よもやま建築日記~家づくりの現場から~

愛知で家づくりをする建築士が日頃、思ったことや考えたことなどを徒然に、さらにはちょっとした家づくりのヒントや知識などを気の向くままに書いております。建築にはいろいろな考え方がありますが私達の考え方や取り組み方などをお伝えできればば幸いに思います。


テーマ:


熊本での地震からもう10日がたとうとしています。

以前の中越地震や東北の震災の際もそうだったのですが、こういう大きな災害があったあとというのは・・
どうにもブログなどを書こうなどという気分にはとうていなれず・・
何を書くべきなのかもわからず。


お見舞いの言葉もここまで何も言えずにおりました。


とにもかくにも・・
この場を借りて被害にあわれた皆様に心からのお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様には、深く深くお悔やみを申し上げます。

そして・・
つきなみにがんばってください、としか言う言葉がありませんが・・


がんばれ・・


私たちに出来ることが何かあるのなら何でもやるつもりでいますので。





それにしても・・
私たちは建築に携わる物ですので・・

こういった大きな地震や災害などを目の当たりにしますととにかく人を守ることの出来なかった建物に目が行きます。



建物は人の命と財産を守らなければいけません。
そのために建物は存在するのです。

それが出来なかった場合・・
なぜそうなったのかを解明しなければなりません。



東日本大震災の際、それは津波でした。



今回は・・
震度7が2回、震度6が5回。
連続地震。
しかも断層地震で直下型。
つまり縦揺れです。


なんじゃそりゃ・・


こんな地震は聞いたことがない。
学校でも教わらなかった。
断層型の地震っていうのはだんだん小さくなっていくはずじゃないのか?

昨今の新耐震は相当なレベルまで来ていると思っていたのですが・・
まさかそんな短期間に何度も何度も震度6では・・



あ~
本当に建築はまだまだです。
わからないことのほうが本当は多いのでしょう。



倒れた町並みを見るのは本当に心が痛みます。
みんな財産は守れなかった建物たち、命を守りきることはできたんでしょうか?



また我々には巨大な敵が現れました。
これから戦いを挑まなければなりません。

巨大です、本当に巨大です。
いつか勝てるんでしょうか。






Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ateliershigeruさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。