世界初の快挙!

テーマ:

Hayabusa has landed on the asteroid Itokawa.


世界初の小惑星サンプルリターン・ミッションの目的をもった「はやぶさ」が、2003年5月9日午後1時29分に鹿児島県内之浦から打ち上げられ、2005年11月20日の午前4時33分に惑星1998SF36「コメットイトカワ」に着陸し、サンプルを採集できていたかどうかはまだわからないようですが、無事離陸したとのこと。

2007年7月には地球へ帰還し回収したサンプルはオーストリアの南部の町オメーラに近い砂漠地帯に軟着陸する予定らしいです。ミッション期間は実に4年くらいかかるんですねえ。


サンプル回収はタッチアンドゴー式で3回行われるとかで(瞬時に採集するから「はやぶさ」と命名したのかしら?)、24日の夕方また発表があるようですが、ぜひ成功して欲しいものですよね。


月以外の惑星に探査機が着陸したのは「はやぶさ」が始めてなので、日本初の快挙!!!です。いやあ、世界初というのはやはり嬉しいものですね!当事者であるスタッフの皆様の喜びもいかほどかと思います


小惑星「イトカワ」は日本のロケット開発の父といわれる糸川英夫(1912年7月20日 - 1999年2月21日)にちなんでつけられたもので、戦前は中島飛行機機の技師として戦闘機などの設計にたずさわり、ペンシルロケットを開発したんですね。


晩年にはバレエやバイオリン、チェロ、そして占星術などに没頭されて、私の記憶にはずいぶん変わった人がいるんだなあという印象でした。ペンシルロケット開発時には中傷などもあって苦労もされたようです。


ちなみに「はやぶさ」が「イトカワ」に着陸した20日はトランジット太陽は蠍座27度にありイトカワ博士のネイタルの蟹座27度にある太陽と正確なトラインを組んだ日でした。

AD

ディープインパクト

テーマ:

2005年1月12日フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたディープインパクトが360キロの銅製のインパクタを2005年7月4日、アメリカ独立記念日に、彗星テンペル(1867年発見。)に衝突させました。。この計画は1999年、メリーランド大学のMichelA'Hearn(ミハエルエーハーン?) 博士により進められて8回目のディスカバリー計画 となったとのこと。


私はTVでその衝突の様子をみましたが、 衝撃時の映像はがまるで映画をみているような気分になりましたね。これは実際起こっていることなんだという実感が沸かなかったです。

彗星の核に衝撃を与えたそのデータは、原始太陽系のシステム、太陽系がどのように成り立っているのかなどを探るためであり、また原始地球の状態や、まだ未確認の地球に衝突する可能性のある彗星などの発見などに役立つようですが、この計画にはいったいどのくらいの資金が投資されたんでしょうね。宇宙の自然に人工的に人類が手を加えたことになるこの計画ですが、ロシアの女アマチュア占星術師がこの出来事で精神的損害を受けたとしてNASAを訴えたというニュースが新聞にのりました。

その昔8年前の1997年3月22日に地球に再接近した「ヘールッポップ彗星」は、天文ファンの関心を集めた出来事ですが、そのときにアメリカのカルトグループ「ヘブンゲイト」の教祖、アップルホワイトとその信者たちが 彗星の影にかくれてやってくるUFOに乗るため、地上での乗り物である肉体を捨てるため集団自殺という事件があったのをうっすら覚えています。


彗星や日食などの天文現象は古代の人々にとって驚異となるもので、不吉なことのしるしとされていたようです。


NASAにとっては来る13日のスペースシャトル打ち上げの前哨戦となったこの計画の成功を心から喜んでいるのでしょう。


さて我が日本では、蟹座で新月となる明日6日の12時30分から13時の間に「X線・ガンマ線による高温プラズマの研究、宇宙の構造と進化を研究する、ブラックホール候補天体と活動銀河核の広帯域のスペクトル研究」を目的とするASTRO-EII/M-V-6が打ち上げられるそうです。



AD

ハッブル宇宙望遠鏡

テーマ:


「宇宙が膨張している」ことを発見した天文学者エドウィン・パウエル・ハッブルにちなんで名づけられ、1990年4月24日にスペースシャトル・ディスカバリー号によって打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡(HST)は今年で15年目を迎えています。


実に長い間宇宙空間にあって働いているのですね。


実はHSTは1986年に打ち上げられる予定でしたが、スペースシャトルチャレンジャー号の爆発事故によって1990年に延期されたのでした。


打ち上げられた当初からトラブル続きでしたが、そのつどスペースシャトルの打ち上げにより修理されてきました。


HSTの形態は、長さ13.1メートル、 重さ11トン、 主鏡の直径2.4メートル。軌道は近地点高度586.47km、遠地点高度610.44 km軌道傾斜28.48度、公転周期96.66分の、ほぼ正円に近い楕円軌道だそうです。


その目的はブラックホールや生まれつつある星の空間の観察など。


15年間の間実に70万枚!!にわたる宇宙画像を地球に送ってきたのです。

しかしHSTは補修がなされなければ、2007年か2008年には
そのシステムを動かしているジャイロスコ-プが不調となり観測不能になるらしいです。修理がなされなければ、HSTは引退となってしまわけで、宇宙の貴重な瞬間をのがすことになります。


野口宇宙飛行士が乗り込むことになる7月予定のラウンチが無事成功すれば、HSTの修理への飛行も可能となるのでしょう。

今回のミッションでHSTへの飛行もできれば一番いいのでしょうけれど、飛行復帰ミッションをまずみてから、ということみたいですね。

ロボットによる修理という案があるそうで、これも可能となるでしょうか。

 


HSTよ、がんばれ!!

hubblesite
日本惑星協会

hubblenewscenter

AD

夢ははてしなく、、。

テーマ:

国際宇宙ステーション(ISS)を今日見ることができました。

結構飛行機も飛んでいて、わかるのかしら?と思いつつ
南東の空を眺めていたら、スーッと移動する感じでISSが飛行しているのが見えました。

高度が20~25度ぐらいで木星とスピカの間あたりだったと思います。やっぱりこの目でみるのは感動しますね。高度や時刻は日によって変わるが、札幌や仙台は7日、東京は6日、福岡は5日、大阪は4日まで観測できるそうです。

軌道は、こちら (←クリック)で知ることができます。

今現在はアジア大陸の中国かロシアあたりの上空を飛んでいるようです。

見た感じは飛行機よりやや遅いスピードとかいてありましたが、飛行機より早い感じしましたね。


2003年2月のスペースシャトル「コロンビア号」の事故以来、ISSの建設も中断されていましたが、事故後初のスペースシャトル飛行となり、

そして日本人宇宙飛行士野口氏がクルーとなる

STS-114ミッション (←クリック)「ディスカバリー号」打ち上げ予定期間は 2005年7月13日から7月31日(米国時間)。

ラウンチ時間はまだわかりませんが、7月13日は水瓶座ルーラーである土星が蟹座の29度にあり、7月17日には土星のサインが獅子座に移動するという時期。

野口宇宙飛行士の役割は船外活動だそうです。

事故後のラウンチですから、このミッションは大変重要ですね。このミッションのロゴマーク (←クリック)は「コロンビア号」のクルーを偲んで作られたとか。

宇宙への夢は果てしなく続きます。