アトピー改善アドバイザー 桑野やすし オフィシャルブログ アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる

なぜ僕はアトピーから脱出できたのか?分子栄養学、生理学、心理学、スキンケア理論、サプリメント、栄養療法、保湿、免疫、免疫寛容、副腎、糖質制限、人生、カウンセリングなど



こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桑野です。



このブログはアトピー性皮膚炎を改善しようとする方、

そのご家族を応援するための情報提供を目的としたブログです。



僕自身が数年前までアトピー症状を持っていて、

その改善のためにいろいろなことを学びましたし、

その改善の道は僕に多くの人生経験を与えてくれました。



今では健康な肌を手に入れ、

自分のやりたいこと・好きなことを中心に生きることができています。



その体験や知識が、

微力ながらどなたかのためになればと思っています。







メールマガジンへご登録ください

ほぼ毎月セミナーを開催しています。
お知らせが欲しい方はこちらから無料のメルマガにご登録ください。

はじめに7日間のメール講座が届き、
その後はブログの更新情報やセミナーのお知らせが届くようになります。
http://www.reservestock.jp/subscribe/17379





当ブログを応援してくださる方、
ランキングへ一票お願いします。

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ





テーマ:

 

 

こんにちは。
 

アトピー改善アドバイザーの桑野やすしです。
 

 
 

読者の方からこんなメッセージをいただきました。
 

 
 

-------------------------------
 

 

感想ですがいいですか?
 

  
 

いつも、ブログ拝見しております
 

今回はとてもがっかりしたからです。
 

いろんなかんがえ方の人がいるとは思うけれど、
 

それでもやっぱりアトピーは直さなくていいって。。。
 

少しひどいと思いました。
 

治った人の上からの意見だと感じました。
 

 
 

あなたのように
 

二年ステロイドを塗って、
 

脱ステして何年かしてツルツルピカピカですって言ってる人に
 

何年も何年も死ぬほど辛い思いしてる人もいるのに、
 

ブログで発してはいけないと思いました。
 

アトピーを味わい尽くせない人もいるのです、
 

あなたは治ったからそう言えるのです。
 

 
 

アトピーが原因で自殺する人もいるのです、
 

間違っても治らなくていいとは発してはいけないと思います。
 

人に直してもらおうなんて思ってはいないけれど
 

路頭に迷ってる人は山のようにいて苦しんでいる
 

 
 

あなたはたまたま運良く早く道が開けた
 

それだけではないでしょうか?
 

もちろん努力されて今があるとは思うし、
 

それを商売にされているのだから
 

それはそれでいいと思いますが。ね。
 

 
 

少し無責任な発信だと思いました。
 

 
 

-------------------------------




 

だそうです。
 

 
 

ずいぶん怒ってますね。
 

傷ついている。
 

 
 

今日はこれについて書きますわ。
 

 
 

 
 

 
 

信するは怖いのよ
 

 

実は僕、いつも怖いんですよ。
 

ブログ・メルマガの投稿ボタンをクリックするのが。
 

 
 

僕が書いた文章でこんなふうに
 

傷つく人がいることを知っているので、
 

「あ〜、またなんか批判されるんじゃねぇかなぁ」
 

とブルッと震えながら投稿してます。
 

これマジね。
 

 
 

で、やっぱりたまにいるわけです。
 

しかもこうやってご丁寧に意見をくれる。
 

きっと、メッセージなんて送らずに
 

静かに読者登録を解除している人もいるんでしょう。
 

それはそれでいいの。
 

僕を気に入らない読者さんがいなくなるということは、
 

僕を気に入ってくれてる人が残るということ。
 

これはありがたいことなんです。
 

みなさんも僕の言葉が気に入らない場合は、
 

できれば静かに読者解除でお願いします笑
 

 
 

だって、こういう意見をもらうのって、
 

やっぱり気分のいいものではないからね。
 

もちろん、世の中に向けて
 

自分の言葉を発信している者として、
 

どんな批判や非難も受ける覚悟で書いてますよ。
 

こういう嫌な気分を経験することも、
 

初めからから織り込み済みなんです。
 

それが嫌ならこんな活動やるべきじゃないよね。
 

 
 

