スカイキャプテン -SKYCAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW-

テーマ:Movies
2005年06月13日(月)
あらすじは画像クリックでどうぞ ↑

うへぇ…なんじゃこりゃあ… B級映画というより、C級映画ですわ、これ。
ジムで疲れ果てて見始めたのが良くなかったのか…
その上レトロなセピア調の画面。
2回トライしたけれどどちらも中盤に差し掛かる前に退屈すぎて寝てしまい、
レンタル返却当日の朝に仕方なく気合を入れて鑑賞。
3回目にしてようやく最後まで観られました。うぅ…眠い…

取るに足らないC級映画にまともにコメントするのもどうかと思うけれど、

キャスティングにはジュード・ロウやアンジェリーナ・ジョリーを使ったりと

Aクラスのお金をかけているんだし、それなりに期待して劇場に観に行ったり

DVD借りたりする人が沢山いるんだからさ、きちんと評価してやんないとな。



まず言いたいことはこれ。


こんなにバカで下らないヒロイン、見たことねぇよ。


序盤からグゥイネス・バルトロウ扮する

ポーリー役のバカ女っぷりに気分を酷く害し、

それは実にエンディングまで引っ張られたのであった。


さて。


何がアカンって、登場人物に魅力がないのよ。全然。

しかも、初っ端からラストまで出ずっぱりのポーリー、

あまりにも酷い究極のバカ女。

可愛げや愛嬌があればまだ許せるのだが、

実のところ見た目が金髪で美人でしょ、くらいしか取り柄のない、

シンプルな愚か者。


頭が悪く、利己的で、ちょっと先のことすら考えて行動することが出来なくて、

軽率で、嘘つきで、嫉妬深くて、全くいいとこ無しのトラブルメーカー。

こういうの、女性から見ても女性の嫌な部分ばかり集めた、

偏見に満ちた女性像じゃないのかなぁ。

俺だったら憤慨するわ。

なんだこれ、下らないって。


ほんでな、こいつが劇中で、めっちゃ嘘つきながら言うのよ。

”You have to believe me.” だとさ。

死ね。

まっっっったく信用のおけない女の癖して、よく言えたもんだ。

お前が一番口にしてはならない言葉だろうそれは。ふざけんな

フェミニストの俺にとっては不本意ではあるが、

「愛したり情けをかけるに値しないバカ」としか言えない。

ホンマ申し訳ないけど。


そして一応のヒーロー、空軍パイロット・ジョー役のジュードは、

これまたなんとも薄っぺらい。

役に大して特徴があるわけではない、誰でも良い只の飾り物のような人物なので、

彼なりに味付けする部分がほとんどなかったのではないかと感じる。

別に誰でもいい。台詞も少ないし。

今の俺でも難なくこなせる。

と思うくらい(笑)


まぁ、アンジェリーナ・ジョリーはちょい役だけど、

エロさと出来る女の雰囲気をムンムン醸し出していたし、

ジョーの相棒役、ジョバンニ・リビシっていう俳優かな、

似たような芸風の人はいっぱい居そうだけれど、そこそこがあった。


他に気づいた、ダメだなーと思った点を挙げると。


×トーテンコフの島に、何で恐竜がいるのさ…

 理由付けはいろいろ出来るんだろうけれど、何の脈絡もなくて、

 ストーリーに何の関与もなくて、

 ただ映像的に配しただけの、浅慮に基づいたものだというのがバレバレ。

 わけ分かりませんよ。

 そこでのエピソードも下らない。

 あ、まさかこいつらも箱舟に?


×ってか小さい象ってなんだったのさ?


×SFっぽさを出している割りに、設定があまりに甘っちょろい

 飛行機は翼に被弾して火が出ているのに、

 いつまで経っても引火して火達磨にならないし。

 燃料って翼の中にたっぷり入ってるんだぞ?

 で、プロペラ機が潜水艇になってしまうくらいハイテクなのに、

 翼から火が出た時の自動消火装置とか積んでる訳ではないし。


 で、潜水艇になったときのこと。

 さっき被弾してたよね?え?気密はどうなってるの?浸水しませんの、それ?

 酸素とかどうしてんの?


 あと、恐らくイギリスからだろうけど、ネパールまで飛ぶのよね。

 プロペラ機で。

 追加の燃料タンクなしで。


 え?嘘でしょ?途中で給油もなし?おかしくない?


