2006-05-05 16:20:46

標準的打鍵=手を浮かした打鍵=飛鳥にも向いている打鍵

テーマ:ブログ
yfiさん、Uジローさん、141Fさん、みのりさん、kettttさん、daybreak-crowさん、飛鳥支持者さんなど、
ご苦労さんのトラックバック記事やコメントをして下さった方々、有り難うございました。


さて、この記事は、yfiさん記事のコメント欄(リンク)にketttさんの下の書き込みがあったので、飛鳥の打鍵時の手の置き方は、
極めて一般的であることを改めて明確にしたものです。

>『飛鳥は手がパームレストにくっついたままの、リラックスしきった状態での打鍵を想定しているのでしょう?

日本語入力の標準を狙ってきた飛鳥がそんな特殊な手の置き方を前提にすることはあり得ません。

タイプライタの時代から、また文字入力に限らず打鍵というのは、ピアノでも「手を浮かして」
手を自由に動かせるようにしておくのが基本なんです。


Ketttさんの疑問は、恐らく「手を一切動かしたくない手を固定した打ち方」が、
飛鳥の打鍵範囲の狭さの理由だと誤解しているからだと思います。

しかし、飛鳥の打鍵範囲が狭いのは、あくまで「親指がシフトキー上に囚われる親指シフト」の
ためであって、パームレストなどに手を付けて手全体を固定するのは、飛鳥の打鍵でも「悪」です。

特に、親指シフトでは親指と打鍵の指を一緒に打ち下ろす同手シフトがあります。
これは手全体を上下させて打った方が遙かに速く、また指の負担も少ないのです。

掌の下部をパームレストなどに固定させていたら、そうするのは不可能になり、
指の腱の力だけで打つことになります。表や逆でもある程度(数ミリ?)手全体を
上下してその力を指に伝えて打った方が、指の腱の力だけで打つより指の負担が少ないので
やはり、手が自由であることは重要なのです。

パームレストに手を固定したら、とても長いのは打てません。また無理してやると腱鞘炎になります。

エンターや矢印キーなども遠くて、手が自由に動かないと打ち難くて堪らないはずです。

パームレストは文字通り「打鍵の手を休めるときに使う」もので、パームレストに掌の下部を
つけて、指の腱の力だけで打つのは、とても打ち難いものです。

恐らく速度も秒速2打鍵とかしか長い時間の平均では出ないでしょう。ネットは読むのが中心で、
書くのは2ちゃんの一行スレをのんびり打つくらいなら使えても、一般的な文章の打鍵では
そんな休みながら打つような打ち方は、とても使えないはずです。

速さ命のタイパーの人も、入力法は異なっても「手を何かにつけて固定する」など問題外でしょう。

ですから、私が一万打鍵強の書き込みをそんな打ち方で打つのは不可能です。
私はそんな打ち方で飛鳥を評価したり配列を考えたりはしていません。

飛鳥は入力本などにある「背筋を伸ばし、肘は垂直に下ろし、肘を水平よりやや下に向けて、
手は浮かして打つ」という、模範的なOLさんなどの写真のような姿勢を前提にしています。

勿論、一般の机では高すぎてその姿勢は無理なので、パソコンデスクのような低い
机にキーボードを置きます。人によって座高が違うので椅子の高さ調整も必須です。

また、私は床に座ってよく打ちますが、そのときはあぐらをかいて両方の腿にキーボードを置きます。

当然、手首の下は股ぐらの空間ですから掌の下部をつけるものは何もありません。
腰掛けるか、あぐらかかの違いはあっても、上半身とキーボードの位置関係はパソコン
デスクで打つときと同じですし、手はどこにもつけず、常に浮かして打っています。

とにかく、手の平の下を何かに接触させると手全体を動かしたいとき、
そのまま横にずらして打ちに行けないのでとても面倒なんです。

例えば、エンターキーを標準の位置で打とうとすると、指はとてもキーに届きません。
パームレストに手を付けたままでは打てないので一回手を浮かしてから、手全体を
横移動させてエンターを打つ必要があります。

手が浮いていれば、手をずらした位置のキーは10キーであれ矢印
キーであれ、手を横にずらすワンアクションで打てるのです。

「手を浮かして打ち続けるのは疲れる」という人がよくいます。

しかし、手を浮かして疲れるかどうかは、個人差ではなくキーボードと体や手の位置関係で決まるのです。

ピアノを打つ人が手を保持するのが疲れず数時間も練習し続けられるのも
その姿勢と、肩から肘、鍵盤までの位置関係が良いからです。
ですから、その位置関係を保つためにピアノの椅子は高さが調整できるようになっています。