だから、
 

「嫌なら読まなきゃいいじゃん!」みたいなことは
 

言わないでおこうと思います。
 

この方はこの方なりの人生経験から
 

こういう反応が出てきたわけで、
 

それを否定する権利は僕にはないしね。
 

 
 

ただ、できれば静かに解除して笑
 

 
 

ま、この怖さを感じなくなったら、
 

僕はもう深みのある文章を書けなくなる気がするので、
 

当面は怖さを味わいながらやり続けることにします^_^
 

 
 

 
 

さんでいい」の意味 
 

 

さて、
 

この方は「アトピーを治さなくていい」という
 

言葉に強く反発しています。
 

そんなことを言うべきじゃないとのこと。
 

軽蔑すらにじませていますよね。
 

 
 

でも、僕はこの言葉を撤回することはできません。
 

心からそう思っているから。
 

 
 

改めて言いましょう。
 

 
 

 
 

 
 

アトピーは治さなくてもいいですよ。
 

 
 

 
 

 
 

もちろん治してもいいんです。
 

 
 

あ、この話する前に、、、
 

この方はとてもいいこと言ってます。
 

 
 

僕は自分でもよく言ってるんですが、
 

「僕は運が良かっただけ」です。
 

たまたま分子栄養学に出会って、
 

たまたまそれが直感に響いて、
 

たまたま品質の良いサプリメントやスキンケアに出会って、
 

それを続けたらなんか知らんけど良くなった。
 

それだけのこと。
 

アトピーが良くなるかどうか、
 

これは最後は「運」だと思っています。
 

「理論より運」と言っても過言ではない。
 

 
 

ただ、いわゆる成功者と言われるような、
 

運を掴んだ人たちが口を揃えて言っているんですが、
 

どうやら運を掴む人には掴むだけの理由があるみたいなんです。
 

ですから、
 

運をつかめるメンタリティを準備しておくことは
 

とても大切だと思っています。
 

これはまた別の機会に思い出したら書きますね。
 

 
 

 
 

で、
 

もちろん治してもいいんですよ。
 

 
 

でも、治さないという選択肢もあるということです。
 

 
 

これはとても大切なことなんですが、
 

人生にはあらゆる場面で選択肢が用意されています。


 

 
 

 

 

そして、目の前の選択肢から、
 

自分で「どれかを選び取る」という行為が
 

人生を作ります。
 

 
 

多くのアトピーの人が無限ループにハマってしまう理由の一つは、
 

「アトピーを治さない」という選択肢がそこにあるにも関わらず、
 

それを無視しているからです。
 

 
 

アトピーが治らなきゃ次に進めない。
 

アトピーのせいで自分は不幸なんだ。
 

アトピーが消えれば幸せなんだ。
 

 
 

あたかもアトピーを治さなければ
 

ゲームが終わってしまうように感じている方が多いわけ。
 

 
 

違うんですよ。
 

 
 

アトピーとともに歩む人生もあるの。
 

 
 

それは辛く苦しい時間だけど、
 

実は本人にとって意味のある時間であることが多い。
 

悲しい、寂しい、孤独、怒り、焦り、劣等感、
 

多くの人はそういった感情を
 

できれば感じずに生きていこうとしています。
 

でも、そのすると幸せや喜びへの感度も
 

鈍ってしまうんです。
 

アトピーによって嫌な感情をたくさん味わうことで、
 

実は幸せや喜びへの感度を高めている側面があるし、
 

何よりその人の人生には深みが出ます。
 

 
 

 

このメッセージを送ってきてくれた方は、
 

アトピーを治したいという強い思いを持っています。
 

それは素晴らしいことだと思います。
 

人は向上心で輝くことができます。
 

しかし、それは裏を返せば、
 

アトピーである自分を強烈に否定している可能性があるんです。
 

僕の発言を「上から」と感じている時点で、
 

自分は「下」だと認定しているわけですし。
 

 
 

この状態では、
 

・アトピーを治す
 

・アトピーを治さない
 

という選択肢のうち
 

後者が見えなくなってしまうので、
 

「選択」という行為自体ができなくなります。
 

「選択」のない人生は前に進みません。
 

 
 

