最初から不自然な話し

テーマ:

犯人を・・・

 

皆が散々批判していたわけですから、

 

今更引っ込みが付かないかも知れませんが、

 

強姦致傷罪の不起訴処分というは、

 

示談が成立したからとは言ってますが、

 

重罪でもお金を払ったら無罪なんて事は、

 

常識的にもあり得ないわけですから、

 

推定無罪だと思うわけです。

 

ですから・・・

 

少なくとも行為の前には、

 

合意が形成されていたわけで、

 

有名人という自覚がなく、

 

浅はかな行為ではありましたが、

 

ハニートラップだったのです。

 

ですが・・・

 

疑ったらキリがないし、

 

被害者に失礼だと思ったので、

 

報道を信じ切っていましたが、

 

最初から指摘する人もいました。

 

つまり・・・

 

よくよく考えてみれば、

 

いくら綺麗だからと言ったって、

 

親子ほど離れた20代と40代ですし、

 

性欲の強い男と綺麗な女性であれば、

 

合意ならするかも知れない程度で、

 

薬物の影響というなら解りますが、

 

無理矢理というのは考え辛いし、

 

通報したのが知人男性というのは、

 

違和感を感じる人も多かったし、

 

裏で手を引いていたとすれば、

 

悲しい話しだと思います。

 

要は・・・

 

通報したのが母親とか姉とかなら、

 

自然の流れで疑いようがありませんが、

 

最初から不自然な話しだったわけで、

 

被害者のある重大事件ですから、

 

裏読みはしなかったのですが、

 

罪名が罪名ですし、

 

卑劣な行為ですから、

 

恥ずかしい話しですが、

 

自身の中に怒りがあった為、

 

冷静で客観的な判断が、

 

難しかったわけです。

 

(シルバーウイークの為、暫くの間ブログはお休みさせて頂きます。)

 

人気ブログランキングへ

AD

ゴルフはやれば本当に楽しい

テーマ:

昨日は・・・

 

宅建協会の目黒区支部主催の、

 

ゴルフコンペに参加させて頂き、

 

千葉県のオークヒルズC.C.で、

 

ゴルフを楽しんできました。

 

協会の・・・

 

ゴルフコンペは初の参加で、

 

1年以上ぶりのコースだったのですが、

 

ニアピン賞を頂きました。

 

写真は、14番ホール、ピン約2メートルに付けたところです。

 

このホール・・・

 

2メートルのパットを沈め切れずに、

 

バーディーを逃してしまいましたが、

 

とりあえずニアピン賞はゲットしました。

 

写真は、支部長から賞金を受取ったところです。

 

弊社は・・・

 

土日祝日の休みで、

 

不動産関係のゴルフコンペは、

 

ほとんど水曜日ですし、

 

ゴルフをやる弊社のメンバーは、

 

私の他に一人だけです。

 

それで・・・

 

前は最初に就職した不動産会社の、

 

ゴルフコンペにたまに参加していたのですが、

 

最近はやってないとの事で、

 

本当かどうかは知りませんが、

 

誘われなくなってしまいました。

 

ですから・・・

 

毎回参加できないかも知れませんが、

 

ゴルフはやれば本当に楽しいわけで、

 

これからは宅建協会のコンペに、

 

なるべく参加したいと思います。

 

人気ブログランキングへ

AD

中東分社からのお客様

テーマ:

昨日は・・・

 

中東分社からお客様が来日し、

 

収益不動産の売買契約をしたのですが、

 

そのお客様は牛焼肉が大好物という事で、

 

「叙々苑 目黒店」さんで、

 

食事会を開催しました。

 

写真は、昨日の食事会の模様です。

 

まずは・・・

 

富裕層の多い中東から、

 

アジアの不動産に目を向けた時、

 

日本という国に対しての信頼があり、

 

香港やシンガポールと比較すれば、

 

まだまだ東京は割安との事です。

 

それで・・・

 

今後は弊社がしっかり管理をして、

 

東京の不動産に投資して良かったと、

 

お客様に感じてもらった上で、

 

富裕層の友達を紹介して頂けるよう、

 

頑張って行きたいと思います。

 

この度は・・・

 

遠路はるばる東京までお越し頂き、

 

また弊社を選んで頂き、

 

誠に有難うございました!

