オレ論4

テーマ:

昨日初めて来てくれたゆいなちゃん

オレっちの名前の由来について聞いてきたんで

ここいらで バラそうかと(^^;)


この名前は以前携帯のアドレスにも使ってたんだよね


この名前のキッカケになったのは










言わずと知れたスティーヴ・スティーヴンスのファーストソロ


ハッキリ言うけどこのアルバムは聴いたことがない!!(爆)


単純にATOMIC・PLAYBOYSって響きがカッコよかっただけなんだよね


スティーヴ・スティーヴンスの音楽歴をオレが知ってる

範囲で簡単に説明すれば


N・Yでセッションミュージシャンとして活動

クリサリスと契約したビリー・アイドルにギターとして参加

ATOMIC・PLAYBOYS発表

マイケル・モンローのエルサレム・スリムに参加

ヴィンス・ニールのファーストに参加

再びビリー・アイドルと組み映画スピードのタイトルチューンを発表

氷室京介に参加

凄腕ミュージシャン、テリーボジオ、トニーレヴィンとバンドを結成


;フラメンコ・ア・ゴーゴー発表





そして最近はまたビリーと組んでツアーをしてるよね


肝心要の作品を聴いてないとなったら

オレちゃんが聴いたのは

















の3つ




やはりセッションマン

いずれできっちり彼の音というのは聴け

その場その場で臨機応変に仕事をこなしてる



まず、エルサレム・スリム

バンド名がカッコイイ!

実質マイケル・モンローのバンドなんでロックンロール色が強い

やっぱりマイケルはカッコイイ!!

(特にブルース・ハープは圧巻!!!)

92年発表でマイケルが本格的にパーソナルに始めようと

意気込んでたんだが、発表前にスティ-ヴが流れ者になったんで

自然消滅というある意味カッコのつくカタチになった悲劇で終わってしまった



その次がヴィンスニール
かのモトリー・クルーをクビになったという

ロック史の重大事件の1つの犠牲者になったヴィンスが

モトリーにあてた彼なりの返答がこれには詰まってると思う

さすがに意識しすぎた感があり

ヴィンスが歌えばモトリーになるという図式が色濃く現れてる

基本的にロックン・ロールがベースになってるが

エルサレム・スリムとは異なる

どちらかというと、このアルバムでスティーヴの多才ぶりが発揮されてて

フラメンコ調のプレイを披露したかと思えば

オモチャの銃をギターに当てレイザー光線みたいな音を出したり

サイレンの音を演出したりとトリッキーな部分が見えるが

この人はこういうトリッキーなとこが有名だったと思う

この後、たしかスティーヴはツアーに出る前に脱退したと思った



そんで最後が御代ビリー・アイドル

70年代後半にピストルズのフォロワー的なバンド

ジェネレーションXを結成

80年ごろ、単身N.Yに渡りステーヴに出会う

マイケル、ヴィンスがフォロワーであるのを公言してるように

ビリーは本当にロックな人であるんだよね





こんなカンジだから(笑)



しかし、80年代はどちらかというと

ポップよりのもあったんでビルボードでは

ディスコ・チャートに入ってたのが目立ってたりもしてた


その後、映画のために「スピード」を発表したんだけど

これほどカッコいく、タイトルに似合ってる曲もないだろうと思う

疾走感・・・まるで死に急ぐんじゃないかって思えるくらいの曲

今ならサントラでしか聴けないと思うけど

時間潰して何度も聴く価値がありすぎるね!!

PVもカッコいくて、ボーリング場なんかにある

ジューク・ボックスで結構¥使ったね(笑)

(PV入ってるビデオクリップ知ってる人いたら教えてけれ~!!!)

それだけスティーヴの才能があるってことだし

ここでも味の出たトリッキーなプレイも聴ける




ちなみに昔あったある事件がキッカケで

マイケルはヴィンスを尋常じゃないほど敵視してるんだけど

そんな2人の間をスティーヴが渡ったってことも当時話題になってたらしい



つ~わけでアッシの名前の由来はこんなとこ



足が治ったらATOMIC・PLAYBOYSを買って聴かないと

いいかげん文句を言われそうだな(U ´∀`)y-~~

AD

ちょっち番外編・・・

テーマ:
.

