想像と創造を膨らませるビジネスチューインガム

ビジネス、ランニング、とにかく取り組んでいること、何かの糧になる?ことについて書き綴っています。多少の個人的な見解と偏見はご了承ください!

株式会社アトラスへのお問合せ、「EO」への取材依頼、ランニングについてのよもやま話、中国・韓国とのビジネス相談などありましたら、「メッセージを送る」をご利用ください。お待ちしております。


blogram投票ボタン



◆出場予定レース

05月03日(祝)武庫川ユリカモメウルトラ70㎞マラソン
10月30日(日)大阪マラソン


テーマ:
弊社内のシステムの入れ替えを行いました。

といっても4月の頭ですから、1か月近くたってますけど。


導入にあたってはいろいろと難題もありましたけど、

多少のトラブルは発生しながらでも運用は軌道に乗ってきています。


これまでのやり方が大きく変わるので最初はやはり慣れません。

以前の方がよかった、と思うのも当然です。


実際のところ、

今回のシステム導入はWindows XPのサポート終了に伴うものだったので、

実質レベルダウンというか、運用に負荷がかかる部分もないわけではなかったので、

なおさらです。


ですけれども、便利になる部分もあったりしますから、

そこはもう生かしてやっていくしかないですね。


システム導入となると、導入前数日、導入後数日は帰宅時間が

夜中というのがザラです。

といっても待ち時間が多かったりして、なかなか不毛な時間です。

それでもそういうときに片付けられるものを片付けて、

打合せに挑みます。


こういう打合せもなかなか難しいです。

こちらの要望はもちろん伝えないといけませんしけども

むやみやたらに要望を伝えても、

優先順位やら重要性を考えて伝えないと

結果的にこちらも困るというようなことがあります。

このあたりもシステマチックに考えながらじゃないとダメです。


これで何度目かのシステム入れ替えになりますが、

今回で最後にしたいですし、実際、これで最後になるんじゃないでしょうか?

今回はカスタマイズ要件(多少はありましたけど)ではなく、

パッケージソフトなのでバージョンアップしながら使っていけるものにしました。

OSが変わってもこれなら大丈夫です。


とにかく業務がきちんと回って、負担が減らないければ

意味がないですから、もっともっと使いこなして、運用も磨いていく必要があります。

システム導入の時は、そういうモチベーションにある時なので、

いい機会にしたいところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
本日は素敵な有名ママブロガーが集まる「お洒落ママ会Pure」に参加しました。

当社のむくみ解消サプリメント「ナトカリバランスEX」を総勢25名の

素敵なママブロガーさんにご紹介させていただきました。


unico西梅田


場所は大阪・西梅田のスペインバル「unico西梅田」さんで開催。

みんなでおいしいランチを楽しんだ後は、お待ちかね?の商品プレゼン!


お洒落ママ会


各テーブル6~7名の素敵なブロガーさんを前に緊張!

といっても僕は説明用のボードを持ったり、

試飲用のナトカリバランスEXを用意したり、

プレーンヨーグルトに混ぜて小分けにしてお配りするなど裏方作業。

メインのプレゼンは当社・吉井が行いました。


熱心なブロガーさん


さすがはブロガーのみなさんだけあって、情報収集のために

説明にもしっかり耳を傾けてくださって、熱心に聞いていただいたので、

説明する側もすっかりのせられてうまく4テーブルで説明を終えることができました。


試飲のナトカリバランスEXをおかわりしていただいたブロガーさんは

ナトカリバランスEXをもってにっこりポーズまでキメていただきました。


ありがとうございます!

ナトカリバランスEXとブロガー2名様


たくさんのきれいなブロガーさまとお近づきになれる機会でしたし、

ナトカリバランスEXをPRできるいい機会になりました。

はじめてづくしで緊張と準備がうまくいかなかったこともありましたし、

次回に向けてはより多くの方に喜んでいただいて、

わかりやすいプレゼンが出来ればと思います!


