スタート

テーマ:

今日でYQ人生12年が本当に終わります。


全く悔いがありません。


YQで私が経験できること全てさせていただいたと思います。


大感謝です。




私はこれから次のステージに進みます。




今からめでたく引越しです。




皆様のお助けを得て


川崎のアパートをやっと見つけました。


大変ご心配おかけいたしました。


いろいろあったけど立地も家賃も一番希望に近いところに落ち着きました。


今までは会社の補助で2DKに住ませていただいてたけど
これからは自分の力で7畳一間のユニットバスの部屋です(笑)
今の私のサイズに見合った部屋です。

会社の恩恵を受けて無駄に買い集めた洋服などの荷物が
溢れんばかりで寝床がなくなってます。
こんなによくもお金を使ったもんだ。

よーし!少しでもいい部屋に住めるように頑張ろう!




今回のゴタゴタで思ったことは


今まで私という個人ではなく会社が社会的な信用を得ていただけで


自分はとてつもなく無力であるということ。


これからは私という人間が審査されるのだから


今まで以上に自分をしっかり持っていないといけないということ。


そして、友の大切さ。


ピンチの時に手を差し伸べて助けてくれる人のありがたさ。


私はその人たちが困った時は恩返しをしたい。


また、人生は強く願ったように動いていく。




あとは最後まで抜かりなく引越しを終了し


明日からの新しい仕事に邁進するのみです。


これでやっとPPS3の試験勉強にも没頭できます。




夏までにコンプリートするのが目標です。




とんかつ娘も卒業かな。




新たなスタートです!





AD

函館卒業旅行

テーマ:

実は、最終出勤日の翌日から大学の先輩で


ご結婚されて函館でベンチャーで起業されているあきさんにお会いするため


卒業旅行のつもりで旅に出てきました。


あきさんにお会いするのは


大樹くん(息子さん)がお腹の中にいた頃以来なので5年ぶりです。




折りしも震災の5日後。


「こんな時期によく旅行なんてできるな!」と


お叱りの言葉をいただいてもおかしくない行動かもしれませんが、


あくまで私達はパニックを起こさずに粛々と普段の生活を続けることが


経済活動の回復においても大事ないかと思い


中止は考えませんでした。


ネットで運行状況を調べたら何とか行けそうな様子。




すごく早く出発してついでに国際ターミナルの方も寄って見物もした。


出発までターミナルで待っていたとき


緊急地震速報が入り揺れ始めた時は怖かった。




そして無事函館へ。


そこは関東のパニック状態が嘘のようなおだやかな日常が流れていました。


ガソリンスタンドに行列がなく、コンビニに普通に食べ物が置いてある。


やはり本州と流通経路が違うからか影響が少ないらしい。


函館市中心部は海に面しており朝市も津波で浸水したそうです。


そのため朝市は休業中。


観光地なのに観光客がまったく歩いていない。


静かを通り越して淋しい感じ・・・。


私は混雑も無く非常に満喫できましたが、


観光業にも大変なダメージですね。




函館ではあきさんに全部おまかせコースで


観光名所をくまなく訪問、温泉、函館のおいしいもの屋さんでたらふく食べ、


あきさんの会社訪問、あきさんのお知り合いで


函館で頑張って起業されている方々、大学事務局長、


もちろん息子さんの大樹君などなど


たくさんの方々をご紹介いただき将来のことやビジネスのことなど


前向きな方たちと前向きなお話させていただいて


すごく刺激を受けました。




実は、私はその時少しおかしかったと思う。


震災後バタバタで、皆ピリピリし、


もちろん送別会なんて


けじめらしいものもないまま最終出勤日を迎え


会社の携帯が知らせてくれる地震情報と安否確認だけが


会社に出勤しない私とつながっていて、


私のことを心配してくれているのに


これが無くなってフリーになったら私は誰からも探されない。


心配されない。




これから働こうとしているスポーツジムやスタジオは軒並み休業。


みな「生きる」ことに必死な時に、


安定した食品会社を辞めて


私はなんて選択をしてしまったんだと後悔ではないけれど


とてつもない不安を感じていた。


そのせいか分からないがまったく気力が湧いてこず


ただただ眠い。じっとしていたい。


何も積極的にする気にならない。




そんな状態だった。




あきさんとお知り合いの頑張る人たちとお会いできて


自分も頑張らなければと気分が随分前向きになり救われました。




本当に本当にありがとうございました!


また、大変お世話になりました。




東京にいらっしゃる時はまたお会いしたいです。






とん☆むす日記-五稜郭


↑あきさんの会社から歩いていける五稜郭。タワーより撮影






とん☆むす日記-夜景


↑節電で少し暗めのようですが充分美しかったです。


この時の様子が函館市公式観光情報サイト「hakobura」の記事になって


ちゃっかり自分も載っちゃいました→w.hakobura.jp/information/yakei110316






とん☆むす日記-函館山


↑昼間の函館山です。




とん☆むす日記-ハリストス正教会


↑ハリストス正教会




とん☆むす日記-いかいくら丼


↑市場の食堂でいかいくら丼!絶品!!