 

(宅建協会のゴルフコンペの為、明日のブログはお休みです。)

 

人気ブログランキングへ

AD

怪しい経営セミナー

テーマ:

普段は・・・

 

バタバタするのも嫌で、

 

時間があるのも嫌なのですが、

 

なるべく無駄な用事を避けて、

 

忙しくなった時に備えています。

 

例えば・・・

 

物件を仕入れる時などは、

 

即座に買う買わないのジャッジと、

 

資金を調達しなければならないので、

 

物件を見に行ったり、

 

資料を集めて、

 

金融機関に持ち込んだり、

 

急に忙しくなります。

 

また・・・

 

万一のトラブルがあった時には、

 

法的な裏付けが必ず必要になるので、

 

弁護士事務所に出向いたり、

 

会社を守る事が私の仕事なので、

 

時間が無くなるのです。

 

ですが・・・

 

普段から無駄な用事を避けていると、

 

時間が余ってしまう時もあって、

 

その余った時間を利用して、

 

宅建協会の手伝いをしたり、

 

経営セミナーに行ったり、

 

中国語を勉強したりしています。

 

それで・・・

 

経営セミナーにしても、

 

いつ忙しくなるかわからないので、

 

「暇だったら来てください!」というスタンスの、

 

無料セミナーにしか行かないのですが、

 

中には営業色の強いものもあって、

 

無料セミナーだからといって、

 

油断できないわけです。

 

それで・・・

 

判断がつかない場合は、

 

一回当日にキャンセルして、

 

その後で判断するのですが、

 

怪しいセミナーは追客してくるわけで、

 

営業してくるのです。

 

先日・・・

 

○〇経営塾といって、

 

比較的大きなホールでやる、

 

経営セミナーを予約したのですが、

 

当日に急用ができて、

 

キャンセルしたのです。

 

すると・・・

 

色気のある声をだす女性から、

 

「社長さ~ん!いついらしてくれるんですか~?」と、

 

夕方に電話があって、

 

夜のお姉ちゃんと話しているような、

 

結局それで警戒MAXになったのですが、

 

錯覚してしまいそうになりました。

 

人気ブログランキングへ

フィリピンの麻薬撲滅戦争

テーマ:

フィリピンの・・・

 

大統領といっても、

 

あまり印象がなかったのですが、

 

今の大統領は強烈な人物で、

 

麻薬撲滅戦争という大義名分で、

 

就任以来2,400人もの人を、

 

殺しているらしいのです。

 

それで・・・

 

人権問題を指摘した、

 

オバマ大統領を罵ったわけですが、

 

当日の夕方には、

 

後悔しているといっていたわけで、

 

感情の起伏が激しい人です。

 

ですが・・・

 

その性格が人気を集めていて、

 

フィリピンは、

 

鬱屈した貧困社会ですから、

 

強気な発言が鬱憤を晴らしてくれて、

 

感情を剥き出しにするのも、

 

人間らしいというか、

 

正直な人物という印象を与え、

 

身近に感じると思います。

 

ところが・・・

 

貧困社会のフィリピンは、

 

お金次第というお国柄で、

 

犯罪を犯して捕まっても、

 

お金で見逃してくれたり、

 

警察でさえ信用できないのに、

 

警察だけじゃなく、

 

謎の自警団が立ち上がり、

 

麻薬の密売人を、

 

殺しているというのですから、

 

尋常じゃないわけです。

 

また・・・

 

「麻薬常習者は人間じゃない!」といい、

 

本気でそのように考えているわけで、

 

だから殺していいというのは、

 

飛躍し過ぎています。

 

つまり・・・

 

麻薬常習者が多い背景には、

 

鬱屈した貧困社会があるわけで、

 

政治家であり大統領なら、

 

麻薬常習者を差別して、

 

抹殺するよりも先に、

 

麻薬がバカバカしくなるような、

 

貧困でも明るく開けた、

 

未来に希望が持てる社会を、

 

実現すべきと思うのです。

 

その上で・・・

 

麻薬の使用を長期刑にするとか、

 

密売を終身刑にするとかして、

 

法律に則って厳罰化し、

 

人権はきちんと尊重して、

 

世界から批判されないように、

 

やればいいわけです。

 

人気ブログランキングへ

宅地建物取引士の課題

テーマ:

昨日は・・・

 

5年に一度の、

 

宅地建物取引士の、

 

法定講習に行ってきました。

 

朝は・・・

 

神保町の駅まで、

 

丸の内線経由で行ったのですが、

 

電車が遅れて、

 

本来なら9:50に着かなければ、

 

失格になってしまうのですが、

 

9:51に着きました。

 

そして・・・

 

受付の人に、

 

素直に謝ったのですが、

 

ギリギリ大丈夫で、

 

更に私より遅れて、

 

一人来ました。

 

それから・・・

 

夕方の5時過ぎまで、

 

眠気との闘いだったのですが、

 

最近の紛争事例など、

 

為になる話しもありました。

 

写真は、昨日更新した宅地建物取引士証です。

 

前のは・・・

 

宅地建物取引主任者証で、

 

都知事は石原慎太郎だったのですが、

 

今回は「取引士」となって、

 

都知事は小池百合子です。

 

それで・・・

 

宅地建物取引主任者から、

 