ご参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅ればせながら株式会社アトラス フェイスブックを立ち上げました。

 

こちらのブログと情報がかぶるところがあると思いますが、

 

その辺は温かい目でお願いします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Domani4月号(表紙:蛯原友里さん)

先月に引き続き、雑誌「Domani」4月号にEOが掲載されました。

カバーガールはエビちゃん、蛯原友里さんです。


Domani4月号


3月15日に新発売予定のエチケットボディスプレーのベチバーが早くも紹介されています。

香りがユニセックスなので、オフィスでもさりげなく使えるところがポイント高いようです。


ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
VOGUE4月号(表紙:イーディ・キャンベルさん)


表紙がセクシーなイーディ・キャンベルさんが登場している

「VOGUE」。

こちらの4月号に「EO」が掲載されました。

VOGUE4月号

EOハンドサニタイザースプレー(ペパーミント)
が紹介されていますので、

ぜひチェックしてみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月21日(日)、京都マラソンに参加してきました。

金曜日に三次会まで行って、帰りの記憶のないまま、

土曜日は二日酔いで食欲もない状態で、前日受付に行ってきました。


第一生命ブースに尾崎好美さんがいたので一緒に写真を撮りたかったけど、

時間が決められていたのでさっさと諦めて会場を後にしました。


というわけでまったくテンションが上がらない状態でしたが、

前日受付行って帰ってくるころにはまあまあ二日酔いも収まってました。


日曜日は5時前に起きて朝食。

フルマラソンの前には事前に自分で用意しておいたすぐ食べられる

フィリングの入ったパンやレーズンの入ったパン、大福もちなんかを食べますが、

今回もフィリング系とレーズン系のパンを。


実は年末に出場して自己ベストが出た加古川マラソンでは

大福もちは食べませんでした。


以前は甘いものはいいと思っていたので、カステラとかを食べたときもあるのですが、

毎日走っている中でココナッツシュガーをとってから走ると体が重いような気がするし、

どうも糖質というのはいい作用を起こさないんじゃないか、と思うようになりました。


この話はまた詳しく書きたいと思うのですが、とにかく大福は買ったものの、食べず、

その代わりといってはなんですが、経口補水液を今回も一本飲んで出陣。


経口補水液は熱中症対策で注目を浴びてますが、もちろんその効果もあるんでしょうが、

嘔吐とか下痢にもいいというようなことが言われてます。


マラソンを走ると結構な割合で下痢になって、途中トイレに行ったことも何度かあるのですが、

経口補水液を昨年から飲みだして、まったく途中での下痢はなくなりました。

水分補給も出来て、下痢の誘発も止めているとすればこれは一石二鳥です。


京都マラソンは西京極陸上競技場をスタートするレース。

高校駅伝や都道府県対抗女子駅伝でおなじみの競技場ですね。


京都マラソンは2回目ですが、今回はAブロックスタートということで、かなり前方です。

スタート地点でのセレモニーには門川大作京都市長をはじめ、

元阪神の桧山進次郎氏やタレントの本田望結ちゃんが参加されてました。

あと、メダリスト夫婦の朝原さん、奥野さんもいらっしゃいました。


結構温かくて8時半の時点で11度、ということで結構暑くなりそうな感じでしたが、

サングラスをかけるのを忘れてしまいました。


最近の大会でサングラスなしで走ったことがなかったし、日差しのきつい場合、

サングラスがあるとないでは疲労度も違うな、と思ったのですが、

もう荷物預けと一緒に渡してしまったので、あきらめるしかありません。


というように、いつもはやらないようなミスもあったり、

あと胸部が少し痛いような感じもあって、今日のレースはかなり厳しいかな、

と思っていました。


ブロック前方だったや競技場を出てすぐ広い道路に出るので、

大きな混雑もなく、いい感じで走れて、最初の5㎞は21分17秒(グロス)。

後で調べたら今までのフルマラソンで最速の5㎞通過でした。


ただ、次の5㎞が21分15秒とほぼ変わらないタイムで、全然ペースが上がっていない・・・。

あまり前のめりで行って、失速するのもいやだったので、

ほんの少しだけペースを上げます。


11㎞過ぎから、少しだけ体が軽くなって、次の10㎞~15㎞は20分54秒、

15㎞~20㎞は20分49秒とまずまずのペース。


このところ、昨年はサブスリーを3回達成しているものの、

すべて最後の方で胸が痛くなって、一旦立ち止まったりもしているので、

自分の体調も考えるとここでスピードを上げたりするのは得策じゃない、

と決め込んで、イーブンペースを守ることに専念。20㎞~25㎞も20分33秒で行きます。


ハーフ通過が1時間28分台だったので、うまくいけばサブスリー行けるかも?

