あすらだの日常

ゲームやら音ゲーやら日常のこと


テーマ:
自分的MUSIC FOCUS
今回は 山岡 晃さんです。

電波系のイメージもある方も多いかと思いますが
自分はこの方のおかげで「イビザ」というジャンルを知り

RISLIMやイビザ3部作 Love Me Doですっかりファンになりました。

歌の riewo さんの声 ツボすぎます。

氏は4thからの参加で 隠し曲 250BPMをひっさげての衝撃の登場
初期収録の「Love Will」も大人気

実は IIDXキャラ エリカ の初登場曲だったりします。(ぉ

氏はその後 IIDXには提供のみで
別ゲームの(サイレントヒルシリーズ)の監督 音楽担当となったのをご存知の方は
いらっしゃるでしょうか?

今回はあえてオリジナル音源を使いました。

じっくり歌声に酔いしれてください。



さて 次回は・・・・
自分の中での2STEPの神 平田 祥一郎さんを紹介します。


おまけ




お疲れ様 俺(笑
今バージョンほど 「イチオシをやっててよかった」と思ったことはないです。
(最初のイベントの条件だった)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



今回は敢えて音を流さず ↑の画面をクリックしてください。

音ゲー業界 ことさらIIDXに新しい波を起こしたのは
この方のIIDXデビュー曲 3rd Styleの「Presto」です。

というわけで今回は大御所
8ヶ国語を話し 世界を飛び回り CM音楽やその他いろいろな音楽に携わっている
久保田 修さんです。

選曲の理由はこの曲にはある「特別な意味」と「作家の意地」がこもった
究極の作品だからです。

キーボードマニアから曲を持ってきたのは初めてかもしれません。
当時 自分は「これこそ俺用のゲームだ」とかなりやってました。

野良でセッションを頼まれるほどの腕でした。
ピアノ経験者にとって「冥利に尽きる」ってやつです。

この究極の旋律を是非ご堪能ください。

氏のピアノ曲に興味の出た方は 以下に氏のピアノ曲のリストを置きますので
YouTubeなどで そのまま調べれば出てくるはずです。

IIDX3rd Presto
IIDX4th Vienna
IIDX5th Estella
IIDX6th Five Regrets
IIDX7th foreplay
IIDX8th Red Nikita
IIDX9th Golden Horn
IIDX10th scherzo
IIDX15 avant-guerre


>「特別な意味」
この曲 Carezzahaどの機種にも移植されず「幻の楽曲」とまで言われています。
その理由は作者の久保田氏が「移植禁止」と命令したからです。
実はこの以前のキーボードマニア2ndで事件は起こりました。
すでに上記のIIDXの Presto が世に出ていて
キマニ開発チームは「キーボード演奏にぴったり」と移植に踏み切ります。
著作権は氏にあっても版権は会社にありますから移植も問題ありません。
しかし、ここで事件が・・・・。

本来 完全なピアノの音色(この場合おんしょくと読んでください)だけで書かれた曲が
「キーボード(シンセ))に合うように」と 「音」自体を変えられてしまい
シンセサイザーで弾くような音源になりました。

これに久保田氏が激怒!!!!
いきなり会社(コナミ)と契約を切るか という事態にまで
発展したほどの怒りだったそうです。

作曲家にとって 依頼されたわけでもなく勝手に音を変える リミックスをする
というのは人によっては非常に不愉快でしょう。
事前連絡でもあればよかったのですが
会社は何もつげずにゲームを発表・・・。

ここで仲をなんとか取り持ったのがIIDXチームでした。
久保田氏も思いとどまり 自分の作品を聞いてもらえる機会を多くしたいと
なんとか合意 現在に至ってます。

ここで復帰の条件として「3rdに新曲を書いてやるけども絶対に移植するな」という
きついお達しだったそうです。
会社は飲まざるを得なかったそうです(笑



>「作家の意地」
キーボードマニアは一人プレイの場合 24鍵 2オクターブ分を演奏します。

なんとこの曲 Carezza はよく聞くと

「完全にその2オクターブにおさまっている」のです。
ここに氏の意地と作曲家としての腕 誇り 矜持などが感じられます。

やろうとしてなかなかできるものではないと思います。 すごいの一言です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はIIDXでのユーロと言えばこの方

