最近、ヴァイオリンを始めて、3年くらい?という方とお知り合いになる機会があったアソシエです。
その方の言動(ヴァイオリン関連)を見ていて、
「ああ、このくらいの頃って、私もこんなんやったなあ」
「ここは私と違うところ。すごいなあ」などとよく思います。




年月だけは経ったので、「今だから言えること」なんですけどね。




☆「私もこんなんやったなあ」と思うこと。


・道具(特に弦)に凝る。



弦楽器関連のWebコミュニティだとか、専門雑誌などで、「良い」と言われていたものや、好きな演奏家が使っているものと同じものを手に入れて、いろいろ使ったりしていました。


特に弦などは、楽器によって相性もあるので、とにかくいろいろ試したり、演奏映像などを見て、「あ、この人はこのブランドの弦を使っている」というのがわかったら、それを真似てみたり・・・。



→今は、いろいろ試したし、飛びつくような新製品も発売されてないので、そんなに凝ることはなくなりました。


弦は、今はエヴァ・ピラッツィを使っています。
肩あては、il gradio。
顎あては、フレッシュモデルかライプティヒモデルか、よくわからないのですが、テールピースをまたがったその上(中央というのかな)に顎の位置が来るものです。
その辺りはだんだん自分の好みというのが定着してくるので、みなさんだんだんおさまってくるのかもしれませんね。


あと、使う目的が明確になってくるということもあるかもしれません。
例えば、手を離した状態で、顎と肩で楽器が安定して持てないなら、ポジション移動が出来ないので、どの位置で楽器を構えるのかを考える必要があります。
肩あてで高さを出す必要がある場合や、むしろ高さは必要なくて、滑り止め程度でよい場合もあります。
顎あては、楽器を浅く構えるのか(外側に顎あてをつける)、深く構えるのか(中央に顎あてをつける)も考えなければいけません。
そういう意味で、道具選びは、「自分がどのように楽器と向き合っていくかを模索していく」ことだと言えるかもしれません。



・他人のレッスンの進み具合が気になる。


初対面だと、挨拶レベルで
「(ヴァイオリン)何年くらいなさってるんですか?」とか、
「今レッスンでどんな曲されてるんですか?」
と訊いていました。笑



個人レッスンorグループレッスンなどで、使う教本は違ってきますが、個人レッスンだと大体使う教本が決まってくるので、「○○さんは、まだ習い始めて何年目なのに、もう××という曲をやっている」という感じで、心の中で右往左往してしまうんですね。


それが練習のモチベーションにもなるんですが、落ち込んでしまうこともしばしば・・・。



→今は、いい意味でも悪い意味でも、気にならなくなりました。





☆「私とは違うなあ。すごいなあ」と思うこと




・「いつか演奏してみたい」と思う曲がある。



私の場合、ヴァイオリンを習い出したのは、消去法(ピアノ以外で、教室数が多い楽器。ポータブルであること。)の結果だったので、ヴァイオリン曲に関する知識がまったくありませんでした。


でも、「この曲(例えば、葉加瀬太郎の曲とか、バッハの○○など)が弾いてみたいから、ヴァイオリンを始めた」という人が結構多いことを知りました。


「アマチュアオーケストラで演奏したい」という人も多いですが、そういう人たちでも、例えば「ブラームスやベートーヴェンなどの交響曲をいつかは弾いてみたい」という目的(目標)を持っているわけです。



→私の場合、恥ずかしながら、まったくなかったです。


「目の前にある楽譜をちゃんと弾く」ということの積み重ねで、ここまで来たので、現在も「いつかはこの曲が弾いてみたい」というのは、あまりないです。


むしろ、曲も弦楽器友達に教えてもらって、「この曲いいねえ!」ということが多いですね。


一度レッスンで上がった曲は、過去を振り返らない主義なので、レッスン時が頂点で、終わったらいつの間にか忘れて弾けなくなって、恥をかくこともしばしばです。


最近は、ようやくマズイな、恥ずかしいなと思うようになって、復習をするようにはなりましたけど。


何となく、課題を与えられるままにやっていたら、10年以上続いてしまった・・・、というあまり自慢できない話でした。


AD