珍しく家にて、パソコン漬け。

新潟伊勢丹にて下記の日程にて、

沖縄料理の魅力を語り、試食をしていただきます。

1月21日12時~13時と15時~16時の2回。

1月22日も同時刻に2回行います。

内容的には、沖縄の元気の秘密とは?

その1、キラキラ輝く太陽とどこまでも広がる海の幸

全国で44番目に小さな県~あの海を乗り越えて

幸せはニライカナイから

その2、イチャリバチョーデーやユイマールの精神

その3、歴史が紡ぐもの~琉球王朝を通して日本は中国と交易

・沖縄の伝統工芸品と料理

(伝統工芸品とは日本の国が100年以上続いている技術に与えている)

何故?沖縄県が第三位なの?

全国一位は?二位は?( 県)

その4、沖縄食材と料理~1000種類の薬草が自生する沖縄

~台風がもたらす栄養素とは~

沖縄料理ってチャンプルー料理なの?

豚肉・島豆腐・昆布・季節の野菜を使用(沖縄では昆布はとれないが?)

薄味、酢の物・・・その5・・・・・

特別支援学校の生徒が、高校2年まで学校では一言もしゃべらなかった。沖縄修学旅行から戻ったら話すようになった。

沖縄・修学旅行のことをまとめ、弁論大会で優勝したよ・・・・

沖縄のきれいな夕焼けを眺めていたら、やる気になった・・ある学校の先生より

沖縄の何がその子を変えたの?

沖縄に秘密があるの?・・・・・・・とこんな内容で話す予定。時間あるかなあ。

そのあとで、モズクの声を聴こう・・・・と、

モズクの栄養素や料理レシピを配り、試食していただきます。

レシピは、モズク入りヒラヤーチーとモズク入りパンケーキの予定。

お近くの皆様、どうぞメンソーレー!([いらっしゃいませ)

私は、20日午後から新潟入りします。

 

 

 

 

 

 

AD

近所の農家の加藤さんから頂く大根は、

実に美味い。あまくて、

毎日、薄くスライスして、オリーブオイルとポン酢と

そうそう、沖縄の激辛マヨネーズを隠し味に。

お皿一杯たいらげます。

これは練馬大根ではなく、(おふくろ)という大根です。

私は、丸ごと、大きなわ輪で利用するのが好き。

マールイお月様のようです。

ほら見てください。

大きなプロ用鍋でコトコト煮ること2日間。暑さ1,5センチから2センチです。

しっとり、甘みのある煮つけ・・

下は、大根サラダ。よく見えませんが真ん中の白いのが大根。

これも、まあ~るく薄く、大きいまま。

紅色は実は、ドラゴンフルーツ漬けと黄色はウコン漬け。

どれも、おいしいですよ~!

食べにいらっしゃいませ。

そうそう、ダイコンのステーキを油味噌でいただくのもいいですよ。

今が旬のダイコンです。

 

AD

最近、おさぼりりしていました。修学旅行の訪問記。

 

誕生日の日に素敵なお手紙をいただきました。

 

原文のまま紹介します~一部割愛~

・・・修学旅行に向けて、

生徒の気持ちを高めてくださる内容の講演をして頂き、

大変感謝しております。

その後の生徒の顔つきや集会での聞く態度に変化が見られました。

・・・・・・・・略・・・・

数日後には、実際に沖縄へ向かいますが、有意義な時間を

過ごせると期待しております。

・・・・・・・・・略・・・

是非、長くこの活動を続けて、若い世代に

沖縄の魅力や戦争の悲惨さ、平和を維持する重要性を

伝えていっていただきたいです。

そして、私たちが高山さまの気持ちを繋げていかなくてはとも感じています。

元気が出ますね。このようなお手紙をいただくと。

今回も、たくさんの生徒の感想文も送られてきましたよ。

いつか、紹介したいな~

まだまだ、訪問後、紹介していない学校があるので、

心苦しく思っていますが。

明日は、栃木県立足利南高校へ。

 

AD

沖縄県、恩納村といえば、多くのリゾートホテルが立ち並ぶ。

海よし、山よし、畑あり・・・と。

ラブラブ音譜「恩納岳・アガタ・サトガ ウマレジマ、ムイン、ウシヌキテ クガタ ナサナ」

恩納岳の向こうには恋しい人の村がある。この森を押しのけて私のところへ

持ってきたいものだ~恋の矢音譜

沖縄の女流歌人の情熱の詩(歌)です・・かってな解釈ですが・・・

北部へ向かう森のような山を抜けると、

私の生まれ島名護へ向かう・・

その恩納村の長浜村長さんと宇江城JAおきなわ恩納村支店長さんたちが

あるものを広めたいと上京。

思わず、「なあに????、」

試食してください~と。

食べてみました。甘~い。甘~い。これ、本当に果物?

