最近、ヴァイオリンを始めて、3年くらい?という方とお知り合いになる機会があったアソシエです。
その方の言動(ヴァイオリン関連)を見ていて、
「ああ、このくらいの頃って、私もこんなんやったなあ」
「ここは私と違うところ。すごいなあ」などとよく思います。




年月だけは経ったので、「今だから言えること」なんですけどね。




☆「私もこんなんやったなあ」と思うこと。


・道具(特に弦)に凝る。



弦楽器関連のWebコミュニティだとか、専門雑誌などで、「良い」と言われていたものや、好きな演奏家が使っているものと同じものを手に入れて、いろいろ使ったりしていました。


特に弦などは、楽器によって相性もあるので、とにかくいろいろ試したり、演奏映像などを見て、「あ、この人はこのブランドの弦を使っている」というのがわかったら、それを真似てみたり・・・。



→今は、いろいろ試したし、飛びつくような新製品も発売されてないので、そんなに凝ることはなくなりました。


弦は、今はエヴァ・ピラッツィを使っています。
肩あては、il gradio。
顎あては、フレッシュモデルかライプティヒモデルか、よくわからないのですが、テールピースをまたがったその上(中央というのかな)に顎の位置が来るものです。
その辺りはだんだん自分の好みというのが定着してくるので、みなさんだんだんおさまってくるのかもしれませんね。


あと、使う目的が明確になってくるということもあるかもしれません。
例えば、手を離した状態で、顎と肩で楽器が安定して持てないなら、ポジション移動が出来ないので、どの位置で楽器を構えるのかを考える必要があります。
肩あてで高さを出す必要がある場合や、むしろ高さは必要なくて、滑り止め程度でよい場合もあります。
顎あては、楽器を浅く構えるのか(外側に顎あてをつける)、深く構えるのか(中央に顎あてをつける)も考えなければいけません。
そういう意味で、道具選びは、「自分がどのように楽器と向き合っていくかを模索していく」ことだと言えるかもしれません。



・他人のレッスンの進み具合が気になる。


初対面だと、挨拶レベルで
「(ヴァイオリン)何年くらいなさってるんですか?」とか、
「今レッスンでどんな曲されてるんですか?」
と訊いていました。笑



個人レッスンorグループレッスンなどで、使う教本は違ってきますが、個人レッスンだと大体使う教本が決まってくるので、「○○さんは、まだ習い始めて何年目なのに、もう××という曲をやっている」という感じで、心の中で右往左往してしまうんですね。


それが練習のモチベーションにもなるんですが、落ち込んでしまうこともしばしば・・・。



→今は、いい意味でも悪い意味でも、気にならなくなりました。





☆「私とは違うなあ。すごいなあ」と思うこと




・「いつか演奏してみたい」と思う曲がある。



私の場合、ヴァイオリンを習い出したのは、消去法(ピアノ以外で、教室数が多い楽器。ポータブルであること。)の結果だったので、ヴァイオリン曲に関する知識がまったくありませんでした。


でも、「この曲(例えば、葉加瀬太郎の曲とか、バッハの○○など)が弾いてみたいから、ヴァイオリンを始めた」という人が結構多いことを知りました。


「アマチュアオーケストラで演奏したい」という人も多いですが、そういう人たちでも、例えば「ブラームスやベートーヴェンなどの交響曲をいつかは弾いてみたい」という目的(目標)を持っているわけです。



→私の場合、恥ずかしながら、まったくなかったです。


「目の前にある楽譜をちゃんと弾く」ということの積み重ねで、ここまで来たので、現在も「いつかはこの曲が弾いてみたい」というのは、あまりないです。


むしろ、曲も弦楽器友達に教えてもらって、「この曲いいねえ!」ということが多いですね。


一度レッスンで上がった曲は、過去を振り返らない主義なので、レッスン時が頂点で、終わったらいつの間にか忘れて弾けなくなって、恥をかくこともしばしばです。


最近は、ようやくマズイな、恥ずかしいなと思うようになって、復習をするようにはなりましたけど。


何となく、課題を与えられるままにやっていたら、10年以上続いてしまった・・・、というあまり自慢できない話でした。


AD
il-gladio カーボン製バイオリン用肩当て(カーボンブラック)

¥13,440
楽天

il-gladio カーボン製バイオリン用肩当て(カーボンシルバー)

