ポルックス

テーマ:
ポルックス
今日20日午前8時13分、月は蟹座23度02分にありノードとスクエアを形成しました。

8時44分には蟹座23度付近にあるカストールの双子の兄弟のポルックスと再接近しました。

カストールは人間の子なので死んでしまいましたが、ポルックスは神の子で不死身。カストールが戦いで死んだあと、一人で残るのをよしとせずにゼウスに頼み込んで不死身の半分をカストールに与え、それぞれが交互に生きるようにしてもらいました。黄泉の国と神の国を数日ごとに交換しながら暮らすようになったのです。

ポルックスのほうが神の子のゆえか、人間の子カストールよりも明るい星。

二人とも互いによく連絡を取り合い助け合ったそうですが、江戸川乱歩をカストール、横溝正史をポルックスにたとえた二人の盟友関係について書かれたHPがあります。

恒星ポルックスはロブソンによれば、「狡猾で、巧妙な、猛烈で勇敢な、大胆な、残酷な、無分別な性質を与え、拳闘を好み、悪意に威厳をつけ、毒と関連している」と述べています。

カストールとポルックスは対極にあるものの架け橋であり、ブラディによれば、ネイタルでカストールがアクティブであれば物事の明るい面を、ポルックスであればいつも目の前にあらわれる状況への苦痛や不安、で問題の影の部分をより誇張する。 二つの対極にあるものの葛藤、が「作家」(書かずにはいられない)を生み出すといっています。

ジョンレノン、ワーズワース、ルイスキャロルなど
多くのライターがネイタルチャートでアクティブと述べています


AD

カストール

テーマ:
夜空を見上げたら、月の周りに3つの星が見えます。ひとつは土星でしょうか? あとの二つは何でしょう。カストールとポルックスでしょうか。

土星と月は20日の2:52分に蟹座20度23分でコンジャンクションとなります。
土星は現在蟹座の20度24分にあり逆行中です。この度数付近には恒星カストールがあります。

ギリシア神話の主神ゼウスの子の一人で、ポルックスの双子の兄弟。 

兄カストールは乗馬の名手、弟ポルックスは剣とボクシングの名手で不死身でした。

一説によると異父兄弟であったとか。二人は金の羊毛を探す航海に出た神話の冒険者たちの一人だったので船乗りや海洋冒険家の守り神とみなされるようになりました。

カストールの一般的占星術的意味はロブソンによると「卓越さ、鋭い知性、法律における成功、多くの旅行、馬への愛着、突然の名声と名誉、しかししばし幸運の損失と不名誉、病気 問題と大きな障害。そのネーティブはいたずら好きで暴力的傾向がある。」です。

船乗りの守り神であるカストールと土星のコンジャンクションのときに、マラッカ海峡で日本人船員が拉致されるという事件がおこりましたね。


「ジャカルタ――マラッカ海峡沖で今月14日、タグボート「韋駄天」が海賊に襲われ、日本人船長ら3人が拉致された事件で、インドネシア海軍の報道官は19日、3人のうち2人がマレーシアのペナン島周辺で同日朝、解放された、と述べたが、後でこれを撤回した。情報が誤っていたと釈明した。AP通信などが報じた。 朝日新聞によると、最近人質が解放された他の拉致事件のケースと、関係者が勘違いした可能性がある、という。インドネシア海軍筋の情報としている。」


拉致されたかたがどうか無事に日本へ戻れますように。



AD

占星術師たち

テーマ:
アルービルニー(Abu Rayhan al-Biruni )(973年 9月13日生~1048年12月13日没)

イスラム教の最も偉大な科学者。アルービルニーは現在のウズベクのヒバ(現代ではパラカルパクスタンとして知られるアラル海南岸)で生まれた。早い時期から高名な天文学者のもとで研究をし、学問の名声は行きわたった。彼の故国を征服したMahmood Ghaznawiが彼をインドに連れて行き、インドの賢者から数学、地理、宗教を学ぶ。アルービルニーは「インド誌」にインドの詳細を記述。同じ頃テトラビブロスに匹敵する「タフヒム」
(The book of Instruction in the Elements of the Art of Astrology)

を記した。アルービルニーは地球が太陽の周りを回っていることを知っていた。




イーブンエズラ(Abraham ben Meir ibn Ezra)(1089年生~1167没)



1089年現在のスペインで生まれる。早期の人生については知られていない。詩人、ヘブライ語文法学者、旅行者、スペインのユダヤ教の黄金時代に貢献した聖書の 論評家 として最もよく知られた 新プラトン主義 哲学者、天文学者。イタリア、プロバンス、フランス、イギリス、エジプトとイスラエルなどに旅し、その後占星術的論文を書いた。「The Beginning of Wisdom」は有名な占星術テキスト。1939年に英訳されている。


AD

占星術師たち

テーマ:


プトレマイオス(トレミー)Ptolemaios Klaudios


古代ギリシャの天文学者、地理学者。経度緯度を使った科学的地図を作成。正確な没年は不明。西暦127年から141年までアレクサンドリアで天体観測に従事。エジプトのアレクサンドリアで活躍した。生没年ははっきりしない。
天動説の完成者。地球が宇宙の中心にあり、同心円状に地球から近い順に月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、恒星天と並んでいる。天動説は以後1000年間続いた。代表作「アルマゲスト」に記述。「テトラビブロス」は占星学最大の原点といわれる。アレクサンドリア図書館が狂信的なキリスト教徒によって破壊され、20万巻におよぶ古代天文学と占星術のテキストが焼き捨てられた。そのようなちりに埋もれた文献を発掘し、集大成させたのがプトレマイオス。






アブーマーシャル(Abu Maaschar)(805~885)


イスラム世界で西洋の占星術を発展させた人物。中央アジアのバルフ生まれでバクダッドで活躍。アラビア語訳「テトラビブロス」に注釈を加えて、手引書「占星術華集」を著した。彼は牡羊座一度で7つの惑星がコンジャンクションしたときに世界は創造され、魚座30度に同じコンジャンクションのときに世界は終焉すると主張した。後世のヨーロッパ占星術に多大な影響を与えた。