神様の頭を少ししばけば、人生がうまくいく!

神様なんていないと思った時から、運が良くなりました。

9月25日(日)ロバートハリスと夢を語るワイン会 一般募集
http://ameblo.jp/atokau/entry-12202519174.html

まわりの健康を守っていく仲間が集まる「渡り鳥の集い」

セッションは最後の募集となります。
http://ameblo.jp/atokau/entry-12202551315.html



「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」幸せの循環を生み出していく為の仲間づくりを始めます。


「本来持っている純粋な想いや夢と、自分で素敵な人生を切り拓いていく力。幸せを伝播していくこと。」

テーマ:

 

 

神様、頭しばく   自己紹介 kenji

 

 

 
 
  このブログの記事のまとめ  過去記事をまとめました。
 
 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

カウンセリングは、「渡り鳥の集い」

コンサルはこれから「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」で行っていきます。

 

始めは僕が行いますが、ゆくゆくは人にやっていただこうと思っています。(もしやりたい人が1人もいない場合は僕が一生やっていきます。)

 

あらためて内容等はお伝えしますが、僕がなぜカウンセリングやコンサルを行っているのかについてお伝えしておきます。(知っている方もおられると思いますが)

 

僕はもともとカウンセリングやコンサルに興味があったわけではありません。(今もですが)

 

興味があったのはその人の幸せです。

 

20代前半は不動産業に勤めていました。その中で店舗紹介したら、半年で潰れるとかそういう体験をしました。その方といろいろ話を店舗借りられる前にしてて、お金を貯めるのに何年とかかかってとか。夢を語られてとかね。

 

でも潰れる。現実は厳しい。そういうのを体験して、「なにかできることないかなあ」と思って、売り上げをあげる本を読んだりして、コンサルを始めました。(多くはおせっかいですが。嫌がられること数知れず。でも喜んでくれたことも多いです。若さゆえ通じたものだと思います。)

 

カウンセリングも出会ったお客さんの相談に乗っていて、結果的には何千人となりましたが、そういう体験を得て、結果的に独立してやれるようにもなりました。(やるつもりはなかったですが)

 

病気のことも病気で悩んでいると聞いたら、勉強したり、本を読んだりしていました。(本は読まないですが、人の為なら読みますね。)

 

カウンセリングやコンサルは、結果です。

 

目的は幸せになって欲しかったのです。もっと言えば悲しい思いをして欲しくないし、苦しんで欲しくないし、笑っていて欲しいです。

 

それが自分の為でもありますよ。

 

人の幸せと自分の幸せを一致させて生きたほうが、経済的にも精神的にも豊かになります。

 

ぜひ「渡り鳥の集い」と「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」をつかってくださいね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まずは自分を満たすことから始まると思います。

まずは自分の幸せから。

 

その為にお金や、健康、まわりの健康だって必要だろうし、仲間もいるでしょう。1人でってさみしいし。

 

夢をもって目指すことも必要かもしれない。夢は人生を楽しむ為の1つのツール。やりたいことやりたいだろうし、やりたいことで収入が得られればもっといいだろうし、できる、できないじゃなくて、「可能」として、目指してもいい。夢を目指すのが悪いわけじゃなくて、それでまわりの人に迷惑をかけるのがいけないだけで、いけないわけじゃなくて、働かないってやつ。別にその人が応援したい、サポートしたいというならいいと思うけどね。自己責任で。

 

もちろん人はそのままで十分、幸せだと思います。この日本に生まれただけで幸せだとも言えるし、成功と言われたりもしています。たしかにそうで、とても恵まれています。

 

でも大事なのは「自分幸せ」だと思える心で、たしかに今そう思えたほうがいいし、その努力はしたほうがいい。何の為にってより幸せになる為です。

 

不幸と言っている人に寄り付くなんて詐欺師ぐらいのものです。

 

運も運気も下がるから当然で、だからとっとと辞めること。そして自分の幸せを勝ち取りにいくことです。

 

お金、健康、まわりの健康だって必要だろうし、仲間もいる。それらを全部手に入れて、そうしたら「本当にやりたいことが明確になってくる」

 

そこから本当の人生、自分の人生の始まりです。

 

 

【余談 スピリチュアルの罠】

 

引き寄せは自分のステージで決まります。つまり引き寄せるものと引き寄せないものがあります。で、ふつうに観察すればそうなっています。引き寄せましたあれもこれもという人も、それは引き寄せたという結果をみせているだけで、引き寄せてないものもたくさんあるよ。だから先に言えといって、これとこれを引き寄せてみろって言ったら、できないものあるから。

 

現実は甘くない。それで、でも甘い話は人が好きだから、それ伝えてくれる人のところに行くけれど、それで稼ぐのは胴元だけ。それが本当だったらみんな幸せになっているから。

