こんにちは(*^^*)

の続きです。



最近、よく見かけるのは
🅱️のやり方で

生地ができたら
柔らかいうちにビニール袋などに入れて、
サイドにルーラーを置いて
必要な厚みに伸ばして、休ませる

これはご家庭向きだと思います。

弱い力でもスイスイ伸ばせますし、
そのまま伸ばした状態で冷凍しておく方も多いですね。



ただ、🅱️のやり方だと
伸ばした表面にビニール袋の跡がついてしまう
ビニール袋にが裂きにくい
表面に気泡が残りやすい

というお悩みもよく聞きます。



生地をまとめて作って冷凍しておく方には
🅱️はいいかもしれませんね。




私の教室はメニュー数が多く、
アイシングのレッスンをコンスタントには行わないので、クッキー生地はまとめて作らずその都度必要な分量のみ仕込みます。
(ワンデイレッスンはモチコクッキーなので、その都度作る方が簡単なのです)



🅱️のお悩みをクリアした私のやり方をご紹介します。



生地ができたら、空気を入れないようにまとめ
ゴロゴロ手早く転がして
麺棒みたいな形にします

{3BEFD97E-998D-47BF-988C-5346B2CC4B7E}

打ち粉が要らない、
まとまりやすい生地の作り方は
クッキー理論マスターで学んでいただけます。

あまりの生地の違いにみなさまびっくりされます。



クッキングシートの上で

麺棒の端に手を置いて
上から下へ体重をかけるように麺棒を転がしてのばします。

{4930F2A3-6FE0-4410-99E4-C87DBC8DD823}

縮みやすい生地でなければ、
この方法で延ばすと四角くなりやすいですよ。

※縮みやすい生地(パイ生地やパンなど)は上下と左右似たような比率でのばしましょう



{8E888845-A836-435E-8AB3-1F2B3ED96B52}

1cm〜1.5cmくらいの厚みになるまでおおよそのばし
冷蔵庫で30分ほど休ませます。
(柔らかいまま延ばすと表面に気泡が右往左往することがあります)

生地が薄くなっているので、
均等に短時間で冷えます。




{49BE5D4B-8146-4A85-957E-AAA461A76CC2}

冷えて固さが出た生地を目的の厚み(5mm)に延ばします。

生地に固さが出た状態で圧力をかけることによって生地表面の気泡が潰れやすいです。
また表面がより綺麗になります。




生地を作った時に気泡が入りまくっている時はポコポコしてしまいますが

そうでなければ上記の方法で行うと表面はすごく綺麗になりますよ(*^^*)



2段階で延ばしたものとそうでないものを比べてみましょう!


こちらは、
柔らかいまま延ばした生地。

{D534AAFF-54D0-4A41-9B0D-447A0AE02CFC}

表面に気泡(薄い色の部分)が浮いているのがわかります。

麺棒を転がしても、その気泡が右往左往するだけで潰れる気配はありません。

そのまま焼くと、表面がポコポコになってしまいます。





こちらは、1cmくらいの生地を一旦冷やしてから延ばし直したもの。

{321CBFE0-9362-4927-8370-2CF2E87AD22F}

ムラはほとんどなく綺麗ですね!

こんなに違いが出ます(*^^*)


あ、もちろん元々の生地がちゃんと作れてないと
延ばしだけではここまでムラなくできません。





ぜひ2段階で延ばす方法やってみてください。





さて、その続きもご紹介♪



延ばした生地をもう一度冷やし、
その間に抜き型を用意します。

認定講座の生地などはまとめて作って型で抜いて、
冷凍して保存しておくのです。


{0D279A08-FEC0-418F-A2B8-69625361A9B2}

冷たいうち
必要な分型抜きして、
クッキングシートに並べ
一旦冷凍します

すぐ焼くものも一度よく冷やします。




{F1BB9101-50EE-45E3-8FD3-25D363A35446}

一度凍らせたものは重ねてもくっつきません。
奥のもののように、メントス状に連ねて
プレスンシールなどで密閉します。

(ラップでもいいですが、ラップは冷凍庫で剥がれやすいので、プレスンシールをおすすめします)





{1DAEDB16-07C9-4753-8EA5-B83822FEE56E}

よく冷えた生地を
凍ったままシルパンに並べます。


均等に焼きたいときは
こんな風に互い違いに並べます。

ちなみに。。。フランス語で  en quinconce  オンカンコンスと言います。

留学した時に初めて覚えた用語で、思い出深い〜♪

もう22年前〜♪




{0BC2DD0E-67B4-4944-BCE8-4DC82E02B211}

この時、冬や電気オーブンで
表面が乾燥するときは霧吹きをすると
表面がツヤツヤに仕上がります。





レッスンや認定講座で抜く型が決まっているときは
こんな風に全て抜いて冷凍しておくといいですよ(*^^*)

冷凍のまま1枚から焼けますから。


延ばした状態で冷凍しておくと、一見便利ですが
解凍しないと型抜きできないし、
余った生地を再冷凍するのは気が引けるし
不便な面もあります。


上記の方法なら
あまった2番生地もまとめて延ばして
予備や練習向けとして抜いておくと便利です。

あるいは、あまった分だけシート状に延ばして冷凍しておけます。





私はクッキー理論マスター講座では
11種類のクッキー生地が出てくるので
この方法で作りためています。


良かったらぜひやってみてください。
アイシングは準備がなかなかたいへんですから、
こういった工夫次第で楽になりますよ(*^^*)



{1F040B0D-37BB-4FB2-BB6F-61316E60088E}


わぁ!
壮観!!


クッキー理論マスターの出張の仕込みをしていた時の写真です。


こんな生地を安定的にストレスフリーに作れるようになりたい方は

クッキー理論マスター講座へ(*^^*)

4月以降ご希望の日を調整させていただきます。




友だち追加


【資格】JSA認定講師講座のお申し込みはこちら★ 

アイシングクッキーアイシングマスター練り切りアート®︎フラワーケーキマカロンアート™️ジンジャーブレッドアイシングがご受講いただけます

アトリエモチコ卒の認定講師さん一覧♪こんな方がいます


クッキー理論マスター講座・お菓子レッスンのお申し込みはこちら★ 


アイシング・練り切り・フラワーケーキ★ワンデイレッスンのお申し込みはこちら★ 


ティータイムスイーツクービック予約システムから予約する


お問合せ全般はこちら★


お申し込み前にお読みください★レッスンポリシー

アトリエMOCHIKOへのアクセスはこちら★

アトリエMOCHIKOのレッスンメニューはこちら★


アトリエMOCHIKOレッスンスケジュールはこちら★

【重要】クッキー理論テキスト販売について★クッキー講習会を受講した方は必ずお読み下さい
AD