• 16Dec
    • ミルフィ―ュの一番下

      日々何かしらのストレスを抱え、皆一生懸命頑張っている。ストレスフリーの人もあるでしょうけれど、時には疲れ、自分に迷妄している人もいらっしゃると思います。そんな時、占いや手相を見てもらったり、相談したり、他の人に自分探しを手伝って貰う方法もあるでしょう。でも、自分で自分がわかること。それが一番いい方法かもしれません。その方法の手段として『身のまわりの片づけをする』こういう事で自分という性分がわかり、スッキリする事もあります。いや、たぶんスッキリするでしょう。私はこれまでに段々とわかってきました。私は、『片付けする』事によって第三者の目で自分という者をみつめることが出来るようになってきました。まだまだ先がありますが。意識的お片づけをする作業をしていくと、自己分析ができるんです。自分が寄せた物によって、自分を教えてもらえます。自分から出たゴミさえも教えてもらえます。意識的お片づけはやればやるほど、自分を研ぎ澄ます事ができます。人間は、自分が意識して自覚できているのが10%だと言われています。となると、90%の無意識(深層心理)の中で生活し、交友関係しているわけで、深層の部分が大半だということになります。あらまぁ。迷惑かけているかも。ごめんなさい。ミルフィ―ユにたとえて言うなら、上の表面が日常で普段のわかっている自分。片付けをすることで、めくっていけるんです。上からめくってめくってめくっていくと、段々自分でもわからない、自分の性分が見えてくる。腑に落ちるんです。これか~だからだ~そうだったんだ~見えてくる。一番下は本当の自分。たちとか、しょうぶんとか。しょうぶんは改善しなくても、『知る』だけでも変化は大きい。自分のコアなもの見えてきておもしろいですよ。意識的なお片づけ、はじめませんか?

      6
      テーマ:
  • 15Dec
    • 2人の社員

      うちには、よく働くキレイな子がいる。名前はりんだちゃん。出来上がった作品を、いつもおすましして見事に表現してくれる。いい子だ。もう一人新入りさんが入ってきた。ボディートルソーのバディーさんだ。この人もいい仕事をしそうだ。体つきもいい。擬人化して名前をつけたのは物への敬愛を込めた、感謝の気持ちからです。

      テーマ:
    • 非常食を食べつくした?

      今、収納を習ってから、以来少しずつ、その収納法で、家じゅうをきれいにしょうとしている。物の見直し。とうとう非常食を食べつくした。ダメじゃない、そんなこと。と、言われそうですが。食品ストックを見直した。備蓄がうちにはた~くさんあったのだ。でも、見たら2012.5 2013.12 中には2009!そんなの食べられません、非常な時にもっと食べられません。○○○ホーム、蔵のある家。非常食も保管がたっぷりできると宣伝されていたりします。ステキだけど。回転率速くしないと食べつくせない!非常食をストックすればするほど、非常なことがない限り溜まっていく。古くなっていく。賞味期限が切れていたりするもの、無責任にも放置した備蓄を災害や非常事態の時に食することができるだろうか。と、自分に問うてみた。誰が食べるの?わたしでしょ。だれがこの、2009年のカレー食べるの?わたしでしょ。家が傾いて、電気が消えて、不安な時に2009年のカレー。ヤダ~冷たい、固い、、古いはやめておこう。と思った。非常事態に備えるもの、家族や自分に少しでもなぐさめになるように幸せを感じる非常食をストックするといいですよ。自分のお気に入りとか少し高価なものとか。それだったら、賞味期限ぎりぎりになっても食べる気がするでしょうね。食べたくなったら食べちゃえばいいんですから。『非常食』っていう言葉がワルイのでしょうか。マズそうね。暖かい、やわらかい、甘いものを考えて備蓄することにした。 お餅入りおしるこ。お湯をそそぐだけ。とりあえずレトルト粥だったら扱いやすいかな。湯が沸かせるカセットコンロは必要です。水も2週間分は必要。とりあえず、食べれるものは食べちゃいました。これからリセットして、新しくお気に入りの非常食を揃えます。想像をして、思考を変えてから、物を揃えると、随分、前の自分と変わります。その変化が楽しいです。

