私はアスペルガー症候群でしーた♪

~4コマ漫画で綴る自閉症スペクトラム(発達障害)の世界 & アートセラピー~


テーマ:

※携帯でご覧の方:4コマ漫画を選択してOKで、拡大されて読みやすくなります

私はアスペルガー症候群でしーた♪-ヘルニア手術日記_03




前回までのお話はコチラ→【シリーズまとめ読み】ヘルニア手術日記


さて、造影剤を注射して、逆さ向けられて、キョーレツな痛みにじたばたした後…


とうとう、最強に痛いという噂の「神経根ブロック注射」です。



今回の私の場合、ヘルニアによって圧迫されて、炎症を起こしていると思われる神経根を狙って、神経根のぎりぎりのところに注射で麻酔薬を打つというものでした。



神経のぎりぎりのところまで針を刺すわけですから…


そりゃぁ、痛いでしょうよっ!!!


きっと、想像もできないほどの激痛が走るんでしょうよっ!!!(涙)


ネットで調べると、経験者の方々が、口をそろえて、モーレツに痛かったと書いています。



医師「打つから、動いたらアカンで。」


「は、は、はい…。看護師さん、手にぎっててもらえます?暴れそうやから…ガーン


実は、中国鍼の治療で、神経の近くまで鍼を刺すと、自分の意思に関わらず、勝手にびくんっ!と動くことがあるんです。それが怖かったので、看護師さんに腕を押さえてもらいました。


いよいよ、注射針が刺さりました…。


(あわわわ…。)



医師「…。」



「!!!!!きたー!きたきたー!」


医師「きた?」



そう。いつも中国鍼でヒットしたときの刺激に似た感じがしてきました。



(くるぞー!ここから、きっと、私の知らないモーレツな痛みが来るんだーーーーーー!)



私は心の中で、「私のしらないモーレツな痛みがくるぞー!慌てるなー!落ち着くんだぞー!!!」と叫びつつ、今から来るであろう未知の激痛に耐える心の準備をしていました。



ところが…



医師「はい。終わり。」


「へ?????」



未知の激痛に出会うこともないまま、ブロック注射が終わってしまいました。


実は、私、先ほどちょっと書きましたが、中国鍼の治療をよく受けてました。


特に、前回のウツの休職前の頃は、ヘルニアの痛みと激務で動けない状態になっていました。近所に、ものすごく腕のいい中国鍼を打ってくれる先生がいたので、かなり激しい鍼を打ってもらっていました。

この鍼が、めちゃくちゃ効くのですが、めちゃくちゃ痛いかったんです。先生も鍼を打ちながら、

「かなり痛いと思うけど大丈夫?でも、これで後は楽になるからね。」というぐらいの、痛ーい鍼だったのです。


今回のブロック注射は、その中国鍼に比べると…


ぜーんぜん痛いうちに入りませんでした!


むしろ、鍼治療の「うーん、きたきたー!効くー!」レベルの痛みでした。


私にとっては、造影剤の頭痛のほうが未知の痛みで苦しかったです。


そんなわけで、ものすごく、心の準備をして挑んだのですが、拍子抜けで終わってしまいました(笑)


さて、神経ブロック注射をした直後は、その神経根に関連する体の部分がしびれて麻痺してしまいます。お酒に酔ったみたいな感じでふらふらして歩けないので、車椅子で病室まで戻りました。


この麻痺が広がる順番や身体の範囲、麻痺の強さなどが、まさに、普段の私の痛みの発生と強さに一致していました。


首から下の右半身全てと左目の裏に強い痛みがありました。麻酔による麻痺も非常に強く出ました。あと、左腰から足も、少し痛みが出ることがありました。麻酔も、右半身よりも少し遅れて少し効いてきました。


それは、つまり…

今回、狙った神経根の炎症が、私の体の痛みの原因であるということなのです。


私の場合、MRIの画像でもミエロの画像でも、脊髄自体は、あまり圧迫されていませんでした。身体の痛みや麻痺は、この神経根の圧迫からきていたのです。


実は、同じようにヘルニアで神経根ブロック注射をしても、全く効き目のない人もたくさんいます。それは、神経根の炎症が原因ではなく、他の原因で痛みが発生している場合なのかもしれません。


この麻酔による麻痺が取れてくると同時に痛みが取れてくる、と言われていたので、ドキドキしながら数時間ベッドの上でおとなしくしていました。



すると…

しだいに麻酔による麻痺が取れてくると、痛みがなくなっていました!!

それまで、身体の筋肉がこわばってしまって、靴下を履くために身体を折り曲げることすら困難な状態になっていたのですが、あっさりと体がまがって、靴下が履けるではありませんか!


もう、感動でした!!!


「体が、めっちゃラクーーーーーーーーーーーーっ!」


何年ぶりかの「痛みのない体」です。懐かしい感じすらしました。


これで、「手術までの2週間は、バリバリ仕事できるぞー!ラストスパートするぞー!」と喜んでいました。


そう…。

この後に、「あれ」さえしなければ、元気に2週間過ごせたはずだったのです…。

「あれ」さえしなければ、この後、あのモーレツな痛みに苦しむこともなかったのです…。


まだ、痛い話がつづきます汗


続きは、次回!


↓痛~い検査をがんばったあすぺさんに

ポチっとご褒美してあげて♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ


コチラも参加しています人気ブログランキングへ


↓記事のリクエストがある方は↓
私はアスペルガー症候群でしーた♪-記事リクエストボタン

*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*手紙コメント・メッセージへの返信ラブレター*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

原則的に、コメント・メッセージへの返信は残念ながらできません。ごめんなさい... (内容により、例外はあります。)理由は、『【お知らせ】コメント・メッセージの返信について』 の記事をご覧ください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

しーたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。