人事異動などで、バタバタしていましたが、気持ちは反対に落ち着きつつある、アソシエです。ども。

人事異動したものの、当面席替えの予定はないし、日常的には一見何の変化もないかのように見えるのですが、やはり立場が変わると、自然と気持ちのスイッチが切り替わるようです。

これまでは、長期の休暇中でも、あまり遠出は出来なかったですし、休み中も常に仕事のことが頭から離れませんでした。
ひとりで担当せざるを得なかったので、ある意味しょうがないとは思っていましたが、今にして思えば、それは果たして本当によかったのか、自信はありません。
自分は良かれと思ってやってきたのですけどね。

夢中になっていると、見えないものがいっぱいありますね。
そう意味では、今少し自信喪失気味です。
AD
ブログを書くことが実に久しぶりなアソシエです。
ほぼ2週間ぶりですね。
その間、いろいろありました。

そんなことはさておき、先日人事異動があったので、そのときに思ったことを書いておこうと思います。


世間さまの人事異動のシーズンがいつなのかはわかりませんが、我々の会社では、10月の末に内示があり、11月1日から発令になります。
合併してからというもの、会社のルールだとかが、結構いいかげんになっているので、毎年この時期だったかは定かではありませんが、私が所属している部署では、2人転出&1人転入となりました。

転出のうちの1人には、実はアソシエも入っているのですが、もう1人は、私の隣の席の先輩女子でした。

彼女は現部署に異動してきてまだ9カ月で、異動することになって、とても憤慨しておられました。

何でも、入社して1年目から、ずっと働きたいと思っていた部署(販売促進部)に入社2年目で異動出来て
「嬉しい!頑張ろう!」と思っていたら、せっかく配属になったのに1年で別部署に異動になり、何回かの異動を経て、10数年ぶりにまた販売促進部に異動してきた、という経歴の持ち主なのですが、それまでずっと、「販売促進部を1年で追い出された」ということがトラウマになっていたそうです。
その他の人事異動も、ずっと「また追い出された」と思い続けてきたのだそう。

それを聞いてアソシエは、
「一つの会社の中で、同じ部署に永久就職なんてことはないのになあ。どうして、人事異動をそんなにネガティブに捉えるんやろう?」
とずっと不思議に思っていました。

振り返ってみれば、アソシエが初めて人事異動を経験したのは、入社2年目。
紳士服の販売職から、洋画材コーナーのショップマスターになったのが最初でした。
それから情報システム部に行ったり、社内公募でインターネットビジネスの部署に行ったり、そして販売促進部に行ったりと、いろいろ経験してきました。

さすがに、売場から情報システムに行ったときには、「第一線から外れてしまった」と、ショックを受けましたが、ちょうどそのとき、同じ部署の上司さんが、子会社に出向されることになっていたのに、私のショックぶりを見て、
「俺も、嫌やとか思ってたら、今度行く先の人たちに失礼やわなあ。」
とぼそっとつぶやきました。

それを聞いて、本当にそうだなあと思いました。
もし私がいつまでも、これまでの部署の居心地のよさや、異動に対する失望に捉われているようでは、新しい部署の方々は、こころよく迎えることが出来ませんよね。
私が嫌だと思っていても、その方々はそこでずっと勤務されてきたわけです。
それなのに、私が「そこに異動して嫌だ」という態度をしていると、その方々に失礼だと思うのです。


あと、これはアソシエが他の上司を見て感じたことなのですが、その上司にとっては、「(その人が使えないから)出した」のではなく、「(よその部署に)取られた」という場合もあります。
アソシエの会社では、上司には「リクエスト」という形でしか人事権はありません。
なので、あながち「人事異動で転出」=「出された」ではないのです。