よくプロバイダーなんかでゲームや音楽系の

宣伝てやってるよね




オレっちはホット・メールにアドレスを登録してるから

パソを起動させたら自動的にMSN がでてきて

ちょいと気になるニュースがあり

そっから気になる広告がアリ~ので(笑)

いろいろと見てたら広告にGyaO でBOOWYの特集があるっつ~んで登録して見てたよ


GyaO は広告料で運営してるから見るのはタダ(嬉)

コンテンツも他に映画、ドラマなんかで10Chちかくあるからみどころがたくさんあるよ



映画のとこを見たら大島渚の特集があったけど

この人の作品てコアなオーラがにじみでてるね!!!


ここいらでイッチョなんかを見ようかと思って何作品かの中から選んだのが

もちろん戦場のメリークリスマス(笑)


この作品を見たのは10年ぶりで

タイトルが強烈だったんで見たんだけど中身をみたら

キャストがさらに強烈だったね!



今や「世界の~」が必ずつきベネチアの常連組になったビートたけし

この映画の音楽も担当しテクノの先駆者YMO

世界進出をはたした坂本龍一

年代毎に音楽的にもビジュアル的にもカメレオンのように変化し

未だに世界のトップクラスで活躍してるデビット・ボウイ




この映画は戦時中を描いたにもかかわらず

戦闘シーンは一切なく日本兵と捕虜との人間的な

葛藤や友情が描かれてる作品だね

ビートだけしの演技もヤンチャぶりがいかんなく発揮されてて

後のこの人の作品にも影響されてるし

本当にこのビートたけしって人は天才かつ変態だね!(笑)




つ~わけでまたひとつ新しい楽しみができたから

単車がお寝んねしてる間は楽しめそうだわ!!


P、S

戦メリにはあと内田裕也がでてたんだね

前に見たときは顔は見たことあっても誰だっけ?だったからね(笑)

他にも有名(コア?)な人がでてるかもしれないから

目を凝らして見ないといけないね

AD

オレ論・3・・・

テーマ:




01. YOUNG AND USELESS
02. 8-BALD
03. OVERLOAD (MORE THAN A BUCK)
04. JUST WHEN I TRY
05. NOVIN' ON
06. SAVE ME
07. HOUSE OF SWALLOW
08. WHIPS AND CHAINS
09. DOWN IN DESPERATION
10. HARD TIMES
11. REDLINE
12. LOOSEN UP YOUR GRIP
13. PAYBACK TIME (bonus track)



このアルバムを聴いたのはHM/HRというジャンルの音楽を聴き始めてから間もないときで

そのときはアメリカだのブリティッシュだのジャーマンだのっていうカテゴリーを知らず

ロックなら何でも聴いてしまえ!っつ~考えでいたから

今になって思えばこのバンドがジャーマンというカテゴリーの中で見たら

このサンダー・ヘッドは完全に異端児である


ジャーマン・メタルっていうのは大半のバンドが

クラシックを基盤にした様式美であるのだが

サンダー・ヘッドはアメリカ臭いバンドである




何故にこういう方向性のバンドかというと

Voでありリーダーであるテッド・ブレットが唯一のアメリカ人だからだ


サンダー・ヘッドの音楽は一言で言えばハード・ロックンロール

モーターヘッドに通じる音楽性であるね


暴走感たっぷりでテッドの声もレミー・キルミスターのような

男クサさがあるしね

それに単に16ビートでやってるかというとそういうわけでなく

メロディーもしっかりとしている



このアルバムはサンダー・ヘッドの中で1番の出来ではと思える

このアルバムを含め(オリジナルでは)6作品あるけど

たしかに他のアルバムもロックアルバムとしての出来は素晴らしいのだが

このアルバムにはさらにヘヴィな部分がプラスされてるね

アルバムスリーブもカッコイイ!

(このアルバムを買ったキッカケがアルバム・スリーブだった(笑)



分厚いツイン・ギターにメタリックなツーバスサウンド

テッドのまた違う部分を聴かせてくれる美しいバラード

全体を通して聴くと一切捨て曲ナシ!!!



