こんなお礼状も

テーマ:
沢山のお礼状が届きます。
お礼状を紹介します。スマホ時代、電子機器の時代ですが、基本を学んでいることに改めて
教育の原点を見る思いがします。もちろん、代表ですから、先生方の指導があると、十分承知しています。それでも、こうして書く機会を設ける、書かせてみる、送る、・・・・
その一連の先生方の教育姿勢に私は賛同します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
拝啓
新潟ではまだまだ厳しい寒さですが沖縄ではあと少しで桜が咲くそうですね。高山さまにはお変わりありませんか。
さて、先日は講演をしていただきありがとうございました。
普段なかなか聞く機会のないお話で、沖縄の修学旅行に向けて期待が高まりました。
今回のお話で私が特に心に残ったことが二つあります。
一つ目は、沖縄がいかに諸外国の影響を受けたかについてです。・・・一部略・・・
・・・・・・・多分化の共存する沖縄というところに一層興味が持ちました。
二つ目は、沖縄戦についてです。
・・・・・・・・
私たちと同年代の少年,少女までが戦闘要員や看護要員として駆り出され、激しい戦いや激務の看護をしていたことがとても衝撃的でした。
学校では友達と遊び勉強をし、家に帰れば家族がいる私には信じがたいことでした。明日まで生きていられるかさえ分からず、どこでどうやって亡くなったかさえ不明な方がいるということが実際に在ったのだと知ることができました。その過去を伝えてくれた沖縄の人々の
(忘れない心)も感じることができました。
今回の講演で苦しみの中で生きた人々を知るとともに、戦争のない平和な時代に生きている幸せを実感しました。
命がるからこその平和(ヌチドウタカラ)という言葉のように、命こそ本当の宝だと思うことができました。心から恒久平和であってほしいと願います。
私たちはお話から学んだことことや感じたことを踏まえ、現地でたくさん見て、たくさん聞いて、たくさん話しかけることで沖縄でしか学べない多くのことを学んできたいと思います。
それでは、時節柄お体を大切になさってください。敬具・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
私も、中学時代から全国の人と文通をしていました、そう、海外の人とも。
その文通のおかげで、私は、文を書くのが大好きでした。本への関心も、海外への目も広がりました。
素敵な生徒たちに出会う旅は、私を元気にしてくれます。
2月14,17日と雪深かった滋賀県の琵琶湖のほとりの中学校に次いで、20,21と、久しぶりの岡山へ行き、28年度の学校訪問は終了です。
AD

1月26日に、訪れた、新潟の隆中等教育学校の校長先生と代表2人の中学2年生から

嬉しいお手紙頂きました。

中高一貫校の学校です。

・・・・便箋にきちんと書かれた日本の手紙の原型をしっかりと留めています。おそらく、先生方の日頃のご指導によるものでしょう・・・

拝啓

厳しい寒さが続いておりますが、高山様はいかがお過ごしでしょうか?私は元気に過ごしております。

先日はお忙し中、私たちのために講演をしてくださってありがとうございました。沖縄出身の方から直接話を聞くことで、沖縄の実際の姿や歴史、文化などについて多くを学ばせて頂きました。

その中でもやはり戦争の話が心に残りました。若い時から男女ともに出ていたことを知り、悲しく思いました。ひめゆり学徒隊の方々も戦争時にはガマに入って働かされていて、もし自分がそうだったと思うととてもひどいものだと想像できます。本当に沢山の犠牲者出ていて二度と戦争を起こしていけないと思いました。そのために私は戦争について学び、考え、今の平和の大切さを伝えていきます。

また、自然についてのお話も印象に残っています。沖縄と本土では自然環境が異なるので沖縄特有のものが多いことがわかりました。

特に気になったのはモズクの話です。

私の学習テーマは、海についてのものなので、生活排水やエンジンオイルの流出などで海が汚れてしまい、生産が減少しつつあるところもあるというもんだ煮にはとても興味を持ちました。沖縄の誇るサンゴにとっても、地球温暖化も含めて同じことが当てはまるのではないかと考えました。

