京阪神で働く女流ピアノ調律師の音ログ♬

アトリエピアノピアの代表である小川瞳の音日記です。


テーマ:

11月もご家庭のピアノやコンサート調律などたくさんのお仕事ありがとうございました。

11月の思い出調律日は、

福井県と滋賀県の山奥へ調律に行った日の事でしょうか?

 

まだ真っ暗な明朝、タンブラーにコーヒーをたっぷり注いで、いざ出発!!

福井に到着した頃には、すっかり爽やかな朝でした。

インターを降りると信号機が目につく。

『信号機が縦だ〜。雪が降るからか〜。』

好きな音楽を聴きながら運転していると、あっという間だったけど、

遠くに来たんだなと信号を見て実感。

 

1台目のピアノのお客様宅へ。

一年ぶりに対面するホワイトグランドピアノ。

 

このピアノは、まだ小さいお子様が、ピアノレッスンに通われるタイミングに、

ピアノピアで思い切ってグランドピアノを買ってくださったホワイトグランド。

 

工房も自分達も真っ白になりながら白に全塗装し、弦交換したり全修復したピアノ。

また職人hinazo-が自作で機械を作り、オリジナル譜面台を取付けたピアノで、

ピアノピアにとっても思い入れも深い。

ピアノと対話していくと、やはり阪神間でいつも見るピアノと様子が違う。

ピアノが寒い季節を乗り越えたんだな〜と感じました。

やはり、簡単にはこれない距離なので、調律とまた寒い冬をすごせるように調整をしました。

最近は、コンクールに出場され県予選と本選で賞を取られ次はなんと!!地区大会。

(コンクール前日に衣装を合わせて練習された時のお写真)

『おもいきってグランドピアノを購入してよかった!!』そう話してくださった。

そうですよね。

買わないと物語がはじまらないですものね。

 

ご主人さんの美味しい手料理を頂き、

さあ2台目

滋賀県の山奥の限界集落にあるお客様宅へ出発!!!

 

進めど進めど山山山山山!!!!

すすきや紅葉の日本の美しい景色を眺め、

早朝からの運転で眠くなってきた…のもつかの間…

対向車よ…絶対こないでねー…っと願いながらの、手に汗握る運転がしばらく続き、

なんとか無事到着!!!

 

到着までは大変だけれども、ここは天国…。

美しい景色、水、美味しい空気、特別な場所に感じます。

 

そんな特別な場所で、建築家アントニンレイモンドがデザインしたグランドピアノを

pianopiaで購入してくださり、楽しんでらっしゃるFさん一家。

こちらのレイモンドモデルのグランドピアノも、愛情こめて修復したピアノだし、

納品時、ピアノ運送の大きなトラックが、けもの道の森をなんとか抜けて、

たどり着けた時には、すっかり日が落ちて

虫の大合唱の真っ暗の中、クレーン車でグランドピアノが設置された時は、

とても感動的で今でもはっきり覚えています。

 

うちは田舎だから、ピアノに、カメムシなんかが、入ってないかが心配。。。

そう脅されつつ!?(笑) 早速ピアノを分解。

あれ??見た事もないものが、ピアノアクションに、くっついてる…

『これ何…ですか?』っときくと

お客様『え??きのこ、はえてる??』

っとザワザワ…

正体は!!!…子供のおもちゃがくっついていただけ…でした(笑)

 

でも、発想が、カメムシやきのこなんて、

この地域ならではの感性で、そう自然にお話されるのが、とても新鮮でした。

 

ピアノと対話していくと、

やはりこちらのピアノも、寒い冬を乗り越えたんだな〜と感じた。

いつものように、ピアノの前に立つと遠くに来た事を忘れますが、

ピアノの様子が阪神間と違うので

やはり、いつもと違う地域のピアノを見ているんだなーと感じる。

ですが、一つ一つ、丁寧に調整して調律すると、

再びピアノが気持ち良く歌いだし、

『僕はここで幸せに歌い続けます〜♪』

そういっているようでした。

 

「離れ」を、借りれるキャビンにされており、英語が堪能なFさん一家のもとには、

海外のお客様などが自然を楽しみにこられ借りられるのですが、

そこに宿泊させて頂き

ゆっくりお話させていただきました。

 

着物で直栽培の美味しいお野菜でお料理を作る奥様

バンドの作曲を楽しむご主人

ピアノを楽しむお子様

まきストーブの前で安心しきって眠るワンちゃん。

丁寧な暮らしをされていて、皆さん素敵でキラキラしてる。

 

みんな楽しんでるなー。

ここにお邪魔すると、人生楽しまなきゃ。そう感じる。

↓↓Fさんの素敵な暮らしが気になる方はこちら動画を↓↓

http://takashimashi.com/?p=519

 

お話の中で

『最初このグランドピアノをpianopiaさんに紹介して頂いたとき、

グランドピアノは大きいし、私の為にグランドピアノだなんて、

とても贅沢品で無理だと思った。

でも、ここにグランドピアノがあることで、やっぱり毎日弾くし、

お友達やご近所の方が弾きにきてくれたり、人生がかわったわ。ありがとう。』

そう話してくださいました。

 

2台のグランドピアノは、それぞれ違う道を歩んでいますが、

どちらのピアノも、素敵な家族の中で、素敵なピアノ物語がはじまっていて、

とてもうれしくおもいました。

 

私にできる事は、やはり、ピアノを丁寧に修理したり、また販売し

気にいって大切に使ってくださる方へバトンを渡すこと。

 

あなたとピアノの素敵な物語を作りませんか?

pianopiaにそのお手伝いをさせてください。

大切なピアノの修理や調律もお気軽にご相談くださいませ。

 

hitomi♪
ピアノ調律・修理、購入のご予約、お問い合わせは
http://www.atelier-pianopia.com/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

pianopiaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。