肖像画で読み解く イギリス王室の物語 (光文社新書)/君塚 直隆

¥1,029
Amazon.co.jp


久しぶりに、楽しみのための読書です。
私の好きな「イギリス」「歴史」「絵画」の三拍子がコンパクトに楽しめる本でした。

絵画というのは、それに気づかなければ、まったく違った風にも楽しめるという奥深さがありますが、描かれた物に隠された暗喩や、人の視線、手の形、向き、身にまとった衣装や、持ち物など、理解出来れば、それにこしたことはありません。

いかめしい表情をした男性の肖像画が、実はお見合い写真だとされるのも、自国のガーター勲章ではなく、お見合い相手の関心を引こうとして、相手国の、金羊毛騎士団章をつけて描かれているから、とか。

まるで、ガイド付きで、ナショナルポートレートギャラリーを巡っているような錯覚さえ起こります。

ああ、イギリスにまた行きたいなあ。



AD

歌劇な日

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_8530.jpg

たまたまいただいたチケットで、8月7日(日)に宝塚歌劇を観て来ました。

アソシエはまだ小学生、中学生の頃、演劇部だったので、宝塚も随分好きだったのですが、大人になってからはまったく観る機会もなく、10数年ぶりの宝塚観劇となりました。

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_3586.jpg


熱心なファンのみなさんがたくさん集っておられました。
予想以上に男性ファンが多かったのが印象的でした。

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_8694.jpg

しかし、これが宝塚歌劇団専用劇場ですからね、非常にすばらしい設備です。

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_0088.jpg


アソシエとしては、生オケなのにも感動しました。
舞台と一体化した、一糸乱れぬ演奏がすばらしかったです。

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_4468.jpg


非日常へのトリップ感が尋常じゃないですね。
また観に行きたいものです。



AD
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣/長谷部誠

¥1,365
Amazon.co.jp


常々スポーツ選手というのは、運動能力もさることながら、メンタル面の鍛錬も相当なものだろうと思っていました。

とはいっても、アソシエはスポーツはあまり見ないので、よくわからなかったのですが、なでしこJAPANが優勝したこともあって、サッカー選手に注目するようになりました。
書店でもたくさんサッカー選手の著作が並んでいますが、特に売れているというこの本を手に取ったのです。

長谷部選手がどういう選手か予備知識なく、読み始めたのですが、私が想像していたよりも、サッカー中心で、細部にわたり実にきめ細やかな配慮と鍛錬に満ちた生活を送っていることがわかりました。

最初、このような生活を送っている選手が、大きな困難(重症のケガや病気など)にあったとき、どのように切り抜けるのか、と思って読んでいたのですが、手術もタイミングを見計らって受けられたようですし、そういう意味では、期待していたような答えは得られませんでした。

ただ、やはり常日頃から周到に生活していると、何か困難なことがあっても、落ち着いて対処できるのだろうな、と思いました。
それも「サッカー」にすべてを捧げているからなのですね。

コレに一生関わって生きていく、というような腹のくくり方が出来るようなものに出会えるとは、本当に幸せなことです。
自分に振り返ってみれば、そういうものにはまだ出会えていません。
大変だとはいえ、うらやましいとさえ思ったのでした。


AD

買いましたMBA

$関西発!アソシエのWeb担ブログ-IMG_6815.jpg


買いました、MBA。
はい、MacBookAirです。

結果的に、OSに対応していないプリンタ2台、WindowsPC1台、PCラック1台処分できました。
もっというと、有線で使ってたルータとか、USBハブとか、OAタップなども処分できたので、机の周りが本当にすっきりしました。

初めてのPC以来のApplePCなのですが、起動が速いですし、すばらしいですね。
まだ操作に慣れない面はありますが、OSを変えると、意識が変わります。
その変化を楽しみたいと思います。