だから延々とその場を回り続けることになります。
 

 
 

アトピーに限らず、人はいろんな場面で無限ループにハマります。
 

 
 

仕事を辞めるという選択肢
 

パートナーと別れるという選択肢
 

夢を諦めるという選択肢
 

ホームレスになるという選択肢
 

日本を離れるという選択肢
 

 
 

「それはないわ」って横に退けてしまった選択肢があると、
 

人生は前に進みにくくなります。
 

 
 

今の仕事を辞めてもいいし、続けてもいい。
 

どっちにする?
 

っていうのが選択です。
 

 
 

アトピーを治してもいいし、治さなくてもいい。
 

どっちにする?
 

っていうのが選択です。
 

 
 

ぜひ、「治さなくてもいい」っていうのを
 

選択のテーブルに改めて置いてみてほしい。
 

その上で、「治したい」を選んでみてほしい。
 

それは、今まさに生きているアトピーとともに歩む人生を
 

否定しなくなる瞬間でもあります。
 

きっと今までとずいぶん違った感覚で行動できると思います。
 

 


 

の存在価値はアトピーに左右されない


 

アトピーになるとすっごい劣等感出てきます。
 

僕もそうだったし、
 

この方もそうなんだと思う。


 

さっき「下」認定の話したけど、
 

まさに、
 

アトピーじゃない人のほうが存在価値が高く、
 

アトピーである自分は存在価値が低い。
 

そんな感覚。


 

でも、
 

そんなことないのよ。


 

アトピーだから価値が下がってるわけじゃない。
 

全く関係ない。
 

僕はアトピーのせいで自分がだめになったように思っていたけど、
 

そうじゃなかった。


 

アトピーでしんどかったら、
 

人に助けてもらえばよかったんよね。
 

助けてもらえるってことは愛されてるってこと。


 

でも僕は助けてもらおうとしなかった。
 

こんなに見た目の汚い自分が、
 

助けてもらったりしたら余計ダメな人間になると思ってた。


 

僕がこうやって孤立していったのは、
 

結局自分で自分を「下」認定してたから。


 

しかも、自分で認定してるだけなのに、
 

周りからも同じ認定を下されてると
 

勝手に決めつけてたもんだから、
 

変に強がったり、
 

卑屈になったり、
 

傷ついたアピールをしてみたり、
 

自虐に走ったりする。


 

だいぶめんどくさいやつになってました(恥)


 

何勘違いしてんのかね?
 

自分の「下」認定が世界に通用するとでも思ってんのかね?


 

あとあと検証していくと、
 

僕の「下」認定は僕の中だけでしか
 

効力を発揮してなかったみたいよ。
 

他の人の中には、
 

僕が
 

「下」だとか
 

「ダメなやつ」だとか、
 

「汚い」とか
 

そんなんなかった。
 

みんな僕のことを心配してくれてたし、
 

尊重してくれてたし、
 

大切に思ってくれてた。


 

結局アトピーが僕を「下」にしたんじゃなくて、
 

僕が僕を「下」認定してただけだったわけ。
 

 
 

アトピーであるということ自体は、
 

僕の存在価値にプラスもマイナスもなかったのね。


 

だから、
 

冒頭のメッセージをくれた方に言いたいのは、
 

アトピー治ってない今の状態で、
 

自分を認めてみようよってことです。
 

アトピー治ってない今の状態で、
 

人から愛されてみようよってこと。


 

このメッセージがどんなふうに届くのか
 

僕にはわからないけど、
 

結局怒りを助長するだけに終わってるかもしれないけど、
 

それでも、
 

いつかいろんなことが良くなることを祈ってます。


 

不満があればまたいつでもメールください。
 

僕は嫌な気持ちになる準備、
 

できてますから^_^




 



 

 


アトピー改善アドバイザー

桑野やすし

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 
 無料メール講座を配信中 
 
アトピーの6つの側面について、
1週間毎日メールが届きます。
 
 
アトピーの6つの側面「アトピックキューブ」

 

 

 

 

 
全7回の講座が終わったら

 