¥13,440
楽天



それまで、「マッハワン」を使っていたんですけどね、弾いてると、楽器がズレるんですよね。
楽器を落としそうで、ポジション移動のときに、こわくてネックから左手を離せなかったくらいです。
おかげで、ポジション移動は遅れるし、移動後の音は外すしで、このままではいけないと思い、肩当てを変えることにしました。

私の場合、肩当てに求めるのは、ブリッジ型であることと、アームの高さです。
左右のネジで思い切り高低差を出して装着します。
以前は、ブリッジ部分の形状(S字型)や素材(木製であること、またはその木の材質)であることにもこだわっていたのですが、最近では高低差がどれだけ出るかの方を重視しています。

「il-gladio」の材質は、カーボン樹脂なのですが、「振動の伝達性に優れている」という触れ込み通り、「マッハワン」と比べて、弾いていると、音がより前に出るというか、パワーが増した気がします。

楽器もしっかり安定しましたし、安心して左手を外すことも出来るようになったので、そのおかげか、「ヘンデルのヴァイオリンソナタ第4番第1楽章」は、6回目のレッスンで終了いたしました。ぱちぱち☆

次は第2楽章です。




AD
最近、忙しくてヴァイオリンを触る暇がないアソシエです。

深夜に練習しようと思っても、気が付いたら気を失ったように寝てるんですよ。
途中で起きればまだいい方ですが、朝までソファに座ったまま寝てしまっていることも。

そんなアソシエですが、レッスンは休まずに行っていて。
練習せずに行っているのは、師匠にはバレていると思うのですが、そこは華麗にスルーしていただいてます。ありがたい。

でも、何故か今日のレッスンは、フィオッコのアレグロが終了しました。


「フィオッコのアレグロってどんな曲?」という人は、このエントリーでYouTube動画をリンクしていますので、見てね。(私の演奏ではありません。)


実際には半分くらいしか弾いてないんですが、一応師匠が設定した課題はクリアしたようで、
「次は、『ラモーのガヴォット』か『ヘンデルのソナタ4番』か自分で選んできなさい。」
とのこと。
次っていっても、レッスンは来週なので、あまり時間がありません。


ちなみに、ラモーのガヴォットはこれ↓




ちなみに、ヘンデルのソナタ4番(この動画は1楽章と2楽章)はこれ↓

この少女、めっちゃ上手ですね!!


アソシエの心は、今決まりました。
ヘンデルのソナタにします。(笑)
何故なら、ラモーのガヴォットをやっても、次には必ずヘンデルのソナタをすることになるからです。
曲も有名なもので、美しいですしね。
そして、このヘンデルのソナタが終わったら、今やってるスズキの教本6巻は終わるんですねー。
師匠から、「ヘンデルのソナタはじっくりやろう。」と言われているので、いつになるかわかりませんが、次はどの教本を使うのかなあ。

AD
久々にレッスン日記。
ヘンデルのヴァイオリンソナタ第3番は、昨日土曜のレッスンで、条件付きで終わりました。
「条件付き」というのは、前回のレッスンですらすら弾けていたのに、昨日土曜のレッスンではあまりすらすら弾けなかったため、
「どうしたん?もう一度やってきなさい。でも、新しい曲もやっときなさい。」
と師匠から言われたのです。
(てか、これって終わったとは言わない?)

第1楽章から第4楽章まであるソナタですが、2楽章だけは別のテキストで数年前にレッスンでやっているので、今回は、第1楽章、第3楽章、第4楽章のみ。
曲自体はそんなに難しくないのですが、師匠からは「ヘンデルらしく」と言われて悩む日々でした。
(って、自分の中では既に過去形なのか?)

