よもやま建築日記~家づくりの現場から~

愛知で家づくりをする建築士が日頃、思ったことや考えたことなどを徒然に、さらにはちょっとした家づくりのヒントや知識などを気の向くままに書いております。建築にはいろいろな考え方がありますが私達の考え方や取り組み方などをお伝えできればば幸いに思います。


テーマ:

やろうと思えば何だって出来るさ!【やろうと思えば何だって出来るさ・・1】

 

 


まあ・・

世の中、よっぽどのことで無い限り・・
やろうと思えば何だって出来ないことは・・

 

 

ない・・
もんです。

 

 

建築をしていると・・
よくそういうことに遭遇する物です。

 

 

我々のような者が考える・・
こうしたい!
なんてのや・・


お客さんのこんな風に出来ませんか!
なんてのを実現するために・・

 

 

どうやってやるのか?
どのように作るのか?
という話です。

 

 

建築というのは制限の塊です。


構造もそうです。
法律もそうです。
敷地や環境もそうです。
施工もそうです。

 

 

こうやってはいけない・・
こうしなさい・・
そんなことは出来ない。


これをどうやって作るのか。

 


そんな制限の中でどのように要望を考えるものを創り上げるのか?


ま・・
それが設計なのですが。

 

 

夢を実現するために技術や知識や経験が必要になるわけです。

 

 

ただ・・
そうは言っても・・


実は大抵のことは出来ます。
よっぽどメチャクチャな話でなければ。

 

 

柱も壁もなしにして・・
とか。

ま、いつかはそんな屋根だけなんて建物も出来るようになるかもしれませんが。

 

 

 

ようは・・
お金です。


無尽蔵にお金が使えれば大抵のことは出来ます。

 

 

ここからここまで20m巾のガラス窓にして下さい!


馬鹿か・・
出来るわかないだろ・・


いえいえごめんなさい!
出来ます。


その予算では出来ないだけです。
重量鉄骨造の家にしましょう・・
2000万ではなくて7000万の家になりますがいいですね・・

 

 

どんな建物にでも必ず予算はあります。
その予算内で出来るかどうかという話なのです。

 

 


それから・・
時間です。


何年かかろうとかまわなければ大抵のことは出来ます。

 

ここの床板作るため日本に数人しかいない特別な職人さんをまず探して仕事があくのを待って呼び寄せ、技術と経験の全てをかけてじっくり1枚1枚作っていけば出来ない訳ではないのです。

あんなとんでもないグニャグニャの梁にしたければ超凄い構造大家の大学教授かなんかに計算を依頼してスーパーコンピュータかなんかで計算してもらい鉄筋から型枠から全て特注で工場製作してもらった物を組み立ててコンクリートを打てば出来ない話ではありません。


ただとんでもないお金と時間がかかるだけのこと・・

 

 

つまり・・
それが新国立競技場だったということなのでしょう。

 

 

 

 

Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ateliershigeruさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。