次は、北浜から京阪に乗って、淀屋橋へ。

そこからてくてく歩いて肥後橋まで移動。


051123_141258_M.jpg


大阪市立科学館 の近くに、今回の目的地があります。


graf というインテリアのビルの5Fにカフェスペースsocrates(ソクラテス) があります。


客層は、クリエイター・アーティスト系のおしゃれな人が多く、ちょっと自分が場違いに思えたり・・・。


でも、しっかりスイーツいただきました。\(^o^)/

(さっきらんち食べたとこやろ、というツッコミは軽くスルーで。)


051123_143319_M.jpg


フルーツケーキとそば緑茶です。


ぃやー、んまかったす。


こういう、アクセス的にもちょいハズレた場所にもお店があって、それでもしっかり常連客が付いている、というのはスゴイですね。


いろんな意味でも勉強になりましたわ。


AD

このブログのTOPにある、メッセージボードで、


▼今、計画中あるいは、これから計画しようとしている案件その1.(第5回セアンス)


http://ameblo.jp/associee/entry-10005913718.html


とありますが、今日は会場の下見会に行ってまいりました。



場所は、北浜。


雲州堂 というイベントスペースで、となりにIORIというカフェが併設されています。


雲州堂と聞いて、ん?どっかで聞いたことある・・・、と思ったあなたは、スバラシイ!


雲州堂というのは、そろばんを作っている会社 なんです。


ここも元はといえば、そろばんの倉庫だったそうな。




051123_133015_M.jpg


↑IORIの入口です。

石畳がステキですね。



051123_120006_M.jpg


IORIでいただいたらんち、チキンとかぼちゃのカレーライスです。

ごはんは黒米です。おいしかったっす。



051123_133232_M.jpg



この地区には、一筋奥に入れば、こんな蔵が結構残ってます。

まるで横溝正史や江戸川乱歩の小説に出て来そうですね。



不思議な空間を友人と散策しながら、大阪ってまだまだ面白いところがイッパイあるよなー、と再確認。

AD

大人のための発表会セアンス。


これって、前回終わった直後くらいから、「いつにしよう?」という話が出ているのですが、日程がなかなか決まらないのです。


それよりも何よりも会場が問題なのです。


目星はあるんですが、下見に行く時間がありません。


というわけで、セアンス実行委員会のみなさん。(多分ちょくちょく見に来てくださっていると思いますが。)


そろそろ下見ツアーしませうか。


後で、例の場所(ぁ、あやしぃ。)に候補地を何箇所か書き込みますが、必要条件を満たしているかは、未確認です。(今日は無理かも、ごめんなさい。)


よさげなところがあったら、下見に行きませんか?



よろしくお願いします。

AD

今日は第4回セアンス当日。


今回はこじんまり、まったり感あふれる中、行いました。


会場は、谷町九丁目にあるアジアンカフェaf(亜風) で。

ツタのからまる外観のカフェで、内装は時代モノの家具や雑貨であふれています。

おいしい無国籍料理と、親切なシェフ&スタッフさんたちのおかげで楽しく過ごすことができました。

この場をお借りして、熱く、厚くお礼申し上げます。


プログラムは、セアンスのために結成された?カルテット(弦楽四重奏団)と、ヴァイオリン3&ピアノ1のアンサンブル、三重から来た二胡の演奏のみ。

みんなとお話したり、楽器を交換して弾かせてもらったり、で約4時間の予定は余裕でオーバーしちゃいました。

あー、楽しかった。


では、第4回セアンスアルバムです。




↑ピアノを弾くrisa。さんです

憧れのお姉さま、いつも素敵なピアノ演奏をありがとう。

これからもよろすくお願いします。




↑セアンスカルテットのメンバー。

左がチェロ弾きくん、右がヴィオラ弾きくん。

ヴィオラ弾きくんは、プロはだしの録音と、真空管スピーカーも用意してくれました。


ここで、ヴィオラ弾きくんから訂正が入りました。

×「真空管スピーカー」
○「真空管のアンプ」と「スピーカー」

とのことです。

謹んでお詫びさせていただきます。


彼らとヴァイオリン二人で、「カンタータ 主よ人の望みの喜びよ(バッハ)」「エア(G線上のアリア@バッハ)」、「アヴェ・マリア(カッチーニ)」をやりました。

なかなか緊張感あふれる演奏でした。

また、これからもやろうね。


↑三重から来てくれた私の友達。

二胡で、「OGYOGIYORA」という韓国の歌を弾いてくれました。

彼女はいつも私に刺激を与えてくれます。

普段はなかなか会えないけれど、こうやって彼女の演奏を聴いていると、彼女の素晴らしさがすごく伝わってくるし、私もがんばらないと!と思いますね。

今回弾いてくれた曲も、彼女のおかげで好きになりました。


↑カウンターでまったりとお食事。

二胡弾きのIちゃんと、一緒に来てくれたお友達、中国琵琶を始めるかもって!

次回のセアンスでは、是非中国琵琶、聞かせてくださいね。

一番奥に写っているのは、junちゃん

いつもありがとう。


そして写真には写ってないけど、いつもセアンス全般を取り仕切ってくれているけろりんさん

頼りにしてばっかりで、何にもお返しできてないけど、ごめんね。


このセアンスは、実に多くの人の出会いで成り立っています。

会場をいつも変えているのは、新しい出会いを大事にしたいから。

ネットとかで探して「ココどうかな?」と思って行くより、実は偶然入ったカフェがアタリだったりします。

「こんなことをしたいんです。」とお店の人にお話して、「面白いね!」と言ってもらえるところでないと、こういう会って出来ないんです。

会場を変えたりして、回を重ねることによって、この会が広まっていけばいいなとも思いますし、来てくれた人たちにも、そのお店を紹介して、「いいお店やね。」「こんなとこ、あったんや。」という発見もしてほしいのです。


帰りには早くも「次回はいつ?」なんて声も飛び出しました。

さて、いつやろうかな?