次にやるのは、フィオッコの「アレグロ」です。
こんな曲です。




こんなに速く弾きませんけどね。弾けませんし。(じゃあ、アレグロ違うやん。)
1月14日(金)大阪倶楽部であった、高木和弘さん(ヴァイオリン)と佐藤勝重さん(ピアノ)のコンサートに行ってきました。


本当は、14日(金)・15日(土)の2日連続公演だったのですが、アソシエは14日のみ。
14日(金)のプログラムでは、イザイの曲を1曲も弾かずに、イザイに影響を受けた作曲家が、イザイに献呈した曲を中心にプログラムが組まれていました。
アソシエが大好きな、ショーソン「詩曲」やフランク「ヴァイオリンソナタイ長調」が演奏されたので、大満足。
アンコールでも、フランクの「アンダンティーノ・クェストーソ」という素敵な曲を演奏してくださいました。


実は、高木さんは、私の師匠のお友達でもあります。
今回のコンサートは、師匠の紹介だったのですが、師匠が「宇宙人か、と思うくらい素晴らしい演奏者」と言っていた通り、本当に素晴らしかったです。


師匠が、高木さんと共に、ストリングセクションで参加している「A Hundred Birds」のUstream(アーカイブ)がありますので、よかったら見てください。
56分ごろから高木さんのソロが始まります。
どれだけすごいか、おわかりいただけるかと思います。

師匠は、ストリングセクションの後列で弾いているのが映っていますよ。(笑)
今日は今年初めてのヴァイオリンのレッスンでした。


◆一つめのミッション「師匠へのお年賀ワインを調達」

阪神百貨店梅田本店に行きましたら、ワイン売場で「イタリアワイン特集」なるものをしていて、ソムリエバッジをつけた販売員さんに、相談しましたら、
「これがおすすめです。」
と薦められたのが、アマローネ。

説明をしていただいたのですが、よく覚えられなかったので、調べてみました。

▼「イタリアワインの真髄 アマローネ」
http://www16.ocn.ne.jp/~verona/it_amarone.html



メーカーがいろいろあるようですが、どこのかは覚えていません。
でも、師匠は喜んでくれたみたいで、よかったです。


◆二つめのミッション「弓の毛替え」

レッスンの後、新大阪の松尾弦楽器へ。
工房ジプシーのアソシエではありますが、松尾弦楽器さんは、予約をしておけば日曜にでも開けてくれるので助かります。


◆三つめのミッション「弦の張替え」

先日、ネット通販で購入した弦「エヴァ・ピラッツィ」が昨日届いていたので、さっき張替えました。
合間に弓の毛に松脂も塗っています。



こんな風に、いろいろとミッションが果たせたので、とても満足な一日ではあったのですが、残念なこともあったのです。


つづく。

毎年恒例の悩みごと

テーマ:
ああ、毎年悩ましい季節がやってきました。

ヴァイオリンのレッスン始めです。

練習不足で悩ましいのかって?→それは毎回。(おい)


ではなく、毎年レッスン始めのときに、師匠に「お年賀」をお渡ししていて、毎年何にするか悩むわけです。

普通みなさんは、お中元やお歳暮をなさると思うのですが、同じタイミングでたくさんもらわれても大変でしょうから、時期をずらして、「お年賀」ということにしています。
お中元・お歳暮の時期は、売場も混雑していますしね。


でも、「何にするか」で悩んでいるというのは、少し正確ではないですね。

というのは、うちの師匠は、


「お菓子とかお花とかもらっても困る。ワイン、しかも赤でいい。」


という人なのです。
以前、どなたかから花束をもらった師匠、居合わせた私に「あげるわ。」とくれたことが
ありました。(まったく嬉しくない。)
知らずに、花束をプレゼントした人は、お気の毒としか言いようがありません。



それはさておき、「赤ワイン指定なら、簡単では?」と思う人、あなたは甘い。

アソシエは、お酒の飲めない人なのですよ。
何がおいしいのかなんて、まったくわかりません。

(なのに、私の家には、ワイン売場からDMが届きます。事あるごとに師匠にさしあげるのに、ワインを購入しているからです。わはは。)


ですから、アソシエはワイン売場に行くと、まず最初に、ワインに詳しそうな販売員さんをGETします。
(物慣れた感じでお客さんと会話しながら、試飲を薦めているような人は、お酒のメーカーや商社から派遣されてるワインに詳しい人が多いです。ソムリエの資格を持ってるならなお良しですね。)


販売員さんをGETしたら、
・私はお酒が飲めない。ワインの味がわからない。
・師匠(目上の方)に「お年賀」として差し上げるもの。
・その師匠は、ワインに詳しく赤オンリー。
・イタリアワインが好きだが、結構いろいろ飲みつくしているので、目新しいものの方がよい。
・予算は○○○○円くらい。
というようなことを伝えると、「こんなのいかがですか?」と何本か見繕ってくれて、その中から相談して、イチオシ的な1本をチョイスするのです。

