*所属事務所:  
株式会社ノット・コミュニケーションズ
http://www.knot-com.com/profile/matushima.html



*韓国家庭料理&語学教室「アスクク」汐留キッチン 主宰
*主な経歴:
テレビ朝日『ニュースステーション』企画&リポーター
NHKBS『世界の競馬』   キャスター
NHK『探検ロマン世界遺産』リポーター
TBS『はなまるマーケット』リポーター 
TOKYOFM系列『サタデー・ウェイティング・バー』ゲスト聞き役

*Instagram: http://instagram.com/askason
*twitter : https://twitter.com/AskaSon




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-16 09:45:44

as99イベント春のお茶会@shuhally

テーマ:韓国語のお料理教室
今日のメニューは「shuhallyの春のお茶会」







photo:08




photo:12


shuhally の松村先生の春のお茶会が始まります。
as99(アスクク)からの参加者の皆さまと伺いました。


photo:26




内容ぎっしりで、今回は対談の時間がさほどとれませんでしたが、
次回は日本と朝鮮半島のおもてなしや、食事の作法の違いなど深められたら嬉しいです。














photo:03


shuhallyのお庭に、as99からの皆さまもでて、
photo:11


自然を愛でたり
photo:04


休憩したり。









photo:13


道すがら、松村先生の世界を垣間見たり日常からトリップしているうちに、






photo:06


にじり口からにじってました。














photo:27


photo:14



松村先生のデニムのお着物などからも
今日のお茶会のヒントが見出せそうニコニコ





photo:15


photo:17



as99からの参加者のなかには、お茶のお免状を持っていらしたり学生時代からお茶を習っていらっしゃる方もいて、お茶碗の持ち方がとってもさまになっていましたよ。

松村先生はas99の回ということもあってか、朝鮮半島から伝わるお茶碗もだしてくださいました。
知識を惜しむことなく共有してくださいます。







photo:36


photo:28


photo:19


LEDライトが組み込まれたブラックな畳がひかれた不思議でモダンな空間。
そこで濃茶とお茶菓子をいただける幸せ。
居心地よい非日常の空間。















photo:20


photo:22


春らしくコロンとした可愛らしさ。
大広間では、薄茶も美味しくいただきました。


photo:21


いーですね。
肉じゃがのっけたい。

この水色のお菓子は「春のぬるい水たまり」を表現されたそうです。
ああ、ぬるい。ぬるい。確かにこの水は冷たくない。きゅんとするわーその感性。









お茶碗、お皿、掛け軸、お花、花器…
置かれているものから、
センスのよさやライフスタイル、思考がわかるといったものだけではなく、
心の機微やおもてなしを感じることができるものなのですね。


photo:34




松村先生のおもてなしの心がヒシヒシと伝わってきました。


photo:35


この花器にダリアを飾るところがアッパレ。清々しい。
もしお家にこちらの花器を飾ったら、りー&トットに喜ばれること間違いなしです。











photo:32


photo:33




細やかで繊細な気配りと対照的に喋り口調がラフなところも、
as99参加者のみなさまの心をガシリと掴んでいました。

photo:37














photo:38


こうみえて松村先生は30代。
40代50代と歳を重ねていかれたら、かなり興味深いお茶の境地にまで連れてっていただけそう。
そのたびに趣向をかえつつコラボしたいですニコニコ
















photo:24



ちなみにこちら、お庭も全てマンションの中での出来事なのですよね。
関内駅から徒歩3分です。





photo:25


ちなみにこちらがshuhallyのお茶室があるマンション入口になります。



この出だしからのサプライズ感、
松村先生にしかできないことですね。

shuhally の玄関も和へのトンネルのような演出があり、日常と境界線をひいてくれます。
写真は他にも撮りましたが、ぜひご自身の目で味わって頂きたく、あまり載せすぎないようにします。





また個人的にも、as99のみなさまとも
浸りに行きたい空間です。













松嶋あすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-15 10:25:19

大島紬

テーマ:韓国語のお料理教室
今日のメニューは「【shuhally × as99】のお茶イベント」







photo:05






iPhoneをもったまま振りむいてしまいました。
iPhoneと大島紬。


桜の花びらが、絨毯の柄みたいですね。





photo:02











photo:03


【アスクク】のみなさんをお迎えするので、ひさしぶりに大島紬をだしました。
艶艶のまま、静かに、綺麗に、待っていました。
私の寸法で作っているので今は私しか着られないのだから、機会があれば着てあげたい。
なのに前回から5年も待たせてごめんね、です。


着付けは木谷先生が、ボブスタイルが似合うように着せてくださいました。
この大島紬をたくさんお褒め頂きました。
大島の工房の方々のご苦労も偲ばれます。








photo:04





では行って参ります。








photo:06















松嶋あすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-13 23:44:41

イベントのお土産をつくる。

テーマ:韓国語のお料理教室
今日のメニューは「お茶っぱ」





photo:01


手袋をはめて、




photo:03


友人のお店で、



photo:04



as99イベントで、
生徒さんたちにお渡しするお茶をパッキング。




「菊とローズの蕾」をas99でブレンドしてみました。菊は目にいいようです。
菊のお茶を韓国では국화차クッカチャといいます。




photo:05




中国の工芸茶は、ジャスミン茶タイプで中から菊と赤いお花が顔を出すお茶を今回は選びました。

photo:08



このように咲きますのでお楽しみに♡
入っているお花によって味もかわります。
父が昔上海に行くと、うんと美味しいこちらのお茶をいつも私に買ってきてくれて、その頃から好きになりました。香りにも癒されますね。






photo:06


店主の友人がオススメする二重構造のガラスポット。
お茶を目でも楽しめて、スポーンと伸びる種類の工芸茶があるので、長いガラスの蓋つきマグがオススメだそうです。

確かに便利そう合格




photo:07



華のおかげで早く終わりました。
ありがとう[みんな:01]
どやっ。





松嶋あすかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み