真宗興正派本山興正寺(こうしょうじ)(京都市下京区)所蔵の水墨画「雲竜図」が、江戸時代前期の代表的絵師で江戸狩野派を開いた狩野探幽(かのうたんゆう)(1602~74年)の作品と確認された。同寺が19日発表した。作品の落款の印影と後水尾法皇から探幽に贈られた印(三井記念美術館蔵)が一致した。鑑定した樋口一貴・同美術館学芸員は「晩年の成熟した大胆さがうかがえ貴重だ」としている。

 作品は縦115センチ、横202センチ。嵐の海の上で雲をまとう竜が画面いっぱいに描かれ、左下に「法印探幽」の署名と「筆峯大居士」の落款がある。「行年七十歳」と記され、1671(寛文11)年に描かれたとみられる。

 興正寺には、黄金2枚を受け取った探幽からの礼状が残り、雲竜図が制作当時から同寺に納められていたことを裏付けている。

 真宗教団連合が来春開く「親鸞展」で一般公開予定。【藤田文亮】

<伊吹山ドライブウェイ>除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議-政府(時事通信)
<JAL>一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
<北教組事件>政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」(毎日新聞)
AD