ミュージカル&演劇ワークショップ「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ

ミュージカル&演劇ワークショップ「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログです。スケジュールや新クラス、代講のお知らせのほか、アトリエの素顔をお届けします。

ミュージカル&演劇ワークショップ (日曜日)

「アトリエワンズハート」ではいつでもスタートラインに立てます♪

初心者でも安心☆ 趣味で始める方も、プロフェッショナルな方も大歓迎!

劇団四季、他オーディション合格実績多数!


☆☆見学・体験レッスン 受付中☆☆

アトリエワンズハートでは随時受講生を受講しています。レッスンが合うかどうか、実際にやってみないとわからないもの・・・ぜひ1度お試しください♪お申し込みは→こちら

・見学は無料。体験レッスンは1回のみミュージカル3000円、演技のワークショップ2000円でご参加いただけます。

・稽古着・タオル・飲み物・(ミュージカルを受講される場合)ダンスシューズをご持参ください。



(受講生募集中☆)

ミュージカルクラス (五反田)  中学生~一般  

毎週日曜17:30~20:30


ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
少人数のアットホームなクラスです!初心者大歓迎☆

演技・ダンス・歌唱。総合的な表現をエネルギッシュに学びます♪
会場:五反田 ミューズ・エトワール


(☆参加募集中☆)

発声と演技のワークショップ  (明大前) 高校生~一般

毎週日曜14:00~16:00

ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
発声トレーニング・台本の読み合わせ・演技のアンテナづくり。

そしていろんな発想を楽しみましょう!
会場:京王線明大前 ABCバレエスクール明大前

(☆参加募集中☆)
アトリエワンズハート in となみ
$ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
ジュニア ミュージカルダンス 土曜日 9:20~10:20(1.2.3週)

ミュージカル ソング&ダンス 土曜日 10:30~12:00(1.2.3週)

会場:北日本新聞砺波支社カルチャー教室(砺波市太郎丸2-129)


となみミュージカルキッズ
富山県砺波(となみ)市のキッズミュージカルカンパニー。荒巻先生が監修・ワークショップ講師を担当しています。



夢追倶楽舞
富山県砺波市のよさこいチーム「ゆめおいくらぶ」。荒巻先生が振付を担当しています。


富山市民プラザ presents 音楽カルチャー講座

Let’s  enjoy! ミュージカル

荒巻先生が講師を担当しています。

隔週火曜日レッスン

昼クラス 13:30~15:30  夜クラス 19:30~21:30


名古屋市文化振興事業団主催ミュージカル

『ザ・ミュージックマン』

2016年2月上演!上演台本・訳詩・演出・振付を荒巻先生が担当しました。


オリジナルミュージカル『風花の栞-Innocent Snow-』 動画ダイジェスト

$Atelier ONE’s HEARTのブログ

作・演出 荒巻正


テーマ:

12日歌唱のあとの、ミュージカルダンスの様子です。




コンビネーションは、これまで続けているナンバーですが、

今回は、これまで違ったショットを撮ることができました!










今回のナンバー、とにかく大きく身体を動かします!!



ジャズダンス、ミュージカルダンスにはいろんなテクニックがありますが

なんといっても

「大きく踊る」

「大きく見せる」

ことが一番の技のようです♪



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



昨日のミュージカル歌唱のテーマは

「しゃべるように歌う」

「話すように歌う」

・・・でした。





発声練習の段階でも、そのテーマにこだわっています。

歌おうっという気持ちが

力んだ声にしてしまったり

不自然な声にしてしまったり

するのだそうです。。。






練習でつかんだメソッドをそのままナンバーに活かしました!

昨日のナンバーはミュージカルソングではないようですが

代表的な作曲家さんによる歌です。



何度か、歌詞を音読してみました。

ミュージカルでは、台詞のように歌うのはむしろ主流のようです。



歌詞を台詞として声に出してみる

大切な語句ははっきりと言葉にする


ミュージカル歌唱ならではの練習の心得ともいえそうですね!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月5日日曜日のミュージカルはダンスからでした。



まず、プリエの練習です。



2番ポジションのルルベでバランスをとっています。


このときのアームスで、肘の凹みの部分が前を向いているのが

正しいポジションなのですが

慣れないと、上を向いてしまうことがしばしばあるそうです。。。


正しいポジションにもっていくようにするために

アンバーからアン・ナバンにするときに

「肘を上げる」意識がいいようです!

手や手首は全く脱力した状態です。

肘が上がるから手首や手がつられて上がるようなイメージです。

その感覚でつくったアン・ナバンを両方の左右に開けば、多分

肘は前を向いていると思います。

そのあとで、手や指のポジションの微調整をすると、

形が決まるようです。

ぜひ、試してみてください♪





振付の時間は、これまでの復習メインでした。







この日から、2か月ぶりに復活したメンバーの方がいらっしゃいました。

以前クラスにいた方が、舞い戻ってくるのは

やはり嬉しいことですね!



