ハッブル宇宙望遠鏡

テーマ:


「宇宙が膨張している」ことを発見した天文学者エドウィン・パウエル・ハッブルにちなんで名づけられ、1990年4月24日にスペースシャトル・ディスカバリー号によって打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡(HST)は今年で15年目を迎えています。


実に長い間宇宙空間にあって働いているのですね。


実はHSTは1986年に打ち上げられる予定でしたが、スペースシャトルチャレンジャー号の爆発事故によって1990年に延期されたのでした。


打ち上げられた当初からトラブル続きでしたが、そのつどスペースシャトルの打ち上げにより修理されてきました。


HSTの形態は、長さ13.1メートル、 重さ11トン、 主鏡の直径2.4メートル。軌道は近地点高度586.47km、遠地点高度610.44 km軌道傾斜28.48度、公転周期96.66分の、ほぼ正円に近い楕円軌道だそうです。


その目的はブラックホールや生まれつつある星の空間の観察など。


15年間の間実に70万枚!!にわたる宇宙画像を地球に送ってきたのです。

しかしHSTは補修がなされなければ、2007年か2008年には
そのシステムを動かしているジャイロスコ-プが不調となり観測不能になるらしいです。修理がなされなければ、HSTは引退となってしまわけで、宇宙の貴重な瞬間をのがすことになります。


野口宇宙飛行士が乗り込むことになる7月予定のラウンチが無事成功すれば、HSTの修理への飛行も可能となるのでしょう。

今回のミッションでHSTへの飛行もできれば一番いいのでしょうけれど、飛行復帰ミッションをまずみてから、ということみたいですね。

ロボットによる修理という案があるそうで、これも可能となるでしょうか。

 


HSTよ、がんばれ!!

hubblesite
日本惑星協会

hubblenewscenter

AD

夢ははてしなく、、。

テーマ:

国際宇宙ステーション(ISS)を今日見ることができました。

結構飛行機も飛んでいて、わかるのかしら?と思いつつ
南東の空を眺めていたら、スーッと移動する感じでISSが飛行しているのが見えました。

高度が20~25度ぐらいで木星とスピカの間あたりだったと思います。やっぱりこの目でみるのは感動しますね。高度や時刻は日によって変わるが、札幌や仙台は7日、東京は6日、福岡は5日、大阪は4日まで観測できるそうです。

軌道は、こちら (←クリック)で知ることができます。

今現在はアジア大陸の中国かロシアあたりの上空を飛んでいるようです。

見た感じは飛行機よりやや遅いスピードとかいてありましたが、飛行機より早い感じしましたね。


2003年2月のスペースシャトル「コロンビア号」の事故以来、ISSの建設も中断されていましたが、事故後初のスペースシャトル飛行となり、

そして日本人宇宙飛行士野口氏がクルーとなる

STS-114ミッション (←クリック)「ディスカバリー号」打ち上げ予定期間は 2005年7月13日から7月31日(米国時間)。

ラウンチ時間はまだわかりませんが、7月13日は水瓶座ルーラーである土星が蟹座の29度にあり、7月17日には土星のサインが獅子座に移動するという時期。

野口宇宙飛行士の役割は船外活動だそうです。

事故後のラウンチですから、このミッションは大変重要ですね。このミッションのロゴマーク (←クリック)は「コロンビア号」のクルーを偲んで作られたとか。

宇宙への夢は果てしなく続きます。

AD

Eyes of an artist

テーマ:

excite ニュース によると、ゴールデンウイーク明けに国際宇宙ステーションが肉眼でみえるそうです。、国際宇宙ステーションは高度350キロの軌道上をまわっていて、5月3日、仙台、東京で午後19時10分ごろ、南東方向の高度20~25度前後の空をマイナス2等級ぐらいの光の点が、飛行機よりやや遅い速度でスーッと移動するように見えるそうです。知らないとUFOに間違えそうかな。


アストロロジー好きな方は
星空を実際に目で見て星座の位置や恒星の明るさなど知っている方も多いのでしょうね。


ルーメンコレブ(Rumen Kolev)というルーマニア出身のアストロロジャーお手製の「The Babylonian Astrology & Astronomy」という本の中に
「The babylonian astrologer lookes at the sky with eyes of an artist」と書いてあります。望遠鏡もない時代「目で見る」ということは古代はアートだったのでしょう。


ホロスコープ上の星の位置が実際の空ではどのように見えているのか知ることは大事なような気がします。


ちなみに水星の等級は+2.0~-1.5 

金星は-3.8~-4.5、木星は-1.7~-2.9、

火星は+1.8~-2.9、土星は+1.1~-0.4.


できるだけ星空を眺めて「視認」していきたいものです。



AD