NAOKI 氏です。

といっても俺はあえて変化球を

NAOKI Underground名義で発表された

Tangerine Streamリミックスです。(爆

氏は実は「クラシック畑」(ピアノ演奏者) 「バラード好き」というのが
遺憾なく発揮された名曲です。

どことなく敬愛する作曲家 Keyの折戸さんを想像してしまったのが第一印象です。

NAOKI氏は矩形派倶楽部からという古株のスタッフさんで
最初はおもにDDRがメインでしたが
IIDXにもLOVEユーロ3部作や上記のUnderground名義のトランス
Reven-G名義の民族音楽など非常に幅が広いです。

自分はbagやBallad For Youが氏の原点なんだと思っています。

そんな中 dj TAKA氏の1stアルバムでリミックスされたこの曲を聴いたとき
鳥肌が立ったのを覚えています。
1曲リピートで耳コピしたのを覚えています。
コピーできても今ではもう弾けませんが(汗

この人は俺と同じ環境で音楽を始めた臭いがする といえば大げさですが
親近感はおそらくIIDXコンポーザーで一番だと思います。

俺も「クラシック畑」「マイナーコード好き」「ピアノ経験者」なんて肩書きだけはありますので(笑

IIDXで原曲クラシックの曲の元ネタを即座に言い当てると周りがドン引きするのにも慣れました(笑


さて 次回は ピアノ つながりで 久保田 修氏を取り上げます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は IIDXのハウスならこの方

good-coolさんです。

選曲は2択だったんですがこちらを使用しました。

IIDX7thより Somebody Like You


奇しくも7thから連続となりましたが
この7thStyleは当時非常に収録曲が完成されていました。


高難度で度肝を抜いた A
難度 ムービーも話題になった stoic
ついに来た星座シリーズ続編 spica
キャラ人気に火をつけた Happy Wedding(ちなみにセリカコースがありました)
独特の魅力を持った Love Me Do

初のワンモアステージ実装 


そして 5.1.1.アナザー実装← (笑



また版権もかなり充実していて
ユーロ系は 大人気アニメ頭文字Dでもかかった
HEARTBEAT LOVE GENERATIONなど

トランスは Never Look Back The Beauty Of Silence
そして伝説のトラック The Sound Of Goodbye・・・・


当時のクラブシーンはトランス ユーロ レイヴ全盛期で
そこにハウスや2STEPなどがいいエッセンスになってた時代です。


good-coolさんのイメージは最近の方は
IIDX14GOLDの最終ボス Sense2007や
IIDX15DJTROOPERSのBe OKなど
クラブよりでユーロビートやパラパラなどのイメージが強いと思いますが

初期の氏の曲は「ハウス」や「レイブ」が中心で
Hitch HikerやSpin The Disc Never Let You Down VJ Army
Your BodyやDrop On The Floorなど枚挙に暇がありません。

そこでなぜ この曲を選んだかと言うと

とにかく譜面がSPもDPも最高 ということに尽きます。(ぉ

↓に動画載せましたのでご覧ください。







曲も効き応えのあるハウストラックですので是非お聞きください。

最近 こういう硬派な曲 少なくなったなー。


I'm Looking ・・・Somebody like you

I'm Waiting ・・・Somebody like you



余談ですが氏が当時「俺はユーロビートをじっくり聞いたことも曲を書いたことも無かったけど
食わず嫌いでした。」と発表した隠し曲「Last Massage」
初ユーロ? というぐらいの完成度に自分は度肝を抜かれたと同時に
氏の作曲の幅の広さに驚きました。



次回は ユーロと言えば?