 
桑野やすしのメルマガ
「アトピーを味わい尽くせば、人生が変わる」

 

へ自動的に移行します。
配信解除はいつでもできます。

 
 



 桑野やすしのアトピーの考え方を知りたい方はこちら 

今後のセミナー情報

 

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4449

 



 個別のサポートを受けたい方はこちら 

桑野やすしの個人セッション

アトピーから本気で抜け出したいけど、
一人では続けられない、
何をすればいいのかわからない。。。
そんな方にはインストラクターが必要ですね。

アトピー脱出までのプランニングや
実践的なアドバイス、
メンタル面のカウンセリングを
メールをやり取りしながら行います。

- 詳細・お申込み -
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/4449


 



当ブログを応援してくださる方、 ランキングへ一票お願いします。


アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは。
 

アトピー改善アドバイザーの桑野やすしです。
 

 
 

この3連休、京都は祇園祭真っ最中。
 

市街地はすっごい人だかりでしたよ。
 

 
 

「鉾(ほこ)」と呼ばれる山車が
 

そこらじゅうで見られます。
 



 

Wikipediaによると、9世紀から続く祭りなんだって。
 

863年に富士山大噴火、
 

869年に東北で大地震と
 

立て続けに災害が起きたので、
 

それを鎮めるために行ったのが起源だそう。
 

 
 

自然災害は今に始まったことではないのよね。
 

ついつい狭い視野で「地球がおかしい!」とか言ってしまうけど、
 

歴史を紐解くと、これが普通なんだということになる。
 

こうやって動いている地球だからこそ
 

生命が誕生し、繁栄しているわけで、
 

災害がなくなったとしたら、
 

そこに命は生き続けられるのか?っていう
 

話なのかもしれません。
 

 
 

とは言え、、、
 

僕の地元、大分県日田市が大きな水害に見舞われました。
 

先日帰省したときも、
 

かなりの惨状を目にしました。
 

大好きな小鹿田焼の里も崩壊しています。
 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057021000.html
 

 
 

 
 

よかったら募金に協力してください。
 

お願いします。
 

http://www.city.hita.oita.jp/kinkyu/saigai_info/7389.html
 

 
 

 
 

 
 

さて、
 

今日は頂いていた質問にお答えしますね。
 

 
 

腸が弱く、サプリもそのまま出てきます
 

【質問】
 

アトピーが出れば重症に、
 

出ないととてもきれいな肌でずっとぐるぐるしてきました。
 

桑野さんのおっしゃる栄養分子学も少しかじりましたが。。。挫折。
 

それには理由があって
 

たんぱく質を消化する健康な胃や腸が私には整わず。
 

皮がこんなに剥がれ落ちるのだから
 

たんぱく質が足りていないのはよくわかります、
 

というか何もかも足りていない
 

桑野さんはそこはどーやってクリアしましたか?


 

胃腸がそもそも弱いのに
 

たくさんの栄養をどのように体に送り込むのでしょう?
 

よく噛むことごもっともです、
 

サプリもそのまま出てきてしまうほどの胃腸です、
 

どうぞよろしくおねがいします。'
 

 
 

--------------------------------------


 

 

 

サプリがそのまま出てくるというのが
 

にわかには信じられなくて、
 

詳しく聞いてみたんですが、
 

本当に錠剤のまま出てくるそうです。
 

そういう方、他にもいるのかな?


 

そもそもサプリメントは、
 

溶けやすいように作られているわけで、
 

それが溶けないってことは、
 

消化液が出ていないということです。


 

看護師である妻に聞いてみたら、
 

「かなり体力の落ちた高齢者にそういう事象が見られる事があるけど、
 

 普通の人だと見たことない」
 

とのこと。


 

となると、まず疑うのは、
 

胃腸に何か疾患があるのではないか?ということになります。
 

もしそこで消化器官に疾患が見つかれば、
 

僕の出る幕ではありません。
 

ですからまずは専門医を受診して、
 

現状を把握することをオススメします。


 

疾患がないということなら、
 

消化液を出すということから始めましょう。


 

おそらく唾液も出ていないので(※)、
 

まずはそこからです。
 

・よく噛んで食べる(食事に使う時間を今の2~3倍に伸ばしてみてください)
 

・食前に生姜やお酢、梅干しなどの渋み・酸味のものを食す
 

・食事の匂いを十分嗅いでから食べ始める
 

をオススメします。
 

唾液が出るようになると、
 

その刺激で、胃液や胆汁や腸液などの消化液も
 

出始める可能性有り。


 

※質問者の方に聞いてみたらやっぱり
 

 「唾液、少ないです。とにかくカラカラです」とのこと。




 

分に足りていないものをどうやって判断しましたか?
 

