ミュージカル&演劇ワークショップ「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ

ミュージカル&演劇ワークショップ「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログです。スケジュールや新クラス、代講のお知らせのほか、アトリエの素顔をお届けします。

ミュージカル&演劇ワークショップ (日曜日)

「アトリエワンズハート」ではいつでもスタートラインに立てます♪

初心者でも安心☆ 趣味で始める方も、プロフェッショナルな方も大歓迎!

劇団四季、他オーディション合格実績多数!


☆☆見学・体験レッスン受付中☆☆

アトリエワンズハートでは随時受講生を受講しています。レッスンが合うかどうか、実際にやってみないとわからないもの・・・ぜひ1度お試しください♪お申し込みは→こちら

・見学は無料。体験レッスンは1回のみミュージカル3000円、演技のワークショップ2000円でご参加いただけます。

・稽古着・タオル・飲み物・(ミュージカルを受講される場合)ダンスシューズをご持参ください。



(☆受講生募集中☆)

ミュージカルクラス (五反田)  中学生~一般  

毎週日曜17:30~20:30


ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
少人数のアットホームなクラスです!初心者大歓迎☆

演技・ダンス・歌唱。総合的な表現をエネルギッシュに学びます♪
会場:五反田 ミューズ・エトワール


(☆参加募集中☆)

発声と演技のワークショップ  (明大前) 高校生~一般

毎週日曜14:00~16:00

ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
発声トレーニング・台本の読み合わせ・演技のアンテナづくり。

そしていろんな発想を楽しみましょう!
会場:京王線明大前 ABCバレエスクール明大前

(☆参加募集中☆)
アトリエワンズハート in となみ
$ミュージカル&演劇スクール「Atelier ONE’s HEART アトリエワンズハート」のブログ
ジュニア ミュージカルダンス 土曜日 9:20~10:20(1.2.3週)

ミュージカル ソング&ダンス 土曜日 10:30~12:00(1.2.3週)

会場:北日本新聞砺波支社カルチャー教室(砺波市太郎丸2-129)


となみミュージカルキッズ
富山県砺波(となみ)市のキッズミュージカルカンパニー。荒巻先生が監修・ワークショップ講師を担当しています。



夢追倶楽舞
富山県砺波市のよさこいチーム「ゆめおいくらぶ」。荒巻先生が振付を担当しています。


富山市民プラザ presents 音楽カルチャー講座

Let’s  enjoy! ミュージカル

荒巻先生が講師を担当しています。

隔週火曜日レッスン

昼クラス 13:30~15:30  夜クラス 19:30~21:30


名古屋市文化振興事業団主催ミュージカル

『ザ・ミュージックマン』

2016年2月公演決定!上演台本・訳詩・演出・振付を荒巻先生が担当しています。


オリジナルミュージカル『風花の栞-Innocent Snow-』 動画ダイジェスト

$Atelier ONE’s HEARTのブログ

作・演出 荒巻正


テーマ:

俳優や声優、歌手、ナレーター、司会業など、芸能関係は別としても

声を使った仕事・業種はさまざま思い起こされます。


接客業、営業、コールセンター、

車掌さんやガイドさん、講演を業とする方、

教員、政治家の方々・・・


業界によって違いはあるかもしれませんが、

言うべきこと、伝えるべきことをまとめた「マニュアル」というのがあり

そして、的確に伝えるのを手助けする「話法」という技術が存在するようです。


そしてそのマニュアルや話法を、実際の業務で使えるように

まずは十分に読むことでしょう。


でも、マニュアル棒読みの案内、応答、回答しかできなければ

「誠意がない」と思われたり、

「本当に大丈夫なんだろうか」と不安の種になったり

きっと、お客様との応対でいろんな誤解を生じかねません。。。


そこで、ロールプレイングや模擬演習、ディベート、実習といった練習を何度も何度もして

伝えるべきことを身体に落とし込み

「自分の言葉で話せる」ようにしていくようです。




自分の言葉でない言葉

(マニュアルを読んでいるだけ、唱えているだけ)

というのは、多分受け手であるお客様には

「虚」とか「嘘」に聞こえてしまうのでしょう。


演技の稽古でたびたびいわれるかもしれませんが、

人には、「嘘」を感じる本能のようなものがあるといいます。

自分の言葉でない=実(じつ)のこもっていない言葉は

すぐに相手に悟られてしまうということのようですね・・・



そして、「演技」に立ち返ってみて・・・


まずは台詞を入れることから始めます。

基本、台詞は一字一句間違えずに覚えますが、

覚えてからが、演技の稽古のスタートラインのようです!