 

でも現実は、お金が、家族がとかいいながら、「いつか」と思いながら、どんどん身を削っている人が多い。僕はコンサルしているから、状況がとてもよくわかるのです。

 

僕が成功させた人も甘い話いっている人もいる。(それを悪いといっているわけじゃなくて)でもこれだけは言えるのは、その人はその甘い話で成功してないから!僕に怒られながら、蹴飛ばされながら、成功したのです。努力もさせたのです。無理はさせてないですよ。がんばりになったら、それはベクトルが違うと。好きなものやるのに、がんばるもないわいと。考え方の間違いと言われるわけです。

 

いまはそんな間違いとか、怒ったり、蹴飛ばしたりはほとんどないですよ。あるけれど。それは感情的になっているのじゃなくて、「創作」して伝えます。

 

昔からそうだったかって、ぜんぜん違います。思いっきり感情で言っていました。それできみの為だって。

 

違うのです。自分の為でした。反省。

 

必ず人の話を聞く時は、論理を探ってください。「なぜ?そうなんですか」「なぜ?そうなんですか」「なぜ?そうなんですか」

 

僕が嫌いな言葉に「わからない」「なんとなく」「ピンときました」

嫌いじゃないけれど、明確じゃない。

 

僕はこういった直感的なものを、言語化する訓練をしています。これ僕が言っている時は、「あっごまかした」「逃げた」と思ってくれていいです。

 

僕は自分を知る作業というのは常にしているので、そういう時もありますよ。でも自分の心をみて、言語化する(言葉にする)ようにしています。実際できるのです。人間の力は偉大ですから。

 

それこそ潜在意識をつかいこなすです。

 

大切なことは「自分の行きたいところに行く」ことだと思うのです。

 

うまい話なんてない。「可能性はたくさんあります」

 

自分がみえているもの、描いているものは叶います。「行き方の問題」があるのです。

 

楽じゃないよ。そこに楽を求めれば、逆にしんどくなるし、苦しくなります。行き方はけっこうふつうの道で、でも「やれるよ」

 

それだけの力みんなもっているから。

 

それで行きたいところに、充実感や満足感、生きがいややりがい、感動や感激、感謝、そういった「深いレベル」のものを求めるなら、(満たされた人はここに呼ばれたりします。満たされない人はそれどころじゃないと思うけれど。自分のことでいっぱいいっぱいだからね。それは悪いわけじゃない。だから満たしていこうよでいい。)

 

それはエベレスト山を登るようなものです。楽じゃない。けして。でも1つみんなあると思う。格闘技なのか、マラソンなのか、山登りかはわからないけれど、

 

マラソンなんて、時にそれを毎日やっている人の気持ちがわからなかったりする。でもわかったりするのが「好きなんだろうな」と思います。

 

好きというものは人がよくわからないものです。でも自分だけがわかるもの。

 

好きだから、やれるのです。他の人が無理や、なんでそんなものできるねんというようなもの。

 

苦労を苦労と思わない。

 

それがみんな1つはあると思うのです。それをみつけることが「天命」と呼ばれているのだと思います。

 

 

目覚めて、確実な道を歩む。はじめの出だしは、皿洗いみたいなものです。「やりたくないよ」でもそれを楽しめるかどうか。それができたら、次、次、次といって、最後は目指したその1つの絵、料理人なら「お客様の目の前で料理を振る舞って」とか、最後に辿り着くのだと思うし、いきなりはたどり着かないし、逆をいえば、いきなりたどり着かないほうがいい。

 

無理だから。

 

自分の器にみあわないし、それこそ「自信がない」や「できない」になっちゃうんじゃないかな。

 

「自信がない」や「できない」というのは段階を吹っ飛ばそうとしていますねというサインなのです。

 

1つ1つクリアしていく。積み重ねていく。時間がかかるかもしれないけれど、でもそんなに時間がかからない。なにか探している間に、たどり着くよ。

 

だからうさぎより、亀になったほうがいい!