ストレスが溜まって鬱憤を晴らしたいときには

ヘッドフォンをしてMAXで聴きたいアルバムである





AD

オレ論2・・・

テーマ:




1.NO MERCY

2.SEX ACTION

3.ONE MORE REASON

4.ELECTRIC GYPSY

5.NOTHING TO LOSE

6.BITCH IS BACK

7.CRY NO MORE

8.ONE WAY TICKET

9.HOLLYWOOD TEASE

10. SHOOT FOR THRILLS

11. DOWN IN THE CITY

12. WINTERS FOOL




MEB:

Vo. PHILIP LEWIS(ex.GIRL)

G.TRACII GUNS(ex, GUNS'ROSES)

G. MICK CRIPPS(ex:QUIRE BOYS)

B.KELLY NICKELS(ex: FASTER PUSSYCAT)

D.STEVE RILEY(ex: WASP)







ざっとメンバー紹介まで書いたんだけど

知ってる人なら上記のバンドが全部メジャーデビューしてるのは知ってるよね


そんな前歴がある連中が集まったのがL.A GUNS なんだけど

このバンドはカッコイイよ!

ルックス良しなら中身も最高だね!




バンドの結成は1986年頃

誰もが知ってる有名なGUNS’~ を脱退したTRACII(この人GUNS’~の結成メンバーでもある)が

「自分の曲を弾けるバンドをつくりたい!」というもとに結成したバンド





このアルバムだけど結構アグレッシヴなサウンドに仕上がってるね

演奏力はたしかなんだけど音が荒っぽく仕上がってる・・・

(予算の都合かわからないけど)音自体はお世辞にもいいものとはいえず

B級っていったほうがいいかも



しかし、かえってそれがこのアルバムの攻撃性を裸剥き出しに表してて

本当の意味でのストリートロックというのが当てはまる



曲の方は疾走感あふれるものあり

8ビートのシンプルな曲あり

いいメロディラインのバラードありである



手前失礼だけどオレがギターを手にして初めてコピーしたのが

1.NO MERCY なのである



この曲はハナからカッとばしてる曲だが

実際に弾いてみると単に進行してるのではなく

所々に細かいフレーズが組み込まれてる



他にも

2.SEX ACTION 3.ONE MORE REASON

と8ビート調の曲もコピーしたけどアルペシオが混ざってるので

普通のストレートなものでもないんだよね



ちなみに

9.HOLLYWOOD TEASEはPHILIPが在籍してた

GIRLのカバー




L.A系っていうとグラムみたいなケバイ格好をして

パーティーロックをやってるっていうイメージが少なからずあるけど

このバンドがこのアルバムで出してるサウンドは・・・



ちょっと説明が難しくなるけど

銃社会の国アメリカの西海岸ロスアンゼルスの

危険なニオイをそのまま出してるっていう印象を受けるね

10. SHOOT FOR THRILLS  の出だしのSEには

サイレンの音が使われてるしね

どっちかっつーと硬派なバンドやね



最後にしつこいようだけどホントにこのアルバムは

一貫してカッコイイの一言に尽きる!!!



ストリートレベルのロックったら演奏が??

っていうのが普通だと思うけど

演奏力がある分それらとは完全に一線を画してるから

そのカテゴリーでいわせてもらえるなら

クオリティーの高いものだよ


このアルバムを聴き通したときに

オレと同じ意見を言う人は多いと思うよ(多分・・・笑)

オレ論 1・・・

テーマ:

やるぞ

やってやりますとも!




























































































ふぅぉお~ぉぉぉぉ!

┗(゜Д゜#)┛












つ~わけで

記念すべきか別に記念にしなくていいかな

第1回目(ノ´∀`υ)














Helloween
Pink Bubbles Go Ape


[01] Pink Bubbles Go Ape

[02] Kids Of The Century

[03] Back On The Streets

[04] Number One

[05] Heavy Metal Hamsters

[06] Goin' Home

[07] Someone's Crying

[08] Mankind

[09] I'm Doin' Fine Crazy Man

[10] The Chance

[11] Your Turn

[12] Shit And Lobster








別に1回目にもってくるほど結構思い入れのある

作品でもないんだけどね(ノ´∀`υ)

最近ロック離れを止めるべく棚から適当に選んで

みたのがコレ↑




ちなみに

オレの棚のROCKコーナーはこんなカンジ









これでも少ない方だね

特に伊藤政則に比べればね()

高校時代にはこの倍はあったよ







話をもどすけど

このアルバムはHELLOWEENの中では結構好きな方

1,2って言ったほうが正解かな

これはリーダーでバンドを結成させたGAMMA RAYカイ・ハンセン

が抜けて新たにローランド・グラポウが加入し

なおかつ出世作「守護神伝」のあとの作品

(ローランド は既に脱退・・・)


オレがHELLOWEENを聴いた順番が多少ズレてて

カメレオン→WALLS・OF・JERICHO→ベスト・レスト・レア→守護神伝 の順



カメレオンアルバムに関しては後日書くとして

守護神伝 はPART1 PART2があり曲もどっちかっつーと

いろいろな方向にいってたせいもありPINK BUBBLES GO APE

は初めから素直に聴きなじめた



内容はほとんどがツーバスのドコドコの速いテンポの曲が大半を占めている

ここでのDr.インゴ・シュビヒテンバーグの洪水のような怒涛のドラミングが

ホントに素晴らしい!!!

