アストップのブログ

浜町・水天宮・人形町エリアの不動産情報や、お勧めスポットをご紹介♪


テーマ:
前回のブログに引き続き、
トラストパートナーズ賑町ですが、
一度私自身も投資してみようと思い、
資料請求しました

しかし…その送られてきた資料自体は、ほとんどHPの内容と同じなので、
直接担当者と連絡し、気になる点を全て確認しました
※担当者様はかなり詳しく教えて頂けました。ありがとうございます。

今回トラストパートナーズの全容をお伝えし、
検討されていましたら参考になればと思います。

商品についてですが、こちらをまずご覧ください。

HPに書いていない内容を書きます。

Q1.予定利回り(表面利回り)は5.5%と書いてあるが、想定される費用としては何がいくらかかるのか?
・固定資産税:年額4,000円/口
  ・修繕積立金:年額3,500円/口


がかかるみたいです。つまり実質利回りは、予定利回りの1口当たり年額27,500円/口から固定資産税と、修繕積立金を引いた年額20,000円/口となり、4%となります。
※今回は建物付の商品の為、修繕積立金があります。今までの商品は平置きタイプなのでありません。


Q2.5年後以降は、理事のトラストパークの買い取り制度があるが、買い取り金額の算出基準は?
→直近1年の配当金より金額を5.5%を割り戻して算出

つまり直近の配当金が5%の25,000円だった場合、25,000円を5.5%で割り戻して、
454,545円/口となる。しかし、ここまで下がることは実際は考えにくいとのことです。


Q3.こちらの商品の運用開始はいつからか?
→平成26年3月10日組成予定。ただし早く集まれば、それ以前の可能性あり。


Q4.契約期間は【対象不動産売却後解散】とあるが、実際に売る可能性はあるのか?その時はどうなるのか?
→ 組成後3年間は売却しない。それ以降は可能性あり。

売却するかどうかは議決権の過半数の賛成で決めるとのことです。
例えば今回3億円の時価なので、仮に3億5000万円で売却した場合、諸経費を抜いた分を600口で割った金額で分配になります。


Q5.購入する資産の内訳は?
→土地80%、建物20%

つまり建物20%分は償却することが出来ます。


Q6.登記はどうなるのか?
→代表者としてトラストパークが登記する。


Q7.登記者はトラストパークになるが、万が一トラストパークが倒産したら、差し押さえの可能性はないのか?倒産後の流れはどうなるのか?
→この質問が一番重要だと思うので、詳しく説明します。

今回の商品は不動産特定共同事業法に基づいた商品です。その中の第1号商品として、任意組合を組成するタイプです。(民法第667条~第688条)
この場合、登記者は代表としてトラストパークが登記しますが、所有権自体は各組合にある旨が記載されています。
つまり、トラストパークが万が一倒産したとしても、銀行から不動産が差し押さえられることはないとのことです。
では倒産するとどうなるかというと、組合とトラストパークが契約したマスターリース契約が破棄され、運営はトラストパークができなくなる可能性があります。(民事再生の場合は別ですが)
その場合、組合で総会が開かれ、今後の方針(売却するのか、別の会社とマスターリース契約を結ぶのか)を決めます。


と長くなりましたが以上です。
投資は自己責任でお願いいたします。

まとめますと、確かにリスクはありますが、なかなか面白い仕組みですね!
質問等ございましたら何なりとご連絡ください。(トラストパークの関係者ではございませんが)



AStop

03-6231-1967

info@astop-yk.com

営業時間 10:00~19:00 定休日:水曜


他の物件をアットホームで探すえんぴつ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アストップさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。