image




「ミセス」5月号 お茶特集に紹介されました。

各種講演、セミナー、研修やデモンストレーション、トークショー等、コーポレートイベントを企画から承ります。


紅茶は健康に良いだけでなく、香りの癒し効果、無理なくきれいになれるヘルシーな飲み物として世界各国で消費が増えています。
また、イギリスの文化を学ぶ上では欠かせない国民飲料です。
イギリスい関すること、香りをキーワードのお仕事などで幅広く対応できます。

過去のクライアント様:
高校、大学の英国研修
トワイニング300周年記念イベント(片岡物産、朝日新聞)
ハロッズ日本上陸30周年イベント
香りで楽しむアフタヌーンティー(花王)
他にオリジンズ、リプトン、在英日本商工会議所、英国婦人会、ミキモト・アカデミー、ダイナース・クラブなど

著書「英国 とっておきのティープレイスへ」他4冊
雑誌、新聞:「ミセス」「家庭画報」「アエラ」「朝日新聞」「読売新聞」他
テレビ出演:NHK「極める!紅茶学」「恋する雑貨」、フジテレビ「ノンストップ!」など



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-23 09:58:50

エルダーフラワーのコーディアル作り

テーマ:英国ライフ

夕方から雨となりましたが、穏やかな日曜日でした。
家で仕事をしながら、気分転換にギムリの散歩に行こうと思った午後。


我が家があるエステートはそれほどではないのですが、隣接するゲートから入るお隣のエステートはかなり奥深い森という感じで、大きなお屋敷が立ち並びます。
生垣などが高く作られていて、道から家が見えないのですが。
ほとんど車も通らないので、ぶらぶらとギムリの散歩に行くにはうってつけです。


あ!エルダーフラワー!
見つけたのは、お隣ではなくて、我が家のある方のエステートの中でした。
可憐な白い花をつけて、それはそれはいい匂いがします。

「あなたの家の角を曲がったところにエルダーフラワーがあるのよ、誰の家のものでもないから、誰でも取っていいの。」
と教えてくれたのは隣の家のジーンです。
「衣をつけてね、さくっとフリッターにするとすごく美味しいのよ!」
お花のフリッター・・・・・・
興味がありますが、まずはコーディアルを作らねば!


残念ながらお砂糖の量が足りなかったので、Ⅰリットルも作れないのが判明。
でも今日はお買い物に行きたくないので、花は10とちょっと摘みました。


材料はいたってシンプル。
エルダーフラワーの花が10個程度、レモンがⅠ個(アンワックストのもの)、Citric Acid(
クエン酸)が40gくらい。
あとはグラニュー糖とお水だけです。


お花はよく振り洗いして(虫がついていると嫌ですから!)、耐熱のボウルに入れておきます。
鍋に砂糖1kgとお水を550ml入れて砂糖をよく溶かし、一度沸騰させてます。
沸騰したらクエン酸を入れて溶かし、さらにスライスしたレモンも入れて火を止めます。
それをお花の上からかけます。


24時間漬け込んだら、ガーゼなどの布で漉します。
明日の夜にはできていることでしょう。
そうしたら消毒した瓶に入れて保存します。

お水で薄めて氷を浮かべて涼しげな夏の飲みものにもなりますし、ジェリーなどの香りづけにもなります。
ジン&トニックにちょっと入れてもいいし、スパークリングワインで割るのも美味しい。
私はカスタードを作り、ホイップした生クリームにちょっとこのコーディアルを加えて混ぜてケーキやタルトにも使います。
生徒さんにも好評でした!

日本ではニワトコというのですよね。
咲いているのを見つけたら、やってみてくださいね、とっても美味しいですよ。

AD
いいね!(66)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19 00:24:48

イギリス人の言うカット・フラワー・ガーデン

テーマ:英国ライフ

以前、とてもとてもエレガントな義母のお友達、マージョリーさんにテーブルまわりのことを教えてもらっていた時、
「庭には四季のお花が順番に咲くようにして、あとはグリーンも欠かさなければ、テーブルのお花は買わなくて済むわよ」
と教えてもらいました。
もう何年も前のことです。

その後、「Cut Flower Garden」と言う本を見て買ってみました。
このお花を植えて、数ヶ月後に同じところにこの種を蒔くと、お庭の同じところから次々別のお花が咲く、みたいなことを綿密に計画するための本です。
でも、出てくる植物のほとんどが近くのガーデンセンターでは手に入らず、諦めました。
{AA47BC97-1B47-4F27-A30D-672C922FF66F}
この家で春を迎えるのは初めてですが、意図してなのか自然になのか、同じところに別のお花が散らばって咲いていて、メドウ(草原、野原)みたいなところがあって好きです。
少し前までブルーベルが密集してましたが、今はこの白い花がふわふわと揺れています。
{64F81823-B81A-40CA-BE2D-EE25B45A8381}
その手前には、すずらんが一列に並んでいます。いい匂い。
{04BCEEDF-55C0-44D4-B66E-B141E5063950}
これ、何かな.....と思っていた蕾は、アザミのような紫色の花でした。
{12540A26-827E-4BED-9EDB-9E26C37C5D01}大きなりんごの木の花が、わたしは大好きです。