【質問】
 

近くに栄養分子治療をしている医者をみつけたので
 

血液検査してこようかと思っています


 

桑野さんは独学でとありますが
 

なにが足りていなかったのかも
 

ご自分でご判断されたのでしょうか?


 

--------------------------------------


 

僕はその判断はせずに取り組みました。
 

理由は「費用がバカ高い」。
 

当時の僕はお金なかったんで、
 

検査できなかったんです。


 

なので、栄養の量でカバーしました。
 

栄養素の必要量には個人差があります。
 

例えばビタミンCの必要量は
 

1mg/日で足りる人もいれば、
 

1000mg/日が必要な人もいます。
 

自分がどちらの人間なのかわからないので、
 

とりあえず1000mg摂っとくわけね。


 

種類もまんべんなく摂りました。
 

マルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントで
 

ほぼ抜け漏れなく摂取。


 

でも、後で気付いたんですが、
 

亜鉛だけはそのサプリに入ってなかった。
 

アトピーの人に亜鉛は必須なんで摂ったほうがいいんだけどね。
 

ま、結果オーライだ笑。


 

タンパク質はアミノ酸スコア100の
 

プロテインで補えば一応大丈夫。
 

ただ、今思えば、
 

アミノ酸スコアは必須アミノ酸だけを対象にしてるので、
 

非必須アミノ酸については足りてたかどうか不明。
 

非必須アミノ酸は必須アミノ酸から作れるけども、
 

その変換分だけではまかなえない場合もあるので、
 

不足分はやっぱり食事で摂るべきだと思います。


 

そう考えると、
 

ちゃんと検査して、
 

専門家の指導を仰ぎながらやっていくのが
 

理想なのかもしれません。


 

でも、そこまで神経質にならなくても、
 

うまくいった人間がここにいるということは、
 

ひとつのケースとして参考にしてください。


 

完璧を目指せばうまくいくとは限らず、
 

不完全だからうまくいかないというわけでもないのです。


 

1ヶ月だけ100点のケアをするよりも、
 

60点を1年続けることのほうが価値があるのが、
 

体質改善の面白いところでもあると
 

個人的には思います。




 

も保湿してんの?
 

 

【質問】
 

桑野さんは健康な肌になった今も
 

毎朝からはじまって5、6回の保湿してらっしゃるのでしょうか?
 

みなさんに聞かれると思うのですが
 

どこの保湿クリームつかわれてますでしょうか?
 

教えていただけたら嬉しいです
 

どれもこれもかぶれるので。困っています。
 

 
 

--------------------------------------


 

今は保湿は朝晩1回ずつです。
 

しかも最近では顔しかしてません。


 

1日5〜6回の保湿……
 

めんどくさくてやってられん!笑


 

やってた当時の僕は、
 

本当にアトピーから抜け出したかったんだと思います。
 

そうじゃなかったらできないっす。
 

僕、意思弱いんで。


 

顔だけ今も続けている理由は、
 

美しくありたいから(笑)というのと、
 

社会人1年目でアトピーが爆発した
 

最初の地点が顔だったからです。
 

ここをケアしておくことは、
 

僕にとっては大きな保険です。
 

 
 

ちなみに、
 

皮膚がきちんと修復できて、
 

栄養がしっかり摂れていれば、
 

乾燥肌の人でもそれなりに皮脂が出ます。
 

そういう状態にまで持っていければ、
 

乾燥肌のレベルにもよるけど

 

1日2回で十分になってくると思います。

 




 

使ってるスキンケア製品は、
 

ブログでもメルマガでもセミナーでも言いません。
 

薬事法という法律に触れる可能性があるので、
 

製品名を出せないんです。








 

てことで、
 

答えになってますでしょうか?