 

 

あなたにはたくさんの可能性があります。

 

確実に歩んで欲しいなと思います。(確実というのは失敗しないことじゃないですからね)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

僕は仕事ってなんでもいいと思っています。

 

べつに自分のしたいこと、やりたいことに興味ないです。

 

それは中卒であったり、そもそも制限されたところからのスタートだからだと思います。求人誌みても「高卒以上」「大卒以上」

 

「働くところがないやんけ」という状態で選べられる状態じゃなかった。

 

だから20歳で不動産屋に就職しても、スーツを来て仕事ができるだけですごく嬉しかったし、なおかつ歩合制もある。自分の行動次第で、給料が変わる。

 

まさに天職だなあと思いました。

 

だからなんでもいい。そりゃできるだけ頭を使う仕事がいいとかあるし、自分の行動次第で、給料が変わるというのがあればそりゃほんと素敵だし、ある程度、仕事はなんでもいいと思う。

 

プラス夢があれば、それでいいんじゃないかなあと思う。

 

不動産屋でいた時は自分のお店を1番にしようという目標がありました。それはお給料があがる道でもあるし、僕は学歴がないから、なにかの達成を履歴書替わりにして、結婚する時に役立てようとか。(相手の両親に喜んでもらえれるように。)

 

そもそも1番にしようというゲームがあったほうがおもしろい。結果的にお客様の為にもなるし、あとは1番にしようと思って考えて、行動するってことは自分の力になるしね。いざ自分でなにかやるにしても全部活きてきますからね。

 

世の中には素敵な仕事、楽しい仕事はたくさんあって、

 

食べ物と同じです。「どれにしようかな」で迷うとかね。

 

 

自分のやりたいことがわからないとか僕はその考えって狂気の沙汰だと思います。

 

たくさん美味しいご馳走が目の前にあるのに、

 

「なにを食べていいのかわからない」って思う人いないと思うのです。

 

でも自分のやりたいことがわからないというのはそういう状態。

 

「なにを食べていいのかわからない」というのは、それは食べ物に毒が入っていて、入っているかもしれないから、安心なものはどこだということで、探していて、でも何が毒でとか、なにがいけてとか、あとそこに美味しいものとか入れていったら、もう頭こんがらかって、

 

「何を食べていいのかわからない」みたいになっているのだと思う。

 

そうじゃなくて、世の中にはたくさんの職業があるのだから、

 

食べ物と同じです。「どれにしようかな」で迷うとかね。それが自然なのかなと思う。

 

そうしたらその中で出てくる考えは、僕で言えば、

 

「じゃあいったいどれが1番世の中にとって価値があるのだろう。1番貢献になるのだろう」と考えたり、

 

「なにをすることがより価値があると思えるのか」

 

「そのものをやることによりどういう影響を世の中に与えることができるのだろう」とか、

 

あとはこれは先にはこないと思うけれど、「自分の魂が震えるもの」を選んだらいいと思う。

 

シティハンターという漫画があって、主人公は美女の依頼しか受けないんだけど、相方に「あんたほんとそれしか受けないの?」と真顔で聞いたら、主人公のさえばりょうが真剣に「う~~ん」と考えて、「魂が震えた時かな」

 

とこたえた。

 

「魂が震える仕事は、美女の依頼でなくても引き受ける」ということ。

 

逆に言えば、そう思えない時は、「美女の依頼じゃないと引き受けない。美女の依頼なら、なんでもいい」ということだと思うのだけれど、

 

う~ん、自由に生きているなと思う。

 

「魂が震える仕事」

 

魂が震える仕事なら、男の依頼(やりたいないこと)でも、やるってこと。

 

「魂が震える仕事」というのは、基本、やりたくないことを跳ね除ける力があるんだと思う。

 

これを天職と呼べる段階なのかなと思います。

 

僕は好きな仕事と言われたら、飲食業とこたえます。

 

でもいまやっていません。なぜってどこまでいっても「美味しかったです」「またきます」「ありがとう」ぐらいしか言われないから。

 

飲食業やっていて、「あなたのおかげで・・」とは言われない。

 

あなたのおかげでって、おかげさま。

 

「あなたのおかげで・・」って、相手の人生に影響を与えた、変えた、相手の人生に違いをつくったということ。

 

「魂が震える仕事」というのは感動、感謝、感激があるということ。

 

仕事はレベルがあると思います。

 

1番下は「安心」

 

その上が「満足」

 

1番上が「感動、感謝、感激」

 

感謝というのは、楽しさ。

 

感激というのは、嬉しさ。

 

感動というのは、充実感。

 

 

それでどうやってそこにいくのかは、一気にいかないとは思います。

 

それこそ、なんでも道にたとえば皿洗いがあるように、いきなり料理人でいえば、包丁もってお客様相手にやりたいけれど、でも皿洗いをどれだけ楽しめるかなんだと思う。人生は。

 

それが楽しめるようになったら、卒業。

 

そういう基本的なことをやらないといつまで経っても自分の行きたいところに辿りつかないというのはあると思います。

 

別に皿洗いしろとかそういうのじゃなくて、年収で言えば1000万円目標したらいいと思います。あと自分で仕事をするとか。

 

雇われていて30万円お給料もらうのと、

自分でやって30万円入るのではまったく違うと思うのです。

 