ということでNAOKIさんを特集します。

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はIIDX 黎明期を盛り上げたこの方

TaQ さんの楽曲です。

選曲したのは Gravity

敢えて有名なところを行かないのがこの企画のポイントです(笑

この曲は当時 音量が大きめに収録されていて
誰かがプレイするとせまいゲーセンならわかるぐらいでした。(汗

この曲にはアナザー譜面がありませんが
TaQ氏の曲にはそういうものが多く

その理由は「真の正体はDP譜面」だからです。

シングルの倍のノーツなんてあたりまえ(汗
出る音をすべてアサインされているなんてざらですwwww

自分は テクノ ドラムンベースは非常に苦手と言うか食わず嫌いで
音を覚えるまでまったくスコアが出ませんでした。

でも氏の曲にはなんとも言えない「中毒性」があり
スコア度外視でやりたくなる譜面や曲が多いです。

最近のプレイヤーさんはもう知らないらしいというのがIIDXの歴史を感じます。

まずはeraから 弾いてみましょう(笑

あの重低音と初めて聞いた時の「鳥肌」は今も忘れません。


さて 次回は同じくIIDX黎明期から活躍されている good-coolさんの曲にします。

当然 最近のユーロ等ではなく変化球でいきます。(汗


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分的FOCUS
ついにdj TAKA氏シリーズを終了し
さまざまな方をご紹介できるようになります。(汗

今回は iconoclasm でTAKA氏と絡みがある wac 氏の曲から

Make A Difference です。

氏は曲ごとにほぼ名義が変わるため1発勝負でこれにしました。

>裏話
実は現在BEMANIにはかかせないwac氏
POP'N6でディレクターに就任する前は・・・・

なんとゲーム用の譜面作り
版権曲などをゲームサイズに編集 など
「裏方」に徹していた方でした。

そんな折 当時IIDXのメインで同級生でもあるdj TAKA氏から
「1曲書いてIIDXに入れてみないか?」という誘いがあり
そこで氏は「1曲だけ」のつもりで提供したのが
自分の星座(シリーズ化する作品)でもある「しし座」の「Regulus」という
インスト曲でした。

当時IIDX5thではこれは隠し曲で 点数で20万満点のうち192939点出せば解禁と言う曲でした。
(自分は1度だけ出したことがあります)

ただ この「Regulus」完成度が高く ここに詞をのせて別曲にしてみよう
となったのがデフォであった「Over The Clouds」
その時 歌唱されたのが今回の曲でも歌っている Lala Mooleさんでした。

>曲 裏話
現在(IIDX22)ではプレイ可能ですが 初出のIIDX9thとは少し違います。
現在のアナザー譜面が当時のハイパー譜面でアナザーはありませんでした。

復活に際し 少しやりやすく配置を換えたのが現在のハイパー譜面です。

自分は当時すんなりとクリアしましたが
できない人はどうしても最後のピアノパートが押せないという人が多かったです。

ピアノの2重演奏にこっそり降ってくる「4番」を押せるか
自分はなんとなくボタンに触れるぐらいでクリアしてました。(汗



wac さんの本格参加により 氏のつながり(おもに氏の大学時代のサークルの同期生や後輩)で
常盤ゆうさん や 土岐麻子さん 青野りえさんなど
自分好みの「ツボ」なボーカリストが多いことwwww


1回だけのつもりの全力投球が BEMANIシリーズに独自の曲調や高難度を生み出すことになろうとは。


さて 次回はおなじくdj TAKA氏絡みで
氏とは中学からの付き合いという TaQ 氏の曲を厳選してお送りします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日ゲーセンいったらIIDXのWEEKLYが
前のブログのBGM Idola で吹いたwwww

と脱線はこのへんで

さて MUSIC FOCUS企画
dj TAKA編ラスト Risk Junk名義は

やはりこの曲 One More Lovely です。

この曲は氏が10th Styleで「統括プロデューサー」を引退するに当たり
どうしても「自分が最終ONE MORE EXTRAをやる」ということで
製作された曲です。