      1
      テーマ:
  • 12Dec
    • 布が立っています

      ハンドメイド作家さんは特に材料がたくさんあって収納に困っていらっしゃると思います。私もその一人です。布は特に場所を取り、しまいっぱなしで使い切ることはまずありません。なるべく使う意識で布の収納を考えてみました。うちは去年からこの方式です。 布が立っています。 寝かすことも出来ます。各カテゴリー別に分けてあります。左から厚地もの、デニムや別珍。真ん中、小花、ストライプ、柄物。右端、シュルシュルの薄いもの。というように、自分でわかるようにしておけば、使いたい時に目がいき、探し出せます。 各カテゴリー別の中でも、個別ホルダーで分けておきます。シュルシュル薄地のボックスの中でも、個別ファイルがそれぞれあるということです。 これは柄のボックスの中のリバティーのファイル。中はこんなふう。 同じ大きさの厚紙に布をかけています。だから奥に沈まないで表面に並ぶんです。わたしは、個別ファイルそのものを、切って中の厚紙に使ってます。 寝かすことも可能ですし、 立つことも可能です。色々な業種のクリエーターさんによってはすべての人に当てはまらないかもしれませんが少量で多種の生地でしたら使いやすいです。これは、幸せ収納の書類整理講座をヒントに考えました。布を書類にあてはめたのです。書類も束ねてデスクに山積みすると、書類は死にます。立てると生きます。書類は読み使われます。うちの布、それをやったとしたらどうなるのかな。結構使うようになりました。逆に目に入るので、見たら作ろうと思うようになるのです。ムダに生地を買わなくなりました。あるのを把握しているからです。全体を知ることは強みです。分けることも、わかることです、強みになります。無駄なお金を使わなくもなります。節約になります。まだまだ、布もほんの一部でしたが、ハンドメイド作家さんの共通の悩みがあると思います。アトリエ収納でのつぶやきですが、またお伝えします。(*^_^*)

      4
      テーマ:
    • アトリエの収納

      モノづくりをされている方は特に材料が増えて収納に困っていらっしゃると思います。私もアトリエにとうとう潜入して何とか整えないと、と思っています。幸せ収納でまず習うこと、出す。ぜーんぶ出す。分ける、すかさずわける。とにかく分ける。選ぶ、必要なものから選んでいく。手順があるわけですが、まだまだアトリエは落ち着いていません。また、随時ブログに綴ってみようかと思います。

      2
      テーマ:
  • 11Dec
    • 幸せ収納インストラクター研修 『傾聴講座』編

      先日の研修のお話、引き続き傾聴についてお話を聞きました。講師はシニア産業カウンセラーの寺田陽子先生。企業内のカウンセリングやアンガーマネジメントという怒りを上手にコントロールする導きをお伝えするお仕事をされている方です。『幸せ収納』主宰する杉田先生の航空会社勤務時代の先輩にあたるそう。すでにワークを受けたことがある人は、ハンカチがいるよ、泣けるよと言う。そんな泣けるお話をしてくれるんだと思っていた。傾聴。ひとの話に耳を傾けることの大切さ。だれも聞いてくれない悩み、心配事、不満はやがて怒りとなってひとからひとへ連鎖する。消えることなく膨らんで社会に廻ってまた、人から自分に。ひとの話、しっかり聞いてあげられる人が増えていけば必ず穏やかな環境、社会、世界になっていけるのかな。傾聴の出来る人間でありたい。。。先生により、講義が終わり、実際にペアになってワークが始まった。傾聴の聴き方を習ったうえでのペアになってトークする。いかに相手の言いたいこと、心の奥底の気持ちを聴く姿勢というのは難しいことか。わざとらしくウンウンではね。でいてもボーっとしてもね。でも、私は自分が話をする事より、人の話を聞く事のほうが好き。自分がトークし、傾聴してもらう番になった。何を話してよいのかわからないまま、気楽に話していた。一生懸命前向きな瞳で聴いてくれるペアの人が前にいた。知らないうちに自分でもわからぬまま想いで言葉が出てくる。自分に話したことを瞬時に自分できいて、あそうなんだと自分で思った。気持ちの奥底に隠していたものが出てきて、目が少しうるんでしまった。昔、身体が病名つかずの不定愁訴で辛い思いをしてきた。忘れていたけど。思い出した。子育て、家事を当然のようにしなければならない。だって病名がつかないからわかってもらえないから。思わず出てきた。びっくりした。他の方もはじめてワークを受ける人は涙した。本当の聴き方をすれば本当に奥底から出てくるんですね。傾聴出来てこそ涙する。なんだかわからないけど。目から湧く。これか。ハンカチ要るよは。後日、私のお友達にも傾聴に関心がある人たちで集まりワークをした。お友達、涙した。聴くことって大切ですね。傾聴はある意味、心の収納につながります。私は収納のインストラクターとしていろいろな事を勉強し、幅広い面からもお役に立てたら、と思いました。

