組み立て

テーマ:

24日は大雨の中8時から荷物を出し

1時間程度でまったく空っぽな部屋になり、

私ってほんとに身軽な人間だと改めて感じた。


その日はバレエもピラティスも全ていつも通りこなし

本当に今日限りでここからいなくなるのだろうかと

疑ってしまうほどだった。


でも来るときは来るわけで

翌朝出発の時を迎えました。

車を持っていくと決め速攻つけたナビというすばらしいマシンの恩恵にあずかり

道には迷わなかったものの

初めて首都高を運転して渋滞に巻き込まれ

4時間かかって春日部に着いた。
とん☆むす日記-荷物

それから金曜日・土曜日は休みをもらってまずは地盤固め。

荷解きのほうがかったるい作業だ・・・。


無印・越谷レイクタウン・三郷ららシティをはしごして

とにかく家で快適に過ごすためのグッズを買いあさる。

レイクタウンは30分、三郷のららシティは1時間で行けるというのが

すごくありがたいと思った。

しばらく楽しめそう・・・♪


とん☆むす日記-ソファ

↑三郷ららシティのIKEAに行きました。

安くてかわいいものがたくさんあって舞い上がってしまって

あとで大きな倉庫から自分が決めたものを

次々とカートに載せながら

「これ、全部自分で組み立てるんだった・・・」と後悔。

でもせっかく来たんだし今更後には引けない!

と、いうことで根性で全て運び、

テーブル・机・テレビ台、椅子・本棚全て組み立てまくったわけです。


とん☆むす日記-日曜大工
指先はボロボロになりましたが、

昼間から右手にとんかち、左手にチューハイで頑張りました。


こんなに買い物したこと今までないと思います。

それほど「家」に意識を集中してます。

どんな配置がいいのかとか

どうやってきれいに収納するかなんて

今まで考えたことなかった。


たぶんみんなには普通のことかもしれないけど

私は「家」の優先順位が低かったので

これが楽しくてしょうがない。


これからしばらくうちが楽しくなりそう・・・。

まるで初めての一人暮らしを始める大学生みたいな

はしゃぎぶりです。



AD

くるみ割り人形

テーマ:

土屋バレエワークスタジオの発表会に出演しました。

演目は「くるみ割り人形 全幕」の中の

自分が踊ったのは「雪の精」と「コーヒーの精」

とん☆むす日記-アラビア

全幕ものに出演できて

とてもいい経験になりました。

・舞台のセットがどう作られているのか

・舞台の転回がどう行われているのか

・男性バレエダンサーという職業がどういうふうに成り立っているのか

・どうやってリハを行って全幕を組み立てていくのか

・本当の舞台メイクの作り方

・裏方さんたちの動き方

などなど


中でも圧倒的に女性社会のバレエ業界で食っていく

男性バレエダンサーに興味が湧きました。


男性のプロのバレエダンサーは貴重なため

超一流になれなくても

女性のサポートが上手だったり

そこそこ大きなバレエ団にいると

各地のバレエ教室の発表会に

引っ張りだこで結構稼げるそうなのです。

下世話な話若い時は「王子様」をやるわけだから

モテるだろうなぁ・・・。

年取ったらキツイかもだけど

それなりの役柄はたくさんあるし。

実に興味深い。

大人になるまで男性が女性の中でバレエを

続けてきた事に対するご褒美だな。



それに比べて女性のバレエダンサーは

人口が多いため超一流にならない限り

自分がダンサーとして食ってはいけない。

それがダメなら自分でスタジオを立ち上げ慣れない経営をするか

雇われ先生をやるか。

だからバレエスタジオは月謝が安いんだな。

儲けようとしていない感じがする。

なるほどなるほど・・・。



30歳過ぎてから始めたクラシックバレエ。

まさか自分がトウシューズを履いて人前で踊るとは

夢にも思ってませんでしたが

その楽しさを教えてくれた土屋先生、麻美先生に感謝します。


クラシックバレエは全てのダンスの基礎であることがわかりました。

今さらバレエダンサーになろうとは思いませんが

ピラティスやJAZZにも直結していて

自己鍛錬にすごく重要なことであると今では実感しています。


春日部に行っても別のスタジオを探して続けて行こうと思います。

そんな思いになれたのも先生のお陰です。

こんなに大人の初心者に丁寧に

大人の生徒の向上のためにしっかりとした課題を与えてくれる

居心地のよいスタジオをまたよそで探すのは難しいかもしれない。

でも辞めたくないので続けます。


そうすれば、万が一また戻って来れた時

また一緒に踊れますもんね!

