テーマ:Words
2005年07月20日(水)

kamome


先日美容室で読んでいた雑誌の裏表紙。

中村獅童さんが男性化粧品の広告に載っていたと思う。

横には、こんなキャッチフレーズ。


心は顔に出る。


いい顔をしなくても、自然にしていても、イイ顔をしていたい。

そのためには・・・


ポジティブな考え方、ストレスフリーな生き方、

自信につながる経験と努力。愛と思いやり。

甲斐のないことには執着しない潔い判断力。


いろいろと意識していなくちゃね。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

大逆転!?

テーマ:Words
2005年07月18日(月)

scoreboard


先日美容室で雑誌を読んでいたところ、

国会議員の柴山さんという方のインタビューが載っていた。

その中に興味深い一節があったので紹介したい。


柴山さんが司法試験を受ける為に準備をしていた時期の話。


「そのころ呼んだ中谷彰宏さんの本に、

成功する人には必ず地べたを這いずり回る時期がある』と書かれていたんです。

その間に成功の種を蒔いているのだと。

私はそれを読んだとき、あ、これは自分のことだなと勝手に理解しまして(笑)。

成功した人に不遇の時代があったというだけで、

今、苦労している人全てが将来成功できるわけではないですよね。

それは分かっているのですが…」


ハイ、

”あ、これは自分のことだなと勝手に理解しまし”た(笑)

そういうわけで、腐らずに頑張るだけですね。

もう、やるしかないんですヨ  ヾ(@°▽°@)/あはは~(壊)

やらなければ何も手に入らないもの。


今日も仕事終えたらジム~

明日も仕事終えたらジム~

明後日も…

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

風雲!格闘王

テーマ:Movies
2005年07月11日(月)

あらすじは画像クリックで ↑


ちょっとアイタタ、な作品でした。

格闘ゲームを実写にしつつ、ラブコメ要素も加味しましたって感じ。

いろんな面で中途半端な印象。

でもおかしな恋愛模様が気になって、意外と見てしまいましたが…^^;


倉田保昭さんが出ているので、もちょっと彼の活躍を見たかった!


格闘家たちのファッションセンスがダメダメでした。

コスチュームが全然いけてなかったのデス。

80年代のような、古くてダサイ色調・格好

もっとデザインや色彩にセンスを感じさせて欲しかった。


それから見苦しかったのは、ホテルのレストランでのシーン。

まず出場者たちは、ホテルの食事はタダなのか、食べ放題なのかと聞き、

「タダ」、「食べ放題」に、うら若き乙女も強烈に大歓喜するのデス。

そしてレストランでは、料理の取り合いから始まるお粗末なシーン…

食べ物が飛び交い、皿が割れ、飛んでくるものをキャッチして食べる始末。


衛生観念やマナーなど、そこには皆無。

中国人の民度の低さが伺えるような、目に余るシーンでした。

        _| ̄|○ ミテランナイ…

70年代なら、分からんでもないが…


衣食足りて礼節を知る」 という言葉が有りますが、

正にその通りで、日本人として生まれ、

日本で生活できていて良かったと思いました。

マナーをとやかく言われるのも、安心して食事ができるからなのだなと。

シーンの発案者の感覚が、意地汚いとか、浅ましいとかいうのではなく、

単に社会全体としての、共通の意識レベルが違うのだな、と冷静に感じたのです。


日本も戦後は食べるのが精一杯で、大変だったんだろうな、と思いつつも、

武士は食わねど高楊枝」 などという言葉もあるし… 

ホンネやタテマエがいろいろと交錯するところなので、

うまく表現するのは難しいデスネ ヾ(゚д゚)ノ゛


個人的に おぉ と思ったのは、

少林寺代表のおチビちゃんたち3人組の型が、

なかなかに決まっていたこと。

ちょこちょここのブログでも書いている「重心の低さ」というのは、

鍛錬を積まなければできないのです。

バレエもそうだけど、ポーズをキープするのには体の内側の筋力が必要で、

一朝一夕には無理。

彼らに感心しつつ、トレーニングの重要性を感じさせられたカットでした。


最後は西洋 VS 東洋という構図になっちゃって、

やっぱり東洋が勝つ、というなんだか捻りのない結末。

前に 80DAYS の記事でも書いたけれど、

こういう対立の構図は建設的ではないね。

お決まりなパターンな感じがして、意外性がない。

まぁ、お気楽に観られる作品ということで、

そういうとこ捻らなかったのかもしれないけれど。


そんなこんなで、

使いようによっては魅力的だろう登場人物たちを、

チープなVFXとストーリー展開で生かせなかった作品だと思います。

ランクつけるなら C+ くらいで。


★★☆☆☆☆☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ボーン・スプレマシー  -THE BOURNE SUPREMACY-

テーマ:Movies
2005年07月06日(水)

