なみだ

テーマ:

こみあげるおもいが透明のなみだになって


知らずこぼれおちていく


あふれるなみだは


ほおとこころの扉をやさしくたたきながら


うすよごれてくすんだ


ときの魔法を洗い流す


はじめからおわりまで


いつの日もいつまでも


絶えることなく溢れでる愛に気付いたこころは


なみだのしらせで


ゆたかにうるおっていく


うるおいみちたこころは


枯れることなくひるむことなく


なみだの川をとびこえて


あたらしいいのちの流れをつくりはじめる














AD

うた

テーマ:

まどろんだひるさがり


ちいさなこえがきこえてきたよ


かなしみにしずんだ


みずいろのこころにとどくよう


くりかえしくりかえし


ささやくこえがきこえてきたよ


メロディーにのったそのこえは


ちいさなうたになって


わたしのこころにおくられてきたよ


めざめをさかいに


はかなくきえていくさだめのちいさなうたは


みらいのわたしからのおうえんか


ゆめうつつにいる


ちいさなわたしがわすれてしまわぬように


おおきなわたしがメロディとともにわたしてくれた


いのちの賛歌





















AD

しんぶんし

テーマ:

おとうちゃん荷物、届いたよ


思ったとおり、朝一番に


ふふふ


昨日の電話で聞いていたから、ちっともワクワクしなかったよ


中身はとっくに知っているんだから


ダンボールのなかは、ふるさとの空気とぷーんと新聞紙のにおい


きっちりぎっちりと詰められて


長い時間をかけてともに旅したお方は


今年のお米にコショウの親玉、みかんにかぼちゃ


あれれ、週末に買おうと思っていたじゃがいもに人参も


おとうちゃん、こっそりどこかでのぞき見してたのかな


そうそう


カラスに奪われないようにとった庭の柿の実って


もしかしてこの小さな包みかな


そっと新聞紙をひらくと、コロンとかたい柿の実ひとつ


あっちにも、こっちにも


つぶれないように荷物の隙間にちょんちょんちょん


新聞紙を半分に切って、ひとつひとつ丁寧に包まれた柿の実5つ


小さくていびつな、けれど懐かしい我が家の秋の色




おとうちゃん、言ってた柿の実とどいたよ


おとうちゃんの心と一緒にとどいたよ


ふるさとの新聞紙にくるまれて、遠くここまでとといたよ

AD

ふくらすずめ

テーマ:

師走半ばの日曜のおひるどき


ひとけない静かな通りに


鈴をふるようなさえずりが響き渡る


ふと見上げれば


すっかり葉を落とし裸のままに天に向かった桜の木で


ころころとした丸いすずめが


楽しそうに語らっている


ほんの束の間の暖かい日差しを求めて


ここへあそこへ


居心地のいい場所に移動しては


細い枝を小さくゆらして


小春日和のひとときに寛いでいる


裸ん坊の桜の木になる、すずなりのふくらすずめ


かみさまを賛美する小さなツリー


















ホットミルク

テーマ:

雪どけ残る朝の道


垂れ込めた雲にせかされながら


赤いポストに一枚のこころをおくりだす


空っぽの手で逆向きの風景をすすんでいくと


暖かい家は、もうすぐそこ


さあ、冷えたからだを温めましょうか


湯気の立つあまいミルクがぽわっと浮かぶ


熱々のミルクに百花蜜をたらし


スプーンでくるくる回してできあがり


あのころのかあさんの味と違うのは


つんと匂うれんげの蜂蜜じゃないせいね


心と体を温めてくれるホットミルク


思い出の、ホットミルク


大好きなかあさんの味