えっ、そうなんです。本当に甘~い・・・

≪アテモヤ≫という果物なんですよ!

果物なのに、

天然のアイスクリームのようなんです。

今まで食した果物で、砂糖に近い甘さなのだ。

そういえば、沖縄で見たっけなあ~

夏のマンゴーの後に出荷できるように29年前から取り組んでいるそうです。

何でも、ヨーグルトなどとあうそう。アイスともあいそうだね・・・

というわけで、私も、少し、利用方法を考えることに。

2個ほどいただいて・・今、レシピを考案中・・

ぜりーにしようかなあ?・・・

いづれ、ご紹介しますね。

皆さん、沖縄の太陽の恵みは、ビタミン豊富、

ミネラル豊富です・・・・新規デビューの

アテモヤ・・・カーギはないけど、

チムグクルは熱いよ!

情熱の女流歌人ウンナナビーのハートのようにね!

 

1月7日、私は74-4歳になりました。

昨年は、73歳-3歳でした。

多くの皆様から、フィスブックにお誕生日のメッセージをいただき感謝!

ファイスも、ブログもお休みがちでしたので、

お一人お一人にお返事できませんでしたことお許しください。

空飛ぶあっちゃん、今年も、おそらく、飛んでいることでしょう。

旅先で知り合ったある方からの絵手紙です。

どこへ行くかは、お楽しみに!

まずは、自宅サロンで

10日、沖縄ガチマヤー料理教室でスタート。

ランチを用意していますので食べてから料理開始し、作ったものは

ほとんど持ち帰ります。現在1人のみ募集中(定員6人)

今回の賄ランチは

・①紅イモの餅米ご飯、②・加藤さんちの大根サラダ(オリーブオイルで)

③ドラゴンフルーツとウコンの漬物、③里芋の沖縄風甘辛煮、④ミミガーとダイコンの和え物、⑤デザートは手づくり栗羊羹、⑥モズク入りとろとろスープ・・他

料理メニューは、

①ミヌダル・・豚肉と鶏肉を黒ゴマと白ごまで作ります。

これは、琉球王朝時代の首里独特の料理です。

会席などにもよく使われます。

②豚肉のアンダンス―(油味噌)づくり。

作った油味噌は持ち帰りますが、一部下記のメニューに使用します。

③ちんぴん、④ポーポー・・・・です

他に自宅サロンでは、

10人規模のアロエベラのランチパーテイーもあります。沖縄宮古島からアロエべらを取り寄せ10種類以上の料理が並びます。食べ放題、会費千円、今話題の自分ハグや言葉遊び(俳句の初歩)を講師から手ほどきを受けます。老若男女参加OK(10人~15人位)

 

19日、千葉さわやか県民プラザホールにて講演(柏の葉高校)

21,22日は新潟伊勢丹にて、沖縄の食材の話と料理実演

27日、千葉県我孫子特別支援学校へ・・・・ほか、もろもろ・・・・です。

寒い季節です。皆様のお風邪など召されませんように。

・優しさが溢れる場所だ幸せだ

・ウチナー(沖縄)の初春祝うイナムドチ

・年初め優しさあふる人集い・・・・・

 

昨年の我が家の新年の初ランチ会は17名が参加。

言葉遊びやサンシンなどを楽しみながら、

高山流沖縄のお正月料理を楽しみました。

今年も賑やかに開催します。

さて、さて、

昨年は、私は、ブログをあまり書かず、多くのお叱りが。

今年は、元気な証しに・・・ブログを更新してまいります。

しかし、先ほどから、

何度も写真の貼り付け???です。

どうして?

首を横にしたり、左にして、

今年は、もっと、

周囲に気遣いをせよ!!

ということかなあ~???

まあ、まあ、これも、

空飛ぶあっちゃんらしいサー~・・・ネ。

皆様、

今年もどうぞ、よろ弾くお願いします。

 

沖縄の吉廣から、

羽地米が届いた。

かつて旧羽地村は、沖縄の米どころであった。今、その姿は見られない。

でも、復活させようと取り組んでいる。

懐かしいだろうと、送ってきた。甘くておいしかった。

沖縄の北の村落・奥のお茶が届いた。

かつて、沖縄のお茶の名産地だが、高齢化に伴い、お茶畑がなくなった。

それを復活させようと、高齢者集団で復活させた。

初収穫のお茶が送られてきた。元気な香りがいっぱい。

その努力の様子は、

沖縄タイムスに大きな記事で掲載されていた。

枝も付いたままのシークワサーが届いた。箱一杯に。

ご近所にも配った・・・・・よ!