なのに、人事異動の内示があってからというもの、その先輩女子はとても不満だったようで、
「追い出された」とずっと文句を言っていました。
新しい部署のことも、公然と
「嫌や、何でこんなことをしないといけないのかわからん。」
と憤慨していました。
上司に対して、
「私は何か追い出されるような悪いことをしましたか?」
と喰ってかかっていましたし、せっかくお別れの挨拶をした後輩女子に対しても、
「お世話になりましたって、本当は思ってないよね?」
と嫌味を並べる始末で、周囲はやりきれない気持ちで過ごしていました。
彼女については、ここ数日で、
「人事異動絡みで、『一日も早く出て行ってほしい』と思ったのは初めて。」
「異動が嫌なのはわかるけど、ああはなりたくないよね。」
「本当は出されたかどうかなんてわからんけど、ああいうのを見たら、『本当に出されたんかなあ』って思ってしまう。」
などと、評判がダダ下がりになってしまいました。


本来なら、アソシエが過去に上司から教わったようなことを、誰かが彼女に言ってあげたらよかったんでしょうが、上司も先輩も何も言わないので、アソシエが出しゃばることもないかなあと思い、だまってたのですが、今にして思えば、言ってあげたらよかったかなあとも思っています。


彼女と共に仕事をして9カ月でしたが、その間反面教師として、いろいろ学ばせていただいたことは感謝しています。(苦笑)


あ、ところで、私も今回人事異動で転出なんですよね。
次は、マーケティング室というところなんですが、引き続きWeb関係の仕事をします。

当分、忙しくはなりますが、暇を見つけて遊びたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
AD
守秘義務とかいろいろあるので、あまり詳しくは書けないのですが、これも忘れないように書いておこうと思います。

アソシエに、先日辞令がおりました。(会社のね。)

今の職務に新しい職を兼ねなさい、といういわゆる「兼職」という辞令です。

これまでの辞令で、「兼務」というのはあったんですけど、「兼職」って????

ぶっちゃけ、言葉遊びのようなものなのですが、
「兼務」とは、これまでの業務の延長線上で、現状の職務に別の職務を兼ねるもの。
「兼職」とは、現状の職務をしながら、なおかつそのスキルやノウハウを活かしつつ、まったく異なる職務を兼ねるもの。
という説明をされましたよ。

まあ、この手の辞令は、アソシエたちが初めてなので、みんながその説明を受けるまで、「は??」という感じで、説明されても「は????」という感じでした。(笑)


じゃあ、「この辞令を受けて、アソシエたちがやらないといけないことは?」というミッション的なことは、人にそれぞれ微妙に解釈が異なるので、周りが落ち着くまでしばらく静観することにして、どうやら、この兼職業務は、長期化しそう(短期間なら、プロジェクトチームとして召集がかかり、辞令は出ないので。)な気配が濃厚なので、自分の業務をやりつつ、アンテナはしっかり張り巡らせて、という感じで待機をしています。
わかっていることは、「Web戦略」ということと、兼職業務に拘束されるのは、週3時間のみ、ということだけ。


構成としては、アソシエの上に部長さんが一人いて、アソシエの同僚はまったく異なる部署にあと二人いらっしゃいます。
アソシエは、Web担当者という業務をもともとやっていますが、他のお二人は、Webについてはあまりお詳しくないのです。
でも、彼女たちは、自分たちの業務についてはとても活躍していらっしゃる方々ですし、とてもしっかりした方々なので、彼女たちと話していると、目ウロコな視点が非常に多く、アソシエは久々に新鮮で楽しい時間を過ごしています。


とはいっても、週3時間しかない中で、出来ること(周辺知識を埋めていくこと)はしていかないと、時間がもったいないので、「今Web業界ではどんなことが起こっているのか?」とか、「同業他社のWebでの事例」などは、知らないよりは知っておいた方がいいですし、わからなければ、質問してくれたらいいと思って、メールでどんどん配信しています。


まだ始まったばかりで、どうなることかわかりませんけどね、何かまた新しい扉が開けばいいなと思っています。

AD
みなさん、「産業マッサージ」って、ご存じですか?


