sweet science laboratory

ボクシングの試合などについて主観的に書いてます(´゚д゚`)
みなさんと意見が交わせればと思っているのでご自由にコメントなさってください!
好きなボクサーは、メイウェザー、ダニーガルシア、ドネア、カネロ
主に海外ボクシングを中心に観てます。


テーマ:
一日あいてしまったけど今日も更新(´゚д゚`)
更新できる時にやっぱりしておかないとね(´゚д゚`)
それにしてもジュダーさんはサスペンド処分か・・・
まじで引退近いんじゃ・・・
それじゃあいきましょ~(´゚д゚`)



WBO中南米王者 フェリックス・ベルデホ

挑戦者        ウイリアム・シルバ


ベルデホ3-0判定勝ち



シウバの場合

ここまで全勝できてのvsベルデホ。
こちらからすれば、食ってかかってやろうという気持ちだったのだろうが、してやられた。
左ジャブを丁寧につき、相手のジャブに対してはブロッキングorステップバック。
しかしながら、相手のコンビネーションとパンチをブロッキングで防ぎすぎたか。
ガードの上からでもダメージは溜まるもので、自身の気付かないうちに鈍っていくことが多い。

一方でこちらもワン・ツーそしてスリーが巧い。
相手のガードをワンでこじ開け、ツーで当て、スリーでさらに間を縫ってのフック。
相手のコンビネーションに対してカウンターを合わせようとする意図も見られたが、いかんせん狙いはいいが当たらなかった。

こちらの選手が悪いというのではなく、相手が良すぎたというべきか。
しかしながら、この選手がすぐにライト級の世界戦に挑んでもいい結果を残すのではないだろうか。
一言で言ってしまえばいい選手であるが、言葉を悪くすれば目立たない選手と言った感じになるのか?
オールマイティタイプの選手であり、防衛も長く続けれそうなタイプではあるが・・・
いずれ世界を獲った時が楽しみ。





ベルデホの場合

ベルデホが強い理由はズバリ何か?
ステップ?パンチ?ディフェンス?当て感?コンビネーション?
上にあげたのはどれもベルデホが一級品のものであろう。

であるならば、中でも何が一番か?
管理人が思うに、タイミングの取り方が一番巧いと感じる。
タイミングがいいからこそ、ステップが生きるし、パンチも乗る。
そして相手のパンチに対してのディフェンスが有効に働き、タイミングがわかっているからこそパンチは当たるしコンビネーションも放てるのだろう。

さらに、いってしまうと中でもコンビネーションを放つタイミングが一番優れているように思える。
コンビネーションを放つということは、裏を返せば相手にカウンターのチャンスをたくさん与えるというものであるが、タイミングさえあってしまえば相手を防御一辺倒にできる。
そしてベルデホはこのタイミングの取り方が非常に巧く思える。

コンビネーションを打つタイミングが巧いといったが、パンチを打つタイミングの取りももちろん巧い。
自身が相手の優位に立つのであれば、自身のペースに付き合わせるor相手のペースを崩すといった方法があるが、ベルデホはまさにその中間といったものだろう。
相手がパンチを出してこないタイミングでパンチを放ち、相手が出てくればカウンターを狙う。
まさに打ってよし、引いて打ってよしの選手と言った感じだろうか。

タイミングで相手を制する選手と言えば、近年で言えば管理人の推しであるメイウェザーはもちろん、ウォード、クイッグ戦のみに限定するがフランプトンあたりをイメージしてみて欲しい。
どの選手も恐らくタイミングで相手を抑えつける選手といって過言でないだろう。
そしてベルデホもこの中に含めるべき選手である。
いずれPFP入りしてもおかしくない選手ではなかろうか。


今回はここまで(´゚д゚`)
続々とスター候補がでてきてますな~
誰が本当のスターになるか楽しみっすな!
それじゃあまた(´゚д゚`)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

asukaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。