      1
      テーマ:
  • 09Dec
    • モーニング

      名古屋のモーニングはすごいっていわれるけど、あまり意識したことがなかった。とくにトーストに小倉がついている事に論議があがる。そんなに小倉ってすごいことかな。ありえないことかな。笑なにげに過去のモーニングの写メを見たら小倉がついていた。ついていたことさえ印象になかったけど。無人島へいったら、名古屋人は赤味噌と小倉が恋しくなるのかしら。笑

      テーマ:
  • 08Dec
    • 幸せ収納インストラクター研修

      先日幸せ収納インストラクター研修に行ってまいりました。全国のインストラクターが年間報告をする場でもあり、特別研修でもある日です。皆さんがどのように活動しているのか、どのような事例があるのか、収納のお話が聞けると思い、とても楽しみでした。まだお目にかかったこともないインストラクターさんにも出会えて、よい交流の場を頂いたと思いました。とても勉強になりました。それぞれが一年間の活動報告をするなかで、生活するうえで収納というものは欠かせないものになっていくだろうと思いました。物が次々と出てくる中での社会の中で、物に囲まれた満足の生活に始まり、物を並べ収める生活、行き着くところは物を選んだ意識した生活。意識しない人と意識する人と半分半分でしょうけれど、『収納』というところに流行をのせて、また商品をつくる社会が続いていくのでしょうね。幸せ収納はちょっと違う収納なんだけど。。。物の提供でもなく、収納法を開発しているわけでもなく。幸せ収納の提案は、物が収まるというよりは、脳が収まるというような、意識が変わるというような、意識が変われば物の収め方、使い方も、買い方も変わるというような。その意識がどんどんと変わっていく、自分の変化を楽しめるという、そんな収納。   気持ちがハッピーになるんです。だから『幸せ』ってつくんですよ。ありがたいことに、私テクニカル部門で優秀賞をいただきました。予期していなかったのでびっくりしましたが光栄です。賞状を頂きました!大人になってからの賞は大変嬉しいですね。スワロフスキーのボールペンと共に。キラキラが杉田先生の収納に対する希望を物語っているようです。来年はもっと勉強して、ハッピーをお届けできるように日々研鑚して参ります。

      2
      テーマ:
  • 06Dec
    • インストラクター研修 着物編

      先日インストラクターの研修、お着物についての勉強をしてまいりました。前結び着付け講師、和装コーディネーターの柴田和佳子先生です。お片づけ、収納をしていくと取組みやすい箇所から攻めていき、やはり最終的に行き着くところは使わなお着物だったりします。反対に、着物もあることが分かってから着てみようと思うお客様もあります。プロに和装小物の保管の仕方を教わり、幸せ収納に生かす講義です。楽しかった。着物好きです。まだまだ余裕がないですが、普段にササッと着てお出かけできたら、なんて思うのです。帯締めをきれいに保管するアイデア商品。形状プラスチックが房をくるくるっとまとめます。考えますね~私も家の和装収納、見直してみようかと思います。

      1
      テーマ:
  • 15Nov
    • りんだちゃん

      また、りんだちゃんのお話です。ハンドメイドオンラインショップのミンネのサイト、メ―ルマガジンにAtelier Syusyuの商品が掲載されることになりました。ミンネスタッフに選んで頂いた商品がこちらこれからの季節にいいんです。。バンスクリップりんだちゃん、働いています。よろしければ、サイトに遊びにいらして下さい。