(相談する、といっても味がわからないから、説明を聞いて、結局その販売員さんに選んでもらうんですけどね。)

大変なのは、忙しそうな売場で、いかにも詳しそうな販売員さんをGETすることです。

その師匠について10年目ともなると、「もう赤ワインやったら何でもいいかなあ」と、正直思ってしまうこともあるのですが、普段、お世話になっているお礼の気持ちは込めたいですからね、わからないなりにも、いろいろ悩んでしまうわけですよ。
(てか、選んでるのは販売員さんなんですけどね。)


みなさんは、師匠に何か定期的に贈り物などなさっているのでしょうか。

普段の感謝の気持ちを、何か形で表してみると、結構喜ばれますよ。
とはいっても、「贈り物をしてるから、レッスンのときに優しくなる」とか、そういうことではないんですよ。
師匠は、短いレッスン時間の中で、生徒がどんな風に思ってレッスンを受けているかなんて、こちらが伝えない限り、知るよしもないのです。

ギフトというのは、コミュニケーションツールです。
うまく使って、相手に自分の思いを伝えることが出来たらいいなあと、アソシエは思っています。

最近、毎日帰りが遅く、あまりヴァイオリンの練習していない不肖の弟子、アソシエです。

きっと師匠から見れば、練習してないでレッスンに行ってるのは、バレバレなはず。
一応軽く(?)「もっと練習しないと!」と言われますが、最近違うアプローチからのプレッシャーをかけるように。


毎回のレッスンの度に、師匠はアソシエの楽器を褒めます。
「ええ音や!」
「ええ楽器やな!」
「今日はジューシーな音やなあ。」
などなど。
でも、この楽器は、もともと師匠が選んだものなので、アソシエはどちらかというと、師匠の自画自賛だと思っていたのです。
(師匠は、どちらかというとアメリカンな人なので、自画自賛が多い人なのです。)



☆寄り道☆

今の楽器に買い替えるときのいきさつは、こちら↓をごらんくださいね。

2008-11-08 15:21:24
新しい楽器?
http://ameblo.jp/associee/entry-10162064894.html



2008-11-17 00:03:13
新しい楽器の話・続き
http://ameblo.jp/associee/entry-10165785815.html


☆寄り道・終わり☆



今日(10月3日)のレッスンでは、ちょっといつもとは違うことを言われました。

師匠:「その楽器(私のと同じ制作者のヴァイオリンということ)、ジャズヴァイオリニストの中西俊博も使ってたんやって。あと、NAOTOも。」※現在は持っていらっしゃらないようです。

要は、「そんなスゴイ人たちが使ってた→その楽器はやっぱりすごくいい!」
ということを言いたかったらしいのですが、それを聞いたアソシエは一言、
「ヤバイ・・・。」
と言ってしまいましたよ。


▼中西俊博さんは、こんな感じの演奏をされる方です。




<おまけ>中西俊博(Vn)&寺井尚子(Vn)&ウェイウェイ・ウー(二胡)「Spain」




▼NAOTOさんは、こんな感じ。「Sanctuary」



アソシエは、師匠の言葉から、

「そんなスゴイ人たちが使ってた→その楽器はやっぱりすごくいい!」
 ↓
「そんなスゴイ人たちが使っていた楽器を持ってるのなら、もっと巧くないと!」

というように、解釈してしまい、思わず「ヤバイ・・・。」と言ってしまいましたのですよ。

慌てて、師匠には説明したのですが、師匠は面白かったのか、しばらく「ヤバイヤバイ(笑)」と繰り返してましたよ。(汗)



ミッションも終わったことですし、これからはヴァイオリンに集中しようと思ったアソシエ、今日は練習しましたよ。

<今日の練習曲>
・ヘンデル「ヴァイオリンソナタヘ長調」第1楽章・第3楽章
(今、レッスンでやってるのは、第3楽章)
・ラフマニノフ「ヴォカリーズ」
・NAOTO「Sanctuary」

何故、この選曲なのかというと、
・いずれの曲もポジション移動が頻繁にある。
・G線のハイポジションが出てくる。
からです。

多分、しばらくのうちは、これらの曲をだらだらと練習することになると思います。(笑)

