2010-07-24 09:00:00

■3次元CADについて☆☆

テーマ:ブログ

今年に入って、訪問先の建設会社・設計事務所の方とのお話の中で、
3次元CADの導入を検討、もしくは導入されたと言うお話を聞く回数が
多くなってきた様に感じます。

実際に、一部の大手建設会社や設計事務所では、既に数年前から導入されており
実物件で三次元CADを使用している案件もあるそうです。

建設業界にCADが普及したのは、今から20年前、それまで手描きだった図面は
パソコンで作成する様になり、修正・変更の手間は大幅に軽減されました。

只、CADで図面を描くという作業は、手書きとCADのどちらでも同じで、
大きな変化は無く、鉛筆がマウスに変わっただけだ。と言う人もいました。

しかし、ここ何年かの間に建築業界でも、3次元CADが、本格的に稼働するまでに
なりました。
三次元CADになる事によって、これまでの2次元CADでは不可能だった、線の一つ一つが
情報を持つようになり、「厳密に言えば面として認識するのですが」 面積の
情報や、容積の情報なども得ることが出来る様になり、積算業務の効率化・正確性が
期待されているそうです。
その他では、設備配管の干渉 柱や梁などの鉄筋の干渉など、2次元上ではなかなか
判断できなかった部分が瞬時にして判断できる様になり、施工精度のUPも期待
されています。


三次元CADが普及する事により、建築・土木設計の業界に本当の意味でのIT化が
訪れる様な気がします。

今年は、三次元CADに注目です。



   アットキャド最新情報    アットキャド最新情報



アットキャド ホームページ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。