へいへい、ラッシャイ♪


今宵も居酒屋Kの時間だよぉ生ビール



まだまだ続くよアマダイ料理


でアマダイをたっぷり堪能したわけデスが、こないだの釣行でも、アマダイ以上に外道がたんまりと釣れマシタ♪



キダイ >゜))彡でしょ~



ムシガレイ >゜))彡でしょ~



トラギス >゜))彡でしょ~



そんな


外道が旨い!ってんで、居酒屋Kでは、しばし



外道三昧 カナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら


だったよ




まずは、


キダイ(レンコダイ)


鱗と内臓を取って3枚に下ろし、軽く塩をして冷蔵庫へポイッ



30分たったら、汗を拭ってやってから、ジップロックで酢に漬けて冷蔵庫へポイッ



それだけ!!


※ちなみに、頭とか中骨は捨てずに、ソレでダシをとりマス



そして、3日後……



■キダイの酢締め

旨いっチュー


旨すぎるっ!!


ウマーーーーイ、コレ



ワサビだけで


いただきマシタルンルン




…………


次は、ムシガレイ


ムシガレイは、なんてったって、唐揚げか干物でしょってんで、


今回は、、、



8%の塩水に、香り付けの酒をチョッコシと隠し味の昆布茶をチョッコシ入れて、30分漬けて


あとは、


ベランダで干しただけ


鬼嫁がテレビ観ながら焼いてくれちゃって、ちょっと、ヒレが焦げちゃったけど、



■ムシガレイの干物


ポン酒、持ってコーーーイ日本酒


アマダイの干物より、ウメーじゃねーーか!(笑)




…………


またまた、キダイに戻って、今度はおっきいキダイ



■キダイの白ワイン蒸し

材料は、ニンニク、オリーブオイル、塩コショウ、ミニトマト、白ワイン、バジルだけ



ミニトマトは、あらかじめ水を張ったボールの中で潰して、種を取り除いてから使うのがミソ


フライパンでテキトーに焼き&蒸しあげて、完成っ


…………





■アカボラとカナガシラのサラダ


皮付きのままのアカボラを湯びいて刺身





皮を引いたカナガシラの刺身



コレに軽くハーブミックスと塩コショウをフリフリルンルン



んで


新物ワカメといよかんとグリーンリーフとともに PPAPして、 サラダにしただけ



テーブルから、あっという間に無くなった(/´△`\)


…………



■トラギスとカナガシラの天ぷら

なんたって、トラギスの天ぷらは、最高にウンマイからね


トラギス=天ぷら


アッツアツの天つゆ&たっぷりの大根オロシがいいねグッ






ってなこったで、アマダイの外道、コレにて完売&完食デス



外道サイコー 上矢印上矢印上矢印
AD
皆さん、おはこんばんちわ口笛


お魚大好き&沖釣り大好き、A.T.LABウキウキo(^o^)oフィールドテスターの仮面ライターKデス


美味しいお魚、食べてますか?



