過去日記

テーマ:

休止は、本当にします。ただ、これからの日記はつけないけれど、過去の日記を大量に見つけたので、のせておきます。私はここにいたよ、という最後の声。大学生活の日記です。今読むと、とても懐かしいです。


過去日記1

過去日記2

過去日記3

過去日記4

過去日記5

過去日記6

AD

バイドラ

テーマ:

バイパスドライブイン二本松。略してバイドラ。24時間営業の食堂です。二本松の24時間営業の店には、デニーズかバイドラがあります。デニーズに比べて、バイドラは味があるというか、しんみりしているというか、おふくろの味というか、客層も、家族連れより疲れた感じのカップルが多いというか。職場では意外と人気のある店です。昨夜は生姜焼き定食にしました。ボリュームが多いので、とても全部は食べられませんでしたが、なかなかおいしかった。車があったらひとりで通う、か、もしれません。


ちなみに、私は家族連れの多いデニーズでも一人でごはんが食べられます。堂々と。

AD

丹田

テーマ:

へその下のあたりにある、丹田。そこに力を入れて、気合をひとつ、肉体の限界を、もうひと端遠くまで手探りで、まだいける、まだ頑張れると。本当に重みに耐えられなくなりそうなときは、奥歯を鳴らして、一瞬目をつぶって、呼吸を整えれば、もっと迅く動けるはず。

遅番再開

テーマ:
おかえりー!と、遅番のバイトさんに言われました。感動。昨日からまた遅番です。遅番は、忙しいし、生活時間も不規則で大変なのですが、私はわりと好きです。なにしろたくさん眠れるし、閉店後の誰もいないホールは設備を触り放題、勉強し放題なのです。ふふふん。

テーマ:

青森の実家と、鳥取の兄の間では、毎年のように林檎と梨がやりとりされます。私も大人になったら特産物を家族に送ろう、と、学生の折から考えていたのですが、ついに今年、それが実現しました。福島なので桃を送ったのです。二人だけど、友人知人親戚その他、まあ配り先はいくらでもあるだろうと、大振りの桃を一番大きな箱で送りました。

たぶん、今年一年は、実家に帰れません。鳥取の兄なんて次はいつ会えるか知れません。特に男親というものは、寂しがっているようで、来月にはこちらに遊びに来るそうです。歴史好きの父に、二本松少年隊は白虎隊とは違うことを説いて聞かせなければ、と思っています。

朝に向かう

テーマ:
うだうだと、戻らない失敗について書いたのですが、削除しました。やめやめ。過ぎてしまったことは、もう仕方がありません。これからできることをするだけです。土下座して許されなくてもどうなっても仕方がない。改めてがんばるだけです。馬鹿なのだから、馬鹿なりに、何かするだけです。とりあえず寝ます。

song for/赤頭巾

テーマ:

HYの「song for...」という曲を、繰り返し聴いています。友人に、是非歌ってほしいといわれたので。恋する女の歌です。会いたいけど会えないただあなたに会いたい、という感じの一曲です。車で聴くとちょっとしんみりします。ただちょっと気恥ずかしいというか顔向けできないというか(誰に?)、そんな風に思うのは余計な照れがあるからでしょう。一緒に聴く人に気を遣うような照れなど全く不要だし、そんなの音楽に失礼であるのですが、どうも好きなものを好きと言えないような気障ったらしい恰好つけの傾向があります。恋愛の歌は大げさなくらいが楽ちんです。そんなわけで(?)ピンキーとキラーズ「恋の季節」はとても良い曲だと思います。「恋は、私の恋は空を染めて燃えたよ」ここまでいくと納得もできようものです。


白状すると、庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』を読んでいます。帯曰く「女の子にもマケズ、ゲバルトにもマケズ、男の子いかに生くべきか。」簡単に影響を受ける弱さが、心身のだるさを助長します。自家中毒です。

祭り

テーマ:

maturi


近所の斎場主催の、お祭りに参加しました。先輩の車に乗せてもらった仕事帰り、ずらりと並ぶ提灯と、賑わいを見つけたのです。なんと、肉やらたこ焼きやら焼き鳥やらビールやら酒が、すべて、無料&おかわり自由で提供されていました。雨が降っていたのですが、踊っている人も食べ物に群がる人もとても楽しそうです。あちこちで見かける常連の姿にドキドキしながら、我々はちゃっかりと、斎場の事務所に入り、堂々と飲み食いしました。もう面がわれているようで、常連やら取引先やらが、声をかけたり、食べ物をくれたりしてくれます。全然知らない人にざるいっぱいのそうめんをもらったりして。

お祭りは盛況の一言、なんというか、連帯感のある二本松市民の姿に、我々はただただ「いいとこですなあ」というほかありませんでした。

牛タンは食べれるか

テーマ:

明日。晴れたら同期が仙台に連れて行ってくれるそうです。牛タンを食べに。晴れたら、というのがポイントで、曇っていたり雨だったりすると、車を持っているにも関わらず、中止となるのです。やる気が、いや、牛タンへの情熱があれば、天気なぞ関係ないと思うのですが。

今日は雷がずっと鳴っていました。停電になったら色々とややこしいので、ズズーン、と雷が落ちる音と振動を聞くたびに、みんなそわそわとしていました。二本松近郊や、郡山の店舗では停電したようで、これはもうご愁傷様としか言いようがありません。かくいう二本松店も、先日の地震で台から何から停電になりました。逃げるお客様、動かないお客様、そして補償ラッシュと、中々大変だったようです。地震が起きた日、私は遅番だったので、ホールにはいませんでしたが。

明日から一週間、早番になります。もうどっちの生活が基本でもかまわないと思っているので、戻るとか行くとかいう感覚はありません。ただ、あさっての朝はつらいでしょうね。