こんにちは、頭ズキンです。

前回の『たかが頭痛と思わずに、病院へ受診することの大切さ

では、読者さんからのコメントやこちらからのコメントに

返事をいただきまして、多くのご意見やお悩みを拝見しました。

本当にありがとうございます。

 

さて、今日は『受診する時の大切なコツ』ですメモ

いざ、受診をして「問診票を書いてください」と言われたり

医師に「今日はどうしましたか?」と聞かれて、とっさに

「片頭痛です」と書いたり、言ったりしてしまったら

何にもなりませんえーん

病院受診の目的は、自分の頭痛を正しく知るためだからです

そこで頭痛外来を受診する前には、準備してほしい物があります。

 

 

それは、、、

頭痛が起こった時にどんな状態だったかを書いたノートやメモ帳。

 

なぜかというと『頭痛の診断は、問診である程度決まる

といってもいい位だからです。本当に問診は大切なんですよ目

 

では、書き留めておく内容は、、、(下段は記載例)

 
頭痛はいつ起きたか
  ・朝方  ・外出時  ・強い冷房時  ・強いニオイや音で
  ・〇日からずっと痛い  ・雨が降る前  
 
頭のどこが痛むのか
  ・頭の片側もしくは両側  ・頭全体  ・後頭部や首すじ
  ・片方の目の奥
 
どんなふうに痛むのか
  ・ズキンズキンと脈打つ  ・目がえぐられるよう
  ・痛くてじっとしていられない  ・締め付けられるような
  ・重い感じ  ・動くと痛む
 
頭痛の頻度はどれくらいか
  ・ほとんど毎日  ・週2~3回  ・月2~3回  ・数カ月に1回
  ・ある時期になると起こる(梅雨・台風・試験の後など)
 
頭痛の持続時間はどのくらいか
  ・1~2時間  ・数時間から長くて3日位  ・毎日ずっと
 
どのくらい強い痛みか
  ・寝込んでしまう  ・動けない  ・寝ていたい
  ・何とか仕事はできる  ・何もできない
 
頭痛の他に症状があるか
  ・吐き気や吐いてしまう  ・鼻水、鼻づまり
  ・目が充血したり涙がでる  ・めまい
  ・音や光やニオイに敏感になる  ・目が痛い、疲れる
  ・首や肩こり  ・まぶたが下がる  ・ふわふわする
 
頭痛の前に前ぶれがあるか
  ・ギザギザした光が見える  ・視界の一部がみえにくい
  ・気持ち悪くなる  ・肩が痛くなる
 
頭痛が起きて薬を飲んだ時は、何の薬でどんな効果があったか
  ・〇〇の薬を飲んで、●時間後に治った
  ・△△の薬を飲んでも効かなかった
 
他の診療科にかかっている(必ず医師や薬剤師に伝えましょう)
  ・その病名  ・処方薬(お薬手帳は必須)
 
などを、忘れないうちにすぐメモをとる習慣をつけましょう鉛筆
病院を受診する前の、これらのメモが大いに役立ちますOK
 
頭ズキンちゃんは、
一人でも多くの人が病院を受診して
自分の頭痛を知り、治療を受けたり正しい薬を飲んで、
頭痛から解放されたり軽減することを願っていますクローバー
 

今日のブログを頭痛の方に読んでいただきたいと思う方は

下のボタンをぜひ押してくださいね。現在2位です。

      応援よろしくお願いします!!

              下差し

           
          にほんブログ村

AD