(まーさ本ブログからおいでのみなさまありがとうキスマーク


2013~14年のパワフルな星周りを受け、

まーさ、astrosigno・限定アイテムを新たに制作しました。


今回はその第一弾。

2013年夏から、この7月まで、断続的に続く


蟹座木星&蠍座土星&魚座海王星のグランドトライン宝石赤


のエネルギーから生まれたブレスレット


「水のブレス」~The bracelet of Water sign~


ご依頼はこちら

お申込みフォームへ

astrosignoHP(こちらでも情報が見られます)

より素敵にリニューアルしました



2013年夏から、この2014716日までの約一年間は


201145日に海王星が魚座に移動し、
2012107日土星が蠍座に、2013627日に木星が蟹座に入ったことで、

大惑星による『水星座のグランドトライン』

(幸運の大三角)が形成される時期となりました。


(日々星は動くので、もちろんその間でも断続的に形は変わりますが、

意識上はこのトラインの時期である、と私は考えています)

木星以降の、公転周期が一年以上の大惑星だけで

この配置ができることは、めったにありません。


かつ占星術の定義では、周期の長い星ほど
「深いところから、幅広い範囲で、じっくりと影響をもたらす」と言われるのですが、



実際にその通り、この配置が生まれてから現在までの間には



「水星座の守護下ならではの、根底の温かさ、きめ細かさ、愛情に対する真摯さ」

が、ほぼ全員の中で、無意識のうちに活性化されていると感じます。


その守りがあるからこそ、

人は安心して、より一歩進む勇気を持ちやすくなっている。


2014年、みんなが大きな変化を起こそうと、

こうして頑張れる状態になってきているのも、



この配置の力添えが、背景にあるからではないでしょうか。

今何かに懸命になって、結果として傷つくことがあっても、


それは大きな愛によって力強く癒され、
また一段大きく成長するための、よいきっかけにさえ、変えていける。

今はそういうときで、


最初は、そこが傷だったとしても、
一度開いた場所から、荒々しくみずみずしいエネルギーが湧き出て、


結果として一枚古い自分を脱ぎ捨ててしまえるような。



傷こそが、「新しい自分の始まりの場所になる」ことさえある。


自分さえそう望めば、今はそんなことがかなうときなのではないかと、私は感じます。


そんなやさしさと温かさ、しなやかさとゆるぎなさを忘れたくないな、と思い、


現在のこのエネルギーを形にして残したいなという気持ちから、

このブレスを考えました(※)

またこのブレスためにあるような石・ピンクインペリアルトパーズとの出会いもあり、

まさに!とろけるような甘美な布陣が組めたと思います。


星の世界の考え方では、

ある星周りの中で思ったこと、スタートしたこと、出来上がったものは、

そのエネルギーを継続的に受けつづけるといいます

(まさに、私たちの誕生日、がその代表例ですよね)







今回使用しているのはこんな石です宝石紫

水のブレス The Bracelet of Water sign

(ピンクインペリアルトパーズ×アクアマリン×ブルームーンストーン)

三つの石の性格説明・ブレスの中での位置づけ)





◎ピンクインペリアルトパーズは誠実な愛、叡智。

自分に本当に必要なものを見定め、引き寄せる力、迷いや不安を払い、

明晰さを与えてくれます。


もともとのトパーズの、クリアで聡明な性格に、ピンクの優しさが加わって、

より、人生を楽しむ力、相手を惹きつける能力がアップした感じ。


⇒光を受けて生き生きと咲き乱れ、見る人を惹きつけてやまない
「潤った花の中に流れる水、葉の上で輝くしずく」のようなイメージです。




◎アクアマリンは海の象徴と言われます。

人と人との間を優しくつなぎ、穏やかにつながれるよう、導いてくれます。

自分の中のいらないものを洗い流し、癒しを与える力も強力です。


持ち主に若々しさや幸福な結婚、子宝をもたらす“みずみずしい豊かさ”の石でもあります。


⇒「すべての命を包みこむ大気の中の水、海、大いなる循環」のイメージです。




◎ブルームーンストーンは、情緒的な不安定さ、肉体のアンバランスさを和らげ、

その人のあるべき形に戻してくれます。


また、ムーンストーンはもともと女性を守護する存在ですが、

特にブルーのこれは、持ち主の霊的な力を引きだすともいわれます。

内なる自分を鎮め、自然に“メッセージ”に耳を澄ませるようになる。

結果、「進むべき道が、ごく自然に見えてくる」。そんな気付きをもたらします。


⇒月光に照らされ輝く水面、柔らかく揺れる月、

人々を眠らせ、包み込み、潜在能力を浮かび上がらせる夜のイメージです。


宝石白宝石白宝石白宝石白宝石白


(まさかの文字数制限にひっかかってしまいました。

つづく→つづき

AD

コメント(1)