労働衛生分野に応用されるマッサージで、産業能率の増進、労働者の疲労の除去のために行われるマッサージなのですが、アソシエの会社には、この制度があるんですよ。

厚生労働省には、「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」というのがありまして、会社ではVDT健診導入しているのですが、それを受けて、アソシエは見事ひっかかったのです。
いわば、「会社公認の肩こりさん」ですよ。


※VDT健診については、こちら(All about 目の健康ガイド「VDT健診をご存じですか?」)をご覧くださいね。



肩こりさん認定された社員は、月に1回、産業マッサージを受けることができます。
で、先日受けてきました。

社内のとある一室にそれ専用の部屋が出来て、そこに5分ほど前に着いてしまったアソシエ。
初めて受けるので、おそるおそるノックして、ドアを開けて、
「少し早いのですが、いいでしょうか?」と声をかけると、中にいた女性が二人、少しぶっきらぼうな感じで、「いいですよ。」とのこと。


「すみません。」と入っていくと、「準備してこのベッドにあおむけに寝てください。」とこれまたぶっきらぼうに、言われました。

準備って言われても、具体的にどないせえっちゅうねん、と思いながら、時計・アクセサリー・ヘアクリップを取って、ベッドに横たわりました。
これは、整骨院によくあるローラーベッドなのですが、実はお腹がいっぱいで、ローラーの揺れで少し酔いそうになりました。


このあと、ベッドに横向きに寝て、先ほどのぶっきらぼうな女性にマッサージしてもらうことに。
正直、ちょっとこわいなあ、と思ったのですが、マッサージが始まると、ここちよくなって、少しうとうと・・・。
こわいと思ったのは、気のせいかも・・・と思っていたら、その女性に話しかけられました。

マッサージさん「定期的に、どっかマッサージ行ってます?」
アソシエ「はあ、結構行ってますよ。タイ古式マッサージとか、アロマトリートメントとか・・・」

これで会話がしばらく途切れ、またしばらくして、マッサージさんが
「自分で凝ってるの、自覚あります?」
とか、
「運動とかしてます?」
とか、聞いてきはるんですが、だんだんと口調がきつくなってきました。
そのうちに、
「重症ですよ。」
とか、
「整骨では無理。」
とか、少しキレ気味?


キレられても困るねんけどなあ、と思いながらアソシエは、
「体質改善じゃないですけど、どうしたら、マシになりますかねえ?」
と聞いたら、
「ラジオ体操とか?」
とこれまだ若干キレ気味に言われました。とほほ。


最後の方には、
「月2回、じっくり揉んでくれるところに、行ったらいいわ。保険きかないようなとこに。」
と、言われました。


まあ、確かに凝りがひどいのは、承知していましたが、キレられた(?)のは初めてでした。
事務所に帰ってきてから、同じ部署の後輩くんで同じく肩こりさん認定を受けた子に、
「なあ、マッサージしてくれた人って、怖くなかった?」
と聞いたら、
「うーん、愛想ない感じでしたけど、怖くはなかったですよー。」
とのこと。

うーん。私だけ?


来月も行かないとあかんのに、嫌やなあ。
最近、上司との目標面談の第1回目が終わったアソシエです。


うちの会社って、今頃上半期の目標設定するんですよね。
変でしょ。
もともとは、2つの同業他社が合併して、人事制度など、企業システムは規模の大きい方に合わせた格好になったんですけど、未だに効率が悪いなあと思っているんですけどね。


私の場合、中ボス(直属の上司)とは、いつもだいたい1時間半くらい話をします。

「今、私が課題で抱えている課題」や、「近い将来取り組んだ方がいいと思う事柄」をリストアップしていき、それを前に1時間半、中ボスと2人うんうん言いながら、話をするわけです。

一通り話し終わった後に、私はいつも中ボスにこのように聞きます。

「今、私ばかりがお話を聞いていただきましたけど、○部長からは何か私に『こうしてほしい』とか、『こうした方がいい』とか、何かありませんか?」


すると、こんな風な答えが返ってきます。

「業務の緊急性を考えて、報告よりも作業を優先してやったとしても、必ず事後報告はしてくれるし、
いつも間違ったことはしないと思ってるから、特にこうしてほしいということはないよ。」


それを、アソシエは少しさびしいなあと思いながらも、「報告してきてよかったなあ。」と思うのです。

アソシエの仕事は、社内では専門性の高い仕事と思われています。
(本当はそんなことないんですけどね。)
人によっては、「報告されても、よくわからないから」と言われてしまうことも多いのです。
それでも、報告し続けるということは、結構しんどいことでもあります。
報告の仕方や、内容にも、いろいろ気を遣いながら、それでも報告し続けてきたのは、