その後 氏がHAPPYの曲を書く時の恒例の名義になりました。

とにかく当時としては非常に高難度でした。
そのかわりハイパー譜面はDPも含め非常に演奏感を味わえる
ちょうどいい難易度の譜面になっています。

自分のブログのBGMは
自分が「マイナーコード」の曲が好みなのもあり
こういった強烈に明るい曲は貴重かと思います。(汗

テンションが上がる曲なので是非1周 お聞きください。

さて 次回はIconoclasmで絡みがあったので
wacさんでいきます。
氏はほぼ曲ごとに名義が違うので(笑
1発勝負で渋い選曲を用意してありますb

>Risk Junk裏話
この名義は当時製作中に体力 時間ともにギリギリの時期に
無理やり作ったそうで
そのとき「栄養ドリンク」を中毒?というぐらい飲んだそうで
クスリを逆から呼んで リスク 中毒でジャンク

というところから来た名義だそうです。(汗

10thStyleは名曲も多かったですが
おそらく今までで一番バグの多いVerで
解禁コマンド解析なんて大事件もありかなり荒れたVerになってしまいました・・・。
あのバグSP8段 ご記憶にある方はいますでしょうか?(笑

そしてここから 製作がYOSHITAKA氏が入り
サブタイトルがつくようになりました。(ちなみに11thは IIDXRED)

現在までサブタイトルがずっと付いてますが
EMPRESS SIRIUS あたりは自分も(?)が付きましたが(汗

そろそろIIDX23の話も出てきそうですねー

ではまた次回

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春です。
札幌は桜の満開が宣言され
自分もシラカバ花粉で鼻汁~ブシャー!!!となっています。(挨拶)(笑

さて
↑のこともあり(花粉症)最近体調がすぐれなかったのですが
サボってはいけない企画を思い出しました。(笑

今回のBGMは Idola です。
(音源が本家からお借りしてるので 最後にコ●ミ と入ります ご容赦を)

Iconoclasm
dj TAKA氏とwac氏の共同名義で
両氏の繋がりは「コナミのミュージックスクールで同期だった」という繋がりです。

自分はIIDX18の失楽園かイベント曲 Zirkfildにしようか迷っていたところ
嫁の猛烈なリクエストにより再登場権を使用しました。

基本 この名義での両氏の曲は「アンセム」が多く
どちらがメインで曲を書いたかで印象が変わる感じです。

高難度も有名ですが
実際 wac氏はIIDX18の失楽園をピアノで弾けるそうです・・・・。恐ろしや・・・・・。

最初はIIDXでは譜面職人で曲は書かないはずだったwac氏が
ボス曲の作曲常連になるほど長期にわたって参加することになるとは
本人も思ってなかったそうです。
(最初はIIDX5thで1曲だけ書いてPop'nのディレクター就任の約束だったらしいです)

さて 次回はまたdj TAKA氏に戻り
Risk Junk名義で紹介します。

この人 名義多すぎwwwwww


> IIDX7th A 裏話
前回チラッと書いたD.J.Amuro名義での初登場曲「A(エース)」
dj TAKA氏はまさに「切り札」「ジョーカー」の役割としてこの曲を作曲したのが
なんと20世紀 1999年です。
ただ氏曰く「どう削っても譜面が余りに高難易度すぎて今のIIDXに出せない」ということで
2002年のIIDX7thまで寝かせた そうです。

確かに自分も当時でさえ厳しいと思いましたし(今はHyper譜面は安定したクリアが出来ます)
さらにアナザーだと・・・・と思いましたが

現在では☆12最弱と言われています。

今ではどんな譜面を用意してもユーザーがフルコンボしてしまいます・・・。
最後の牙城だった 「冥」アナザーも公式で7年の時を経てフルコンボ者登場。

どんなに厳しい隠し曲の条件(今作IIDX22では☆12フルコンボ10連続)も突破されてしまいます。

最初は完全に上だった「作曲者の意図 譜面作成」がもはや完全に下とは

人間の可能性というか 人間卒業と言うかwwww



ちなみに自分は 時間と戦うことになりそうです。
軽い老眼でハイスピードを下げたというのは笑えない話ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月になりました。