今回の講演で聞いた学びを、修学旅行でより深い学びに変えていきたいです。

そして、「イチャリバチョーデー」【ユイマール】を合言葉とし、たくさんの「縄」に触れてきたいと思います。

このたびは、本当にありがとうございました。ぜひ、また新潟に遊びにらしてください。

それでは、寒さ厳しい折、尾を大切に体なさってください。敬具

2017年1月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・先生方のご指導もあるのでしょうが、こんなお手紙を生徒が欠けるって素晴らしいですね。多分、多くの生徒が、このように、自分に自信を持てる指導をしているからでしょう。

もう一人、次回に紹介します。私の誤字があるかもしれません。お許しあれ。

 

AD

本日、千葉稲毛のスマートケアー稲毛で

高齢者高級マンションで、午後1時より

(人生は愛とロマン~マイナス4歳?74歳のうちなーイナグの底力)と題して

沖縄の長寿を支えた食文化をテーマに熱く語ります。

沖縄物産も同時開催中です。

 

移動して、夕方から、丸の内のJKビル1階、

3×3LABOにて

5時よりワークセッション{沖縄空想旅行」・とちの浩氏

6時よりワークセッション沖縄の食文化・・実演しながら・・高山厚子

7時より懇親会(泡盛とサンシンの夕べ)サンシン平康隆氏

 

入場無料・・美味しい沖縄つまみと泡盛が自由に味わえます。

急な告知ですが、ご希望の方はおいでください。

 

AD

沖縄の子守唄や方言を紹介

テーマ:

特別支援学校の生徒たちが、

沖縄へ修学旅行へ行きます。嬉しい報告が沢山あります。

ある高校の特別支援学校の生徒です。

高校2年生まで、学校では一言もしゃべらなかったのに、

沖縄の修学旅行から帰ってきたら、

学校もしゃべるようになった・・・と。

涙の先生のお手紙でした。

何が、あの子を変えたのでしょう?

沖縄には、そういう力があるんです。ねえ!!

先週は、千葉の我孫子特別支援学校で、

素敵な生徒たちと先生と保護者も同席のなか、

エイサー踊ったり、沖縄方言教えたり、

音痴の私が、沖縄の子守唄を歌ったり・・

 

今日もまた、東京王子特別支援学校へ出向きます。

そうそう、カレンダーの後ろに、

沖縄で使って欲しい言葉を大きく書いて持参し、

学校へ残してきます。

そうそう、一緒に歌う歌詞もね・・・・

 

東京は、今日(2月8日)もいい天気です。

元気な生徒たちから、今日もパワーをもらいに、

ゴー!!! go!!・ごー!

 

 

2017年(平成29年)沖縄県修学旅行アドバイザーがスタートしました。

なかなか、時間をかけてアップできないことお詫びします。

長く小学校教員をしていた私には、

天職のように思いながら、

感動の日々に出会っています。

又、故里、沖縄への想いや、自分を振り返る日々でもあります。

父や母のことを思いだす日々でもあります。

沖縄戦勃発前に生まれ、生き延びてきた一人です。

戦争のことは、まったく知りません。しかし、

防空壕に入るたびに、大声で泣いていた私は、いつも、

防空壕から追い出されていたそうです。

泣き虫、厚子(ナキブサー、アツ子)出て行けってね。

とまあ、いろいろなことが・・・・

戦争を語るのではなく、平和を語ります。

(ヌチ・ドウ・タカラ=命こそ宝)の大切なものを語ります。

勿論、歴史や食文化や沖縄の人の精神構造の基になるものなど・・など。

多くの学校が沖縄に修学旅行へ行く。

行ってくださることに感謝しながら、私の全国行脚が今年も続きます。

出会いにも感謝しながら・・・

 

珍しく家にて、パソコン漬け。

新潟伊勢丹にて下記の日程にて、

沖縄料理の魅力を語り、試食をしていただきます。

1月21日12時~13時と15時~16時の2回。

1月22日も同時刻に2回行います。

内容的には、沖縄の元気の秘密とは?

