子供の教室の先生になりたい!


さて、先生に向いているか向いていないか

これも多少なりとはあるかもしれませんが


子供の先生になるには

必須条件として・・


あなたが子供になれるか?


どうかです。


子供達からしたら「先生」という存在は

学校などの先生も含めて

勉強を教えてくれる尊敬できる大人

とは、思ってない気がします。


上から目線で指示したり、しかったり

勉強を教えたり、絵画を教えたり。

それでは、子供はきっと先生に心を預けることは

できません。


あとりえほしみらいでは、

3つの先生になれるように、話をしています。


ベルその子供と同級生になれること(童心に戻れる)


ベルその子供の下の立場にもなれること(子供のほうがすごい)


ベルその子供より上の立場になれること(先生として大人として)



子供と心を通わせるには必須条件です


要は

「あなたも子供になる」


外見ではなくで(わかってるって?)、心を童心に戻すことも出来る

先生になると、子供の気持ちも分かるし、子供に伝わりやすい。

そうすると、「信頼関係」をつくっていく近道になるのです。


さて、どういうことか?

どうしたらいいのか?


はしゃげるかどうか?感情を素直に出せるかどうか?


ということと


子供教える教室でのことを同じように楽しむことが必要です

子供の頃好きだったこと

子供の頃、よく遊んだこと

おえかき

なわとび

あやとり

折り紙

メンコ

プラモデル

カード

剣玉

竹とんぼ

こままわし

ミニカー


そんなことを思い出して、ちょっとやってみてください。


今の子供の遊びをしてもいいです

DS

Wii

ゲーム

アニメ

スポーツ


遊んでみることです

これぞ「童心にもどる」のうちのひとつ。


今の子供の好きそうなアニメを見たり、ポケモンの絵を

かいたり、NHKをみるのもいいですね。

あんぱんまんとポケモンはおさえておきたいところ。


子供の気持ちがわかれば、きっと子供達も

「お!先生と一緒だ~!」と

会話も弾み心も開いてくれるでしょう


アニメ、おもちゃ、マンガ、ゲームは子供のもの。

と、一線をひいてしまうと

いつまでたっても子供の心を捉える先生には

なれませんね。

でも、これは私の感覚です。


教室で知識だけを教えればいい教室だと

必要ないのかもしれません。

先生も子供もそれなりの関係ですごす教室には

たいした情報ではないでしょうね。

ただ、

子供は心から楽しんでるのかな?と知りたい先生にとっては、

こういった歩みよりを望むのが子供の先生の心得だと

思います。


子供達とのまとまりに悩んでいる先生!

一度、今教えている教室での内容とは

まったく関係ないことをして

遊んでみてください。

一気に子供の心の開放になり、

後のレッスンが変化してくるはずです。


素敵な線先生になってくださいねラブラブ


*******************************************************

右脳アート絵本教室あとりえほしみらい 国語と図工の絵本教室

                    年中さん~小学6年

星あとりえほしみらい絵画・絵本教室

http://www.hoshimirai.com/indexatorie.html


シダックスカルチャー狭山クラス

シダックスカルチャー岸和田小松里クラス

エレガントアカデミー北野田クラス

JUGIAカルチャークロスモールクラス

JUGIAカルチャーコムボックスクラス

文化教室津久野一丁クラス

*******************************************************