こないだ釣ったアマダイ、一手間加わって、テーブルを賑わせ始めてマス



まずは、



■アマダイの昆布締めと刺身の食べ比べ


とかく、アマダイの刺身は旨くないと敬遠されがちデスが、ネットリと舌にまとわりつく甘さが、オレは大好きで、今回は、ド定番の昆布締めと食べ比べ音符


どっちも旨いけどなぁ





■アマダイの一夜干し


ムシガレイとアマダイを今回は、干物にしたよカナヘイきらきら

レモンをキュッと搾って、まずはアマダイから



8%の塩水に、酒少々と隠し味の昆布茶を少々入れて、30分浸してからベランダ干し


塩の加減も、風味もいつも通りバッチリグッ





■アマダイの兜の煮付け


朝飯からアマダイの頭を煮付けて、オカズにしたという至福の朝デシタカナヘイハート


トロリ&ホロリのアマダイの煮付け、上品で大変オイシューゴザイマシタ♪





■アマダイの白味噌漬け


これまた、朝飯からやっつけちゃいマシタルンルン


西京味噌は、チョイとお高いので、米こうじの白味噌で漬けたアマダイの味噌漬け


味噌床は、味噌と本みりんだけOK


干物を漬ける塩水に30分漬けて、余計な水分を抜いてから味噌床へ入れてやりマシタ


漬けること、3日で完成おねがい


まあ、なんてぇか、朝からこんなもん食って、余計に1日ガンバんねーとってな気分デス
AD
へいへい、ラッシャイ♪


居酒屋Kの時間だよぉ生ビール


こないだ釣った……




アマダイ


まずは、昆布締めと酒蒸しが食いたい&ソレで呑みたいってんで


チャッチャ音符


チャッチャと音符


捌いてみたら、、、



腹の中は、ラードベットリ(゜ロ゜;ノ)ノ


縁側部分も、脂ノリノリなのが、見てとれマスキラキラ


こりゃ、期待できそうデス


まずは、一番デッカイヤツの半身に軽く塩して、冷蔵庫でチョイと寝かせてから、酒で拭った昆布に挟んで、一泊二日



アマダイの昆布締め


完成おねがい





オレみたいな素人には、昆布締めを切るが難しくて、何とかセンベロ酒場風な盛り付け完了



塩っけがあるから、醤油は付けずにわさびだけで



く~、メッチャ旨い 上矢印上矢印上矢印





鬼嫁に頼んでおいたアマダイの兜の酒蒸しは、大きなどんぶりで作られていたので、小皿にとりわけルンルン



アマダイの酒蒸し


ゲットラブ




いつもの紀土カナヘイきらきら


アマダイの昆布締めカナヘイきらきら


アマダイの酒蒸しカナヘイきらきら


死ぬなら、今でしょカナヘイハート
AD
へいへい、ラッシャイ


居酒屋Kの時間だよぉ~日本酒



今宵のおさかなさんは、、、



イシモチ(シログチ)


こないだ、金沢八景の新修丸でたんまり釣れたヤツらデス♪


釣れたその場で血抜きしといたおかげで、捌いていくと身がきれーな真っ白だった


やっぱり、血抜きしとくといいねグッ


そいつらの鱗と内臓を早めに処理しておけば、冷蔵庫で4、5日は平気で持ちマスよ



んで、



まずは、オレが大好きな……



■イシモチのムニエル

イシモチに塩コショウして、小麦粉をまぶし、たっぷりのバターで焼くだけキラキラ


カロリーなんて、気にしちゃいけねー(笑)


バターは、たっぷり&コンガリと焼き上げマス



ヒレが、パリパリになって、コレがまたマイウーカナヘイハート


…………


釣りに行った、3日後、いいチヂレホウレン草が安く手に入ったんで、ピンっときて、白ワインのお供作りに着手音符



まずは、オリーブオイルで、イシモチの切り身をソテー



それとは、別に、バターでホウレン草とエノキを炒めてから、小麦粉フリフリして、牛乳入れて、



ホワイトソースを仕込みマス



んで、



イシモチをキャセロールに並べて、その上にホワイトソースをかけて、とろけるチーズをたっぷり乗せ、PPAP化(笑)


あとは、オーブントースターで……



チンッルンルン




しっかり焦がして、


こんがりと焼くのがコツグッ



■イシモチとホウレン草のチーズたっぷりグラタン


もうねぇ、イシモチのホクホクとホウレン草のホワイトソースが、合う&合う上矢印


コレ、メバルとかカサゴとかでもイイと思うよ。メッチャ旨い♪



イシモチ、さつま揚げも作りたかったなぁ……って、これにて完食デスチュー
皆さん、おはこんばんちわ


A.T.LAB、時たまデキる(^^)フィールドテスターの仮面ライターKデス口笛


沖釣り行ってマスか?