参考になればうれしいです。
 








 


アトピー改善アドバイザー

桑野やすし

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 
 無料メール講座を配信中 
 
アトピーの6つの側面について、
1週間毎日メールが届きます。
 
 
アトピーの6つの側面「アトピックキューブ」

 

 

 

 

 
全7回の講座が終わったら

 

 
桑野やすしのメルマガ
「アトピーを味わい尽くせば、人生が変わる」

 

へ自動的に移行します。
配信解除はいつでもできます。

 
 



 桑野やすしのアトピーの考え方を知りたい方はこちら 

今後のセミナー情報

 

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4449

 



 個別のサポートを受けたい方はこちら 

桑野やすしの個人セッション

アトピーから本気で抜け出したいけど、
一人では続けられない、
何をすればいいのかわからない。。。
そんな方にはインストラクターが必要ですね。

アトピー脱出までのプランニングや
実践的なアドバイス、
メンタル面のカウンセリングを
メールをやり取りしながら行います。

- 詳細・お申込み -
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/4449


 



当ブログを応援してくださる方、 ランキングへ一票お願いします。


アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
こんにちは。

アトピー改善アドバイザーの桑野やすしです。

 

最近、アトピーの人とアトピーじゃない人の

関わり合い方について考える機会が

立て続けにいくつかあったんですよ。


 
お子さん、

ご主人、奥さま、

お父さん、お母さん、

彼氏、彼女、

友達、

親戚、

などなど、

「身近な人がアトピーで自分はアトピーじゃない」

このメルマガの読者さんの中にも、

そういう状況の方がおられると思います。

 
 
今日は僕がアトピー全盛だった頃に、

周囲の人に抱いていた感情を思い出しながら、

アトピーじゃない人にどう接して欲しかったかを

書いてみますね。
 
 

{8CEF868F-3953-4E95-A414-1A7FB4CDC37B}



してください
 
12年前の僕から、アトピー経験のないあなたへ 
 

 
最近はアトピーの状態が思わしくなく、

まるでジェットコースターに乗っているかのような、

浮き沈みを体験しています。


 
アトピーが悪化してくると、

周りの人にたくさんの迷惑をかけてしまって、

いつも申し訳なく思っています。


 
これから僕が書くことは、

あなたを傷つけてしまうかもしれないし、

悲しい思いをさせるかもしれないし、

怒らせてしまうかもしれません。
 


でも、僕が抱えていることを

ここに記しておくのは、

意味があるような気がしています。

ですから、

これに対してあなたがどのように感じられるかは

一旦考えずに、

思うままに書いてみようと思います。


 
どうか、これを読んで感じたことは、

あなたの中で処理していただければと思います。

寛容に甘えることとなり、

申し訳なく思います。
 

 
アトピーが悪化すると、

僕のパフォーマンスは著しく低下します。


 
仕事も勉強も手につきません。

電話にも出られません。

メールの返信なんてしてる場合じゃありません。

約束した時は元気だったけど、

前日に悪化すればその約束は守れなくなります。

連絡する力もないし、

明け方まで眠れないので約束の時間になっても起きられません。

睡眠不足に加え、

意識がかゆみに向いてしまうので、

理解力、

コミュニケーション力、

注意力が低下します。

IQが大幅に下がっているような感覚です。

免疫は異常に活性化するし、

カラダは皮膚の再生にかかりっきりになるため、

エネルギー消費が凄まじく、

少し動くだけで疲れます。

こんなふうにすぐに弱ってしまう自分が情けなく、

気持ちもふさぎ込んでうつ状態のスイッチも入ってしまう。

とにかく人と会いたくない、

話したくない、

見られたくない。

 
 
そんな状態です。

 
 