{978F5329-0D50-4568-BBD5-9864438EA74A}
こんなに可愛いピンク色の蕾で、開ききった白い花と重なるとお天気の日にはとても素敵な色になります。
{DC675AC4-CDDB-4717-BE4D-47F9955AD5AD}
ぶらぶら庭を歩いて、目に付いた花を摘んで、こんな花束を作りました。
{9A3D3670-E4AE-4106-9EC7-BCB5C04FA62B}
レッスンのテーブルに飾ります。
庭の花だけでテーブルの彩りになっていいなぁ。

と、呑気なことをしていたら、アシスタントの深水さんから電話が入ってました。
慌ててかけ直して、
「庭でお花摘んで、ちょうちょ追いかけて、アルプスのハイジおばさんしてたのよ」
と言うと、すかさず
「それじゃ、ギムリはヨーゼフですか?」 
と返されて大笑いしました!

どうもなー、賢くて、どっしりと頼りになるヨーゼフに比べると、年ばかり取ってもいつまでも軽々しい感じなのよね、ギムリは.......。

今日はあいにくの雨でしたが、お花はテーブルの上で元気に咲き続けています。
雑然とした庭ではありますが、それでもカット・フラワー・ガーデンって言っていいのかもしれませんね。


AD
いいね!(55)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-17 01:15:39

アフタヌーンティーをリラックスして楽しむためののマナー。

テーマ:お知らせ、ご案内 日本

{55135E45-F324-4973-8634-F17A19EB4364}
皆さんはアフタヌーンティーをしたことがありますか?
このブログを読んでる方なら、何度も!
という方も多いかもしれないですね。
でも、意外に何となくまだ....という方も多いと思います。
まず、午後だとお子さんがいる方は学校から帰る前に家に戻らないといけないし。

パートナーやボーイフレンドを誘っても、甘いものはちょっと....って言われてしまったり。

そして、
「アフタヌーンティーって、何だかマナーとかわからなくて...」
と、尻込みする方もいるのでは?

{2724F85D-951B-4511-870B-96A514F4B969}
でも、アフタヌーンティーは一番最初から、家族やお友達とゆっくり寛ぐために生まれたものです。
固苦しいものではなく、言って見ればフォーマル、ということですらないのです。
もちろん、ホテルの格式に寄ってはドレスコードが決まっていたりすることはありますが。

ですから、マナーとは言っても、アフタヌーンティーはいわゆる箸の上げ下ろしにまでうるさく言うためのものではなく、あくまでもみんなが気持ちよく過ごせるためのもの。

マナーに気を取られて折角の楽しい時間を緊張して過ごすなんてもったいない!

ただ、知らない、ということは不安なものです。
実際に、お茶は誰が注ぐの?
ソーサーって持つの?
スプーンはどこに置けばいいの?
など、疑問が頭に渦巻いて、硬直しちゃったり、周りが気になってばかりではつまらないですよね。

なのでインフューズでは、アフタヌーンティーがどのようにして生まれたか、現代のマナーばかりではどうなのかなど、実際に、日本で楽しむためのマナーを、きちんと、その根拠と共にお伝えしています。

そんな「英国紅茶とアフタヌーンティーの歴史、マナー」のレッスン、紅茶スクール・インフューズのベーシックコース第4回めを、東京と名古屋で開催します。

東京ばかりではほぼ満席ですが、名古屋にはまだお席がございます。
場所は、「ノリタケの盛り」の中のレストラン「キルン」。
この前、ランチにいきましたがサービス、内容ともにとても良かったので、お願いして特別に貸し切りでアフタヌーンティーをご用意いただくことになりました。

6月15日の水曜日、15時から2時間(参加費10000円)です。
優雅な雰囲気の中で、アフタヌーンティーがいつ、どうやって始まり発展したのか、そして実際に目の前にあるアフタヌーンティーを楽しんでいただきます!ひとつひとつ食べ方の説明を聞いてからだと、安心して召し上がれますよね。

今回はお席がありますので、単発のレッスンとして参加していただけますが、ベーシックコースをこの後1~3回受けられると、修了証を差し上げます。
今回の第4回アフタヌーンティーは、年に一度の開催ですので、是非この機会にいらして下さいね!
ロンドンのアフタヌーンティーの最新事情もわかりますよ。

気取らず、リラックスして落ち着いた振る舞いが、最も洗練されて見えると思います。まずは一度、私と一緒に体験してみませんか?
楽しいですよ。
お問い合わせ、お申し込みは
infusetealondon@gmail.com 
担当深水さんまで。
お待ちしております!

AD
いいね!(43)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。