アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会によるものがある。


厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されているんですね~~。



アトピーについては、いろいろ詳しいことが載ってるので


調べて見るかとはありそうですね~。



発症の原因は不明であるが、蕁麻疹のような即時型アレルギーと遅延型アレルギー


アトピー性皮膚炎は、他のアレルギー疾患(気管支喘息など)の病歴を持つ場合が多い


皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者が持つが、これは炎症の結果でない。


独立した要素であると考えることができる。


しかしその一方で、いわゆる遺伝病のように特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右するものではない。

AD