テーマ:

何となく鬱屈とした気分の時は、
自然と何回も空を見上げている。
今日もいい天気。
昨日も遅かったけど
朝から運転が気持ちいい。
野田ICじゃなくて

もっと遠く

もっと空高く

吸い込まれたい。

呼吸をして
身体に残っている空気を全部吐き出して

鬱屈とした空気も全部吐き出して。

今日も踊る。



とん☆むす日記-Image025.jpg

AD

人気

テーマ:

上司がいきなり飲み会で

「オマエは人気があるなぁ~」と言ってきた。


そんなはずはない!

だったらこんなに病んだりしてない。

必死でモテナイアピールをして

どさくさまぎれに「何とかしてくれ」とお願いしようとしたら、


「他の部署の所属長に。」って 

おいっ!?


もうそんな時期でなんすね・・・。


AD

ノンアルコール

テーマ:

飲み会で「今日はノンアルコールで」と言える勇気さえあれば

次の日身体も辛くない。

反省もしなくていい。

超気が利く女子社員を演じることが出来る。

酔っ払ったら覚えていられないいい話も

全部覚えていられる。

カラオケだって踊りながら歌えるし。

かなり的確に盛り上げる。

こめかみに血管が浮き上がるけど・・・。


しかも飲まないと眠くならないので何時まででもつき合える。

ホウレイ線に作り笑いでファンデが溜まるけど・・・。



インターセプト

テーマ:

10年前「インターセプト」というダンスサークルが

県立大学にありました。

何を隠そう当時から言い出しっぺの仕切りやであった私が

ダンスに興味のある仲間を集めて先輩から引き継いだサークルです。


そのサークルのメンバーだったあっこが

はるばる山形からやってきたので

日曜日に一緒に県大の散策に行ってきました。


ちゃんと会うのは10年ぶり。

学生に戻った気分になった。


講堂の前まで行って

そういえば昼休みに講堂前でゲリラで踊った事を思い出した。

10年も経ってしまうと悲しいかな

なかなか思い出せない・・・。

でもやっていることは今とちっとも変わらないらしい。


正面


坂


体育館

この多角形の体育館の片隅で

JAZZダンス部を横目に肩身を狭くして練習してました。


あの頃半年間ほどJAZZダンス部に在籍していましたが、

ゴリゴリのHIPHOPを踊っていた自分にとって

スパッツが耐えられなくて、

フェイドアウトしてしまいました・・・。

(えんまきさんその時はごめんなさい(ノ_-。))

そんな私も今やJAZZのためにクラシックバレエまで習っちゃって

ピンクタイツをはいて踊ってるんだよなぁ。。

人生どうなるか分からないですね。

「タイミング」ってものもあるんだなぁ。


前夜はアスタの飲み会があり、

学生の頃は別々のチームで踊っていたものの

社会人になってから一緒に踊るようになった仲間たちと

今も交流がある。


十年一昔だけど今もつながっている。


ダンスを通して私はかけがえのない人たちと出会うことができた。

私の人生の宝です。


ダンスのせいじゃない。

ダンスのせいにしちゃいけない。


足りないもの

テーマ:

もう2年越しでなんだかわかんないけど

なんだか気になる人がいた。

なんとなく距離が近づいた時

その人の良さも

自分とは合わないところも分かったつもりだった。

頭では・・・。


あまり他人を入り込ませない人だったので

深くまでは知ることができなかったのですが

距離が近づくごとに

「この人のこの部分は合わないな」という違和感が大きくなり、

まだある好きな気持ちもなんとなく感じる違和感も伝えずに

自分から距離を置いたのが1年半ぐらい前。


でもその後もお酒を飲むと理性がなくなって

酔っ払って電話をかけてしまったりして

後で激しく反省と後悔をするので、

「今日は心が不安定で危ないな」と思ったら

なるべく飲み会でもお酒を飲まないようにしていたこともあった。


他の人を好きになれば忘れられるかもしれないと

何人か紹介してもらったりもしましたが、

イマイチ本能から惹かれる人がいなかった。


一人でぼーっとする時間が出来てしまうと

その人の事を考えてしまうし、人恋しくなるので

仕事の後や休日は必ずレッスンや練習や用事をぎゅうぎゅうに入れた。

いつの間にか遅くに家に帰り、疲れてすぐ眠るという生活パターンが

出来てしまった。


なるべく忙しくして、出張もして意識を外に向けようとした。

そうすれば新しい発見にも出会いにも遭遇して

自分も前進できるんじゃないかと思ってそれこそ頑張った。

頑張ったことに対してそれなりに成果が上がって

嬉しいことも楽しいこともたくさん体験できた。


「人生楽しそうで羨ましい」と言われる。

確かにぼーっと過ごしていたらありえないような

刺激的で楽しくて自由な毎日を過ごしていると思う。

友達にも上司にも同僚にも同士にもすごーく恵まれている。

それは幸せだ。


でも、何かが足りない。


仕事やダンスや友達やレンタルDVDじゃ埋められない何かがある。


心が満たされないんだ。

心がやすまらないんだ。

安心感がないんだ。


もともと惚れっぽくもない上に

私ももういい年で、

今後人を好きになることが何回あるだろうか?

今までの人生で誰かに本当の気持ちを伝えたことがあっただろうか?

プライドが邪魔して自分がかわいくて言った事なかった。

今後もこのままでいいのか?

せっかく生まれた感情を私は自分で殺すのか?


ということで

今更しつこいと思われるだろうが

一世一代の決心でその人に本当の気持ちを伝えました。が、

やはり世の中そんなに上手くはいかないのでした。

でも初めて気持ちを伝えることができてすっきりしたかも。

気持ちと行動に筋が通った感じ。


うまくいかないだろうと感じてた部分は年月が経ってもやはり同じ。

悪い予感というのは結構あたっている。

そしてそれは多分相手も同じ事を感じているに違いない。

それを無視して相手にあわせて

自分を犠牲にしてしまうのは若さかもしれない。

私も昔はそうしたかもしれないが

もうそんなに若くない。

そんなことをしても続かないということぐらい

年の功で分かる。

一人で頑張ってる間に自分の中に

『ゆずれないもの』が出来てしまったみたいだ。

やっかいな三十路の女だと思われるだろう。

『なんでだろうなぁ・・・。

私悪いヤツじゃないと思うんだけどなぁ・・・。』

とちょっとイジケてみたりして。



今はニュートラル。

今後の自分に期待。

きっと大丈夫。

元に戻るだけ。


趣味趣向

テーマ:

「この人となら穏やかで幸せな人生がおくれます」

という人をおススメされても

「いい人だなぁ」とは思うが

ことごとく好きになれない。


きっと安心安全が見えすぎてしまって飽きちゃうんだなぁ。


ちょっとぐらい癖があって変で苦労する方がおもしろいと

M魂に火がつくが、

結局疲れちゃうのも自分。

(ちなみにイケメンは観賞用・・・

近づかないで遠くから見るほうがいい。)


そんな趣味趣向30歳超えてやっと気づいた。

分かっちゃいるけど今更変えられない・・。


う~っ(x_x;)

どう考えても幸せが遠い。

いや待て、「シアワセ」って何だ?

あえてわかりやすいそれを選ばないのは自分だろ。





看病

テーマ:
木曜日から喉が痛い。
心が病むことはしょっちゅうあるが、
身体はめちゃめちゃ丈夫である。
自分の健康を自負しているだけに、
ちょっと調子が悪くなると、かなり不安になる。
早速会社で2時間おきで、塩水うがい実施。
カコナールを飲んでなんとかやり過ごした。
実はこれ以外の対処方法を知らない。
多分私は好きな男性に献身的な看病をしてオトす事は絶対できない…。
今の状況で逆に献身的な看病を期待できるはずもなく、
一人ぼっちで病に倒れるほど惨めなものはないと必死になったわけで。。。

元YQ

テーマ:
今週の月曜日は元YQのタカハシ君ときっしー、
木曜日はなっちゃんとご飯に行きました。
みんなそれぞれにすがすがしく、明るい表情をしていて良かったし楽しかった。
こんな素敵で大好きな人達が
同じ会社にいたという事はすごく恵まれていたんだなと離れてからわかる。
でも不思議と彼等が会社を辞める時淋しくなかった。離れても縁が切れないだろうなと感じていたから。
誰がいなくなっても会社は回っていく。
自分がどこにいたいかなんだ。