とん☆むす日記-イカール


↑あきさんの会社訪問です。現在イカール星人は自宅待機中。


株式会社シンプルウェイ














AD

ちょっと試練

テーマ:
神様は乗り越えられない試練は与えない。
きっとこれは学びなんだ。

「会社」という温かいお家から
自分から望んで家出したのに、
パジャマでふらっと出てきてしまったみたいで
世間の風が厳しくて風邪をひいてしまいそう。

まだ、何にも始まってないのにめげそうになってしまった。

辞める人に酷い言葉を浴びせる人。
状況が状況だけに会社も大変かもしれないけど
人としてどうなの?!ましてや上司だろ!?
と思わずにはいられなかった。
やっぱりあれ以上無理だったな~。

来た道を戻ることだけはしたくない。

味方の声を聞こう。
嫌な気を発する人からは離れよう。

一人じゃ何も出来ないから、
普段から人に感謝して恩返ししていこう。

会社にいたら感じられなかったこの厳しい現実は
私が乗り越えるためにあるんだ。

前向きに。前向きに。




AD

ホームレス

テーマ:
8日に出て行くという部屋を予約だけして
26日に引越しの段取りをとっていました。
そして今日はその部屋を見に行く予定でした。

ところが、
先ほど急に不動産屋さんから連絡があり
出て行くはずの住人の転居先が東北で
この震災により転居出来ず、
私もその部屋には入れない可能性が高いとのこと。

8日に転居していない時点で連絡があってもいいだろうと
思うのだが、契約していないからこんなことになるのか?
ひどすぎる!
不動産仲介業者とは
そんなに誠意が足りないところなのか!?
申し訳ありませんの言葉がない。

この不動産屋と波長が合わない。
何度も行き違いやぬか喜びがあった。
出来れば他で探したいけど、
この引越しピーク時に一から探すのは無理!
今から川崎に向かい土曜日に引越せる
部屋を探すのだ。

まさかこんなことになるとは思わなかった。
冷静でなんていられないよ。



会社員クランクアップ

テーマ:

最終出勤日まであと4日となった3月11日。

バイヤーに退社のご挨拶をして

帰りにガソリンスタンドに寄ったところで地震にあいました。


今までに体験したことがない大きな揺れでかなり長く続き

思わずGSのスタッフにしがみついてました。


「大丈夫ですGSは避難所ですから安全です」と何度も言われましたが

船に乗っているかのような揺れで冷静でなんていられなかった。


事務所に戻ると棚や花瓶などが散乱し相当揺れたことを物語っていました。

一人は怖かったけど事務所にいなくてよかった・・。

いたら多分パニックです。


それから被害を受けた工場は計画停電にもあたり生産ができず

在庫がなくなり、便もままならないためお客様に欠品の連絡、

緊急のデリバリー業務。


退職の別れを惜しむ余裕も無く、

こんな状況の中心苦しい思いで

12年の会社員生活から卒業しました。


爽やかに明るく旅立ちたかったけど

こんなことになるとは・・・。


これから働く予定のスタジオ、スポーツジムは軒並み営業休止。


こんな状況では身体を鍛えるよりもまず食うことが最重要だろう。

食品会社の強みを感じずにはいられないのはまぎれもない事実。


地震に自分の意志を試されてるようだ。


でも私の意志は変わらない。


最初が最悪ならあとは良くなる一方だ。

こんな時は時間もあるから勉強しよう。

自分に力をつけよう。





今まで会社にも友達にも守られていたので真剣に考えなかったが、

地震にあってつくづく1人は嫌だと思った。

こんな気持ちを感じることができたから

新たな出会いにも前向きになれるような気がする。







同時多発的

テーマ:
今日からPPS3の養成コースに入りました。
残った有給を使って
あと二日間の講習を受け、
練習をして4月後半にアセスメントを受験します。

退職、養成コース、TOEIC、引越し、転職
全て重なって頭がパニックになりそうですが
やりたいと思った時にやらずにはいられない性分なので
私の中で全て先延ばしに出来なかったこと。

雨降って地固まる

これを乗り越えれば
晴れ晴れとした青空が見えるでしょう。



自分との約束

テーマ:
辞めると決めてからか
会社から帰り部屋でちょっと座るともう立ち上がれない。
電池がきれてそのまま気づいたら眠っている。

気が抜けたんだろうと思う。

私最近やたら眠っている。
こんなこと今までなかった。

引越しのこと、新生活の準備、新しい仕事のプラン、次の養成コースの宿題・・・やらなきゃならない事はたくさんあるのに、
全然できてない。
会社が終わるとぐったりでただただ眠い。

今まで会社が私の生活を律してくれていたんだと思う。
それがなくなってから私は自分で自分の生活に規律を持たなければいけない。
他人との約束は守るが自分との約束となるとルーズになりかねない。

今はそんなことが心配。

自分との約束を自分なりに考えよう。

脱サラ

テーマ:
3月末をもちましてYQを退社することになりました。

丸12年勤めた居心地良く大好きな会社でした。

今後は兼ねてからの夢でありましたピラティスインストラクターとして関東と沼津を駆け回り働きます。

住まいは横浜になります。

こんな人生の展開に1番ビックリしてるのは自分です。

まさかドラマでなく自分の人生で離婚も転職も経験するなんて思わなかった。

でもそっちを選択せずにはいられなかった・・・。
これが性というやつでしょうかね。

今日辞めると知ってか知らずか1年以上話す機会がなかった他の支店の営業マンから不意に仕事の話で電話があった。
これを虫の知らせと言うのかと不思議な気分になった。

さらに辞めると決めてから商品が決まりだした。
また、バイヤーからいいお話をいただいたり、支店の営業マンが惣菜の商談を取ってくれたりして、今までそれを喉から手が出るほど欲しくてもうまくいかなかった事なのに、今になって立て続けに何なの!?って思う。
自分が一年やってきた事が間違いではなかったという事だろうか。
「それなら辞めるのやめてもうちょっと頑張れば?」なんて欲がでてそんな事チラッと思ったりするけど、
「これはトラップだ。冷静になれ。」と自分を戒める。

残り少ない会社員生活をきっちり勤め上げたい。