こんにちわ。

本日より

あすなろの部屋

の掲載スタートです

初めてのシリーズなので緊張です

宜しくお願いします



それでは第1回目のゲストは上石神井ステーション所長の男沢さんです。
宜しくお願いします。


入社されてから何年目ですか?
平成21年9月に入社したので4年目になりますね。


所長さんから見て、ステーションのスタッフの皆さんについて教えてください
スタッフみんなの事を一言で言うなら「しっかり者」です。
仕事への責任感が強く利用者様やケアマネージャーへの対応が誠実ですね。
スタッフ11人中8人は私より勤続年数が長いので結構みんなベテランですよ。
私はみんなに育ててもらったようなもんです(笑)。

ステーションは平成15年6月に指定を受けてから今年で満10年になります。
「地域に貢献」を掲げてやってきました。
これからも地域で信頼されるステーションでありたいと思っています。


訪問看護を目指すきっかけになったことはなんでしたか?
訪問看護の事を詳しくは知らなかったんですが、
利用者様宅に訪問し、じっくりと看護ができることに楽しそうなイメージがありました。
面接の時に「楽しそうだから」と答えてしまい当時の所長に
かなりつっこまれた事を思い出します(笑)。

実際はやはり楽しいんです。
利用者さんの家に行く事、その方を診てアセスメントし看護を提供する事が楽しいですね。


入社当時の事を教えて下さい。
訪問看護が初めてでしたので、最初の1件目の同行訪問で見学した事が、
印象深く今でも良く覚えています。

その利用者さんは脊椎損傷で人工呼吸器を利用されてました。
その方の入浴介助をするので、ご家族とヘルパーさんと看護師の4人でやりました。
一人はアンビューを押し続けるわけです。自室から浴室まで10mくらいはリフト移動しました。
初めての利用者さんという事があり、介助をする時はいつも緊張して安全第一を心掛けていましたよ。

訪問看護には何が一番大切だと思われますか?
やはり利用者様やご家族との信頼関係でしょうか。
利用者様や家族の意思を尊重するように心がけています。


インタビュー後半は次回のお楽しみです。
ご期待ください!