そんな中、

今僕のココロの奥底で何度も反復しているのは

「僕のせいじゃないし」

という、せせこましい感情です。


 
周囲に迷惑かけて「申し訳ない」し、

簡単な事もできなくて「恥ずかしい」し、

自分は「劣ってる」って感じるし、

なんか「イライラ」する。

そんないろんな感情が渦巻くのですが、

深いところでは、

「僕のせいじゃないし、責めないでよ」

って思っています。

それほど僕は追い詰められているのです。


 
僕の能力が落ちてしまっているのは、

事実、アトピーというハンディキャップを

持っているがゆえの弱さであって、

僕の意思や努力では

どうにもならない状況なのです。


 
死に直結している病気ではないので、

どうしても軽く見られる傾向にあるのですが、

アトピーは確実に

僕のココロとカラダを食いつぶしていきます。

その恐怖に僕は今にも押しつぶされそうです。

 

生活習慣やメンタルを見直すことで、

アトピーが消えるという話を

あなたも聞いたことがあるでしょう。

僕がこんな状況になっているのは、

僕がだらしない生活をしているからだと

あなたは思うかもしれません。
 


確かにこれまでの僕は、

食生活についても、

人との接し方についても、

自分の考え方や生き方についても 

特に省みることなく生きてきました。

そのことは認めます。



でも知らなかったのです。

このことでアトピーがこんなに酷くなるなんて。
 


それに、同じような怠惰な生活を送っていても、

アトピーにならない人もたくさん居るじゃないですか。

生活習慣が乱れていても、

アトピーになるかならないかは「たまたま」なのです。

あなたがアトピーになる可能性だってあるし、

今なっていないのは「たまたま」です。


 
あなたはいつも、

「掻かないほうがいい」とか、

「ステロイド塗ってたら治らない」とか、

ちょっとかじった程度の知識でアドバイスしてきますが、

あなたもアトピーになってみれば、

そんな簡単な話ではないことがわかることでしょう。



世の中にはアトピーに対しての

アドバイスがたくさんあります。

添加物を避ける、

甘いものを控える、

バランスのよい食事をする、

日光を避ける、

軽い運動をする、

サプリメントを摂る、

病院へ行く、

薬を塗る、

などなど。



こういうことをなぜ僕がちゃんとやらないのか、

あなたは不思議に思っているかもしれませんね。

実は、やらないのではなく、

できないのです。

やろうやろうと思っても、

カラダとココロが付いてきません。

あなたにとっては簡単にできることでも、

今の僕にとってはあまりに高いハードルなのです。



そういうことも

あなたは「たまたま」アトピーにならなかったから、

わからないのです。
 


ですが僕も今になってようやく、

食について、

自分のココロについて、

向き合うことを始めました。


 
スタートラインに立つまでに、

ずいぶん時間がかかったことを恥ずかしく思いますが、

僕がこのことに気づくためには、

それだけの時間と経験が必要だったのです。

 

いつも活動的で輝いていて、

どんなことも滞りなく実行していく、

能力の高いあなたから見れば、

僕の歩みは亀のように遅く感じられるでしょう。

ですが、これが僕の精一杯なのです。


 
これからアトピーが消えることがあるとしても、

ずいぶん時間のかかる取り組みになるでしょう。

もしかしたら、

努力の甲斐なく、アトピーは消えないかもしれない。

途中で怠けてしまうこともあると思います。


 
そうなれば、

あなたにはさらに迷惑をかけることになってしまいます。


 
どうか、僕を許して下さい。

常に頑張り続けることなど、

僕にはできません。


 
アトピーであることで、

すでに僕は十分追い詰められています。

どうかこれ以上は追い詰めないでください。


 
僕がどれだけ頑張れるか、

規則正しい生活を送れるか、

アトピーと向き合えるかどうか、

それは僕の課題であって、

あなたの課題ではないはずです。


 
おせっかいを承知で言わせていただけば、

あなたの課題は

「どうしてアトピーの僕を放っておけないのか?」

「どうして僕のようなデキの悪い人間を許せないのか?」

といった点だと思います。


 
世の中には

身体の弱い人間、

うまく言葉を使えない人間、

順序立てて考えられない人間、

細かいことに気づかない人間、

気にしすぎて動けなくなる人間、

変わりたくても変われない人間、

そんな人がいてもよいのではないですか?
 