朗読やアナウンスではない、お芝居の「台詞」にするために

「自分の言葉として話す」

「自分の言葉にする」

ということをしていきます。

一字一句間違えずに、自分の言葉としていくのですから

考えてみれば、それなりに大変な作業かもしれません。


自分の言葉として話せるようになれば

次は

「役の自分の言葉として話す」

「自分の役というのを考えながら、自分の言葉にする」

という感じでしょうか・・・

さらにエネルギーつかいそうですね(笑)




でも、自分の言葉にするために、

演技法とか何か特別なメソッドがあるわけでもなく・・・


結局は

何度も何度も台本を読むことと

レッスンの立ち稽古で、集中して当たっていく

そういうことなんだと思います。


お芝居でいうところの、自分の言葉、というものは

時間と回数と場数の中で、

自分で気づいていくもののように思われるからです。




一昨年の、ミュージカル演技の台本。






短い台詞もあれば、長台詞もあり、

自分の言葉で話す・伝えるために、皆さまで何度も何度も読みました。


そして登場するメンバーはどれも強いキャラクター!

そして人間ではないある動物たちでした。

役として自分の言葉にする

それはまた一段上の作業だったのですね。


役が自分のものになるように、

皆さま実際、いろいろポーズをとっておられましたーー(笑)

でもそんな試行錯誤、紆余曲折を経てこそ

自分の言葉というのがうまれてくるものなのかもしれません♪

AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

『冬といって、思い出す言葉、連想する言葉を挙げてみましょう』


・・・そんなお題、演技のレッスンで、普通にあるかもしれません。。。

思い出す言葉が多ければ多いほど、発想がたくさんあっていい、ということになります。

世間一般がどう言おうと、自分自身で、冬から思いつく言葉であればいいんです!

お芝居に必要な、「瞬発力」の練習になるそうです。



でも、ここでは、たくさんは挙げずに

冬といえば、私なりに

「樹氷」「湖」「銀世界」「静寂」の4つだけ。


・・・2年前に都区外の車窓から見た景色、雪をかぶった木々や静寂する湖が目に焼き付いてしまったからかもしれません。




昨日から今日にかけて、東京の天気予報に雪マークがついていましたが、

結局は雪は降らず。

(でも寒さが苦手な私にとって、それは救いでした)


でも、冬の景色・・・

特に「湖」が見たくなって

きょう行ってみたのが、西武線の「武蔵村山」でした。





臨んだ湖は・・・「多摩湖」です♪


多摩湖の水は飲料用の水として供給されているとのことです。

「聖なる湖」ですね♪






武蔵村山駅から、狭山公園に入りました。


メジロだと思い、写メしたのですが、保護色で見分けがつきません。。。





多摩湖をぐるっと1周できるサイクリングコースがあります。

徒歩で回ってみました。





途中でオブジェに遭遇!



1周したあと、武蔵村山に到着!

ところが、サイクリングロードがもっと続いていることに気が付いて

西武線沿いのこのロードをさらに歩き続けました。




八坂駅を過ぎ、萩山を過ぎ、小平を過ぎ・・・


とちゅうからこの道、ずっとずっと前に歩いたことがあるような気がしました。

その頃は多分、いろんな悩みがあって、ほろ苦いことが多かったような・・・

歩きながらそんな思いが募り

心の中にちょっとした透き間風、あるいは哀愁のようなものが感じられました。

独りの散歩は、ほんとにいろんなことを感じ、またいろんなことをふと思い出すものですね。




歩いて歩いて、行き着いた先は西武新宿線の「花小金井駅」。




以前、何度も何度も通っていたのに、駅周辺がすっかり変わっているのにびっくり!

通っていたという場所も、ついに発見できませんでした(苦笑)



でも天気に恵まれ、自然を満喫できた1日。

身体づくり、体力づくりはとても大切ですね。

3時間半のウォーキングで、足は重くなりましたが

演技に必要な「持久力」はまた、強くなったかな?

