占星術師・天音なおみのブログ 花天月地

占星術師・天音なおみのブログ

NEW !
テーマ:








7月に入りました。個人的にはあっという間に過ぎた半年でした。

このところ、時の流れがとても早くなっている感覚。

ひさしぶりに某嬢からご連絡をいただいてあら1年ぶりと感じたのだけど、記録を見たら5ヶ月前とか、そんなのばかり。

星の世界では、システムの溶解を表す土星と海王星のスクエアが続いています。

土星は、一度完成したものであり、「いつものペース」という時間感覚も示すので、今はいつもと違うよ、狂ってるよ!くらいのほうが、混乱があるにしろ、これからの土星のシフトチェンジに役立ちます。

今リピートしているサビアンの講座も前回のテキストを見ると古くなった気がしてしかたないので、毎回大幅に書き直して出しています。

このスクエアは9月が山です。

私はいまだに7月は手いっぱいで、8月の予定もまだ出せない状態でいますが、10月か11月から占星術の応用講座やりたいと考えています。もうしばらく練りますね。



土星は現世の枠を示すので、霊的現象も起きやすくなるアスペクトです。

6月は夏至がありグレゴリオ暦も1年の折り返しということで、定期的にお会いする方々とのアポイントが続いていましたが、今期は霊界との通信というテーマがことのほか多かった。

先だっては、ご主人を亡くされたマダムとのお約束。

こちらには僚友と言おうか共に事に当たるジャン・レノ似のナイスガイと同行するのですが、彼が言うにはご葬儀の後ずいぶん長いこと落ち込み疲れていらした、今日は大丈夫かな、と。

ところが、マダムは終始ご機嫌な様子。

近況をうかがうと、夫に先立たれた妻は元気になる、という話でなく...

四十九日を過ぎてから、マダムはご主人といつでも会って話せるようになっていたのです。

生前はビジネスに忙しい方でした。

「毎日、幸せでうれしいの。すぐに来てくれるし、彼が言いたいことがそのまま伝わってくるの」

感謝に目をうるませながら輝くような笑顔でした。

今は亡き人がくれる愛の大切さを皆さんにシェアしたいと思いますので、お許しいただける範囲でまた続けますね。


講座・ワークショップ個人セッションお問合せ天音なおみHP無料メルマガ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)