宅地建物取引士に変わったのは、

 

かねてから宅地建物取引業協会が、

 

政府に働きかけていたのですが、

 

決め手になったのは、

 

東日本大震災の時に、

 

被災者に仮住まいを提供し、

 

契約や鍵の引渡しなど、

 

業界が貢献したからです。

 

ですから・・・

 

最近までは、

 

不動産業界というと、

 

一部の悪徳不動産会社や、

 

悪徳ブローカーなど、

 

いわゆる地面師と呼ばれる人達の、

 

悪いイメージがありました。

 

ところが・・・

 

人間の生活にとって、

 

特に大災害の時には、

 

不動産は重要ですので、

 

我々の業界をヨイショして、

 

再び貢献して欲しいという事です。

 

ですから・・・

 

今までの悪いイメージを払拭して、

 

1,000に3っしか話しにならないから、

 

「センミツ屋」などという人もいますが、

 

宅地建物取引士が、

 

消費者の資産を守る立場になり、

 

本当の意味で「士業」になれるか、

 

それが我々の課題なのです。

 

人気ブログランキングへ

見えない不思議な法則

テーマ:

我々の・・・

 

不動産業界は特にうるさいのですが、

 

反社会勢力と関わりの濃い人と、

 

もちろん付き合ってはいけませんが、

 

取引きの一切を禁止されていて、

 

反社会勢力の構成員は、

 

不動産を買う事も売る事も、

 

貸す事も借りる事もできません。

 

加えて・・・

 

金融機関では口座も作れないわけで、

 

クレジットカードを持っていなくても、

 

現金主義で生きてはいけますが、

 

口座がなく部屋を借りれないのは、

 

普通の生活をする上では、

 

かなりの痛手と思います。

 

また・・・

 

刑法面でもかなり厳しいようで、

 

暴力団の人は刺青を見せたり、

 

名刺すら出せないわけで、

 

それらを見せただけで、

 

脅迫になってしまいます。

 

ですが・・・

 

刺青と名刺を見せずに、

 

「俺は暴力団だ!」と発言しても、

 

脅迫にはなりますが、

 

嘘をいってるかも知れないわけで、

 

こちらは何を基準に判断すればいいのか、

 

雰囲気を察知するしかないのですが、

 

判断が難しい場合もあります。

 

もちろん・・・

 

警察のデータがありますから、

 

取引きの当事者となった場合は、

 

事前に調べる事は可能なのですが、

 

売買の取引きの場合は、

 

担当者が事前に調査しますが、

 

賃貸の場合は、

 

保証会社に丸投げです。

 

しかし・・・

 

反対の立場で考えてみれば、

 

カードはもちろんの事、

 

銀行口座が作れない、

 

部屋も借りられないで、

 

どうやって生活するのでしょう。

 

ですから・・・

 

反社会勢力の構成員になって、

 

どの位収入があるか解りませんが、

 

あんまり稼げなければ、

 

割が合わないと思うわけで、

 

辞める人が増えているようですが、

 

その世界しか知らない人もいるわけで、

 

最近の半グレ集団じゃありませんが、

 

一方ばかりを取り締まれば、

 

新たな集団が登場するわけで、

 

思うに人間社会には、

 

見えない法則が存在していて、

 

ひとつの「悪」が弱体化しそうになれば、

 

もうひとつの代わりの「悪」が、

 

必ず出現してくるという、

 

蟻の法則ではありませんが、

 

不思議な法則があるのです。

 

(宅建取引士証更新の為、明日のブログはお休みさせて頂きます。)

 

人気ブログランキングへ

不動産会社の急成長は良くない

テーマ:

先週の・・・

 

金曜日ですが、

 

私が独立する前に、

 

勤めていた不動産会社の、

 

OBOG会に参加しました!

 

写真は、OBOG会の模様です。

 

今は・・・

 

無くなってしまったのですが、

 

あんまり経験する事のない、

 

社長と取締役のいざこざという、

 

稀なパターンの、

 

会社の分裂を経て、

 

分裂後を含むと約3年間、

 

お世話になったのですが、

 

当時の話しで盛り上がり、

 

楽しい時間でした。

 

そこは・・・

 

日本初の不動産ベンチャーといわれ、

 

私が入社した時は40人で、

 

2年後には300人と、

 

急成長を遂げたのですが、

 

不動産会社の急成長は、

 

良くないんですよね。

 

それで・・・

 

例外とはならずに、

 

リーマンショックの直後に、

 

急に縮小しはじめて、

 

最終的に消えてしまいましたが、

 

今回集まったのは、

 

その後も付き合いのある、

 

メンバーだったわけで、

 

今も全員が不動産業界で、

 

活躍しているのです。

 

そんな中・・・

 

サプライズで参加した人もいましたが、

 