雇われていてというのは、会社の看板があったり、誰かいたりするから成り立つということもあります。

 

自分でやって30万円。そこから年収1000万円にする。

 

そうしたらある程度自由になって、そこから「本当にやりたいことがみつかるんじゃないかって思います」

 

お金がないのにお金に囚われるなというほうが無理だしね。

 

自分でやるのがすべてじゃないと僕は思っていて、会社に雇われるカタチがあってもいいと思うし、これからの時代はでも、自分でもやれるような人が、会社に雇われるカタチなのかなと思います。

 

なぜ自分でやれるのに会社に雇われる必要があるのかって、それはそこには人や資金があるからです。「自分のやりたいことがよりはやく実現できるからです」

 

どちらにしろ自分でやれるようにしておいたほうがいいと思います。

 

そうじゃないと必要とされないと思うのです。これから機械も増えてくるだろうし、外国の人だって日本に進出どんどんしてくるだろうし、自然と安月給になるだろうし、だから「自分でやれるように」しておいたほうがいいと思います。

 

別に独立うんねんじゃなくて、会社でいるにしても、自分が社長でも、自分1人ではやっていけないから、雇ってくださいという人と、自分でもやれるし、やってきたけれど、会社の思いや理念や、方向性や考えていることで自分が向かおうとしているところが同じだから一緒にやらせてくださいという人がいるから、後者採用すると思うのです。

 

いま僕は、会社に雇われる為に自分で仕事をしているところもあります。きっと会社に雇われるとお給料の面で不満がでると思うから、(いやそこそこあると思うのですが、でも不満)その面は自分で補っておこうとか思っていまやっているところもあります。(もちろんそれだけじゃないですけどね)

 

 

「自分のやりたいことはなんだろう」なんて言っていたら、そんな人がそれをやれるなんて僕は到底思わないです。それはなにかみつかれば、1人1つ秀でるところがあって、みつければ、伸びていく。人生が開花するとかきっと思っているのだと思います。

 

みつかったとしてもそれはダイヤモンドの原石です。「そこからダイヤを磨いていかないといけないのです」

 

ようはみつけても、ただの石ころなわけです。自分は。それを磨いていくという作業は必要だと思います。

 

それを知らないから、「ああこれかな」と思っても、やっても、「あれなんか違う」とか思ったり、「おまえ一生やっとれよ!」状態になると思うのです。

 

そりゃなにかみつかれば何か秀でて、うまくいく、そういう可能性もあるのかもしれないけれど、そういうのみつける前に、自分石ころなんだと思って、磨いていくことが大事なのかなあと思います。まずは自分ダイヤモンドになる。目指す。

 

実際お金も稼いでみる。喜ばれる。

 

その上で、「やりたいことやればいい」と思うし、いくらでもみつかると思います。

 

探す時間の間に、「行きたいところに行ける」から、うさぎになるより、カメになって歩んだほうが、僕はいいと思います。

 

それでまだ自分うさぎみたいに、はやい、能力が高いというのならいいと思うのですが、

 

うさぎのなまけものの要素に、亀の能力の低さを、あわせもつ自分なら、もはや論外です。

 

とっとと亀でいったほうがいいです。亀のように能力が低い、地味、不器用というのなら、亀に徹する。

 

うさぎのように華麗で、優雅で、能力が高くて、わたしなんでもやれるよというならそれでいいと思います。いろいろ探しても。

 

みつけてバーンと追いつくから。

 

でもうさぎのなまけものの神経していて、能力、わたし亀ですというなら、目もあてられないから、それ。

 

「だからみつかんねえんじゃねぇか」ってあると思うのです。

 

だから己を知り、なんとかってありますが、地道に行きたい。積み重ねたい。宝くじみたいなものを願う暇があるなら、(あてにする、期待する、と行動力が鈍るからね!そこにエネルギー使うから。奪われるのです。)

 

ふつうに行ったほうがいい。自分でやって30万円。そこから年収1000万円にするとかね。仕事なんでもいいじゃん。人に喜んでもらえるものなら。

 

お金を稼いでから考えよう。「やりたいことは」

 

そしてそれはやれるから! 自信をもって! 誰でもそんな能力はあるから。

 

ぜんぜん1年や遅くても3年で叶うレベルなんだから。

 

カメに撤したらね。(亀がウサギみたいなことやっていたら別だけど)

 

でも叶うということを知っておいてください。

 

いっぱい叶えてきたしね。

 

 

ぜひカメの道を!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」

 

うまくいかない3つ。僕はこれを散々やってうまくいきませんでした。

 

僕は昔、神様をあてにして、期待していて、うまくいきませんでした。

 