オレは、、、


「Kちゃん、金曜日からアマダイ始めるから遊びにきてねラブラブ


ってなK船長のLINEから~の


「初日から52センチキター!( ̄- ̄)ゞ」


の釣果報告に、底物大好き人間としては
いてもたってもいられず、



金沢八景の弁天屋のライトアマダイ船に遊びに行ってきたよ



特徴的なのは、使用オモリが、



40号または60号ということ


当日は、終日40号デシタ



主に、水深80~100メートルくらいを狙うらしいんだけど、道糸PE1号以下厳守ということで、ライトアマダイを成立させている

ようは、湾内のライタチ(ライトタチウオ)のタックルをそのまま流用して、遊べるってことだ


だから、竿もリールもテンビンも、ライタチそのまま



ライタチと違うのは、



仕掛けとエサだけ


エサは、オキアミ。弁天屋では、オキアミブロックを1個用意してくれマス



この日のオレのタックルは、



■ロッド: A.T.LAB MASTER EDGE LIGHT ACTION73 170MH

■リール: DAIWA レオブリッツ 150J

■道糸: PE1号

■チドリテンビン、オモリはスカリー40号など、針は真鯛王8号など、幹糸4号、ハリス3号、仕掛け全長2.2メートル


ってな感じ




さて、航程1時間ほどの剣崎沖からスタートして、


まあ、そんなこともあるさ



一流し目から、中型のアマダイゲッツ


てへっカナヘイハート



この日は、ヤロー1号♂も付いてきて、しばらくして、



同級の中型をゲッツカナヘイきらきら


34センチってとこ



キダイやら、ムシガレイやら、アカボラやらが飽きない程度に当たってくれて、アマダイもポッツラ音符ポッツラ音符


大ドモでは、オレの差し出すタモに45センチがドーン(オレが釣ったんじゃなくて、オレが掬った)

デケー!ってか、長さが云々より、この体高がハンパねぇ


いる!


いる!


ヤツは、いる!




何を隠そう、オレの狙いは、50センチオーバーグラサン


45センチなんざ、まだまだ序の口だぜ



な~んて思ってたら、



隣で38センチの良型をヤロー1号♂がゲット


チッ




と、オレにも何やらいい引きが……



A.T.LAB MASTER EDGE LIGHT ACTION 73 170MHが(相変わらず、竿のネームが長い(笑))いい曲がりを見せて……



デッカいムシガレイだった



チッもやもや

(まあ、これはこれで旨い魚で、干物と唐揚げがオススメイエローハーツ)





上げ潮が効き出したら、一気に当たりが増え始めて、潮先になるミヨシでは、アマダイが連発カナヘイきらきら


胴の間のオレも負けてらんねーって、気合い入れてやったら、




ドンッときて



ズンっと入って



ギュギューンっと、



キター!( ̄- ̄)ゞ



で、あがってきたのは、




ボンっ  ラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ


幅広で、見るからに旨そうな41.5センチ


長さはともかく、メッチャ肥ってるグッ




こりゃ、旨そうだぁ

(※釣っているときも、基本、魚で呑むことしか考えてマセン)


なんだかだで、



クーラーからいいサイズのアマダイを除いてみても、良型のキダイやら、ムシガレイ、大きなカナガシラなどなどで、クーラーの中はかなり大盛況!!


こりゃ、帰ってからの仕込みが大変だぁ


……コレを嬉しい悲鳴と言うのだなOK



それは、さておき



キダイが結構針を飲んであがってくるもんだから、鋭い歯でハリスがしょっちゅう傷ついちゃう


んなわけで……



傍らには、針を結んだハリスのスプールを置いといて、こまめにハリスを交換してやりマス


ハリスの傷が致命傷になって、ハリス切れでデカアマダイを逃すのだけは、避けたいからね



そんなこんなで、7時過ぎの出船から15時くらいまで、た~っぷり楽しんで



オレが5本、ヤロー1号♂も5本に、キダイモリモリ、ムシガレイ、カナガシラ、ゴマサバ、アカボラ、オキトラギス、ヒメってな釣果で納竿


船では、他にマハタとかカイワリとかハナダイとかも釣れてたなぁタコ



ひとまず、40センチオーバーが釣れて良かったし、楽しい1日になりマシタ♪



翌日には53センチもあがったってことだから、次こそは、念願の50アップをゲットしたいところ

釣りてーなぁー、50アップチュー





ライタチタックル+オモリ40~60号の ライトアマダイ


メッチャ楽しめマシタ


K船長、誘惑してくれてアリガトーラブラブ(笑)




ひとまず、仕込んだキダイの酢締めが楽しみデス


さて、次は、何釣り行こっかなぁ