満喫

テーマ:

今日は代休をもらって

タカハシ君が属する

「東京無銭」の落語会を深川江戸資料館に聞きに行きました。


そのついでといっちゃおこがましいのですが

雑誌「レオン」のモデルも勤める

ヒューゴ・コダーロ先生のピラティスのプライベートセッションを

午前中に代々木 ホリスティックスタジオ エフィ で受けてきました。

ここに至るにあたっても

PPS1を取ってからの人との出会いがあったからで

これはまさにプライスレスであります。


ヒューゴ先生はアルゼンチン出身だというのに

日本語がぺらぺらです。

メールも普通に漢字を使って返ってきます。

日本語が母国語でないからなのか

日本語でのキューイングが

シンプルでシャープに身体に沁みこんで来る感じがした。


さすがにエステ併設のスタジオなだけあり

アライアンスとは違ったリッチな雰囲気。


リフォーマーが2~3台あるだけなので

スタジオの中は先生と私だけというかなり贅沢な時間と空間でした。


高速バスで新宿まで行けば、

代々木は新宿から2分ぐらいで

かなり便がいい。


これからたくさん寄らせてもらおう。



余談ですが、

私の次のセッションの方が

偶然静岡から来ていた親子で

娘さんがなんとおとついバレエ留学先のロシアから帰ってきたばかりという

バレリーナの卵だったのです。


体型がまさにバレリーナ!

脚がSカーブを描いてた。


ちょっとお話を伺ったら

なんと静岡のスタジオヘルスタにも昨日行ったというではないですか。

世間は狭い。


さらにその娘さんが

7月から熊川哲也のKバレエカンパニーの準団員になるのだそうだ。

それを聞いてもないのに言ってくる付き添いのお母さん。

よっぱど嬉しいんだろう。

バレエを真剣にやっているお子さんを持つお母さんの典型みたいな感じがした。

こういう家族の協力がないと

バレエで一流になれないんだろうなと思う。



その後タカハシ君の属する東京無銭の落語会を聴きに行きました。

今回が第6回目、

そんでもって今までの5回全て

開口一番を勤めていたタカハシ君が

今回はいきなりトリを勤めるということで

これは行かなきゃまずいでしょと今日に至ったわけです。


ざっくりと感想を述べますと

かなりレベルが上がってると思いました。

一人20分~30分の噺して合計3時間の会なのですが

長さを感じませんでした。


練習重ねてきたんだろうなという

努力の成果が見れて感心しました。


自分はダンスをアホみたいに頑張ってますが、

最近回りに仕事以外のことをアホみたいに頑張ってる

アホなヤツが少なくて

自分がやたら珍獣みたいに感じていたのですが、

ここにもっとアホを発見し、

安心したと言うか、嬉しかったと言うか・・・

素直に激励したくなりました。


いいものを見させてもらってありがとう!


さらに会場で元YQのきっしーとその家族、正木ちゃんとも再会できて

ほんとに有意義でした。


****************************


一人でどこへでも行けてしまう。

休日も一人でかなり満喫できてしまう。

これがいいのか悪いのか・・・?


今日の私は幸せだった。

だから明日も頑張ろうと思える。


毎日新しい出会いと発見と挑戦があって、

毎日が充実していて楽しくて仕方ない。










AD

15人目のEXILE

テーマ:

水曜日に田町のアライアンスで
セッションを受けたついでに、
YQに2年半出向で来ていて4月に帰ったTさんとご飯を食べてきました。
実は彼が働くI冷蔵も田町にあり、
私はいつも窓から見えるI冷蔵を眺めながら、
アライアンスでピラティスをがっつりやっているのです。

相変わらず自らを

「15人めのEXILE」と称する自信満々っぷりに
変わらないなぁと苦笑。


そんな強がった発言をしながらも、
お酒が進むにつれて
慣れない仕事が大変だと
中間管理職の悩みを語りあったり、

出向時代は
「オレにYQのコンプライアンスは通じねえ!」と豪語し
若い女子社員にセクハラしまくっていたのに
今では自分の会社のコンプライアンスに悩んでると

突然弱気発言・・・。

(今が普通だと思うのですが・・・)


彼はこんなにユニークで何故かみんなから可愛がられる

人間味のある人物である。

同じ会社の人には(特に男性は)言いづらいことも
部外者には吐き出せる。

それは私もお互い様で、
そういう関係の友人と出会えたことを有り難く思う。

ずーっと一緒にいられる人なんていない。

その時同じ空間にいる人と真剣に付き合っていれば
きっと同じ空間にいられなくなっても、
その関係は永遠に続くと思う。


これが絆なんだろう。

それが私の財産になる。

AD

は行

テーマ:

夜の会社のキッチンで

商品販促チームのR嗣とつまみ食いをしながら

今度出す新商品のことについて話していたら、


「ひろこさん知ってる?はひふへほの法則


R嗣によるとは行の文字が名前についている商品は

ヒットするらしい。

はひふへほ・ぱぴぷぺぽ・ばびぶべぼ)


逆に今はその法則にしたがって

新商品のネーミングをつけるらしい。


ぱっと思い浮かぶものでも

ぷっちょ・PASSO・パフィ・パピコ・・・・・?


ふぅ~ん・・・なるほどね・・・。


ん?

ちょっと待て!


「Rちゃんおかしいよ!

『ひろこ』は は行なのに売れてないよ!?」


と言ったら、

「ひろこさん、1回売れたでしょ?

