最近、忙しくてヴァイオリンを触る暇がないアソシエです。

深夜に練習しようと思っても、気が付いたら気を失ったように寝てるんですよ。
途中で起きればまだいい方ですが、朝までソファに座ったまま寝てしまっていることも。

そんなアソシエですが、レッスンは休まずに行っていて。
練習せずに行っているのは、師匠にはバレていると思うのですが、そこは華麗にスルーしていただいてます。ありがたい。

でも、何故か今日のレッスンは、フィオッコのアレグロが終了しました。


「フィオッコのアレグロってどんな曲?」という人は、このエントリーでYouTube動画をリンクしていますので、見てね。(私の演奏ではありません。)


実際には半分くらいしか弾いてないんですが、一応師匠が設定した課題はクリアしたようで、
「次は、『ラモーのガヴォット』か『ヘンデルのソナタ4番』か自分で選んできなさい。」
とのこと。
次っていっても、レッスンは来週なので、あまり時間がありません。


ちなみに、ラモーのガヴォットはこれ↓




ちなみに、ヘンデルのソナタ4番(この動画は1楽章と2楽章)はこれ↓

この少女、めっちゃ上手ですね!!


アソシエの心は、今決まりました。
ヘンデルのソナタにします。(笑)
何故なら、ラモーのガヴォットをやっても、次には必ずヘンデルのソナタをすることになるからです。
曲も有名なもので、美しいですしね。
そして、このヘンデルのソナタが終わったら、今やってるスズキの教本6巻は終わるんですねー。
師匠から、「ヘンデルのソナタはじっくりやろう。」と言われているので、いつになるかわかりませんが、次はどの教本を使うのかなあ。

AD

iPad2とWiMAX

テーマ:
$関西発!アソシエのWeb担ブログ


iPad2を買いました。

Wi-Fiモデルの32GBです。

ついでにといっては何ですが、家のネット環境も見直すことにして、WiMAXに変えました。

赤いのがモデムです。

会社にも持って行って、「どこでもいっしょ」です。


自分の中で、停滞しているときは、内的環境(自分の思考)や外的環境(生活、持ち物など)を変えることにしているのですが、これまで内的環境にばかり捉われていて、外的環境を見直すのを怠っていました。

「どうせ変わらない」と思いこむことが、停滞を招くモトなんですよね。

変えついでに、自宅PCもWindowsからMacintoshに変えようかな。。。

AD
定期的に五月病になるアソシエです。

何回もなっているので、対処法はよくわかっているのですが、なかなか難しいですね。

対処法の一つに、↓こういう本を読むことがあります。


死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉/千田 琢哉

¥1,155
Amazon.co.jp



タイトルに、「20代で・・・」とありますが、そこは気にしない。(笑)

こういう本を読んで自分のこれまでの考え方や行動を確認するのです。
もちろん、本の内容がすべて正しいわけではありません。
自分の中で、検証する材料として使うんです。

そして、読み終わったときに、「はあ、自分はまだまだやなあ。」と思ったら、一旦五月病はおさまるわけですね。

もしおさまらなかったら・・・?

さて、どうしましょう?(笑)
AD
つらい時は「やってらんな~い」って叫べばいいのよ/水無 昭善

¥1,260
Amazon.co.jp



私は見たことはないのですが、著者さんは、TV番組で「オネエすぎるお坊さん」として紹介されていた方とか。
でも、ちゃんと(失礼)修業なさった真言宗の阿闍梨(あじゃり)=高僧です。
全編オネエ言葉で語りかけるその言葉は簡潔で、それでいてとても説得力があります。
「オネエ阿闍梨のガールズ説法」も、上から目線ではなく、まるで傍らで、一緒にお茶会なんかしながら、話してくれているかのよう。
仏教の教えを元に語られているのですが、このように話していただくと、仏教について、何となく身近に感じられますね。

最初は興味本位で読み始めたのですが、読み終わったときには、いろいろ考えこんでしまいました。



↓私が読んだことがある仏教本です。「ガールズ説法」とは違った意味で、これも面白いですよ。

仏教が好き! (朝日文庫)/河合 隼雄

¥630
Amazon.co.jp


↓仏教雑誌・季刊(ムック)です。今は発行されているかは不明ですが、この号は、特集として「親鸞が好き!」というテーマで、糸井重里と吉本隆明の対談や、海外の仏教スタイルとして「ハワイ」が紹介されています。

ジッポウ3/仏教総合研究所

¥1,500
Amazon.co.jp