察知力の幸による毎日を気持ちよく過ごす方法

自分のアンテナにビビッと来た事を取り上げています。
本来の素晴らしい【あなた】を思い出すための、気付きのきっかけにして頂ければ嬉しいです♪


テーマ:

『あぁ、有り難いな。』


『幸せだな。』


心底、そう思えると、自然と涙が溢れてきますね。


そして、どの段階で、そう感じることが出来るかも、今の自分の状況を図るバロメーターになると思います。



来週、娘が4歳のお誕生日を迎えます。


お誕生日、クリスマス、お正月。


私の両親は離婚していますが、これらのイベント時には、離れて暮らす父や、父方の祖母が必ず連絡をくれ、お祝いを送ってくれます。


娘が生まれてからは、もちろん、娘の誕生日にも。


まもなく、誕生日と言う事もあり、今回も、お祝いに加え、お菓子や、煮炊きしたお料理をクール便で送ってくれました。


新潟から。


祖母は、もう90歳です。


自宅の向かいに住んでいた母方の祖母は、私たち夫婦が結婚して、半年後ぐらいに亡くなったので、今、健在の祖父母は、新潟の祖母だけになりました。


小さい頃は、夏になると新潟に帰省したりもしていましたが、両親が別居した頃からは行っていません。


最後に会った日からは、もう20年以上になるかもしれません。



一人暮らしの子供たちに、食材を送るご両親や、おじいちゃん、おばあちゃんって、きっと、沢山居られると思います。


でも、送ってもらう事に慣れてしまうと、人って感謝の気持ちが薄れて行ってしまうと言うか…。


『これ、好きじゃないんだよね。』とか、『また、これだ。』とか、『もう送らなくていいのに。』とか。


特に若い頃、学生さんとかだと感じてしまう感情じゃないかなと思います。


自分に対して、色々、してくれる事を煩わしく感じてしまったり。



でもね、年齢を重ねて、自分も誰かの為に、何かをする機会が増えて来ると、もう、何というか、感謝の気持ちが溢れて来る訳です。


送ってくれた物に対してのありがとうも、もちろんですが、明らかに家で詰めた段ボールに何重にも張られたガムテープだとか、隙間を埋めるように入れてくれているお菓子だとか、送ってくれる為に作ってくれたお料理だとか…。


どんだけ、愛情が詰まってるんですか、この荷物の中に。


一緒に入っていた、浅漬けを食べながら、胸がイッパイになりました。


でもね、前から、送ってくれてたんです、色々。


なのに、何故か、今回は、とてつもなく嬉しかったんです。


心底、有り難いと思えたんです。



きっと、前よりも、私自身が、誰かの為に何かを出来るようになったからなのかもしれません。


そんな事を感じて、余計に涙するのでありました( *´艸`)





AD
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。