2012-05-24 08:56:53

■東京スカイツリー

テーマ:ブログ

東京スカイツリーが、2012年5月22日にグラウンドオープンしました。連日多くの人で賑わい、

テレビなどでも大々的に特集が組まれています。このスカイツリー、2008年7月14日に着工され、

3年半の期間をかけて2012年2月29日に竣工ました。建設費は約400億円。総事業費は約650億円

だそうです。


全高(尖塔高)634m、軒高(塔本体の屋上の高さ)495mは、自立式鉄塔としては高さ世界第1位で

あります。東京タワーの建造時に比べて鋼材の品質や溶接技術、各種構造計算(シミュレーション)

などの設計技術、基礎部の特殊な工法が大きく進歩したことにより、東京タワーの建築面積を大きく

下回る面積でありながら東京タワーのおおよそ倍の高さの自立式鉄塔の建設が可能となっています。


また、全体の主要接合部が溶接によって建設されているそうです。鋼管同士を直接溶接接合する

分岐継手を採用し、軽量化と耐震性を増しているそうで、主要鋼材はH鋼ではなく鋼管が使用され

ました。構造が鉄骨造としては稀に見る複雑さであり各部材に要求される寸法等の精度も一般建

築物とは桁違いで細密である為、鉄骨部材を作成する工場のうち国内のレベルの高い工場の多くは

一時的にスカイツリーの部材製作で繁忙を極める状態となったそうです。


上記のように、東京スカイツリーは、現在の人間の英知を結集して作られた建造物であり、様々な

人が、様々な形で関わっています。私も3年ほど前に、建材メーカーに、CADオペレーターとして出向

していた事がありました。その時に、東京スカイツリーに使う床板用グレーチングの受注が決まった

という事で、グレーチングの割付図作成をお手伝いした事がありました。


人によって、仕事へのモチベーションは色々とあると思いますが、その1つとして、後々まで歴史に

残る建造物、地図に残る建造物の仕事に関わりたいという思いが挙げられると思います。

一人ひとりの力は小さくても自分たちの得意分野を持ち寄って知恵を出し合い協力することで作り

上げていく仕事の素晴らしさ。個人の名前は歴史に残らなくても築き上げた建造物の名は永遠に

地図に残る。CADに携わる仕事に関わると、こんなチャンスがめぐってくるかもしれませんよ。


グレーチングとは・・・・鋼材を格子状に溶接したもので、ビルや船舶、プラント類の床板、道路や橋梁

              の歩廊用床板、道路側溝のフタなどに使う土木建築材。



   アットキャド最新情報    アットキャド最新情報


アットキャド ホームページ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。