察知力の幸による毎日を気持ちよく過ごす方法

自分のアンテナにビビッと来た事を取り上げています。
本来の素晴らしい【あなた】を思い出すための、気付きのきっかけにして頂ければ嬉しいです♪


テーマ:

先月、4歳になった娘。


誰に似たのか( *´艸`)、自分の気持ちを、とてもはっきりと口にします。


良くない事、危ない事をしているのを見ると、黙って居られないようで…。


相手が、年上、更には、男の子であっても、先生よりも先に、その子に対して注意したりする事もあるようです。


昨日も、危ない事をしていたお友達に、『そんなことをしたら、危ないよ。』と言ったら、その子が泣いちゃったと、困惑した感じで話してくれていました。


『危ないよって言っただけなのに…』って。



また、別の日はこんな事もありました。


色んなお友達と仲良くしたい娘。


いつも同じ子とだけ一緒に居るのは嫌だったようで、『今日は他のお友達と座りたいから、○○ちゃんも、他のお友達と座って。』と伝えて、その子に泣かれたようで…。


その時も、帰宅後、困った様子で、話をしてくれていました。


『いつも一緒だから、他のお友達とも座りたいのに…』と。



何度も、お伝えしますが、娘は先月、4歳になったばかりです。


我が子ながら、こんなにも自分の思っていることを、はっきり言葉にして、相手に伝える事が出来ているという事に、本当に関心しています。



とは言え、もちろん、まだ4歳。


昨日は、病み上がりで、数日振りに登園してきたお友達が、靴箱の辺りで泣いているのが気になって、気になって、自分の上履きも履かずに、ずっと様子を見ていました。


『先に、自分の事しなさいよ~。』という私の言葉も届かず( *´艸`)


そしたら、案の定、様子を見かねた先生がお友達のところに来て、一緒に、サッと階段を上がって行ってしまいました。


ずっと待っていた娘は、自分の上履きがまだ履けていなかったので、結局、取り残され…。


ちょっぴり、可哀想でした。


でも、それも勉強。


きっと、これからも、この子はこういう場面に何度か遭遇するだろうなと、母として見守りつつ、帰宅後、夕食時に、その時の話を少ししました。


お友達の心配を出来る事を誉め、でも、先に自分がすべきことを伝え。


その様子を見ていた、数人のお母さん達の言葉や、その様子も伝え。


本人も、少し寂しい思いはしたものの、何かに気付いてくれたようでした。



常に、先生と同じ目線で、みんなの様子を見ていたり、危ないと、止めに行ったり、素晴らしい部分ではあるのですが、いつもいつもそうだと、自分自身が疲れてしまいます。


私は母親として、娘のそんな部分を緩める方法を伝えてあげれたらいいなと思っています。



でも、我が子ながら、本当に素晴らしい娘です♪





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。