とは思いましたが、11月神戸に参加したときも飲み会明けの大会で止まってしまったし、

走り終わった後、足がめちゃくちゃ攣ったので、攣らないように無理は禁物と

言い聞かせて、とにかくペースを守るように、というのを心がけてました。


鴨川の河川敷は正直、結構きつかった。

というのも土の上を走る場面が多くて、反発力を得られないので、

力が全部地面に吸収される感じ。

特に河川敷から一般道路へ戻るときに通った芝生の上はもうスピードがまるで出ない。


25㎞~30㎞は20分47秒。この時点で2時間5分台だったので、

本格的にサブスリーは行けるのでは?といういう気になってきました。


しかしスタート直後はほとんど感じなかったものの、コースのどこを走っていても

結構な向かい風があって、なかなか厳しかったので、正直どうかなということと、

35㎞以降にいつも足が攣ったり、呼吸が出来なくなったりするので、

安易に行ける!とは言えないので、1㎞1㎞しっかり走ることだけを考えて、

特に呼吸はスタート直後から大きく吐いてリズムを整えました。


以前に走ったときは狐坂を走ったのと、国際会館の方を走った記憶があったけど、

今回は植物園とか市役所とか、前回とは違った景色が見れてよかったのと、

天候のせいもあってか、前回ではそこまで感じなかったけど、とにかく応援がすごい。

どのルートも応援が多く、これは非常に励みになります。

大阪も多いけど最後の南港に入ってからは人がいないし。


35㎞までの5㎞が21分07秒と20分を超えるタイム。

それでも21分15秒までは大丈夫と思って、距離を刻んでいきます。

前回はこのあたりでもうお腹が痛くなって大失速してたあたりもクリア。

京都大学のあたりまで来て、ここでトイレに行ったことを思い出しました。


40㎞までの5㎞は22分36秒かかってしまって、2時間49分15秒。

まだ足も大丈夫だし、息も大丈夫そう。

残り11分。

フルマラソンの残り2.195は予想以上にタイムがかかってきたので、

全力で走らないと難しい。

ここからは結構必死に走りました。



以前は本堂?に向かって右側から左に折れてフィニッシュでしたけど、

コースが改良されて、左側から右に折れてのフィニッシュ!

なんかこれの方がいいような気がする。


フィニッシュのところにある時計を見ると2時間58分台を示していて、

MCの谷口キヨ子さんがみんなにサブスリーおめでとう!と言っている。

自分も両手を上げて、ゴールラインを超える。


ゴールのところには先日、再当選したばかりの門川大作市長がお出迎え。

しっかり握手させてもらいました。


ゴールタイムは2時間58分53秒。


これは大阪マラソンを1秒だけ上回る自己2位の記録になりました。


体調のこととか、サングラスがないとか、風のこととか

気になることがいっぱいあったわりにはサブスリー、しかも初めて

まったく止まらずサブスリーを達成できたということが新たな自信となりました。

金曜日、土曜日と連続練習なしで臨んだ大会も最近ではなかったので、

今後にも生かせる大会になったかな。


京都マラソン


沿道で寒い中応援してくれた京都のみなさんや

給水など運営に携わってくれたボランティアのみなさん、

ありがとうございました。

またいつか京都の街を走りたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はセミナー2つ受けてきました。