文字打鍵でも、事務机や学習机のようなキーボード打鍵には高すぎる机では
手を浮かして打とうとすると肘から先が斜め下に楽に保持できません。

また、肩から肘までの部分も垂直に下ろすとキーボードが高いところにありすぎますから、
この部分もやや前に持ってきて、肘の部分を高くする必要があります。

この姿勢はきついので、手を浮かしたままでは疲れるので、そういう場合パームレストに
掌を置いて、手全体に掛かっている力を掌で支えて、手を保持する筋肉を休めるのでしょう。

パームレストの存在意義も、誰でもがパソコンデスクを事務机とは別に持てないことが
多い現状で、手を休めたいときにやりやすいための筈で、手をあれに置いたまま打つことは
前提にしていないでしょう。

パソコンデスクで正しい姿勢で打つときはパームレストがあっても邪魔になるだけです。
(今打っているキーボードはパームレストが付属していたのですが、私はとっくに捨てました)

ただ、ここまでは一般的な外付けキーボードの話です。

ところが、今のノートPCの殆どは掌の下に空間がなく、どんな机を使っても、
「手を浮かせて打てない」という大問題があります。

私は一回、深夜に他人のPCでネットに書いたのですが、あれには往生しました。ローマ字
なのは市のPCでも同じで構わないのですが、使ったのが最近のノートPCだったからです。

掌の下の高い位置に本体が伸びているので、どういう姿勢を取っても掌がその部分にくっついてしまうのです。

それで、特に参ったのがエンターで確定や改行をしたつもりが、括弧閉じ(」)になってしまうことでした。

余りにも頻繁にこれが起こるので、イライラした後、少し手を観察してみました。

すると原因は掌が本体にくっついているためでした。

つまり、普通にエンターを打つとき、私は指の開き方は普通に:を打ちに行くように開いて、
さらにキー二個分を手全体を空中を横にずらしてから打ちます。
つまり、市のPCなど他人のPCでキー3個ホームよりずれているエンターはこうして打っているのです。
(家のPCではエンターは英数キーに割り当てていますから、左手を少し開くだけで打てます。)

市のPCのキーボードは外付けでパソコンデスクなので、当然手は一切浮かして打っています。
ですから、「手全体をキー2個分ずらす」ときに使う力は何Nか知りませんが決まっています。

ところが、ノートPCではエンターを打ちに行くとき、同じ力で手を動かそうとしても、
その力は掌の下部と本体の間に生ずる静止摩擦力に打ち勝てず、手全体は全然動かないのです。
それで、指の方はいつもと同じ:を打つ形をしているので、エンターが」になってしまうのです。

つまり、遠いキーをノートで打つときと外付けキーボードを打つときでは、別の打ち方が必要になるのです。

ノートでエンターを打つときは本体に付けていた手を一旦上に上げて横にずらし、エンター
を打つ必要があります。勿論、このやり方でも外付けキーボードの遠いキーは打てますが、一旦
浮かして、打って、元に戻してから手全体を下げてまた文章を打ち始めるのは面倒なものです。

普通に横にずらして、元に戻してそのまま打つ方がスムースで時間のロスも少ないからです。
まあ、両方を日常的に使う人は、その打ち分けが無意識にできているのでしょうが、初めての私は
驚いてしまったということです。

ということで、手を浮かせて打つのが不可能なノートPCは、飛鳥と言わずローマ字でも
一定量以上の文字入力には向いていません。

元々文字入力には速いCPUなど不要なので、昔のIBMのThinkPadのような本体が掌の下まで
伸びていないノートが、手を浮かした打鍵が可能な上に、発熱量も騒音も少なくていいのです。

しかし、今時DVDも見れない遅いPCは余り売りにならないようで、困ったものです。


同じテニスでも、硬式ではスナップを利かせてヘッドスピードを上げて打つのは「悪」で、
軟式ではその打ち方が標準です。ポールとラケットの重さが大幅に違うからです。


ですから文字入力でも、手を浮かせるか否かのような問題を語るときは、パソコンデスクのような
低い机で打っているのかどうか、またノートか外付けかを最初に書かないと混乱するだけです。

前提や環境をまず書いてから自分の例を書くのが共通の理解のためには大切なんですね。





ううん、これが人生最後の書き込みか。。。( ;_ ;)



リアルでは飛鳥は誰にも理解されませんでしたが、ネットで理解者が増えてきて面白くなってきたところで
開発費というか、終わった今なら宣伝活動費(=生活費)が尽きてしまいました。


残念ですがこれも運命なんでしょうね。。。皆さん、飛鳥を宜しくです!!
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。