ある時、仏像の頭をスリッパでしばいてから、もう神様なんていないと思い「もうここからは自分の力でやる。神様いても俺に力を貸すな!」と思ってから、猛烈にパワーが湧いてきたのを覚えています。

 

「なんだこれは」って。

 

ただそれは今まで、期待すること、あてにすることにエネルギーを使っていたのです。だからそれを辞めたら、そりゃエネルギーが戻るというか、別に猛烈にパワーが湧いてきたというよりは本来のエネルギーが戻ってきた感じですね。それを知らないから、エネルギーがやってきて「なんだこれは」ってなったわけですね。

 

よくないでしょうか。「1人でやったほうがはやい」って。誰か人がいることにより逆にエネルギーが奪われる。そんな体験は誰しもあると思うのです。

 

あてにして、期待するからイライラする。集中できない。いないほうがいい。

 

仕事でも言えるだろうし、夫婦関係でも言えると思うのです。だから離婚したらパワフルになったというとくに女性が多いですね。離婚したらルンルンみたいな。

 

それはパワーが戻ってきたのです。運気も上がる感覚もあると思うのです。

 

だいたいあてにしたり、期待していて、で、思い通りに行かなくてイライラしているほうが運気が悪くなる。なんかいろんな問題が起きてくる。

 

だから、「あてにする、期待する、そして、ムリしてがんばらないことが大事です。」

 

僕は神様や仕事上のこと以外でも、(仕事上のことはこれだったら1人でやったほうがマシみたいな奴です。)

 

もう1つ強烈なものがありました。それは「過去に戻りたい」

 

「過去に戻って人生をやり直したい」

 

そういった欲でした。

 

時間に対して執着していたのです。(執着がなぜ悪いと言われているのかは、「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」の3つが含まれているからですね。)

 

「過去に戻って人生をやり直したい」

 

「時よ進め!」「時よ戻れ!」みたいなこともよく思っていました。

 

これもめちゃくちゃエネルギーを消耗するし、運気も非常に悪くなります。

 

あとは「この人、なんで彼氏ができないの」という方は、「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」にあてはまっているのだと思います。それをやると運気が下がるから、たとえば仕事に支障が出る。やばい。だから直感的に彼氏つくらないのかなあと思います。

 

 

「神様」「時間」「恋愛」

 

「おまえどんだけあてにすんねん!」というふうにしていたのが僕です。

 

だから神様をあてにしなくなったら、自分をあてにするというか、「自分でやっていく」みたいになったから、自信が湧いてきたし、行動力が増しました。だから病気が治ったのかなと思います。

 

時間について、過去に戻れとか、過去に執着しなくなったから、未来に時間を使えるようになりました。未来を描けるようになったのです。

 

恋愛もそうですね。僕はもっていつも3ヵ月でした。付き合うの1年以上つきあっているとか神レベルだなと思っていました。「どうやったらそんなことができるのか」と。

 

それが今では結婚していますし、仲良くやっています。(結婚1年間は違います。自分の常識と相手の常識が違うので、理解しあうのに1年間かかりました。)

 

執着を手放すというのは、「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」というのを手放す。

 

それで執着を手放すと「入ってくる」という感覚がきっと誰しも体験としてお持ちだと思うのですが、それはあたりまえで、使っていたエネルギーを辞めて、別のところにエネルギーを使いだしたから入ってきたのです。つまりエネルギーを叶わない方向に向けて使っていたとも言えると思うのです。むしろ体壊すみたいな。

 

病気のカウンセリングしていてもなぜ人が治っていくのかって、たとえば「アトピー治したい」と思ったとします。それは「期待する、あてにする」で、きっと「ムリして頑張る」とも思うのです。

 

治らないでしょ。むしろ人生恨みたくなる方向に歩いていっていると思うのです。だからそうなると思います。

 

治したいなら、「アトピー治したい」という「期待する、あてにする」を辞めて、そうしたら「ムリして頑張る」も無くなり、それから「アトピー治します」と宣言して、誰が治すのかって、自分なわけで、(正確にいうと自分ではなくて体が治します。体と自分との2人3脚で治す感じですね。)そこから生きていきたい。

 

仕事でもそう。「こうしたい」「ああしたい」

 

それは「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」にあてはまります。叶わないです。行動はしますよ。でもそれは別の行動で、お金や時間を使ってものにならないのです。

 

「こうします、ああします」という宣言から始めたい。

 

自分が出てきます。

 

「こうしたい」「ああしたい」という中にいれば、心地よさはあります。でも人生が働きません。

 

「こうします」「ああします」という中にいれば、心地よさはありません。心地悪いです。でも人生が活き活きとしてきます。

 

あとはやり方であったり、人とつながり切磋琢磨やっていったり、人生で大事なことは「自分のやることにコミットしてくれる人」です。

 