一つは「ホンマでっか!TV」でもおなじみ、

植木理恵さんの

「ビジネスに生かせる心理学」


タイトルにはビジネスとありましたが、内容的にはビジネスだけにかかわらない

主に性格の話が多かったですね。


DNAに組み込まれた性格の話がありました。

人がどう抗っても変えようのない2つの性格。


1つは外向、内向といった性格。

外を向いているか、内を向いているか、ということなんですけど、

空気を読むのが外向、自分中心なのが内向ということで、

これはDNAに書き込まれちゃっているようなので、

悩んでも変えることはできないようなんですね。


例として挙がっていたのが、誰かが入院してお見舞いをどうするか、というとき。

とりあえず居てもたってもいられず、すぐお見舞いに行くのが内向的。

行った方がいいのか、どうか。相手にとってその方がよいのかどうか。

考えている時間が経ってしまうのが外向的、だそうです。


自分のタイミングで動いてしまう、自分の気持ちを落ち着かせたいのが内向的。

相手のタイミングを見計らって動こうとするのが外向的。

この性向は変えることが出来ないものだそうです。


それからもう一つ、変えられない性格というのが、

情緒不安定か情緒安定か。


どういうことかというと事例で挙がっていたのが、

今日中にやってしまいたいと思っていた仕事があった場合、

夜の11時、12時ぐらいになって、無理そうだと思ったときでも

最後の最後までやってしまうのが、情緒不安定性の人。

明日やろう、と割り切って眠れる人が、情緒安定性の人、らしいです。


これも生まれ備わったもので、変えることができないみたいです。

植木先生は情緒不安定な外向的の人のようで、

すぐ人に「どうしたの?」とか聞いたり、

論文などやりとげるまで5日ぐらい寝ない人なんだとか。

先生曰く、大きな仕事をする人は情緒不安定の人だそうです。


それから環境性格という話もされてました。

いわゆる「三つ子の魂百まで」というやつですね。


それは「社交性の幅」という表現をされていましたけど、

何人でいたときに一番気持ちいいか、というのが、だいたい幼少期、

ごく小さい頃に培われているようです。


これもなかなか変えにくいものらしいですね。

こういうことを把握した上でいろんな人と付き合うと場の雰囲気が乱れずに済む

みたいな話でしたね。


それから性格についていろいろ悩んでも時代の流れでいろいろ変わるので

自分の性格で悩むのはあまり理に適ってないようです。


たとえばずいぶん昔から中学生に

「どんな人と友達になりたいか」

というアンケートをしているそうですが、

年代によってずいぶん答えが違うそうです。


40年前の一番人気は「優しい子」。

いろいろ世話を焼いてくれて、なんでも教えてくれる子ですね。


ところが20年前は「優しい子」は人気なくて、

一番人気は「明るい子」。とにかく明るくて元気がいい子、というわけですね。


でも現在は「優しい子」も「明るい子」も人気がなくて、

笑わせてくれる、面白がらせてくれる「面白い子」が一番人気。

今や「優しい子」はうざい子、「明るい子」はきもい子、

と見られることもあるようです。。。

なんとなく切ないというか、わびしいというか。。。



最後にビジネスでも落ち込むことがあると思いますが、

鬱にならない方法。

これは仮面を5つもちましょう、ということらしいです。


趣味の顔とか、誰にも見せない顔とか。

先生は一人でカラオケに行ったりするらしいですが、そういうことでよいみたいです。


以前は二面性を持つとか裏表があるのはダメとか言ってましたが、

いろいろな顔を持つことで、鬱になったりすることは極端に少なくなると。

たぶん自分の逃げ場を確保しておくということなんでしょうね。



もう一つのセミナーは「伝え方」のセミナーですが、

こちらはまた別のスレッドで。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ナトカリバランスEX

最近、中国の方からの問い合わせも増えてきましたので、

ナトカリバランスEX 中国語サイトを立ち上げました。

http://www.natkali.jp/ch

むくみに悩むのは日本人も中国人も共通!


昨年、湖南省長沙でもたくさんの中国の方にデモをして好評でした。

中医薬学会1

中国ではむくみのことを「浮腫(フーチョン)」とか「虚胖(シューパン)」と

呼んでますが、女性にとっては気になるようです。

中医薬学会2


薬みたいなものと思われる人が多いのですが、

実際のところ、ジュースのような味なので、飲みやすくその点も気に入っていただけたようです。


中国人のお知り合いの方がいらっしゃったらぜひ薦めてあげてください。


なお、ナトカリバランスEXはヨドバシドットコムでも販売中です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
FRaU3月号(表紙:ローラさん、水原希子さん)