「上司は、自分の部下のやっていることに、決して無関心であってはいけない」

とアソシエは、思っているからです。


しかし、アソシエはそう思っていても、上司がそのように考えるかといえば、必ずしもそういう人ばかりではありません。

中ボスにとって、アソシエからの「報告」は、「安心」だと思ってもらえていたことにありがたいなあと思うわけです。

そして、その行為を続けることによって、アソシエは、中ボスから「信頼」してもらえたのかなあと思います。


今回は、上司と部下という関係で書きましたが、これは何も会社内だけの話ではなく、誰かと(もしくは何かと)信頼関係を築くということは、やはりこういう行為を一貫して連続して続けていかないといけないことだと思うわけです。
それが、「ブランディング」ということだと思うのです。


ということは、アソシエも、「信頼」というブランドを維持していくには、中ボスに対して、「報告」という行為をさぼれなくなってしまうのですね。(笑)

今朝の会議で

今日午前中の会議で、新規案件の話をしていたときに、
たまたま、私の隣の席の後輩くんの話が出て、
「Nくんは最近がんばってるんですよ。」
と私が言いました。

独特のアンテナで個性的な企画を繰り出してくるNくんですが、興味軸に偏りがあるので、みんなが知っているようなことを、まったく知らない場合もあります。
上司たちに向かって、私は彼とこんな話をすることが多いんですー、という話の続きで、
「でも彼は最近すごく勉強していて、苦手なファッションとかも、雑誌読んだり、積極的に情報収集したり、努力してるんですよ。」
と言いました。
それまで、上司はむしろNくんのことをファッションが得意だと思っていたようで、彼の努力の賜物だとは気づいていなかったようでした。

伝えることが出来て、嬉しかったので、夕方にたまたま席で二人になったときに、Nくんに、
「今日部長と会議してるときに、あなたがすごくがんばっているっていう話になってんで。」
と伝えたら、Nくんはとても嬉しそうにニコッと笑ってくれました。

そらそうやんなあ、すごく努力してるのに、出来て当たり前みたいに思われても、何か甲斐ないもんなあ。
褒めてもらうためにやってるわけじゃないけど、知らないよりは知っていてほしいよね。

人間、楽な方法や得意なところでしか、勝負したがらないのに、苦手な分野を克服しようとがんばっているNくんは、本当に偉いと思ったので、常々、
「あなたは偉い!すごい!がんばっているよね!」
とは言って来ましたが、私よりも知っていてほしい人がいますものね。

伝えることが出来て、彼の笑顔を見れて、嬉しかったアソシエですが、同時に私も見習って、もっと努力しないといけないなあ、と思いました。
地域的、もしくは個人的な要素も多分にあると思いますが、タイトルについて、反省を込めて書いてみますよ。


私もしくは私の周辺(会社)では、何故か「しばく」という動詞をよく使います。

もともとは「叩く」とか「ぶつ」「殴る」の関西弁だと認識していますが、私周辺のローカル使用では、拡大解釈して、「催促する」「値切る」「クレームをつける」というような動詞を強めた感じをイメージして使っています。
もしくは「罵倒されるまではないけど、汲々と責め立てられた」というときに、「しばかれた」と表現したりも。



そんな前置きをご理解の上、お読みください。
↓↓↓


あるとき、私が電話で誰かに対して、
「しばく」「しばく」
と連呼していたのを聞いた、天然系20歳代女子のYちゃんは、何故かそれが気に入ったらしく、意味なくキーボードを叩きながら、
「しばく!」「しばく!」
と連呼していたらしい。



それを目撃していたAちゃんが、ランチタイムに教えてくれたのですが、その後、天然系20歳代女子Yちゃんは私に、
「○○さん(=私)って、よく『しばく』って言ってはりますよね?あれを聞くと、背筋が伸びる感じがします。」
それってびびってるってこと?