 ま、案の定途中でガス欠起こして空中空母に寄るんだけどさ。

 なんか納得いかないわな。

 

 最後のシーンでも、大気圏を離脱しようとするロケットの中で、

 ふつーーーーに歩いてあれこれするわけよ。

 あれ?どうして?かかってないの?

 大気圏離脱には秒速11キロってとんでもない速度が必要なんですケド?

 スペースシャトルでも、座席に座って固定されて、3Gかかってるんですわ。

 バカ女がハイヒールで歩いたりできるわけないでしょ…


 なんかナメてない?


×それから、ノアの箱舟、のシーン。

 未だに、聖書の記述通りの解釈しか出来ていない人が沢山いるんだわ。

 聖書ってさ、一字一句文字通りに解釈しちゃダメなんだよね。

 面白い本がWEBで読めるようになってるからリンクしてみます。

 [謎解き]聖書 -バイブル・コードとDNAプログラム- (戸来優次 著)

 (全編読んでみたい方はこちら

  http://hw001.gate01.com/yuji-toki/nazotoki.html

 全てのつがいを文字通り宇宙船に乗せるなんて、出来っこないのよ。

 食料はどうするのか、排泄物の後始末はどうするのか、

 疫病が流行って1匹でも欠けたら、その種は絶滅することになるんだぞ?

 

 恐らく、全ての種のDNAを、つがいで保存したと考えるのが正しいだろうよ。

 聖書の時代にそんなバカな、と言う人がいたとしたら、その方がバカだな。

 あなた方の言う”全能”の神が、それくらい出来ないわけないんだからさ。

 自ら神を否定することにもなろう。


ま、なにせちょっとしたSFファンすら納得させられないようなレベルです。

こういう大雑把なところがね…C級だからなのか、

外人さん達のアバウトさによるものなのかは分からないけれど。


×あと、カメラのフィルムのエピソード、

 最後の最後まで引っ張ってオチはそれかい… _| ̄|○

 莫大な予算をかけたハリウッド映画が、そんなベタネタで許されるんかいな。

 もうどうにもなりませんわ 



でもね、いいところも幾つかありました。


○メカデザイン、結構頑張ってました。

○空中空母のアイデア良かったです。

○潜水艇としても使えるように、プロペラ機なのね、というのもなかなか。

 ま、別にジェット機でもいいんだけど。レトロ感出したかったんだものね。

○アンジェリーナ・ジョリーは存在感ピカイチでした。


いろいろ考えてみると。


やっぱり、脚本って大事だわ。

こういう作品に出たって、あんまり言いたくない代物ッス。

名前が売れて、出演作品を選べるようになったら脚本選びは慎重にしないと、

自分のキャリアにとってマイナスにもなり兼ねない、と思わせる作品ですわ。



いろんなレビューには、「アクションアドベンチャー大作」などと謳われているけど、

こんなの「アクション」って呼んでいいのかなぁ。

ある意味冒険活劇だけれど、

アクションなんてジュードがロボットをちょっと素手で殴っただけじゃないか。

じゃぁ、俺らが毎週体力の限界に挑むかのようにやってるトレーニングって

何て呼んだらいいんだか。

誇大広告打ちすぎですわ。


んで。


これ、

-ワールド・オブ・トゥモロー-

なんてサブタイトルがついてるからちょっと心配なんだけれど、

まさかシリーズ化したりしないだろうね?

勘弁してください


あとこの作品、俳優たちが全てのシーンをブルーバックで演じて、

背景のほとんどがCGなんですと。

セピア調の画面に終始したのも、1930年代のレトロなテイストを謳う一方で、

実写とCGの合成を分かりにくくする狙いもあったんでしょうね。

確かにまぁ、それなりに画像は馴染んでました。バレバレのところもあったけど。

でも、色彩の乏しさに観てて疲れたんだけど…

だって2時間だよー?