なかなか斬新なデザインの表紙ですね。

ローラさんに水原希子さんのハグショット、いいですね。


FRaU3月号


丁寧な週末美容ライフの特集、EOハンドサニタイザースプレーが紹介されました。

ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月最終日の日曜日、

大阪ハーフマラソンに出場してきました。


この大会はもう2008年からずっと出場しています。

現在は大阪城公園を大阪国際女子マラソンと同時スタート。

ゴールも同じ長居ヤンマースタジアムということで、

時間制限が大変厳しい大会です(完走2時間以内、他にも厳しい関門あり)。


一昨年、初めて1時間30分の壁を突破して、1時間29分54秒。

それから一年後に出場したときに1時間31分31秒と、1分半以上遅くなってしまいました。

思えばあれが転機となって2月からほぼ毎日走るようになりました。


その時も週5回走っていたのに遅くなってしまって

「もう年齢的にも限界か・・・」

と諦めかけたところですが、まだ毎日走ることはしていなかったので、

最後の悪あがきで毎日走る方法を考えて2月から実行したわけです。



結果、2月に出た大会でいきなり自己ベストの3時間4分台を出し、

その後3時間以内のいわゆるサブスリーを3回、ほぼ毎回自己ベストという

自分でも驚くぐらいに早くなりました。


そうやって一年継続してきた集大成としての大阪ハーフマラソン。

1年やってきたことを同じ舞台で実証しなくてはいけません。

最低でも大阪ハーフマラソンのベストは更新したいし、

出来れば昨年10月に出したハーフマラソンのベスト、1時間29分は更新したい、

と思ってました。


ただ大きな目標としては1時間26分台。

これは昨年大阪マラソンに出場したときのハーフの通過が1時間27分2秒。

ハーフなのでこの記録は更新出来るはず、という目論見です。


1時間29分54秒を出したときは入りの5㎞が混雑のせいだったのか、

24分台と遅かったですが、その後は20分台のラップを刻めてたので、

最初の5㎞さえ、21分台ぐらいで行けば十分可能性はありました。


昨年は入りの5㎞が21分19秒といい感じで入ったのですが、その後が

21分台、22分台と徐々にペースが落ちて1時間31分31秒だったので、

過信は出来ませんでしたが、一応一年間走ってきたというのもあるので、

去年とは違うはず、とは思ってました。


ずっと冷え込みがきつかった1月ですが、

この日は日が差してかなり温かく感じました。

整列からスタートまで待たされる時間が結構ありますが、

今年は防寒用のポリ袋をかぶる必要もなく、いい感じでした。


このハーフマラソンにはすでにリオ五輪内定を決めている伊藤舞選手や

名古屋ウィメンズに出場するアテネ五輪の金メダリスト野口みずき選手が参加。

この大会自体もかなりレベルが高いものです。


Aブロックからスタートしましたが、予想通り最初は人ごみがスゴイです。

大阪城公園内は通路もそれほど広くないので、これだけの大集団だと

きちんと前を見ていないとペースが違うので、ぶつかったりこけそうになったりします。

事実、すぐ後方では衝突があったようで、かなり大声でもめています。

ハーフでは割とよくある光景ですが、お互いさまみたいなところもありますし、

あまり気分のいいものではないです。


大阪城公園を抜けると天満橋方面に向かっていきます。

ここで折り返しの先頭集団とすれ違いますが、野口みずき選手を発見。

まだ3㎞ぐらいのところだったと思いますが、やはり早いです。


また大阪城周辺に戻ってきてIMPの手前のところで、5㎞を21分20秒で通過。

昨年とほぼ同タイムで、21分台ということで、まず出だしはOKです。

あとはこのペースを維持できれば・・・。


森ノ宮を通過して、玉造から鶴橋、桃谷へ。

このあたりで大阪国際女子マラソンのランナーとすれ違いはじめたのですが、

先頭集団に福士選手、重友選手がいたのはわかりました。

前日に放送されたドキュメントを見ていたので、

ひときわ福士選手にはがんばってほしい、と心の中で応援。。。


一旦大阪城から玉造筋に入ると、あとは大きなカーブしかなく、

直線の広い道路が続くので、前傾姿勢で下向き加減でも問題なし。

このあたりになってくると選手もそれほど大きな塊にはなっていないので、

こちらも気にすることは特になし。