その1、キラキラ輝く太陽とどこまでも広がる海の幸

全国で44番目に小さな県~あの海を乗り越えて

幸せはニライカナイから

その2、イチャリバチョーデーやユイマールの精神

その3、歴史が紡ぐもの~琉球王朝を通して日本は中国と交易

・沖縄の伝統工芸品と料理

(伝統工芸品とは日本の国が100年以上続いている技術に与えている)

何故?沖縄県が第三位なの?

全国一位は?二位は?( 県)

その4、沖縄食材と料理~1000種類の薬草が自生する沖縄

~台風がもたらす栄養素とは~

沖縄料理ってチャンプルー料理なの?

豚肉・島豆腐・昆布・季節の野菜を使用(沖縄では昆布はとれないが?)

薄味、酢の物・・・その5・・・・・

特別支援学校の生徒が、高校2年まで学校では一言もしゃべらなかった。沖縄修学旅行から戻ったら話すようになった。

沖縄・修学旅行のことをまとめ、弁論大会で優勝したよ・・・・

沖縄のきれいな夕焼けを眺めていたら、やる気になった・・ある学校の先生より

沖縄の何がその子を変えたの?

沖縄に秘密があるの?・・・・・・・とこんな内容で話す予定。時間あるかなあ。

そのあとで、モズクの声を聴こう・・・・と、

モズクの栄養素や料理レシピを配り、試食していただきます。

レシピは、モズク入りヒラヤーチーとモズク入りパンケーキの予定。

お近くの皆様、どうぞメンソーレー!([いらっしゃいませ)

私は、20日午後から新潟入りします。

 

 

 

 

 

 

近所の農家の加藤さんから頂く大根は、

実に美味い。あまくて、

毎日、薄くスライスして、オリーブオイルとポン酢と

そうそう、沖縄の激辛マヨネーズを隠し味に。

お皿一杯たいらげます。

これは練馬大根ではなく、(おふくろ)という大根です。

私は、丸ごと、大きなわ輪で利用するのが好き。

マールイお月様のようです。

ほら見てください。

大きなプロ用鍋でコトコト煮ること2日間。暑さ1,5センチから2センチです。

しっとり、甘みのある煮つけ・・

下は、大根サラダ。よく見えませんが真ん中の白いのが大根。

これも、まあ~るく薄く、大きいまま。

紅色は実は、ドラゴンフルーツ漬けと黄色はウコン漬け。

どれも、おいしいですよ~!

食べにいらっしゃいませ。

そうそう、ダイコンのステーキを油味噌でいただくのもいいですよ。

今が旬のダイコンです。

 

最近、おさぼりりしていました。修学旅行の訪問記。

 

誕生日の日に素敵なお手紙をいただきました。

 

原文のまま紹介します~一部割愛~

・・・修学旅行に向けて、

生徒の気持ちを高めてくださる内容の講演をして頂き、

大変感謝しております。

その後の生徒の顔つきや集会での聞く態度に変化が見られました。

・・・・・・・・略・・・・

数日後には、実際に沖縄へ向かいますが、有意義な時間を

過ごせると期待しております。

・・・・・・・・・略・・・

是非、長くこの活動を続けて、若い世代に

沖縄の魅力や戦争の悲惨さ、平和を維持する重要性を

伝えていっていただきたいです。

そして、私たちが高山さまの気持ちを繋げていかなくてはとも感じています。

元気が出ますね。このようなお手紙をいただくと。

今回も、たくさんの生徒の感想文も送られてきましたよ。

いつか、紹介したいな~

まだまだ、訪問後、紹介していない学校があるので、

心苦しく思っていますが。

明日は、栃木県立足利南高校へ。

 