ダイエットでもなんでも方法はたくさんあるわけです。でも痩せないです。(痩せる人もいます。)だからライザップが出てくるわけです。「あなたのコミットにコミットします」と。

 

高いのになぜ人は行くのか。そういう人がいないと無理だからじゃないですか。

 

多くの人はそうですよね。なにか明確な目的があったり、緊急性に迫られていたりすると、ダイエットでも成功しやすいように、仕事でも成功します。

 

でもだいたいそこまでの状態じゃないじゃないですか。

 

だから僕は病気も「出会いが病気を治す」「人が治す」と言っています。

 

成功でもメンターが大事とか言われています。それは自分のコミットにコミットしてくれるからじゃないでしょうか。

 

だからお釈迦さんは、

「良き仲間を集めることがすべてである」

とおっしゃったのかなと。

 

お釈迦さんのお弟子さんが、

「良き仲間を集めることは悟りの道半ばにあるものですか」

と聞いたら、

「それは違うよ」

とおっしゃって、

 

「良き仲間を集めることがすべてである」とおっしゃいました。

 

良き仲間の定義は人それぞれだと思うのですが、

 

自分のコミットにコミットしてくれる人。

信頼できる人。

自分に寄り添ってくれる人。

 

等かなあと思います。

 

そこには安心があり、楽であり、楽しさもあります。

 

そういう場を自分がつくっていく、ということがゴールなのかなって思います。

 

与えられるものじゃないですからね。理由はあっても、跳ね除けると思うので。「怪しい」とか。「変」だとか。自分に合わないみたいな感覚になると思います。

 

だから「つくっていく」「自ら生み出していく」ということが大切なのかなと思います。

 

そうしたら合う、出会うのではないでしょうか。と思います。

 

 

まずは「あてにする、期待する、ムリしてがんばる」

 

どこに自分はあてにしている、期待しているのだろうか。(そのもの自体は悪くないですからね。人間は、どっぷりがっぽり、あてにする、期待する生き物ですからね。)

 

ぜひ探求してみてください。

 

そしてムリしてがんばらないでください。

 

 

探求しながら、そして僕に会いにきてください。セッションも今最後の募集をかけており、今後はしませんが、でもセッションするしないに関わらず、僕は出会った方に与えていますから。

 

「生きたい人生を生きられるよう」、いつもサポートしています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今からセッション募集と共に、朋美さんと行う「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」をご紹介したいと思います。

 

「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」幸せの循環を生み出していく為の仲間づくりを始めます。

 

そしてセッションは最後の募集となります。

 

これからは「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」の中でだけセッションを行います。

 

「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」は僕みたいにコンサルしたい方や今度もセッションやコンサルを受け続けたい方に向いています。

 

僕自身、関係性をとても大事にしています。最近は人と一生つきあえるようにと思い動いています。セッションやって単発で終わったり、講座を行って半年間とか、その時はいいのですが、終わればやっぱり自然消滅していきます。「いつかという人間関係は衰退しますからね」

 

人間関係というのは別に失敗しなくても放っておいたら衰退していきますからね。

 

今回はセッションと「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」の同じ募集なので、今回はセッションに申し込んで次回に、「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」に申し込んでいただいていいかもしれません。

 

違いは仲間がいること、人の事例がみれること、モチベーションも変わるだろうし、場所が遠い等じゃない場合なら、できるだけ「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」に申し込まれることをお勧めします。

 

 

セッションは3回ワンセット(3万円。1回1万円)

 

人生の方向性やコンセプト等、これからどうしていきたいかや、それから体のことで悩んでいる等、何でも構いません。

 

ビジネスの方は、3回ワンセット(5万円)

(別料金ですがブログも触ったりしています。別途3万円。ブログ実績

 

どちらかなあと迷う場合は、3万円の方をお選びください。ビジネス以前でつまづいていると思いますので。(方向性等ですね)

 

 

 

PC・スマホ共用フォームURL

https://ws.formzu.net/fgen/S65580367/


スマホ専用フォームURL

https://ws.formzu.net/sfgen/S65580367/

 

 

 

 

最後の機会です。ぜひ飛び込んできてください。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

9月25日(日)ロバートハリスと夢を語るワイン会 開催します。

 

 

 

大変、お待たせしました!
人生の100のリスト対談イベントで告知をさせて頂いた 、スピンオフ企画。
ロバートハリスと夢を語るワイン会。
何ともロマンチックな響きではありません。
皆で100のリストの進捗状況を報告、夢の達成を話し合 います!優先で8/ 21にご参加いただいた方からご案内します。
先着25名までですが、席が空いている場合はご友人など もお誘いいただいて大丈夫です。
当日のご参加をお待ちしております。