かっこ悪い姿は見せられません。


今までありがとうございました!


とん☆むす日記-発表会

↑麻美先生の金平糖も土屋先生の瀕死の白鳥も本当にすばらしかった!



とん☆むす日記-ポワント


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は辞令は15日付けだったのですが、

こっちの方が先に決まっていたため引越しも先延ばし・・・。


さて、私の沼津ダンスライフもひとまず中締め。

これからは毎晩送別会。

やっと心置きなく引越しのことに全力投球できます。

あとは流れに任せるままです。




AD

今日は私のピラティスの師匠の杉山先生が2月に

オープンされたピラティス専門スタジオ「ハーモニー」

お邪魔しました。


杉山先生は私に初めてピラティスを教えてくれた先生で、

さらに元をたどると実は10年前にオールスターで

よさこいを踊っていたというなんともご縁のある方なのです。


スタジオには

リフォーマーもキャデラックもMVeもハイチェアもバレルもラダーバレルもあり

多分これだけイクイップメントがそろった本格的ピラティススタジオは

静岡県内にはないと思います!

一面は鏡張りで自分の姿をチェックできて

床暖房付きなのでマットに仰向けになるとじんわり暖かく心地いい・・・。
とん☆むす日記-スタジオ
1年前からスタジオを建てるというお話は伺っていましたが

私の想像をはるかに上回るステキでアットホームな

(本当にお家ですから・・・)帰りたくなくなるスタジオでした♪


これらのイクイップメントのストラップやスプリングを利用して

本当のピラティスの醍醐味を味わってみてはいかがでしょうか?


マットピラティスに慣れてきた方は

次のステージにいくためにこのようなイクイップメントは

さらに新しい気づきを身体に与えてくれます。


また、ピラティスを始めて間もない方には

ストラップやスプリングの抵抗を利用することで

身体を安定した状態で動かすことができ

本来使うべき身体の内側を感じやすくなり

マットでのピラティスの精度の向上につながります。


是非みなさん気軽に遊びに行ってみてください!

こんな素敵なスタジオが近くにできたということが

私はすごくうれしい!!

と、同時に転勤するのが残念でなりません!


3月中ならオープンキャンペーンで通常の半額で

セッションが受けられます。


詳細はこちら↓

ピラティス専門スタジオ「フィットネスラボ・ハーモニー」

代表 杉山和代 先生




>>セッション料金(50分)

シングル(1人)¥4500

デュエット(2人)¥3000

※3月中はこの料金の半額になります。

(普通安くてもシングル6000円です。超お得!)

見学だけでもOK。




>>住所

御殿場市印野1965-8

米久御殿場工場のすぐ上にあります!

看板が無く普通のお宅なので

場所がわかりにくいと思われます。

先生に直接聞くのが良いと思います。




>>セッションの予約

時間は要相談。

その日のセッションでやりたいこともリクエストできます。

(例えばマットをやりたいとか、リフォーマーをやってみたいとか。

これが苦手だから練習したいとか。)

直接電話かメールでご予約ください。

℡ 090-7300-7090

メールアドレス kazpanda-109-sugiyamada@docomo.ne.jp


とん☆むす日記-杉山先生

↑静岡県のフィットネス業界で活躍され、

ピラティスインストラクターの養成もされている

杉山先生が初心者にも優しく丁寧に教えてくれます。


AD

平和

テーマ:

「誰かと誰かがなんだかんだ・・・」

「あの人がどうだこうだ・・・・」

噂話や人間関係、

女子が多い分どうしても耳に入ってくる

要らない情報。


知らなかったら平和だったのに

耳に入ってきてしまったがゆえに

感情が波打つ。


本来は人の噂に惑わされない

強い心を持てれば穏やかに生活できるんだろうが、

残念ながら未だそこまで達観できていない弱っちい自分。


転勤で手っ取り早くそのわずらわしさから距離が置けることで

ちょっと開放感を感じている。


離れれば声は聞こえない。

もう噂に惑わされなくていいんだ。

講習会

テーマ:

興味のある講習会に申し込んでいたら

2月、3月に集中してしまい、

毎週のように東京に泊まりで行っております。


「こうなりたい」という目標が生徒さんにあって

そこにたどり着くように導く者が「先生」ならば

アプローチの方法がたくさんある先生のほうが

私は魅力を感じる。


「これだけやっていればいい。それ以外はダメ。」

なんてことを押し付けられたら

それで実感を得られなかった生徒さんはどうすればいいんだろう?