沖縄県、恩納村といえば、多くのリゾートホテルが立ち並ぶ。

海よし、山よし、畑あり・・・と。

ラブラブ音譜「恩納岳・アガタ・サトガ ウマレジマ、ムイン、ウシヌキテ クガタ ナサナ」

恩納岳の向こうには恋しい人の村がある。この森を押しのけて私のところへ

持ってきたいものだ~恋の矢音譜

沖縄の女流歌人の情熱の詩(歌)です・・かってな解釈ですが・・・

北部へ向かう森のような山を抜けると、

私の生まれ島名護へ向かう・・

その恩納村の長浜村長さんと宇江城JAおきなわ恩納村支店長さんたちが

あるものを広めたいと上京。

思わず、「なあに????、」

試食してください~と。

食べてみました。甘~い。甘~い。これ、本当に果物?

えっ、そうなんです。本当に甘~い・・・

≪アテモヤ≫という果物なんですよ!

果物なのに、

天然のアイスクリームのようなんです。

今まで食した果物で、砂糖に近い甘さなのだ。

そういえば、沖縄で見たっけなあ~

夏のマンゴーの後に出荷できるように29年前から取り組んでいるそうです。

何でも、ヨーグルトなどとあうそう。アイスともあいそうだね・・・

というわけで、私も、少し、利用方法を考えることに。

2個ほどいただいて・・今、レシピを考案中・・

ぜりーにしようかなあ?・・・

いづれ、ご紹介しますね。

皆さん、沖縄の太陽の恵みは、ビタミン豊富、

ミネラル豊富です・・・・新規デビューの

アテモヤ・・・カーギはないけど、

チムグクルは熱いよ!

情熱の女流歌人ウンナナビーのハートのようにね!

 

1月7日、私は74-4歳になりました。

昨年は、73歳-3歳でした。

多くの皆様から、フィスブックにお誕生日のメッセージをいただき感謝!

ファイスも、ブログもお休みがちでしたので、

お一人お一人にお返事できませんでしたことお許しください。

空飛ぶあっちゃん、今年も、おそらく、飛んでいることでしょう。

旅先で知り合ったある方からの絵手紙です。

どこへ行くかは、お楽しみに!

まずは、自宅サロンで

10日、沖縄ガチマヤー料理教室でスタート。

ランチを用意していますので食べてから料理開始し、作ったものは

ほとんど持ち帰ります。現在1人のみ募集中(定員6人)

今回の賄ランチは

・①紅イモの餅米ご飯、②・加藤さんちの大根サラダ(オリーブオイルで)

③ドラゴンフルーツとウコンの漬物、③里芋の沖縄風甘辛煮、④ミミガーとダイコンの和え物、⑤デザートは手づくり栗羊羹、⑥モズク入りとろとろスープ・・他

料理メニューは、

①ミヌダル・・豚肉と鶏肉を黒ゴマと白ごまで作ります。

これは、琉球王朝時代の首里独特の料理です。

会席などにもよく使われます。

②豚肉のアンダンス―(油味噌)づくり。

作った油味噌は持ち帰りますが、一部下記のメニューに使用します。

③ちんぴん、④ポーポー・・・・です

他に自宅サロンでは、

10人規模のアロエベラのランチパーテイーもあります。沖縄宮古島からアロエべらを取り寄せ10種類以上の料理が並びます。食べ放題、会費千円、今話題の自分ハグや言葉遊び(俳句の初歩)を講師から手ほどきを受けます。老若男女参加OK(10人~15人位)

 

19日、千葉さわやか県民プラザホールにて講演(柏の葉高校)

21,22日は新潟伊勢丹にて、沖縄の食材の話と料理実演

27日、千葉県我孫子特別支援学校へ・・・・ほか、もろもろ・・・・です。

寒い季節です。皆様のお風邪など召されませんように。