Bグループ以降でスタートしたけど実力のある選手がたまに抜き去っていきますが、

スピードが違うので、あくまでも自分のペースを守って走るだけ。

Aグループで同じペースの人を追いかけ、自分より遅い人を抜いていくことを意識。


10㎞を通過して、5㎞のスプリットを見ると20分1秒。

全然いい感じで、去年のようなことはないことを確認。

自分の体も特にめちゃくちゃキツい感じはないので、できればこのペースを守りたい。


フルマラソンでもよくやっているように、息を吐くことを意識。

しっかり呼吸していることを自覚しながら走ると集中力も上がる。


11㎞ぐらいに差し掛かったとき、急に体が軽くなった実感あり。

この時になんとなく最後までこのペースで行けそうだと思いました。

スピードは故意に上げることなく、このペースを保つ。

計算上、このペースで行けば26分台は出るはずなので。。。


15㎞を通過。

通過スプリットは20分4秒。

身体が軽くなったわりには若干遅くなっていましたが、

ほぼイーブンペース。

15㎞まで来るとあとはあびこ筋のカーブを曲がって2㎞弱?で長居の周回道路。

そこからぐるっと約3㎞回ってゴール。


例年、このあびこ筋を曲がって「もうすぐ」と思うと

まだ5㎞あるので精神的にきつい。

そのため、予めこのカーブを曲がっても「もうすぐ」とは思わないように!

と自分に暗示をかけておかないとダメです。


もちろん今回は気持ち的にはまだまだと思いながら、あびこ筋を南下。

途中、一瞬西田辺駅を長居公園近くと勘違いしてしまったけど、

すぐに「そんなわけない」ともう一人の自分に言わせることに成功。


そうこうしている間に残り3㎞の標識が見えて、長居の周回道路への入り口。

この入り口手前は結構な上り坂だった印象があったので、逆に拍子抜け。


しかしこの周回道路も3㎞あるので、結構要注意。

あびこ筋の曲がり角と同様、もうすぐと思うとキツいので、

集中力を切らさないように、まだまだ、と言い聞かせながら走りました。


残り1㎞の少し手前で20㎞。

通過スプリットは20分1秒。

もうこれは26分台は確実に出そうな感じでしたけど、

マラソンではこのところ、最後に来て息が苦しくなって立ち止まることがあるし、

以前ハーフでもそういうことがあったので、残り1㎞は

全速力ではなく、このペースをキープということを重視して走りました。


マラソンゲートが見えて、カーブを右に曲がって

競技場の中に入っていったとき、これで最後までちゃんと走りとおせた!

とやっと思いました。まだ300mぐらいあるんですけど。


トラックのバックストレートにある時計を見ると、

ちょうど24分台から25分になるところ。

残りの距離がどれぐらいかかるのか、ちゃんとわかっていないので、

26分も大丈夫かどうかわからなかったから

最後のカーブからは全力疾走。

さすがにそれほどスピードは上がらなかったけど、

止まることなくきちんとゴールできました。



タイムはゴールのとき確認してなかったので、

ゴール後タオルかけをしてもらったところで時計を見ると

1時間26分40秒ぐらいだったので、目標は達成できたことを確認。


最後までいいペースで押し切れて、一番の目標クリアできので、

めちゃくちゃ気持ちよかったです。


更衣室前にいた美人スタッフさんにお願いして

写真をとってもらいました。

大阪ハーフマラソン


なんで完走したのにチャレンジャーなのかわかりませんけど、

タオルは完走した人だけがもらえるわけじゃないからみたいですね。


夜遅く大阪ハーフマラソンのHPを確認すると、

早速5㎞ごとのスプリットも掲載されたタイムがすでに掲載されてました。

結局、僕のタイムは1時間25分51秒(グロス)でした。


我ながら25分台が出るとは思ってなかったので、よく頑張りました。

グロスで1㎞4分4秒ペースで走ったので、

さすがに練習ではまったく筋肉痛はないですが、

今回は内転筋が痛くなりました。でも心地よい程度の痛みです。


25分台が出たことで、これでフルマラソンのベストタイムとして

2時間55分台は狙えそうな感じがしてきました。


まずは1分ずつ縮めるのが王道なので、次回は2時間56分台に挑戦。

あと何回ぐらい自己ベストが出るかわかりませんが、

55分台を出して、あとは悠々自適のマラソンライフにしたいところです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。