行き場を失ってしまう。

それは生徒のやる気も可能性をも潰すことになるのではないだろうか。


まずはピラティスのスタジオによく置いてある

ストレッチポール の講習を受けました。

ポールに乗って簡単な動きをしてポールから降りると

背骨が床に沈みこむような感じがしました。

これが「筋肉を緩める」ということらしいです。


私は運動をすれば「筋肉痛があって当たり前」

「筋肉痛は筋肉痛で制する」のが普通だと思っていたので、

「筋肉を緩める」ということを意識したことがなかったのですが、

ストレッチポールはただの、丸太ん棒なのに

エクササイズの前にそれに乗り

簡単なエクササイズをするだけで

緊張した筋肉を緩め、正しい骨の位置に戻すことができる

有効な手段であるということがわかりました。

ストレッチポールに乗ってからピラティスなどのエクササイズをすれば

正しい骨の位置から筋肉を鍛えバランスがいい状態で

骨を固定することが出来るのです。

これはすばらしい!

是非みんなにも私が感じた衝撃を味わって欲しいと思ったのですが

いかんせんお値段が結構するんですよね~・・・。



そしてピラティスの目的が「コアを鍛える」ということならば

ピラティス以外の方法でコアを鍛える道具として

一時期流行って今では家庭で邪魔者になってしまっているかもしれない

「Gボール」の認定指導者講習に参加しました。


ボールというアンバランスなものを利用してエクササイズを行うことで

身体は自然とバランスを取ろうとして「コア」を使わざるを得なくなり

知らず知らずのうちに「コア」が鍛えられていくということが体感できました。


安定したところに楽に暮らしていたら

身体はサボり、感覚は鈍るのです。

周りを見回すと若いのに自分を甘やかして生活している人

たくさんいます。

すごくもったいないと思う。


何歳からでもストレッチポールやGボールは無理なく始められるのが

いいところだと思います。

ボールにずっと乗り続けていればボケないでしょうね。


ただし、やっぱり日本の住宅事情からして

あれが部屋にあったら邪魔だよな・・・。

スタジオで指導ができたらピラティスにも通じる気づきが大いにあると思いました。

そしてバランス命のダンサーにもかなり有効。

とん☆むす日記-Gボール

また、講師でいらした中尾先生 (おん年58歳!!)の

美しさとオーラとエネルギーに衝撃を受けました。

フィットネス業界の有名人であることは存じ上げていましたが

初めて中尾先生の講義を受けて納得しました。

この人すごいわ!

キャラクター、勉強量、アンテナの高さ、人脈、情熱が半端無い。


そしてついでに翌日

ピラティスアライアンスにて

セラバンドとアドバンスマットに向けての継続教育も受けてきました。

アライアンスで講習を受け、

1年前のPPS1養成コースを思い出しました。

試験からちょうど1年経つ訳ですが

「結構忘れてるなぁ~」というのを実感しました。

もっと今までやったこと復習しなきゃなぁ。

いつも原点に立ち戻って記憶を上塗りしていかないと。


本当はGボールの講習で期待していた

スモールボールを使ってのエクササイズ方法を

Gボールの方ではなくアライアンスのアドバンスマットの講習で教えてもらえたため

すごく得した気分です。

即明日からのレッスンに使っていこうと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピラティスだけではない。

人の人生において

「こうなりたい」という目標に対しての

手段は無数にある。

目標をぶらさずに

その無数にある手段を駆使した結果

いつかそこにたどり着ければいい。


大事なのは自分がどこを目指しているかということ。

そのゴールに到達するために

その人に合った方法を見出して

一緒にそこに導いてくれる先生はかけがいのない存在である。


私はそこへ導ける「先生」になりたい。







捨てる!

テーマ:

今日引越しの見積もりを取りに

クロネコヤマトのお姉さん

(お名前が渡辺美里さん!My Revolution!)