振付は今までやってきたところが固まってくれば

さらに先へ進むようです~


今のシーンは、歌がよく聞こえて踊りも引き立つ場面なのだそうです。

歌うってことは、ダンスのパフォーマンスでもしばしば大切なことのようですね☆

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ6月・・・といえば、梅雨の季節ですね。


東京もすっきりしない天気が続くようです。

雨模様が続き、じめじめした日が続くという、鬱陶しい季節ではありますが。。。





前にも紹介しました、ミュージカル演技の台本の、原典にあたるシナリオ。

後半は、実は一気に読み通すことができました!


とても素晴らしい作品で

音読して読み進めていたものの

後半は気持ちが高ぶって、声を出していて言葉がつまってしまうことも・・・



主人公の女性は、確かに大きなふたつの目的は叶えたようでした。



そしてその先、主人公の女性は夢に向かって邁進していきそうな、

そして、その父親は、娘との再会をバネにして、一念発起していきそうな、

そんな余韻を残しながら、物語は終えていきます♪



このページも大いに感激した1ページ!

そして、演劇のメソッドの面からも

「電話のシーン」の練習にもってこいの場面かもしれません(笑)



ブログでも何度か、発信してきたことかもしれませんが

演劇をする上で、よい台本との邂逅(めぐりあい)はとても大切な気がします。


もちろん、オリジナルものもいいのですが、

いい台本には、いろんな発見、そしていろんな「教示」が潜んでいるからなのかもしれません。

いい台本に出会うことなければ

演技も独りよがりな、頭でっかちなものになってしまうかもしれない・・・

と思ったりもします。




ところで、今回のブログタイトルは

「湿っぽく」ではなく「ウィット」にいきましょう!

という願いです!!

ウィットというと、「機知に富んだ」という意味なのですが

ここではもう、拡大解釈しちゃって

ユーモアに富んだ、笑いをもって、愉快に というニュアンスも丸め込んで

「湿っぽく」ではなく「愉快に」いきましょう!

ぐらいのノリで、お題をつけてみました。



実はミュージカル演技の台本、作品も

全く同じことが当てはまっているんです。

「湿っぽくならずに、ユーモアの会話を楽しもう!」

というのが、今の作品の課題なのです。

そして、ユーモアに進むからこそ

人の心を打つ、というところがあるのかもしれない、そういう作品でもあります。




とはいえ、毎日の生活で

愉快に過ごし、笑いを取り入れる、というのは案外難しいもの。。。


でも、心がけで、つくりながらも「笑顔」でいることはできます。

この「笑顔」を心がけていると

自然まわりにも影響して、周りの人が寄ってくるようになります。

またそればかりでなく

自分自身の気持ちも晴れやかになり、ストレス解消にもなるんだそうです。

笑顔が自分の内面にプラスに働くという、

カラダのふしぎ!!




稽古場に向かう途中の公園で見つけたひまわり畑。

7月にもなれば、きっと大人の背丈くらいになっているのでしょう。




案外、夏は近くまで迫っているのかもしれません。

ですので、梅雨だからといって、必要以上にふさぎ込む必要はありません(苦笑)

ただ、東京のダムが水不足のようでして

むしろ、今は恵みの雨がほしいところです!




シナリオと並行して、18世紀のイギリスの物語も読みました。




主人公のプリムローズ牧師とその家族はいろいろな困難や不幸に見舞われるのですが

人の道を踏み誤らず、悪に走らず

乗り越えていく物語でした。

といって生真面目なものではなく、牧歌的な雰囲気ではあるのですが

それでも、散々な苦労やハラハラ場面の連続の後の

エンディング、幸せにむかっていくところは感無量でした。

漱石やゲーテも愛読していたのだそう・・・



ここ数年、ニュースなどみていると、

本来、人のお手本になるべき立場である人たちの

醜い姿、見ているほうが恥ずかしくなるような姿をお目にかけ

閉口してしまうことが時々あります。

その度に、人として大切なこと、大切な心

そういったことはきっと、今も昔も変わるものではない

と、心に刻まれる思いがするのでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ミュージカルダンスでアームスを確認していることは

これまでも紹介してきました。


アームスの形、それ自体も大切ですし、

そして、アームスを使って

その先に意識しようとしていることもあるはず・・・・なのです。



少し前になりますが、5月15日のレッスンの様子です。




これからバットマンをしよう、というところでした。

バットマンとなると足を上げる意識に気をとられて、上半身が傾いてしまう。。。

ということが、よくあります。

そうならないために、両アームスの引き合いで

ブレないように、体幹を維持しようとします。

「体幹(たいかん)」。

この言葉、いろんな稽古場で使われているようで、

ひそかに、流行っている言葉なのかもしれません(笑)





こちらは、アームスを使って、ダンスを大きく見せる

テクニックの練習です。


ダンスを楽しく踊るためにも

またオーディションを受けるときなども

身体を大きく見せる→大きく動かすことが一番のようですね♪


大きく見せるための

身体の使い方

インナーマッスルの使い方

レッスンではそういったことまで意識していきます。




アームスといっても奥が深いようです。


アームスの意識だけでも

ダンスが大きく変わる、といっていいかもしれません!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。