さて、いよいよ明日になりました、第4回セアンス。

今日は朝から新大阪某所において、最終練習です。

私は、主催者グループで3曲と、別カルテットで3曲弾くことになっていますが、時間はたっぷりありそうなので、何か弾いちゃおうかなーとも思っています。

ズタボロになったとしても、ま、ゴアイキョウということで。


幸いにも主催者グループのピアニストは、初めて譜面を見ても、「いいよー」と伴奏をしてくれちゃったりするので、頼りにしてますだ。


では、またレポしますー。


セアンスまであと1週間になりました。


今回、バタバタで何もかもが中途半端になる中で、仲間にも助けてもらいながらで、何とかがんばれています。

ありがたいのは、「助けてー、手が回らん」と言えば、助けてくれる仲間がいることです。

けろりんさんjunちゃんrisa。さん 、いつもありがとう。



ところで、今日はセアンスで初心者カルテット(弦楽四重奏)をすることになったメンバーで、合奏練習。

ヴァイオリンは、私とけろりんさん、ヴィオラはSくん、チェロはHくん。

なかなかええメンバーです。

バッハなど、有名な曲ばかり3曲する予定なんですが、しかも非常にええ曲です。

でも、何かびみょーに合わんのよねー。合奏って難しいわ・・・。


でも、すごく面白いのです。

セアンス以降も、機会を作って、やっていきたいですね。
やったー、今日から休みだーのアソシエです。

今日はセアンス運営メンバーで打ち合わせをしました。
会場となるカフェafで、ランチしながら、「どーする?」とゆうカンジで。
現状報告と、我々も演奏するので、「何やる?」も。
いろんな案が出ましたが、今からでは間に合わない?でも、やるのだ!

お待たせしました。

やっと、公開できます。

大人の発表会・第4回セアンス参加者大募集!!
です。


雅楽あり、舞楽あり、クラシックあり、ポピュラーあり、ジャズあり、ヴァイオリンあり、ピアノあり、フルートあり、クラリネットあり、大正琴あり、二胡あり、沖縄三線あり、リコーダーあり、親子演奏あり、ジャンルを越えたセッションあり・・・。

↑とりあえず、思いつくまま過去実績を挙げてみました。

これまでは親しい友人のみで、クローズに行っておりましたが、今回から公募します。
ですから、当日のドタキャンなどは厳禁です。

毎回会場選びには苦労しているのですが、今回は谷町九丁目の「Asian Future af亜風」で行うことになりました。
古きよきものを活かした内装のカフェなので、店内のあちこちに「あれ見て!」がいっぱいです。
フードドリンクももちろんおいしいので、どうぞお楽しみに。

演奏だけでなく、他の参加者とも交流してください。
次回のセアンスでは、新ユニット結成なども・・・?

みなさま、ふるってご参加ください。

====第4回セアンス募集要項====

▼日時
2005年5月29日(日) 14:00~18:00

▼会場
「Asian Future af亜風」
(近鉄上本町・谷町九丁目8番出口より徒歩3分)

▼会費
おひとり2500円(ドリンク別)

▼定員
25名。

▼お申込み方法
【演奏者としてご参加いただける方】
一グループ10分以内の持ち時間です。
・グループ名
・人数
・メンバーのお名前(ハンドルネーム)
・代表者のお名前と連絡先
・曲名
・使用楽器
・簡単なグループ紹介

【参加のみの方】
・人数
・申込みされる方全員のお名前(ハンドルネーム)
・代表者のお名前と連絡先

▼お申込み締切
いずれも定員になり次第締め切らせていただきます。
【演奏者としてご参加いただける方】
・5月13日(金)まで。
【参加のみの方】
・5月22日(日)まで。

おはようございます。

何となくあったかい大阪です。

過去3回セアンスを一緒にやってきた仲間と、昨夜ご飯を食べながら、具体的な打ち合わせをしました。

そもそも、このメンバーは、当時雅楽器と西洋楽器との合奏をしたくて、「一緒にやってくれる人、大募集!」と呼び掛けたときに、手を挙げてくれた人達なんです。

よく知ってみると、みなさんいろんな得意分野を持っていらして、「偶然にもこんなにバランスのよいメンバーが集まったなあ」と思いました。

「せっかく集まったメンバーだから、演奏の機会が欲しいね。」と思いついたのが、仲間同士で行う会費制のカフェコンサートで、これが後に「セアンス」と改称するものの始まりでした。
参加者は誰かの友人知人であることが条件(連絡が取れなくなる、ドタキャン防止)で、自分で演目を決めてエントリーし、1演目10分の持ち時間で、時間が許せば複数回の出演も可能です。

毎回約30名の参加者を迎えて、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
昨日第4回目に向けての打ち合わせをしながら、本当にメンバーに恵まれて有り難いなあと思いました。

これからもよろしくお願いします。


次回セアンスについては、今度から公募も行う予定です。
準備が出来次第、こちらでもご案内しますので、もうしばらくお待ちくださいね。