がうちにいらっしゃいました。


「何を持っていかれます?」

と聞かれて

「逆に、ベットも洗濯機もPCデスクもイスもテレビもテーブルも捨ててください」

とお願いしびっくりされました。


その場しのぎで安物買いしてたから

すぐダメになって愛着も持てず

次々買って物が増え

しまいにゴミを増やすんだ。


こうなったら、

ぜぇ~んぶ捨てる!


ついでにちっちゃいプライドと

ちびっちゃいことにこだわる自分と

くだらない嫉妬心も捨ててしまいたい・・・。




変化

テーマ:

住む家を決めてきました。


「3月は引越しがピークだから

早く決めなきゃなくなるよ」と転勤経験者に焦らされ

慌てて探しに行った訳ですが、

やっぱりあれですね~

現地に行ってみなきゃ事情がわからないですね~。


当初少しでも東京寄りのところに住みたいなぁ~

なんて夢見ていたのですが

家賃や通勤時間、生活環境の実際を目の当たりにすると

やはりみんなが住んでいるところにたどり着き、

しっかり春日部市民になることになりました。


生活環境の変化に伴い

生活リズムが変ることは間違いありません。


車は置いていくつもりです。

年2万キロも走っていたのに

通勤は徒歩&電車にしてみます。


支店の朝は今よりさらに早く7:40スタート。

朝型生活に変えて行くつもりです。


今まで部屋が狭すぎて誰も呼べなかったし

家具にこだわりたくてもスペースがなく

自分もくつろげなかったため

新しさより広さ重視で部屋を決めました。

畳の部屋があるのが決め手でした。


夢だったソファと勉強机を買おう。

これでゆとりのある部屋でゆったりとくつろぐことができます。

ファミレスに深夜までいなくても

自分のうちで勉強ができる。

ピラティスだって会社の会議室じゃなくてもうちで出来る。


少しは心の余裕も出来るかも・・・。


人間の根っこは簡単には変りませんが

環境に影響される部分も多々あると思います。

これから起こる変化が楽しみです♪

新しい生活を期待して楽しい妄想が尽きません。









ワークショップ

テーマ:

先週は会社のお休みをもらって

パット・ガイトン先生のワークショップに行ってきました!


↓パット先生プロフィールはこちら

パット(パトリシア)・ガイトン氏 は、

PAT GUYTON Pilatesオーナー、ピラティス・コンプリヘンシブトレーニングプログラム、

Pilates Conservatory™ の創立者。

コロラド州ボルダーで24年のピラティスの指導経験を持ち、

アメリカ国内はもちろん、世界各地を舞台にワークショップやトレーニングを提供。
ピラティス氏の直弟子であった4人の指導者、

ブルース・キング、キャシー・グラント、メリー・ボウエン、

ロン・フレッチャーから同エクササイズを学び

Pilates Mathod Alience(PMA)の理事を務めながら、

PMA公認のCEC(継続教育)ワークショップ指導者としても活躍。

彼女の指導理念とは「次世代のピラティス指導者を育成することへの貢献と責任」。

ピラティス氏の目指した哲学は、今日も彼女の日々の教え、仕事、

そして遊びなかでバランスよく生き続けています
とん☆むす日記-パットガイトンWS


立つ・歩く・しゃがむ・物を取る・バックを持つ・・・など

普段の生活の中の動きを元にピラティスは作られている。

ピラティスは負傷兵のリハビリのために作られたということが

納得できた。


ピラティス氏がなぜこのエクササイズを作ったのか?

どうしてこういう動きをするのかということを分かりやすく教えていただいた。

そして機能的な骨の動き方に従ってエクササイズを行えば

より気づきが得られるし、頑張らなくても自然に身体は反応し

まるで彼女の魔法にかかっているようだった。


指導の方法についても充分教えていただいたが

それ以上に彼女の指導者としてのマインドフルネスに感動した。

ただやり方を教えるインストラクターから

生徒の状況を理解し、身体と共にマインドもポジティブな方向に伸ばしていく

それが真の「先生」である。


そうなるためにはどうしたらいいのか?


たくさんのヒントをもらうことができた。

すばらしい先生だと噂には聞いていたが

本当にあっという間の4日間で

その経験から発せられる言葉ひとつひとつが

稲妻のように頭に響いた。


お会いできて良かった。


すごいパワーをもらいました。