苦しい経験、

悲しい経験、

悩みの時期、

そういうダークな体験をすることも、

人生の大切な1ページにはならないでしょうか?


 
どうしてそんな存在を認めようとしないのでしょうか?

どうして僕を変えよう、助けようとする必要があるのでしょうか?


 
あなたの課題は僕のような人を

「許す」ことではないかと思っています。
 


どうか、

僕を明るく前向きな人間に

変えようとしないでください。

どうか、

僕を目標に向かうだけの

ロボットに育てようとしないでください。
 


僕には寄り道が必要で、

暗い感情の沼に肩まで浸かる時間が必要なのです。
 


そしてそこから抜け出すのが僕の課題です。


 
僕には現状を一気に変えるだけの力はありません。

きっとまだまだ迷惑をかけるし、

足手まといになるだろうし、

うまくスピーディにやれない僕を目障りに思うでしょう。


 
ですが、

そんな僕の存在を、

どうか許してください。

それでもあなたのそばに居たいのです。

。。。。。
 


 
-----------------------
 
 

僕は12年前、

アトピーが酷くなっていく中で、

劣等感を募らせ、

孤立していきました。
 


それまでできていたことができなくなっていく、

そんな恐怖に追い詰められて

なんとか元のパフォーマンスを

維持しようと頑張りましたが、

もはやそんな頑張りの利かないほど、

アトピーは酷くなってたんです。


 
周りからは

アトピーを治すための情報がたくさん入ってきました。

そのたびに

「やっぱりアトピーは治さないといけないんだ」

っていう焦りが出てきます。

だんだん「治せないのは自分のせいだ」という

自分自身への責めも出てきて、

とても苦しかった記憶があります。


 
また、自分自身を責めると同時に

「自分のせいじゃないし」っていう思いも

 実は湧いていたんだなということを

最近になって気づきました。


 
許してほしかった。


 
確かに周りから見れば、

期待した仕事をしてもらえなかったり、

受験に失敗しそうだったり、

本人の人生が壊れてしまいそうだったりするので、

失望や心配が湧き上がってくるのでしょう。


 
でも、

それを本人にぶつけるのは得策ではないかもしれません。

本人がすでにそれを一番感じているから。


 
周囲の人は許してあげてほしいんです。

もちろん周囲の人も必死こいて一生懸命生きてるんで、

余裕ないのもわかります。

でも人間関係は

「許し、許される」というやり取りがないと、

いつか必ず崩壊します。

アトピーを抱えている以上

健康な人と同じ仕事量、学習量は

こなせないのです。

 
 
是非一度、

アトピーの人がどれほど追い詰められているか、

どれほど頑張ろうとしているか、

そのことに想いを馳せていただけるとうれしいです。


 
僕のセミナーにはアトピー以外の方もご参加いただけます。

来ていただいて、他のアトピーの方と接することで、

理解できることもあると思うので、

よかったらこういう場にも足を運んでみてください。



7/2 アトピーの5つの側面 実践セミナー



乱文失礼いたしましたm(_ _)m









アトピー改善アドバイザー

桑野やすし

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 
 無料メール講座を配信中 
 
アトピーの6つの側面について、
1週間毎日メールが届きます。
 
 
アトピーの6つの側面「アトピックキューブ」

 

 

 

 

 
全7回の講座が終わったら

 

 
桑野やすしのメルマガ
「アトピーを味わい尽くせば、人生が変わる」

 

へ自動的に移行します。
配信解除はいつでもできます。

 
 



 桑野やすしのアトピーの考え方を知りたい方はこちら 

今後のセミナー情報

 

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/4449

 



 個別のサポートを受けたい方はこちら 

桑野やすしの個人セッション

アトピーから本気で抜け出したいけど、
一人では続けられない、
何をすればいいのかわからない。。。
そんな方にはインストラクターが必要ですね。

アトピー脱出までのプランニングや
実践的なアドバイス、
メンタル面のカウンセリングを
メールをやり取りしながら行います。

- 詳細・お申込み -
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/4449


 



当ブログを応援してくださる方、 ランキングへ一票お願いします。


アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ


 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(5)