろう。

物理的に時間やお金の遣い方も、自己投資へと向かうであろうし。

 

何せ光栄なことであり、

自分の与える印象を確認、再認識させられる出来事だ。

歩いていた木造の橋が、

突如夜のレインボーブリッジに変わった、と言ったら言い過ぎだけれど。

自信を持ってこの道を進んでいい、と思えたのだ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。