そんな1日の実感でした♪



AD
いいね!した人

テーマ:

2016年は、早くも2月に入りました♪


2月といえば、名古屋の市民ミュージカルが上演されます。

市民ミュージカルの皆さまも、演出・振付を担当される荒巻先生も

リハーサルは佳境を迎えておられると思いますが

くれぐれご自愛のうえ、本番を迎えていただきたく願っています。



ところで2月といえば、3日は節分でした。

豆を撒いたか撒かないかはともかく、

豆を食べたという方は少なくないのではないでしょうか。


私も食べました(笑)↓↓




そして最近、何かと豆類やナッツに手を付けることも少なくないような気がします。





健康にいい食品など、健康志向ブームもあって

インターネットやテレビなどでは情報があふれていますが

豆類やナッツ類は、身体にとってもプラスのようですね。

特にスナック菓子を食べたくなったら、ナッツ類に触手を伸ばすのもいいかもしれません!




豆といえば、豆を利用した代表格が「豆腐」


この時期は湯豆腐によし、温かい季節は冷奴によし

お味噌汁やお吸い物にもあい

この食べ物を考え出した、祖先の皆さまの知恵って改めてすごい!!と感じます。






ところで、タイトルの「痛気持ちいい(いたきもちいい)」

確かどなたかが、使用しておられたような気がしますが・・・


1月の記事でストレッチおすすめの内容がありましたが

ダンスやストレッチも入門期のうち、身体が固い段階では

ただただ痛いという感じかもしれません。

特に開脚とか、スピリットとか、それはまるで拷問そのものです(苦笑)

身体の筋肉が受け付けず、神経が「防衛」の指令を出してしまうからのようです。。




最初のうちは呼吸をはきながら、あくまでゆっくり取り組むのがオススメなようです。

この段階で無理をしてしまうと、腰をはじめ、すぐ身体を痛めてしまいます。

また2月は1年で一番寒い月ですので危険。。

最初のうちは、ストレッチは、回数と時間が解決してくれるもののようです。


でも、ある程度続けていると

ある段階でふと、ストレッチの痛さに快感を覚えるようになります。

多分、身体の筋肉がストレッチ運動になじむようになり

筋肉がいうことをきいてくれるようになったからでしょう。

「筋肉が喜んでいる」とでもいったらいいのでしょうか?

これが「痛気持ちいい」感覚なのですが

この感覚がつかめるようになったらチャンスです!

ストレッチも、もう少し無理してみようかな・・・と思うようになります。

そして少しずつの無理の積み重ねで、だいぶ柔らかくなっていくようです♪






ストレッチ以外でも、似たような感覚・経験があったりするかもしれません。


たとえば、数学をよく勉強される方が

難しい問題に直面して

夜を明かすまでいろいろ頭を悩ますけれど

それがなんだか楽しいとか

(頭が喜んでいる、という感じでしょうか)


ダンスの得意な方が

難しい振付を与えられてなかなか覚えられず

でもそれを苦労しながら身体に入れるのがなぜか楽しいのだとか

(ハートが喜んでいる、という感じでしょうか)





痛気持ちいいところにいるかどうか、点検してみて


その前段階であれば、ゆっくり無理せずに伸ばす。


その段階に達したのであれば、アグレッシブに挑戦してみる!



・・・・というふうに、作戦を練ってみるのもいいかもですね♪

AD
いいね!した人

テーマ:

胸が熱くなって、仕方がなかった


そういう映像に、この前出会いました。


こちら↓↓



ちょうど1週間前の

琴奨菊関の優勝シーン♪


数日前にたまたまテレビに映っていたのが

即効の攻めで横綱を倒すシーンで

こんなに強い大関がいるんだなあ、と目をみはったものでした。


そして千秋楽で晴れての優勝!

31歳の初優勝と聞いただけで

たくさん苦労があったのだろうと感じ

何かジーンとくるものがありました。


そしてテレビの実況でもおっしゃっていましたが

長く怪我に悩まされておられたようです・・・


努力して努力して努力して

やっと優勝をつかんだ

そんな思いのにじみ出る姿を拝見して

つい一緒に喜びを感じたのでした!!



この1週間・・・

それほどテレビをみるわけではありませんが

テレビのニュースをみても暗いニュースが少なくありませんでした。

特に児童虐待のニュースは本当に心が痛みます。

昨年、ショーロホフの『静かなドン』を読んで

白軍と赤軍との間の激しい虐殺・凌辱行為を読んで

これが人間のすることなのか、と言葉を失いましたが

まさに同じ状況です。

3歳とか5歳とかかわいい盛りの子ども

なんとか救えなかったものかと、

無力感、喪失感そして強い自責の念を覚えます。

児童虐待は、弱い者いじめのもっとも卑劣な犯罪行為、

絶対に許されてはならない!