 

手紙はたった、一行です。ヤンバルクイナの絵入りでね。

贈られてくるたびに涙が止まらない・・・

 

幼稚園から一緒だった吉廣。

羽地小学校、羽地中学校も一緒だ。

だから、私たちは、名前で呼ぶ。

大きな会社の代表取締役社長でもあるのに。

私が校長退職の年には、

トラック一杯のパイナップルが学校に届いた。

沖縄の味を子供たちにどうぞ!ってね。

 

故里には、そんな友人が本当に多い。

きぬちゃんも、、ナミさんも。せっちゃんも。

やすとも・・・も。・・・・

・・・・沢山、たくさんの幼友達が・・・

私をいつも応援している。

ラブラブ音譜恋の矢海の青さに、空の青・・・・

よりも、深い深い恋の矢ラブラブ音譜

故里の繋がりに涙です。

有難う・・・感謝の言葉あるのみ。

 

だから、私は、今日も出かける。

故里を原動力として。

 

 

 

2日目は、ちんすこうづくり・・・

生徒たちの手はまるで魔法のようでした。

どうぞ、ご覧あれ!

 

えっ?ヘチマって食べられるの???

サプライスで夫の育てたヘチマ3本を持参。

前日に生徒たちに沖縄の食の話もして、画像でヘチマを紹介。

勿論、ゴーヤーもね。ほとんどの生徒がヘチマは知っていました。

でも、食べたことはないのです。

ちんすこうづくりが、今日の学習でしたが、たまたま、夫が

出発前日に畑から収穫したヘチマがあったので、小さなめを3本持参。

いざ、出来上がったちんすこうとヘチマを試食。

生徒なら、当然、自分の作ったちんすこうに最初に手を伸ばす方思ったら、

あれ、あれ、ヘチマのサラダに手を伸ばして、美味しいとにっこり。

つられて、ほかの子も・・美味しいとにっこり。

つられて先生方もにっこり・・・・おいしいわねえ・・・て。

味噌炒めも、あっという間になくなりました。

ヘチマ今に大流行しますよね。農家のみんさんヘチマ育ててね。

10月11日と12日、台風で延び延びになっていた

大分県立聾学校へ修学旅行の事前学習へ。

小学校の部から高校の部まであります。

大分県に一校しかないため、遠くの生徒は通いきれないため、

小学校1年生から寄宿舎生活をしているお子さんもおります。

今回は、中学2年生と3年生が一緒に沖縄へ。

私は手話はできません。先生が上手に手話通訳ですが、

ゆっくり、ゆっくり、生徒の反応を見ながら、画像を駆使して

話をしています。

最後に、

生徒たちが、ビギンの(しまんちゅの宝)を手話で歌ってくれた時には、

涙、涙でした。

一生懸命に手を駆使して、顔で表現する子供たちでした。

の出る子は、10人中2にんだけなのです。

私のために、手作りのコースターをお土産にいただきました。

裏表絵が違うのです。大切にしますね。宝物として。

私も覚えたての嬉しい、ありがとう!を

手話で何度も使いました。笑顔の生徒たちと。

本当に幸せな時間を共有できました。

廊下には生徒たちの作品がいっぱい、未来の芸術家ですねえ!

熱心な先生方にも、感謝でいっぱいです。

言葉では言い尽くせませんが、一部、写真で想像くださいね。

2日目は、私の方から申し出て、ちんすこうづくりをしてきました。

延び延びになっていた、自宅料理教室は、無事終了。

まかないランチもお楽しみです。食べてからスタートします。

今日は一人2本の三枚肉(鹿児島黒豚)の

スーチカー(塩豚)と味噌漬け作り・・・自宅持ち帰りが多いです。

明日から、これまた、延び延びになっていた、大分県立聾学校へ。

11日沖縄のお話、同校にて、12日は沖縄のちんすこうづくり。

13日は、埼玉県立坂戸西高校へ。

15日は、琉球大学同窓会関東支部の総会&懇親会。

16日夕方には、名古屋宿泊。

17日に中部国際空港にて、

出発前の静岡県立掛川東高校生へ沖縄のお話・・・

忙しい10月ですねえ・・・

9月までは暇だったんですけど・・・ネ????