参加費:5000円(税込み)+1Dグラスワイン付き+ 簡単な食事付き
※追加ドリンクは、各自キャッシュオンでお願いします。
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

 

10月27日(木)りーさんなみさん卓セミナー

 

タイトルを変えるのと、誰が読んでもわかるようにするので先に、大阪で10月27日、香里園の小島奈美卓で、お医者さんのりーさんとセミナーというか、ごはん食べながら、ざっくばらんに話をしたいと思います。(りーさんお酒飲みます。)

 

ざっくばらんと言いましても、僕は浅い話の場をつくらないので、なにかしら持ち帰ってくれるものがあると思います。

 

りーさんはお医者さんでありながら、不動産を運営していたり、飲食店を経営していたりと、多才な方です。

 

この場ではりーさんの勉強の仕方や、

 

あとはやっぱり、人たらしについて学びたいなと思います。

 

りーさんはお父さんがはやくに亡くなって、20代半ばまで、うだうだ生活していたのです。でもこのままではいけないって、全財産5万円をもって北海道に出かけます。

 

北海道着いた時には全財産5千円を切っていて、そこから旅館で住み込みで働き、塾のアルバイト、そこで出会った方とつきあい、そのご両親から「きみは医者になりなさい。お金を出すから」と言われて、医者になりました。

 

こんなものは序の口で、りーさんの人生によくある基本的なパターンです。

 

その方法知りたくないですか。りーさん自身もわかっていないと思います。

 

だから僕が掘り下げていったり、解説したいなと思います。

 

 

人たらしと勉強法をテーマに、ごはん食べながらおこないたいと思います。

 

10月27日(木)夕方以降、開けておいていただけたらと思います。

 

料金は食事込みで5000円です。

 

 

それではその日にお会いしましょう!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
お久しぶりです。
今の近況報告をお伝えします。
 
今、和佐大輔さんさんとAUNさんとで通信講座をつくっているのと、有名な投資家の方である長岡正樹さんと一緒に「第2の家族をつくる」「本当に人の人生に違いをつくる」事業を行っていたり、本社サンフランシスコにある教育の会社で、リーダーシッププラグラムのコーチを行っています。
 
やっとそれを行っていながら、ブログを書ける状態をつくりました。しんどかった。
 
まずこのブログでやっていきたいこと、やっていくことをお伝えしますね。
 
少し前に病気を治す為にほんと必要なことをどんどんブログにアップさせていただきました。それであとアトピーのことも伝えようと思っています。
 
ほんとそれが進むのが遅くて申し訳ないです。でも他の事業もほんと価値あるもので、人を救えるものなので手がけてまいりました。でも全部を扱えなくて申し訳ないです。いまも落ち着いてはありません。仕事量はたくさんありますが、仕事に慣れてきたので全部これから責任をもって扱わせていただきます。
 
今後あるイベントは以下ですね。
 
10月27日(木) りーさんなみさん食卓
 
12月16日(金) りーさん、小西さん、セミナー
 
1月14日(土) 1000人イベント
 
詳細はあらためてお伝えします。
 
渡り鳥の集いに関しては以下です。
 

10月14日大阪 渡り鳥の集い

10月22日東京 渡り鳥の集い

 

 

あとは本の出版、執筆活動があるのと、

 

「幸せの循環を生み出していく為のプログラム」(幸せの循環を生み出していく為の仲間づくりを始めます。)を村川朋美さんと行います。
 
(今モンゴルに出かけております。)
 
奥さんのお弟子さんがたくさん増えてきたのでその人たちを勝たせたいのでサポートにまわります。
 
 
有名な投資家の方でもある長岡正樹さんのセミナーも開催するのですがこれはしばしお待ちください。いま10月末までがピークで忙しいのです。「やるけど、今いうか・・」と言われたので。「あなた鬼ですか」と言われたので。でも今年中に開催しますからね!
 
 
あとセッションの募集は今年1回行おうと思います。(来年はほんと未定です。)
 
 
今月は、
10月27日(木) りーさんなみさん食卓
12月16日(金) りーさん、小西さん、セミナー
の告知と、
 
病気の治し方やアトピーのことを伝えたいので、その情報の整理と、
パノンコミュニティを扱っていきます。
 
まだあると思うのですが、以上今年の流れです。
 
よろしくお願いします!
 
        kenji
 
 
 
追伸、
 

10月14日大阪 渡り鳥の集い

10月22日東京 渡り鳥の集い

 

も今月募集をかけます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いよいよ明日です!