素直になれなくて

テーマ:
久々にレッスン日記を書いてみようかと。

今、レッスンでやっているのは、ヘンデル作曲(と言われている)ヴァイオリンソナタ第3番 ヘ長調の第1楽章です。


ポジション移動が頻繁にある曲(教本ではそうなっている。)なので、それに伴い、音程もビミョウなことにならないように、気をつけないといけない感じになっています。
あと、アソシエ的には、慣れない装飾音にとまどっていますよ。

師匠からは、以前から「ヘンデルらしく弾きなさい」と言われているのですが、
「ヘンデルらしくって何?」
という何ともばっくりとした疑問に取りつかれ、練習するにも気が重い感じになっているのも事実です。


そんなアソシエ、今日(7月18日)は、ヘンデル3回目のレッスンでした。
近頃仕事が忙しく、ろくに練習していないアソシエとしては、ポジション移動と音程に気を配るだけで、結構いっぱいいっぱいだったのですが、師匠からは今日こんなことを言われました。

「どうして、ヴィブラートかけないの?」

かけないの?と言われて、うーんと考えてみました。

・余裕がない。
・もともとヴィブラートがあんまり好きではない。
・バロックって、そんなにヴィブラートかけて弾くもんじゃないと思ってる。

いろいろありますが、一番大きいのは、「余裕がない」ですね。


「うーん」と考えてるアソシエに、師匠はこんなことをおっしゃいましたよ。


「そんなにきれいなヴィブラートが出来るのに、もったいない!
そりゃ最初は、ちょっと教えたけど、後は自分で出来てるやん。
みんなもっとヴィブラートには苦労してるんやで。
ヴィブラートって、ある意味訓練とか練習ちゃうねん。
センスとか才能みたいなもんやから。
なのにあなたは、平気で、ヴィブラートかけずに弾くやろ。
ここぞというところで、つまらない音を出して、平気でいる神経がボクには理解できない。
どんどんかけていかないと、音楽も豊かにならへんし、出来てるもんも出来なくなってくるよ。
だから、もっとかけるように意識しなさい。
一回、自分のヴィブラートの音、聴いてみたらええねん。」


ある意味、ありがたいお言葉なんですけど、素直に受け取れないオトシゴロなんですよね。
自分ではヴィブラートが出来てるとか、思ったことないですし、つまらない音=ヴィブラートをかけない音だとは思ってないですしね。
確かに、ここぞいうときに、かけてないのは、イカンと思いますが。


しかし、褒められたのか、褒められてないのか、ようわからんのですが、一部褒められてるんでしょうね。
でも、「自分で納得してやった感」があまりないことに対して褒められても、素直に嬉しいと思えない生徒でごめんなさい。


褒められ慣れてないからかもしれんなあ。

最近仕入れたネタ楽譜

テーマ:
先日、ササヤ書店に行ったときに、いろいろネタ用の楽譜を仕入れてきましたよ。

バイオリンセレクトライブラリーVS18 また君に恋してる ピアノ伴奏・バイオリンパート付き/堀越 隆一

¥525
Amazon.co.jp

このしっとりとしたメロディは、ヴァイオリンにぴったりだと思ってたんですよね。




VS19 バイオリンセレクトライブラリー 精霊流し ピアノ伴奏・バイオリンパート付き/著者不明

¥630
Amazon.co.jp

あと、ヴァイオリンといえば、さだまさしを忘れてはいけません。
イントロの部分で叙情的に盛り上げる印象的な曲を、宴会でやれば、シニア世代からは絶賛の嵐です。


スコア チャイコフスキー バイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 (Zen‐on score)/著者不明

¥1,260
Amazon.co.jp

これはネタというより、どっちかというと、勉強用ですね。

チャイコフスキー : バイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35/ヘンレ社原典版ピアノ伴奏付ソロ楽譜.../著者不明

¥3,885
Amazon.co.jp

これこそ、究極のネタです。
ただでさえ難しいチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ですが、それをピアノ伴奏のみで弾く編曲です。
うかつに弾くとヴァイオリンが流血惨事の大怪我になってしまうこと、請け合いです。
おそらく人前で弾くことは一生ないと思いますが、持っておくのも、楽しいかなあと、それだけで買いました。

チャイコフスキーはともかく、前者2曲はレパートリーに入れておくと、楽しいと思います。