この月は 今現在 成人している方は必ず忘れてはならないことがあります。

4年前の 3.11・・・・

そうです。 東日本大震災です。
後からマグニチュードが最大の9.0に変更され未だに余震もあり
避難生活をされている方も多いと聞いています。

そんな時に生まれた この楽曲が F です。
実は当ブログでは一度使用していますが復活です。

今回のネタ D.J.AMURO名義は「A」を予定していましたが
その辺の薀蓄は次回にして

以下 公式のdj TAKA氏の曲に対するコメントです。
これが全てだと思います。


○Sound / D.J.Amuro
line
2011年3月制作のこの曲は、日本中が大混乱する中で生まれた楽曲です。
今より悪い状況はない、ここから一歩ずつ前に進んでいくだけ、という願いを込めて、
IIDXで最も低いDJレベルを意味する「F」と名づけました。



どうでしょうか?
それほどまでの激甚災害のさなか生まれるべくして生まれたこの旋律

荘厳なピアノからトランスまた印象的なピアノが入り
ドリームトランスに近いなんとももの悲しくもきれいな音

この曲もリピートでかかる設定をしてますので
何週か聞いてみてください。

4年前 何をしていたか・・・。
何かを思い出せるのではないでしょうか?


実際 当時の自分はその前の夏に前妻と死別し
現在文章をかいている「私」は深い眠りに付き
別人格 女性の「芹」が仕事も何もかも全てやっていたようです。

自分は北関東に知人がいるのですが
この方と「芹」が安否確認をお互いしていた記録が残っています。

このころ ようやく自分がたまに復活する感じの状態でした。
そんな 奇跡体験アンビリバボーな状態でしたが(謎

なんとなく「自分も妻を亡くして辛いけど 日本は今もっと辛い。 こんなんじゃダメだな
少し休めたから 頑張ってみるか」と決意したのを覚えています。

↑の自分の休止期間中に自分が当時の職場で管理職に昇進していたのには驚きましたが(汗


さて、次回は dj TAKA氏とwac氏のコナミスクール1期生コンビ
「Iconoclasm」(アイコノクラズム)の曲と 取り上げる予定だった「A」の薀蓄などを
お送りします。



時間がもっともやさしくて 残酷 

とある18禁ゲームでの名台詞です。
当時の自分は本当にそう感じてました。

みなさんも震災の犠牲 もしくは被災された方に思いを向けてみる1週間に
しませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BGM企画 第二弾は

dj TAKA氏のテクノ専用名義 DJ SETUPから

IIDX8thより Guidecca です。

今作(IIDX22)で家庭用を経てついに移植された SETUP名義デビュー曲
「GUILTY」

もはやこの曲は(20世紀)の曲なんですよね(汗

実はこの名義のシリーズは
GUILTY(有罪)>NEMESIS(天罰)>Guidecca(ギリシャ神話における神に背くほどの罪を犯した
人間が堕とされる「最終地獄」>lower world(冥界) と

曲名がテーマで繋がってる作品です。

曲としては サイケデリックテクノ となってますが
昨今ではあまり聞かないガチのミニマルテクノだと自分は思っております。

この曲はサントラでヘッドフォンで聞くと鳥肌が立つぐらい体に電撃が走ったのを
覚えています。

自分は テクノ というジャンルはあまり好きではなく食わず嫌いが多いのですが
今になって スルメ というか良さがわかってきてプレイしだす曲もあります。

今作(IIDX22)で八段に入った KAMIKAZE(2000年)もかなりのスルメで
本気ではまったのはIIDX11REDぐらいだったと思います。

こちらも検索すれば出てきますので 気になる方は是非!!


では、次回は 氏の高難度の代名詞 D.J.AMURO名義をお送りします。

ではノシシ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。