あらすじは画像クリックでどうぞ ↑


先日借りてきて観ました。

ボーン・アイデンティティの続編。


前作はなんだかちょっとイマイチだったので、

ここで適当にランク付けします。

B++ くらいかな。

★★★★★★☆☆☆

以上。


で、今作はなかなか楽しめました。

あらゆる組織から狙われるジェイソンが、

どうやってその包囲網や監視から逃れるのか、

その手法が気になって、画面から目を離せない感じ。


CIA の女性チーフ、

からくりを知っている観客からするとナンセンスなことを喚くんですが、

前作と違って彼女が組織側に華を添えているのは事実。

ジェイソンがスコープで彼女たちを見ながら電話をするシーンは、

どちらも今作イチオシのかっこいいシーンでした。


で、驚いたこと。

今のご時世になっても、まだカーアクションを生かせるんだ!ということ。

カーアクションなんて、陳腐なシーンが思い浮かばれて、

まあそんなもんだろう、とか、またこんなのか、と思いがちなんですが。

本作のカーアクションは、迫力はあったし、

こんな街中で、逃げ場もなくて、ポンコツ車で、どうするんだよ??

っていう心配をさせつつも状況を打開してしまう展開に、やられましたわ。


最後少女に会うシーンは、あまりにも説明不足で、

それじゃアンタが悪者になっちゃうでしょ、って納得いきませんでしたが。


そういやオープニングからあれま死んじゃうの~?ってのも

ちょっともったいない気がしたけれど。


結構楽しめた作品です。

ランク付けするならで。

★★★★★★★☆☆

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

香水

テーマ:Favorites
2005年07月05日(火)

先日近所の商店街に香水屋さんが新規オープンしていたので覗いてきました。

で、LUCIANO SOPRANI (ルチアーノ・ソプラーニ)の香水を見つけました。


これ、ムスクの香りなんだけど、品が良くてかーなりセクシーで、即買いでしたよ。

いや~、めっちゃ気に入ってマス


SOLO SOPRANI MUSK ↓

ルチアーノソプラーニ ムスク


で、今年の初春くらいからかな、

同じブランドのもので、一応女性用らしいんだけど。

マンダリンやピーチやバニラが入っていて、

甘いけれど重くなくて、爽やかセクシーな感じ。

これもお気に入りで、周りの評判もいいです


LUCIANO SOPRANI UOMO ↓

ルチアーノソプラーニ ドンナ



そもそも、香りに男性用、女性用なんて区別ないもんねぇ。

好きな香りを好きにつけますよ^^



画像は楽天市場 コスメティックtonton さんから ↓

http://www.rakuten.co.jp/tonton/466897/545066/

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

防弾チョッキ?

テーマ:Article
2005年07月04日(月)

Bullet1


(まー独り言ですから。)


バカめ…

防弾チョッキを作って、その性能や劣化について論じる前に
銃や銃弾なんかの殺人兵器を作っている企業を訴えろっつーの!

銃弾をコンビニで買える国だぞ?
論点がズレてるって言う以前に、気づくべきところが違うんじゃねーの?

アメリカの銃社会そのものがダウトだぞ。

ってかアウトだよ。


どうして全ての兵器産業をストップさせて、世にある武器を回収する、
なんてカンタンなことが出来ないんだかね。
愚かだね、人類は。


刀狩りやりゃーいいのよ。


戦時中は工業製品のネジやボルトすら、
銃弾に鋳造し直すべく軍に提供したそうじゃねーか。
今度はそのをやれってんだよ!
ロケットや戦闘機や潜水艦や、
全ての銃や銃弾を鉄鋼に打ち直して、世の中に貢献しろってーの!
バカか。


しかもさ、日本企業だから躍起になって金を搾り取ろうとしてんだろーよ
救い難いな。


--------------------------------------------------------------------
米政府:防弾チョッキ欠陥隠し指摘、東洋紡など提訴
 AP通信によると、米政府は2日までに、警官が着用する防弾チョッキの欠陥の証拠を隠したとして、米防弾チョッキ製造大手のセカンドチャンス・ボディーアーマー社(ミシガン州)と、素材の特殊繊維を供給する日本の東洋紡を相手取りワシントンの連邦地裁に提訴した。東洋紡は米政府の主張を否定している。

 訴えによると、両社は、防弾チョッキの素材に使われた東洋紡の特殊繊維ザイロンが、光や熱、湿気にさらされると想定より劣化が早まる恐れを知りながら3年近く公表しなかった。03年にチョッキを着用していた警官2人が撃たれて死傷した後に初めて、セカンド社は製品の販売を中止、安全上の問題を公表したという。

 東洋紡の米国スポークスマンは「セカンド社には01年、劣化に関する情報を顧客に公表するよう伝えたが同社は怠った。東洋紡に責任はない」と主張。セカンド社側は「責任は最終的には東洋紡にある」としている。(ワシントン共同)

毎日新聞 2005年7月4日 10時43分

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。