この場合の「しばく」は、殴るという行為のことではなく、「クレームをつけて、責め立てる」という意味だったのですが、電話の内容を知らないYちゃんは、言葉通り、
「わー、○○さん(=私)って、誰かをぶつんやー。」と思ったようです。


アソシエは、
「ごめんごめん、あまり言わんように気を付けるわな。」
と笑って言いましたが、天然系20歳代女子Yちゃんは、
「私のことは、しばかないですよね・・・?」
などとおずおずと聞き返すのでした。
そのおびえた様子が、少し面白かったので、アソシエは、
「そんなんYちゃんみたいに、かわいい子には、思ってても言わへんて。( ̄▽+ ̄*)」
と言いましたところ、Yちゃんは、
「思ってるんや・・・。( ̄□ ̄;)」
とのたまいました。

それから、何故か彼女から、
「○○さーん、お菓子どうぞー♪」
と妙に懐かれるようになりました。
私から嫌われて、しばかれたくないとでも思ってるのでしょうか。
OLの素晴らしき、自衛本能ですね。(^∇^)


まあ、このように、言葉を便利に多用していると、思わぬ誤解を受けることがあるので、注意しようという自戒でした。

新しい期になり、早一ヶ月過ぎたので、いろいろ整理してみようと思いますよ。

組織変更に伴い、これまでの業務を持って今の部署に来てすぐのときには、

「何だ、ただの席替えじゃん。」

と思っていたアソシエなのですが、今ではその考えを改めなければいけないなと思っています。


というのも、今の上司は非常にコミュニケーションを重視する方なようで、部のメンバーがそれぞれ、どんなスキル、嗜好を持っていて、どういうことを考えているのかをみっちりヒアリングされるのですよ。
先日も目標面談をしていただいたのですが、こちらの考えに対して、非常に親身にアドバイスしてくださった上に、後日もう一度時間を設けてくださることになりました。
私だけでなく、メンバー全員対してです。


とまあ、こんなこともあんなこともありつつ、一ヶ月過ぎていったわけですが、これまで良い意味でも悪い意味でも、放置プレイ状態だったアソシエとしては、日々新鮮365という感じです。

そんな日々を過ごしつつも、いつの間にか結構経験してきた人事異動において、上司が変わったらやるべきあれこれを3つにまとめてみますよ。
ちなみにアソシエは、現在入社17年目(年齢がバレル)ですが、人事異動は今回で9回目です。
そのうち、新たな業務を着任した人事異動は3回。その他は組織変更による異動で、業務を持ったまま転籍しています。

-----------------------------------------

<上司が変わったらやるべきあれこれ>
1.周りだけでなく、上司には元気よく目を見て挨拶をしよう。
「おはようございます。」「おつかれさまです。」「お先に失礼します。」「食事に行ってきます。」
など。
なかなか自分(上司)から話しかけることが苦手な人がいます。
話しかけやすい雰囲気やきっかけをこちらから作ってあげましょう。


2.上司を注意深く観察しよう。
上司の言動や癖などから、上司の性格や思考パターン、嗜好を読み取りましょう。
何も上司に媚びたり、気に入られるために、観察するのではありません。
コミュニケーションを取る際に、何が有効なのかを見極めるためです。
例えば、業務のことを説明したり、決裁を取る必要がある場合に、この上司の判断基準はどこにあるのかを知る必要があります。

・数値を見て判断する、そしてどういう数値を基準にするのか。
・図やグラフを見て理解しようとするタイプなのか。
・口頭での説明や議論を好む人か、それともメールやドキュメントなどで見て自分で判断したい人なのか。
・大局を重んじる人か、細部まで気にする人なのか。
・大風呂敷を好むのか、実際的な案を好むのか。
・すべてを管理したがるのか、放任タイプなのか
・将来的な展望を好むのか、今目の前の危機に目を向けるのか