そう思うのでした。





ヒートアップしてしまいましたので、

テーマを「胸が熱くなって」に戻し・・・





以前、私と同じカンパニーにおられた子が

大きな舞台への出演が決まり

ブログで報告しているのにお目にかかりました。

努力がなかなか報われなかったり、日の目をみなかったり・・・

そういう話も何度も聞いたりしてきただけに

報告を拝見して、自分のことのように嬉しくなりました。

その子、いやその方も、がんばってがんばってつかんだ仕事、なのです♪

一緒のカンパニーにいたものの、いろいろあって辞めざるをえなくなったとき

こういうところに入ったらいいんじゃないと

その方に3か所ほどカンパニーを紹介したことがありました。

でもその方はある舞台のオーディションに受かりそちらに出ることになり

紹介した3か所のうち2か所に

結局私が通うことになったわけです(笑)

でももう2年以上連絡をしていません。。。

もうその頃、2年ほど前には、その方は大きな一歩を踏み出していたわけで

いつまでも先輩面して立ちはだかるのは不遜だと感じて、

潔くフェイドアウトしてみたわけです。

その方も、少し遅れて私も元いたカンパニーを卒業したわけですし

やはり新しい仲間、新しいファンの中で頑張っていくべきなんだよねっと。




努力、努力・・・というけれど

今読んでいる小説、ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』にも

たまたま本日読んだところで、主人公が努力について語っている場面がありました。

主人公のデイヴィッドは小さい時に両親に死なれ、叔母に育てられて、成長します。

そして大人になって・・・突然、叔母が破産してしまうのです。

極貧に陥ってしまうデイヴィッド。

でも叔母との暮らしを立て直すために

学校時代からの友人、トラドルズの力を借りて

「速記術」という技術を会得していくことになります。

その取得について、デイヴィッドは

なにかと自分は幸運だった、といいつつも

「時間を守り、秩序を重んじ、孜孜(しし)として努力する習慣がなければ」

また

「はっきり全身を集中するという決意なしには」

成し遂げられなかっただろうと、述懐しているのです。

そしてまた、絶対にしない、と心に決めていたのが

「やれば全力を打ち込めることに、軽く片手しか出さないということ」

「自分の仕事を卑下すること」

の2つだったとのです。

今にも通じる名言、格言だと感じました。

このコパフィールドは叔母の破産以外にも、

出会いや愛があり、別れがあり、裏切りがあり・・・

いろんな人生の場数を踏んでいくようです。

ディケンズの自叙伝的小説とはいわれますが、自伝や私小説ではありません。

でも、今もってこの世界に引き込まれるのは

時代を超えた真実のようなものが描かれている物語だからなのでしょう・・・




望んでいるものをつかむためにも、

充実した人生を送るためにも、

そして楽しい日々楽しい時間を送るためにも

・・・

いつの時代も、やっぱり努力なんですねえ!!




追伸

今回の記事、最初の1行は

37歳で夭折(ようせつ)した歌手、大塚博堂さんの歌の一節でした。

1番が映画「ジョンとメリー」を観に行く話、2番は映画「卒業」。

確か、ジョンとメリーを観て、胸が熱くなったんだと思います。

ラストは歌のタイトルを2回繰り返して結びとなります。

「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」

いいね!した人

テーマ:

2月の名古屋ミュージカル『ザ・ミュージックマン』


ブログ撮影隊のスケジュールがほぼ決まりました!!








2月19日金曜日23:50に夜行バスで東京を出発します。

2月20日早朝に名古屋到着!

9時から開演までの間、公演前の劇場内の様子を取材させていただく予定です。

そして11時より、一観客として公演を観劇します!

その後、名古屋見学をして

20日の22:30には新宿行きの帰路に就く予定です。




ミュージカル『ザ・ミュージックマン』の本番まで1か月を切りました。


出演者の皆さま

リハーサルお疲れさまです!!



これから寒さの厳しくなる季節ですが、

体調管理に十分留意され、

本番に臨んでください♪




名古屋市文化振興事業団2016年企画公演

ブロードウェイミュージカル ザ・ミュージックマン


2月19日(金)18:30 

2月20日(土)11:00/16:00 

2月21日(日)11:00/16:00


名古屋市青少年文化センター・アートピアホール


→詳細はこちら

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。