      1
      テーマ:
  • 09Nov
    • 気ままに新作づくり

      寒くなってきたので、暖かい飲み物と暖かいたい焼きがたべたくなった。ちょっと一服。                     食べたら脳に糖分補給されたみたいで、何か作ろうとアイデア。                    ツイードとビジューのコンビ。まだ途中ですがクリップのしようかな。モコモコ、キラキラがかわいいです。

      1
      テーマ:
  • 07Nov
    • りんだちゃん

      りんだちゃん。いつもカワイイりんだちゃん。わたしの作った作品をすてきにみせてくれる。アトリエでりんだちゃん。Atelier de rinda 

      1
      テーマ:
  • 06Nov
    • 捨てる前に再利用

      季節はずれの再利用に引き続き『捨てる前に再利用』それはなかなか捨てられずにとっておいたビン。捨てられない性分なんです。たまってしまって。でも、再利用。冷蔵庫の中の鮮度がちょっと落ちて使いきれない、ゆず、しょうが、にんにく、にんじん。しょうがとしょうゆで1本。にんにくとオイルで1本。ゆずとだし醤油で1本。にんじんを千切りにして塩だれのドレッシングとあえて1本。タコと菜の花のパスタ。にんにくオイルの瓶ですぐ味付けすると簡単にできる。にんじんもドレッシングの塩だれに瓶づめしておくと、生で食べられます。たれづくりや、味付けのたれはタッパーウエアーより、ジップロックより、やっぱりびんかな?『使う』ことにフォ―カスすると、なんか、ものを見る目が変わって楽しいですよ。

      テーマ:
  • 05Nov
    • 季節はずれの再利用

      足早に寒くなってまいりました。もうすぐ、クリスマスが、お正月が、なんてあっという間に近づいてくるのでしょうね。早めにお掃除、おかたづけを済ませたいものです。今年はどんな年でしたか?来年はどんな年にしたいですか?意識しながら、自分に語りつつ片付けをしなくてはなりません。収納の型がある程度落ち着いてくると、物の着地点が決まっているので、幸せ収納を実践された皆さんは、皆口を揃えて、大掃除しなくてよくなったと言われます。ところが、私はまだ格闘中です。季節はずれに捨ててしまうもの。保冷剤。夏は何かと冷凍庫に貯めてつかっていました。でも、寒くなったら要りませんね。保冷剤を常温にして、中を取り出し、アロマエッセンスやお気に入りの香りを2~3滴入れて芳香剤に変身することができます。そこにちょっとアートフラワーをチョンと飾ってみてはいかがでしょうか。保冷剤も最後の最後までお役目してもらえますよ。幸せ収納インストラクターの八田先生のブログにも載っています。幸せ収納は使う技術を育てます。物を大切に、捨てる前に使う努力。買わずに。使い切って、お家の中をきれいにしましょう。素晴らしい来年を迎えるために。

      テーマ:
  • 30Oct
    • 好きなもの

      好きなもの。今まで何でもとりあえずと言っては、好きなものではない物も身のまわりにおいていた。しかし、収納を勉強し、追求することによってシンプルで、物を大切にするようになりました。まだあるけど買っておこうとか、色違いで買っておこうとか、買ったことも忘れていたりとか。要らないもの探しの収納。捨てる掃除。それをやめて、フォーカスするところを変えて、要る物、使っているもの、好きなもの。それをみつけよう。段々分けて分類していくと、物の分類とともに自分の性格がみえてくるからおもしろい。シンプルで好きなものに囲まれた生活。あこがれます。 掃除して、いろいろと忘れ去られたものが出てきた。モンブランの万年筆。ちょっと藍色なインクがレトロで趣きがあっていいのよね。落ち着いて、これで手紙が書けたらいいな。最近はメールだもの。ペンなんかいらない。いつくしむ生活。目指します。 お気に入りの香り。3次元空間のお気に入りもありました。

      2
      テーマ:
  • 29Oct
    • カメリアツイードのバレッタ

      先日の、ツイード。さっそくバレッタに仕立ててみました。さすが、あのブランド。ツイードのおうとつ感が上品です。お仲間も作っちゃいました。CreemaというサイトにAtelier Syusyuというショップ名で出店しています。おリボンがお好きな方、よかったら遊びに来てください。