わかりやすく言えばX JAPANのYOSHIKIのドラミングをもっと激しくしたカンジである

特に7.Someone's Crying はドラムとギターがたたみかけるように襲ってくる感じがあり正に圧巻である!!


と、きてみても

ツーバス・ドコドコの曲があるかと思えば

8.mankind  11. Your Turnのように

ミディアムながらも壮大な感を出した曲もある


そしてこのアルバムで他に注目すべき点は

まずソング・ライター


今までならメインは脱退したカイ・ハンセンともう一人のギタリストマイケル・ヴァイカート

だったのだがここではローランドの存在が際立っている

そしてベースのマーカス・グロフコフもソングライターとして加わってるが

普通ならここでバンド・サウンドというものは良い場合でも色が変わってしまう

しかし、HELLOWEENはどうだろう・・・


おそろしいことにこのバンドは

例えメンバーが変わり新加入した者がメイン・ライターになり

後の話しをするならば例えボーカルが変わっても

プロデューサーが誰であろうと

HELLOWENN という名のもとであるならば

しっかりと自分らの色を出す非常に稀なバンドである




もうひとつの注目すべき点は

プロデューサーのクリス・タンガリーディス

JUDAS PRIESTのPAINKILLERというアルバムをプロデュースした人なんだけど

この人の仕事も素晴らしかったね!




JUDAS のアルバムは本当の意味でメタリックなサウンドを出してて

PINK BUBBLES~ は少しソフトにしたカンジ

個人的にプロデューサーの音で一番耳を傾けるはドラムの音なんだけど

PINK BUBBLES~ではクリスのサウンドがしっかり出てる



これらのことをふまえて、しつこいようだが

このアルバムはイイ意味で異質である


しかし、アーティストというものは常に先を見ているせいか

かなしいかな、次作カメレオン発表時のマイケル

このアルバムは好きじゃない。一歩後退した感じだよと言っていた


後退・・・たしかに前進したつもりでも時間が経ちニュー・アルバムの製作にかかったときにこういう風に感じるアーティストはどこにでもいる

ただ、こういう回答は作り手なりファンの心理だとオレは思う




オレの意見としてはHELLOWEENの音という基盤の上で新加入した人間も加わり新しいサウンドに向かってった結果がいい意味でハッキリと出てるのだと思う


このアルバムはどこが後退してるのか?

って思うほどなので是非オススメである。

んぬぁ~!!!!!・・・

テーマ:














































































やりて~!!!

┗(゜Д゜#)┛






どうにもこうにもやりたくてしょうがない!!


もうガマンできね~や!!



ホントに自分をここまで押さえこむなんて

自分で自分に対して感心しちまうわ!!



あ~、

ホントにたまらん!!



ここで普通なら福沢を財布に突っ込んで

某店に駆け込むんだけど

オレちゃんはそんじょそこいらとは違うんで

そうはいかない!!



やべ~やべ~

もうヽ(τωヽ)ノ モウダメポ!!



ここで一発発起するぜい!!












































































音楽ネタやるでい!!

┗(゜Д゜#)┛






そうそう

ガマンできないってたのはコレ↑



なんかね~

WHITE SNAKEさん のとこでレビューを見てたら

無性に書きたくなったんだけど

いかんせんタイミングがねぇ~(ノ´∀`υ)


てなもんで

ガマンが限界を47kmとっこうしたとで

イッチョ













書きまシュ!!

(`・ω・´) ヾ






エッティ~をしたいんだなと予測された方々

人生踏み外されたのと同じくらい大ハズレですだわヾ(・ω・‘;)ノ




てぃぅ~ワケで・・・





























オレ論スタ~とぅ!

∑(゜Д゜)






一応安全圏狙って近日公開ってことで(ノ´∀`υ)