 

8月21日(日)ロバート・ハリスさんとの対談イベント。

 

 

 

「"私は難治と言われる病気を患っていますが、今春から少しづつ外出も出来るようになって来ました!!とにかく、やりたい事をやって人生を楽しみたいんです。ロバートさんには20年以上前から憧れています。素敵な体験談、楽しみにしています(^_^)v"」

 

「応援しています。楽しみにしていますね。」


今、サロンで楽しく参加させもらってます。よろしくお願いします。」


「シェアの力が拡散しそう!面白そうですね~~\(^o^)/」


「いつもラジオで聴かせていただいているロバートハリスさんにお会いできるなんて夢のようです(o^^o)」


「母と姉と一緒に参加させていただきます!わたしの人生の100のリスト。とてもワクワクします!」

 

「以前、薬草魔女・SHOKOさんから旦那様のお話を伺い、是非会ってみたいと思いました。また、映像や本も大好きなので、色々なお話が聞きたいです。よろしくお願いします。」

 

「よろしくです!一緒に盛り上げましょう!」

 

私も人生の100のリストを広めていきたいと思っています。また皆さんがどんな夢を持たれているのかにもとても興味があり参加することに決めました。よろしくお願いします。」

 

「ハリスさんのファンで、自分の人生の指針を決めるタイミングに合っているから。


「ハリスさんはじめ、皆様にお会いできるの楽しみ、人生叶えましょう、ヒントみつけに参加いたします


人生の仕上げのための夢が、まだまだありそうです。若い頃から心のおもむくままに夢を叶えてきましたが、少し真面目にリストに書き出してみたいと思いました。ラストスパートの夢もいっぱい*\(^o^)/*よろしくお願いいたします。」


「秋山尚道さんより、お誘いがあり参加する事にしました。当日は、どの様なお話が聞けるか楽しみにしております。よろしくお願い致します。」


「楽しみです^_^」


「チャンス を頂いた 気持ちで 伺います、どうぞ宜しくお願いします。」


「なみ飯イベントに参加して楽しそうだったので申し込みました。」


「ナミさんとトモヤさんの7/17のイベントに参加してきめました。」


「人生を変えていきたいです!」


「残りの人生を楽しむ」

 

人生の折り返し地点を曲がりこれから先の自分の目指す先を明確にしたい。FBで何気に見かけたこちらのイベントに釘付けになりました。」

 

「Kenjiさんのセッションで100のリスト書きました。シンプルな作業なのに引き出すものが多くて驚きました。もっと活用できるかも、もっと知りたい、という気持ちから申し込みむした。楽しみにしています。

 

「企画の方々からお話を聞いていて興味を持ったから。」


「なんか楽しそうだから」


「7月大阪(なみさん宅)でのワークショップに参加させて頂きました。ハリスさん森さんのお話を直接お聞きしたいと思い参加させて頂きます。


「還暦を超えて、もう一度人生をひと回り❣️旅立ちのストーリーを創るため。」


「本田晃一さんが大好きで、そこからハリスさんの本に出会いました。お会いしてみたいなーと思っていたところに、奈美さんからイベントのお話!シビレました。


いろいろ繋がってなかなか嬉しいので、ゆるりとハッピーに伺います。よろしくお願いします。」


「がっちりハートをつかまれてしまっているケンジさんの主催されるセミナーですので、大いなる興味を持って参加させていただきます。」

 

「ハリスさんご本人の話が聴けて横浜らしい会場にワクワク」


「自分の叶えたい夢があるのですが それを確実に現実に持って来たくて 聞いてみたいと思いました。」


「夢じゃなく実現したいから」

 

「本を読み、是非イベントに参加したくご連絡しました。」


「3人のお話から、自分の人生を楽しむヒントを掴みにいきま~す!!」


「田中裕美さんに 誘って頂いての参加です 楽しみにしています よろしくお願いいたします

 

「Hirokoさんに教えていただきました。苦しい日々でそれどころではないと思っていました。怖さや不安もありますが参加しようと思います。

 

「以前なみ飯のNamiさん、薬草魔女SHOKOさんとのコラボイベントで“人生の100のリスト”作りを体験しました。今回はロバート・ハリスさんご本人のお話が聞けると言う事で、とてもワクワク楽しみにしています。


「私の夫です。私の夢の実現にはこの人の理解が得られないと先に進めないと思います。本人は全く興味を持っていませんが、同行してもらいます。決して感度が悪い人ではないので、何かは伝わると信じています。」

 

 

 

8月21日(日)ロバート・ハリスさんとの対談イベント。

 

 

今からでも構いません。ぜひ飛んできてください。

 

「飛び込む」のと「飛び込まない」とでは、きっと大きな「差」となります。

 

 

小なくても別に生きてはいけませんが、

 

楽しさが違いますよ。

 

いいね!した人  |  リブログ(6)