最近の豪華VFXを見慣れた人、そのクオリティを求める人には不向き。

笑って観てあげられる人にだけオススメします。

多方面で意外に評価されているみたいだけれど、

僕的評価はでご勘弁。


★☆☆☆☆☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

「エンジン」より

テーマ:Words
2005年06月07日(火)

selica


ドラマの出来については、いろいろと意見があるようですが・・・


先日、ふとTVをつけたときにそのまましばらく見ていたら、

心に留まった台詞があり、ペンを走らせずにはいられませんでした。


諦めんのはいつだってできんだよ…!」


その通り。

今の自分に言い聞かせたい言葉。

心に響いた言葉。


諦めた時点で、全ての道は閉ざされる…

いつ実現するとも知れない目標

いつか叶えたい光景

可能な限り早く越えたいハードル


自分が納得するまでは、決して自ら道を閉ざしたくはない

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

罪を憎んで人を憎まず

テーマ:Words
2005年06月01日(水)

sunset2



犯した罪は罪として憎むべきものだが、その罪を犯した人までも憎んではならない

 [ 広辞苑 ]


何かの機会に電子辞書で引いた言葉。

世界のどの地域、何時の時代の人にも当てはまると思う。


人が罪を犯す原因は、
その時点での環境であったり、

それまでの教育であったり、

生い立ちの中での家庭環境の問題であったり、

或いは遺伝的な欠陥でもあるだろう。


犯罪者を隔離して再教育する現在のシステムは、

大した更生の成果を上げられていないだろうと思う。


似たような環境、状況下にあっても、

していいことと悪いことのボーダーラインを越える人と越えない人がいる。

それは詰まりは、個人の資質の問題なのだろう。


重大犯罪・凶悪犯罪者には、

遺伝子レベルでの共通点が見られるという研究結果が出ていた。

CTスキャンによっても、犯罪者の脳の萎縮具合が、

使用歴がないにも拘らず麻薬中毒者と同じレベルであった

という写真も見たことがある。

社会にとって、また犯罪者自身にとって必要なのは、

隔離でも教育でもなく、

根本的にその人物を更生させるための科学的な治療なのだと思う。


また、そういった個人の病気というレベルではなく、

人の作った体制の限界という、マクロな病気とも言える状態がある。


大抵、諸問題から戦争状態に雪崩れ込んでいく背景には、

社会に攻撃的で、危険な雰囲気や思想が孕まれている。

高度に政治的な判断や駆け引きがなく、

私欲のみによる一方的な侵略では話にならないが、

戦争というのはそこに至らせてしまった当時の人々すべてに

責任があるのだと思う。


国家間でのフォローがない、きちんとした批判をすることができない、

利権欲しさに追従する、武力の行使を抑止するだけの機関がない、

意識も足りない、

そういうことをする政治家を選んだ国民、

必要十分で中立公正な情報を流さないマスコミ等々。


第二次世界大戦前の国際情勢、情報伝達技術には

今では考えられないほどの不自由があり、

特に先進国の人々の意識レベル、認識の範囲などは

今とは比較できない程に差があるだろう。


人類が西暦2000年を迎えて初めて経験する、

この高度情報化社会は、そこに生きる我々は特別なのだ。

過去と同列に比することなどはできない


そういうわけで、いつまでも過去の記憶に生きることは得策ではない。

個人の成長、種としての成熟と、社会の発展を阻害するだけだ。


目をつぶり、耳を塞いで生きていくとしたら、

全ての脳への刺激は、過去の記憶の反芻によってしか起こらない。

そこにある刺激と情報の組み合わせには限界があるから、

劇的な成長は臨むべくもなく、迎えるのは飽和に向かう緩やかな死だけだろう。


個人レベルでは、脳に刺激を与えることは、

五感を使うことによってしかできない

良く聴き観察し触れて匂って味わうことだけだ。

人は、それによってしか経験値を上げていくことはできないのだ。


過去から学べることは少ない。

未来につながる現在には無限の可能性がある。

常に新しい情報、刺激を取り入れて、

進歩・発展していくべきだと思う。

人も、社会も。


[ 記事 ]

抗日戦争:被害体験を募集 中国・人民日報
 1日付の中国共産党機関紙、人民日報は、抗日戦争の被害者や親族らに対し、被害体験を記した手記を寄せるよう求める募集広告を1面で掲載した。
 それによると、同紙は近く、抗日戦争勝利60周年を記念して「忘れがたい往事」と題した特別欄を設け、手記の掲載を始める。同紙は「われわれは当時の歴史を骨に刻む責任がある」とした上で「事件を具体的かつ正確に」記すよう求めている。特別欄は9月まで続けるという。
 中国メディアは最近の日中関係の悪化を受け、歴史問題と絡めて現在の日本政府を批判するキャンペーンを展開している。(北京・共同)
毎日新聞 2005年6月1日 19時23分


(まぁ、詰まりはこんなことやってるから、

 いつまで経っても遅れた国なんだよ、ってことだな。脳ミソも技術も。)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。