苦しくなると変な事をする人もいて、

 

不動産業界は狭い世界なので、

 

やってしまった事は消せないわけで、

 

色んな人の話しを聞いて、

 

信用が一番大切だという事を、

 

改めて感じたわけです。

 

人気ブログランキングへ

表面的なパフォーマンス

テーマ:

先日・・・

 

バブル時代に不動産会社を経営していた、

 

経営コンサルタントのお話しをしたのですが、

 

都心の新築マンションが高騰している今、

 

バブルなのかバブルじゃないかは、

 

弾けてみないと解りません。

 

なぜなら・・・

 

最近のバブルは誰も気付かない間に、

 

膨らんでくるバブルが多いとの事ですが、

 

仮にバブルが発生していたとすれば、

 

たぶん政府が早い段階で、

 

潰しにかかるでしょう。

 

それで・・・

 

弾けた後にバブルと気付くのですが、

 

今がバブルかバブルじゃないかは、

 

もちろんはっきり解りませんが、

 

株価や個人消費など、

 

中古マンションも含めて、

 

都心の新築マンション以外は、

 

パッとしてないわけです。

 

ですから・・・

 

個人的にはどっちかといえば、

 

バブルじゃないと思っているのですが、

 

バブル期より高い物件もあるという、

 

高騰した都心の新築マンションが、

 

なぜ売れるのか?が問題なのです。

 

それは・・・

 

値段が高過ぎると心配する人を、

 

説得できるだけの「材料」があるからで、

 

バブル期を振り返ってみると、

 

当時の日本経済は世界一で、

 

21世紀は日本の時代なんだから、

 

高いのは当然だ!でした。

 

そして・・・

 

今の東京では、

 

上海、

 

シンガポール、

 

香港、

 

台北といった、

 

アジアの主要都市との比較でしょうが、

 

海外の不動産投資家からすれば、

 

買う時は円安がいいのですが、

 

売る時は円高がいいわけで、

 

投資は買うだけじゃなく、

 

買って売って完結するので、

 

為替次第ともいえるのです。

 

それに・・・

 

肝心な実際の個人消費と、

 

株価は全く上がっていないわけで、

 

一部の「超」が付く富裕層が、

 

増税した相続税対策の為に、

 

実勢価格と評価額に、

 

大きな乖離がある物件が欲しいわけで、

 

それが唯一の「材料」となって、

 

今後暫くの間値崩れしないであろう超一等地の、

 

タワーマンションを買っているのです。

 

そして・・・

 

周辺のいわば二流の立地に建設される、

 

普通の新築マンションは、

 

ただそれに便乗しているだけと、

 

個人的には思うのです。

 

つまり・・・

 

不動産価格の高騰に、

 

消費者が付いてこなければ、

 

バブルにはなり得ないのですが、

 

デベロッパーや販社は、

 

負けを認めたら敗北確定ですので、

 

表面的には盛況に見せていますが、

 

実際の消費者は、

 

そこまで収入が上がってないので、

 

付いてこれないと思うわけで、

 

苦戦を強いられているマンションの、

 

モデルルームには必ずあるのですが、

 

赤いリボンに代表されるような、

 

表面的なパフォーマンスなわけです。

 

人気ブログランキングへ

お互いの発展を祈って

テーマ:

昨日は・・・

 

8月の最終営業日だったので、

 

普段なら納会をやるはずですが、

 

「誕生日を祝いたい!」という、

 

誠に有り難い申し出を、

 

キュリア建築デザインさんから、

 

頂いたわけです!

 

それで・・・

 

六本木のロアビルに終結し、

 

「六本木ビアガーデン」で、

 

冷えたビールで乾杯し、

 

美味しい焼肉を堪能して、

 

楽しい時間を過ごしました。

 

写真は、誕生日おめでとう~!の瞬間です。

 

実は・・・

 

8月30日生まれは私だけでなく、

 

仲介事業部の蒲生部長と、

 

賃貸事業部の藤川部長と、

 

当社には3人もいるわけで、

 

蒲生部長に関しては、

 

昭和39年という事で、

 

同じ日に生まれたのです。

 

それで・・・

 

毎年3人合同の、

 

誕生会になるのですが、

 

二次会も盛り上がりました。

 

写真は、盛り上がった二次会の模様です!

 

この・・・

 

キュリア建築デザインさんですが、

 

主に社有物件のリノベーションと、

 

開発案件の設計と建築を、

 

請け負ってくれているのですが、

 

特にデザインがいいわけで、

 

どうして発注するかというと、

 

若いスタッフ達の人柄と、

 

私の次にですが、

 

社長がイケメンなのです。

 

という事で・・・

 

絶好調の両社ですが、

 

お互いの発展を祈って、

 

皆で盛り上がったわけです。

 

人気ブログランキングへ