次の目的地はモンテカルロビックリマーク

えー叫び あのモナコの?


ここは南米アルゼンチンです。

でも確かにモンテカルロと言う街にこれから向かいます。


国道の両サイドはマテ茶畑。

まだ若いマテ茶畑ですね。


モンテカルロの途中にある

プエルトリコと言う街を通り掛かりました。

プエルトリコ!?ってあのカリブ海にあるはてなマーク

ここは南米アルゼンチンです。

スペイン語のプエルト・リコは「豊かな港、美しい港」と言う意味のようですが、

ここには海はありません。


モンテカルロのキャッサバ工場に来ました。

またまたキャッサバです。

この前見た工場とだいたい同じですね。



大きなキャッサバです。

ここでもキャッサバ澱粉にして

出荷されていました。

キャッサバの料理も食べてみたいなニコニコ


Mr.マテ茶

AD

農業学校を後にし、次はビン詰め加工場に


ここでは色々な野菜をビン詰めしています。

この時は大きなピーマン。・・・?

こんなものまでビン詰めにするのですね。えっ

農協本部に戻ってきました。

収穫したマテ茶を積んだトラックが

続々とやってきます。

いっぱい積んでる、積んでる音譜

ここで重さを計って、どのくらいあるか・・・

事務所の表にはマテ茶専用の給湯器がありました。

この給湯器からマテ茶用のポットにお湯を入れますが、

至る所にこの様な給湯器が置いてあります。

さすが マテ茶の本場ですね。

日系人の多い農協でした。

皆さんお世話になりました。ありがとうございました!

グラシアスビックリマーク


Mr.マテ茶

AD

マテ茶畑の見学も終えて

街のレストランで皆さんから歓迎会を開いて頂きました。

ワイワイ ガヤガヤ 

もちろん 肉料理メインです。ニコニコ


歓迎パーティーも終わり

次は 農産物の加工場へ


その途中、農業学校があり

急遽 見学することにしました。

でも この日は休暇日で

宿直の先生しかいませんでした。


生徒の半数は 全寮制 とのこと。

部屋をのぞかせてもらいました。

生徒が管理する農地です。


農業が盛んなミシオネス州では

この様な学校が多く

農業の後継者育成に積極的に取り組んでいるようです。


Mr.マテ茶

AD