3.上司が自分に何を求めているのかを知ろう。
自分がチームメンバーとして、効果的に動くために、上司が自分に何を求めているのか知ることは重要です。
そのためには、自分のスキルをうまく上司に伝える必要があります。
ただ上司によっては、そういうアピールをうっとおしいと思う場合もあります。
有効なのは、自分の業務について、上司に「相談」することです。
上司は役目柄、部下から「相談」されたら、耳を傾けざるをえません。
嫌でもコミュニケーションを取る機会が出来ます。
注意しなければならないのは、その「相談」の答えを、上司に期待してはいけません。
答えは自分でちゃんと用意していきましょう。
上司だからといって、訳のわからない「相談」をされても、上司は不愉快になるだけです。
「相談」をし、その答えに対するアドバイスを求めることで、自分がしている業務の説明や、持っているスキルを披露したりすることが出来ます。

そうはいっても、上司は自分に何も求めていないこともありますので、その場合は放置プレイを楽しむ寛容さも必要です。


-----------------------------------------

先日の面談のときの話。
上司が、
「いろんな人(歴代の上司含む)に『○○さん(=私)ってどんな人?』って聞いたら、みんな『ヴァイオリンやってる』と言ってた。」
と言ったこと。


社内ではアソシエは、『Webの人』ではなく、『ヴァイオリンの人』として、ブランディングされているらしいです。
一応仕事も一生懸命やってるので、仕事絡みのコメントが欲しかったなあ。

先日、会社の別部署の方が主催されている飲み会に出席してきました。

一応、今回はある役員の快気祝いという名目だったのですが、「一体、このメンバーは何つながり?」という方々が参加していました。
たまたま私を誘ってくださったのは、「その役員のシステム部時代の元部下だから」という理由だったらしいのですが、これまでも何回かやっている飲み会だそうです。

会場もこれまで何回か参加している人に連れて行っていただいたのですが、少し迷わなければたどりつけないようなところでしたし、誰が来るのかもわからない状態だったので、「いったいどうなるんだろう?」と思っていました。

ところが、会が始まってみると、みなさん楽しい方々ばかりですし、料理はおいしかったですし、いろんな話に花が咲き、非常に面白い会となりました。

駅までの帰りに、元上司と少しだけお話する機会があったのですが、とてもお元気そうで、うれしかったです。

実を言うと、その上司の部下であったシステム時代ですが、私はあまりお役に立てず、その上社内公募で、インターネットの新しい部署の新設に応募してしまったため、途中で勝手に出てしまった経緯がありました。
とても勉強になったとはいえ、システム部の業務内容になじめず、勝手に飛び出てしまった私に対して、あまりよく思っていない人も少なからずいた中で、こころよく送り出してくださり、その上インターネットの部署の新設の際にも、ご尽力いただき、非常にお世話になったその役員に対しては、とてもありがたいと思っています。


また、今回の飲み会には、私が売場にいた頃の上司で、早期退職された方も参加されていました。
この方は、最近退職されるまで隣接部署にもおられましたし、同じ沿線(最寄駅は離れてますけど)だったこともあり、飲み会があれば一緒に帰っていました。
今回も途中まで一緒に帰り、いろんなお話をしてくださいました。


最後、最寄駅から家までの道すがら、これまでのいろんな出来事が、いちどきにこみあげてきて、何とも言えない不思議な気持ちになりました。

過去があって、現在があり、未来がある。
でも、これまでの自分はこれで本当によかったんだろうか。
これからの私は、いったいどうしたらいいのだろうか。
決して後悔しているわけではないですし、迷っているわけでもありません。
普段は閉じ込めている感情に気づいて、ふと覗き込んでしまったのです。

Let it be


人事異動の季節

先日、人事異動が発表され、今日から一応着任ということに。

今回の人事異動は、かなり遠方に行く方々がごっそりいて、今朝もまだあちこちで荷造りをしている方々が。
近郊に異動の方々は、この土日にもう既に荷物をまとめて、引越完了されている。何だか切ない。
お世話になったお礼もちゃんと言えなかったな。
でも、レストラン貸切大歓送迎会もあるものな。


私自身は組織変更に伴い、所属は変わりましたが、仕事は相変わらずWeb担です。
名刺が変わるのが今回で3回目となりますが、前2回分は割当枚数を消化しておりません。もったいない。

出来れば今度は、名刺の割当枚数を消化できるくらい、アクティブになりたいと思っていますが、どうなることか。