      2
      テーマ:
  • 26Oct
    • でも本当はシャネル

      先日、生地を仕入れてきました。ほしかったツイードをみつけた。   冬らしい。いいかんじ。よく見たらシャネルのロゴが織り込んであった。これでバレッタを作ったらかわいい。でもほんとにシャネル?お店のひとに聞いたら本当のシャネルスーツに使うツイ-ドだそう。シャネルが工場に発注して版権登録がしてあるものなので、これを使って『シャネル』の商品と言って販売してはいけないのです。言わなかったらだいじょうぶなんです。だから、言いません。ただのツィードのバレッタです。どんなバレッタにしようかな。試作しながら、まだ形を考えています。カメリアつけたらシャネル調なのよね。絶対言いませんっ。ただのツイードのバレッタと言いますから。でも本当はシャネル。

      1
      テーマ:
  • 25Oct
    • 捨てる前に使ってみては?

      モノがありふれる現在、飽きて次を買う行為がまた、モノをふやす。よくやります。買っても使わないモノ。そのまま奥にしまってあるモノ。 たとえば、この茶葉を入れるガラス瓶。縦長の30㎝あるので茶葉を入れると湿気てしまうので使われていませんでした。なんともまぁ~なさけない感じにも見えますが。 赤かぶをスライスし、甘酢を入れて漬ける瓶にしました。  まっ赤っ! キッチンの見えるところに置いて漬かり具合いを眺めながら楽しんでいます。紅色のきれいな即席の甘酢漬けが楽しめます。瓶も嬉しそうだな~。この話のながれ、某ジム、コマーシャルの○ザップのよう。瓶も変わる!私が学んだ『幸せ収納』は捨てる技術を身につけるのではなく、使う技術を養います。捨てる前に工夫して、使ってみてはいかがですか?モノがいきいきしますよ。モノを見る目、使う工夫(技術)を養う。捨てる前に、視点を変えてモノを大切にすることは、これからの生活に必要ですね。

      テーマ:
  • 24Oct
    • 壁紙は自分で貼る

      壁紙大好き。自分で貼れるようになりたくて、壁紙教室に行きました。特殊なのりがついていて、今ある壁紙の上から直接貼れるから、プロでなくても簡単にできるのです。このタイプの壁紙は、先生にコツを教えてもらい、作業手順をしっかり覚えれば自分で貼れちゃいます。                                                                                                      整理整頓して収納、部屋のレイアウトを変えて、壁紙も新しく。モノと向き合い、やっとすべてが整ったら、最終のごほうびですね。そこまで到達できたらいいな~なんて。今は壁一面に壁紙を貼るのではなく一面だけフォーカルポイントに貼るのがおしゃれ。いかがですか?自分で貼ってみませんか。

      テーマ:
  • 23Oct
    • メディカルハーブ

      最近冬が近づいてきたせいか、咳をしている人をよく見かける。またインフルエンザの季節。いつもの片付けをしてちょっと一服。本日のブレンド、カモミールとマローブルーのブレンドでハーブティーを飲みます。メディカルハーブってご存知ですか?ハーブがもたらす身体への機能を考えながらセルフケアをするために飲むハーブの事です。私はよくブレンドして味わいや香り、そして効能を楽しんでいます。 これが今日のブレンド。カモミールとマローブルー。ブルーの色がとってもキレイです ポットに入れる前はこんな感じ。 どちらもお花の部分です。マローブルー別名ウスベニアオイは食用とされ古代は葉を湿布薬として消炎に用いたそうです。スペインのことわざには『家庭菜園とウスベニアオイ、それだけあれば家庭用の薬には十分である』とあるそうです。        むっちゃすごいやん。また、カモミールは『植物のお医者さん』と呼ばれ、風邪やインフルエンザ、それに伴う寒気や頭痛に効くようです。『ピーターラビットのお茶』ともよばれています。 ピーターラビットが風邪をひいたらしく、ぐったりしているピーターを見ておかあさんが、ピン!ときて、飲ませたものなんですって。まぁ!さすが。 ピーターラビットのお母さんはすでにメディカルハーブをやっていたわけですね。興味がある方は絵本をご覧になって下さいませ、記されています。かわいいですよ。色 香り 効能 五感に働きかけるハーブティーの事も私ながらの楽しみ方を、またお伝えします

      3
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。