今さら定価で売ろうとしちゃダメだよ

マーケットが違うんだから

中古ショップかディスカウンターに売りに行かなきゃ。」


さすが販促チームらしいコメントだ。


私の年間販促計画もたてて欲しいわ・・・。




AD

弱さ

テーマ:

他人の気にいらないところを批判してみたら、

結局普段自分は出せない部分を普通に出せてる人が

羨ましいだけだったとわかった。

酔うと出てしまう自分の弱さを棚に上げて他人の弱さばかり批判して。

結局は自分。

他人事じゃない。

経験

テーマ:

今日は大場先生のセッションを受けて、
また元気と目標をもらいました。
ありがとうございます。

最近はダンスのリハがあってなかなかセッションを受けられなかった。

教える立場に立って思うけど、
その道の先生でこそ一番真剣な生徒でなければ人を教えることなんてできない。

資格なんて紙切れで、
資格をとったからといっていい指導者になれるわけではない。
やはりそれは経験値がものを言う世界であり、
その経験を積むためならお金なんて関係ない。

だからお金がかかったとしても

その経験をつめる環境に身を置くことが

その道を極めるための第一歩ではないかと思う。

今日はセッションの後に私たちの次期PPS1の養成コースの

オブザベーションをさせていただいて、
真っ只中にいたつい5ヶ月前の気持ちが甦った。


自分が当時していた間違いをしている現場を見て

ひと事とは思えず、

「そうしちゃう気持ち分かるけど、違うよそれ」って教えてあげたかった。

でもこうやって初心に戻れることは自分の成長につながると思う。

この環境をありがたく思う。


そして久々に再会したPPS1同期のみなさん!

嬉しかったな~。

さらに上を目指すみんなにすごく刺激を受けました。

そしてみんな同じ悩みを持って

もがきながら成長しようとしている。

自分だけじゃない。

いい仲間に出会えてよかった。

私はツイている。

ありがとう!

3D

テーマ:
アラフィフで結婚した川島なおみが誇らしげに言っていた。

「熟婚のポイントは3Dがないこと」だそうだ。

「3D」すなわち

妥協・打算・惰性

それならこの際3Dしてしまおうかと真剣に悩むギリギリアラサーのとんむすです。

二毛作

テーマ:

金曜日の夜は先月の月次報告作成のため

仕事は終わりが見えず・・・。

しかしながら土曜日はBIGO BLACKでSHOWTIMEがあるので

22時ごろから1時間だけ会議室に抜け出して練習。

机に戻って仕事再開して午前様。


土曜日は朝礼当番で

フロアのまん前に立ってスピーチする番だったと気づき

帰ってから考えて結局3時。


迎えた土曜日、

朝は100人の前でスピーチ、

夜はクラブでSHOW TIME。

やっと帰ってこれたのが日曜の4時。

日曜日はリハで10:30発。

1日中緊張感が抜けないけど

気合あるのみです。


どこかの部署の所属長が

「人生二毛作」

とおっしゃっていましたが、

全く同感です。

我ながらギャップがあっておもしろい一日だった。





ありのまま

テーマ:

これから私は

嫌いな自分とどれだけ対峙しなければいけないだろう?


不信感・嫉妬・疑い・怒り・嫌悪・軽蔑・嘘・・・・・。


出来ればそんな気持ち持ちたくない。

でもやっぱり自分の中に汚い自分が住んでいて

現れてしまう時がある。


「ありのままの自分を受け入れよう」と思っていた。

受け入れるのも強さで

その強さが欲しいと思っていた。

でも、それを受け入れたら、

そんな嫌な自分を受け入れた自分を

嫌いになってしまう。


『ありのままの自分』と言うのは、

「本当はありのままではいけないと努力している自分」

なのかもしれない。



ハゲ

テーマ:

左の髪の生え際に「ハゲ」ができました。


自然に抜けたわけではなく、

もともと髪をいじるのが私の癖で

考え事をしているときは常に髪を触ってしまい

さらに行き過ぎるとブチっと抜いてしまうのです。


今年の年明けはPPS1の試験勉強をしながらブチブチ抜いていて

3月の異動で慣れない業務により

仕事中もそれが止まらず

ついに明らかに「ハゲ」ができてしまい

かなりショックを受けています。

そんなことをしてしまった自分にもショックだし、

その結果を鏡で見るごとにショックだし・・・。

さらにストレスを感じてしまう。


結構ストレスあるんだなぁ・・・私。と

やっと目に見える形で現れて実感できたわけで。


この髪が生えそろうまであとどのくらいだろう?

そのころには仕事にも慣れていたらいいなぁ。


今は脱皮の最中です。

髪が抜けてもまた新しい髪が生えてくるように

新しい自分に生まれ変わる最中だと思えば、

なんとかやりすごせるかもしれない。

心配の種

テーマ:

父が手術を受けて入院しているので

日曜のリハの前に浜松医大にお見舞いに行きました。

元気そうでよかった。


ここ数年父と母が交代で手術をする感じで

(幸い命にかかわる病気でなかったので良かったのですが・・・)

両親も年をとったんだなと感じる。

「老い」は順番に誰にも平等でやってくる。

いつまでも元気でいる訳ではない。

だから生きてるうちに何か私が出来ることをやらなきゃと思いつつ、

なかなか恩返しできてないなぁ。


いつも冗談を言って笑わせようとする父。

母に頼りっきりなのになんとなくそれを許せてしまう愛らしい人。

真面目でしっかり者で父を支える母。

二人の間にはいつも会話があって

笑いがあって、支えあう愛がある。


この二人を見ていると、

きっと二人の「心配の種」であろう私は

この二人を越えられるような

パートナーを見つけられる自信がもてない。